新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2FW4FU6UA1SHL

ダイハツ工業株式会社

ダイハツ工業株式会社(ダイハツこうぎょう、英語:Daihatsu Motor Co., Ltd.)は、日本の自動車メーカーである。本社は大阪府池田市。東証1部などに上場されているトヨタ自動車の完全子会社でトヨタグループ16社のうちのひとつで、昭和41年までは鉄道車輌用の原動機、変速機および駆動装置も製造していた。 ウィキペディア
大阪府池田市ダイハツ町1番1号
詳細を見る
概要
日本で最も歴史の長い量産車メーカーで、大阪高等工業学校(後の大阪帝国大学工学部、現大阪大学工学部の前身)の研究者を中心に、1907年に「発動機製造株式会社」として創立された。その当初は工場等の定置動力用として用いられるガス燃料の内燃機関(ガス発動機)の製造を手がけていた。ブランド名・社名は、創業後、社名に「発動機」を冠する後発メーカーがいくつも出現し、既に出回っている「発動機製造」の発動機をどこで造った発動機か認識するため顧客の方で「大阪の発動機」と区別呼びし、やがて詰めて「大発(だいはつ)」と略称したことに由来する。

1960年代に業界再編の波が吹き荒れる中で三和銀行によってトヨタ自販・トヨタ自工とダイハツの提携話が持ち出され、1967年11月に両社は業務提携に至った。この時の提携は同時期にトヨタ傘下入りした日野に比べると対等な関係で、それぞれの経営に自主性を持って運営していくと声明文が出された。またこの翌年ダイハツ自動車販売株式会社が設立されている(1981年ダイハツ工業と合併)。その後ダイハツ工業は1998年にトヨタ自動車子会社、2016年に完全子会社となっている。また同じくトヨタ傘下の日野自動車とも提携しており、1995年には商品相互供給に関する基本契約の締結を発表、部品の取引を行っている。

親会社でありトヨタグループの中核企業であるトヨタ自動車は三井グループに属しているが。

エンブレムは以前は「大阪城」のイラストを模したものを使用していた。またこれとは別で、店舗看板やテレビ番組協賛の提供クレジット用に「ダイハツ」に楕円形の囲みをしたロゴもあった。現在の「D」を模したマークは1966年に登場し、数回の修正を経ながら現在まで使用され続けている。1998年まで車台にエンブレムが搭載されることは少なかったが、同年2月のロゴリニューアルに伴い多用されるようになった。
代表者
代表取締役社長 奥平総一郎
設立年月日
1907-03-01
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
自動車販売にこだわらず「お客さまの暮らしを良くする」を考えぬく。「MaaSアワード2020」大賞受賞 ダイハツ社のサービス誕生の舞台裏。
デジタルシフトタイムズ
|
5G時代の到来も見据え、自動車やIT業界だけではなく、幅広い業界から注目を集めているMaaS(Mobility as a Service)をはじめとするモビリティテック市場。この分野において社会...
11Picks
ホンダの国内新車販売台数はトヨタに次ぐ2位! それでも喜べない「軽自動車依存」という悩み
WEB CARTOP
|
約10年前と比べて8万台近く販売台数は増えている  国内の販売状況を振り返ると、ホンダのメーカー別販売ランキング順位は、2008年ごろまでトヨタと日産に次ぐ3位だった。スズキに抜かれて4位に後退することもあった。ところが今は、トヨタに次ぐ2位を安定的に守っている。3位はスズキ、4位はダイハツ、5位は...
100Picks
ダイハツ、「副業・兼業人材」を公募 外部の知見を生かして新規事業拡大へ
ITmedia ビジネスオンライン
|
ダイハツ工業は、「副業・兼業人材」の公募を始めた。まずはMaaS(Mobility as a Service)を中心とした新規事業分野で、知見や経験を生かして活躍できる人材を求めている。
62Picks
国内新車販売8月は15.9%減、11カ月連続マイナス 減少率再拡大
Reuters
|
[東京 1日 ロイター] - 8月の国内新車販売(軽自動車を含む)は前年同月比15.9%減の32万6436台となり、11カ月連続で前年同月を割り込んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いた。減少幅は4月の28.6%、5月の44.9%、6月の22.9%、7月の13.7%と縮小傾向にあったが、8月に入り再び拡大した。新車販売台数は、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表したデータを足し合わせた。登録車(総排気量660cc超)は、前年同月比18.5%減の19万7832台で11カ月連続で減少となった。自販連は、新型コロナ感染拡大により、客足が遠のいた可能性があるとみている。ブランド別では、トヨタ自動車<7203.T>(高級車ブランド「レクサス」を除く)が9.8%減、日産<7201.T>が31.9%減、ホンダ<7267.T>は28.4%減となった。軽自動車(同660cc以下)も、同11.8%減の12万8604台で、11カ月連続の減少。ブランド別では、ホンダは21.1%減、スズキ<7269.T>が8.4%増、ダイハツ工業は19.4%減だった。9月以降の見通しについては、改善していくことを期待しているが「現時点では予測できない」(全軽自協)としている。
114Picks
トヨタ、世界販売が首位の公算 上半期、6年ぶりVW越え
共同通信
|
トヨタ、世界販売が首位の公算 トヨタ自動車が30日発表した、ダイハツ工業と日野自動車を含むグループ全体の2020年上半期(1~6月...
201Picks
EVを安く作る力がないトヨタ、章男社長「仲間作り」の成否
ニュースイッチ
|
「トヨタは大丈夫というのが私にとって一番危険な言葉だ」。13日開催した株主総会で、トヨタ自動車の豊田章男社長は改めて危機感をあらわにした。売上高は日本企業として初めて30兆円に到達し、グループ総販売台数
200Picks
トヨタ、来年の世界生産3万台減。主要部品メーカーに伝える
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は2018年(1―12月)の世界生産計画(ダイハツ工業、日野自動車を除く)を17年計画比3万台減の894万台に設定した。主要部品メーカーに伝えた。 16年12月に作った従来計画は同14万台増の911万台だったが、一転して減少する。海外で同2万台増の580万台とする一方、国内が同5万台減の314万台と落ち込む見通しだ。 トヨタはこのほど発表した17年の生産・販売計画とは別に、部品メ...
195Picks
トヨタ10日は全工場停止、サプライチェーンに広がる地震の影響
Bloomberg.com
|
北海道胆振東部地震のサプライチェーンへの影響が全国に拡大している。トヨタ自動車は道内の部品工場が停止していることから、8日に予定していた完成車工場の一部ラインでの休日操業計画を撤回したのに続き、10日にダイハツ工業の2工場を除く国内のすべての完成車工場を停止することも決定した。
193Picks
トヨタが世界販売首位から陥落、独VWの2016年トップ確定
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は30日、2016年のグループ全体(日野自動車<7205.T>とダイハツ工業を含む)の世界販売台数が前年比0.2%増の<7203.T>1017万5000台だったと発表した。独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>の1030万台を下回り、4年連続で維持していた首位から陥落した。
169Picks
フロントガラスがくもらない、水分を吸収する樹脂膜コートで
MONOist
|
AGCは2018年12月19日、同社が開発したくもりにくいガラスがダイハツ工業の「コペン クーペ」のフロントガラスに採用されたと発表した。ドライバー視界部での採用は「世界初」(AGC)だとしている。
167Picks
VWが世界販売首位 16年上半期、トヨタ上回る
共同通信 47NEWS
|
VWが世界販売首位 トヨタ自動車が28日発表した2016年上半期(1~6月)のグループ世界販売(ダイハツ工業と日野自動車を含む)は、前年同期比0.6%減の約499万2千台だった。ドイツのフォルクスワーゲン(VW)が上半期...
124Picks
ダイハツのひと味違う「MaaS開拓」戦略
ニュースイッチ
|
ダイハツ工業は地方の自動車販売・サービス網を強化して、MaaS(乗り物のサービス化)市場開拓の土台を作る。「津々浦々計画」と呼ぶ国内販売網戦略に基づき、系列販売店の出店が必要な地域や、地域の中核店舗に育成する系列以外の業販店を選別した。2020年から系列店出店や業販店の育成と経営支援を始める。系列と業販で穴のない販売・サービス網を作り、人口減少や過疎化で生まれる地方のMaaS需要を狙う。 低...
126Picks
トヨタが1―10月世界販売で首位維持、VWとの差9万台に拡大
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>が27日発表した2015年1―10月のグループ世界販売(ダイハツ工業<7262.T>と日野自動車<7205.T>を含む)は835万3000台で、トップを維持した。
123Picks
トヨタのダイハツ完全子会社化は脅威=スズキ社長
Reuters
|
[ニューデリー 2日 ロイター] - スズキ<7269.T>の鈴木俊宏社長は2日、トヨタ自動車 <7203.T>のダイハツ工業 <7262.T>完全子会社化について、インドなどの市場で脅威になるとの見解を示した。
118Picks
トヨタ、世界販売が最高 19年上半期、3年連続
共同通信
|
トヨタ自動車は30日、グループのダイハツ工業と日野自動車を含む2019年上半期(1~6月)の世界販売が前年同期比2.0%増の531万1806台だったと発表した。上半期として、過去最高を3年連続で更新した。536万5千台だったドイツのフォルクスワーゲン(VW)には及ばなかった。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ