新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドーやディスカウントストアのザ・プライスを運営するイトーヨーカ堂、百貨店の西武・そごうを運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

2019年7月11日、沖縄県にセブン-イレブンが初出店したことで、全国47都道府県への小売店舗展開を完了した。

以前はイトーヨーカ堂を中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカ堂の業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカ堂を上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカ堂が子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカ堂からセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪 隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
57,270 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
44 歳
平均年収
7,439,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
190Picks
7&iが総額1兆円超の外債検討、米コンビニ買収に充当-関係者
Bloomberg
|
セブン&アイ・ホールディングスが米子会社を通じてドル建て債の発行を準備していることが25日、分かった。事情に詳しい関係者によると、発行額は109億5000万ドル(約1兆1370億円)となる見通し。
12Picks
セブン「疑惑の炎上商品」を検証、空洞塩むすびやハリボテサンドは本当か - 井の中の宴 武藤弘樹
Diamond Online
|
コンビニチェーンの王者として君臨するセブン-イレブンだが、ネット上である「疑惑」が持ち上がっている。商品の画像がアップされ、「ハリボテ」「詐欺」ではないかと取り沙汰されているのだ。セブン愛の強い筆者が、ごくごく個人的な印象にとどまる話にはなるが、一部商品を検証してみた。
12Picks
「作業員を責任やストレスから開放」──セブンの惣菜を製造する食品工場がスタートアップと目指すDX
DIAMOND SIGNAL
|
食品製造工場での勤務で経験した「アナログ作業」の課題を解決すべく生まれた現場管理アプリの「カミナシ」。前編ではプロダクトを開発するスタートアップ・カミナシ代表取締役である諸岡裕人氏に創業秘話を聞いたが、後編では、実際にカミナシを導入する「現場」の声をお届けする。
67Picks
年末年始も“休めない”コンビニ業界。「店を開けても赤字なのに」オーナーの苦境、2021年は大量閉店も
Business Insider Japan
|
年末年始に休業するスーパーや百貨店が増えている。今年は新型コロナの影響と、それに伴う従業員への配慮もあり、休業の範囲を拡大する動きもある。 一方で、コンビニ業界は休業に消極的だ。 ローソンでは、2019年末に約100店舗を実験的に休業させたが、2020年の年末年始に休業するのは85店舗に減る。セブン...
49Picks
年間1000食以上!カップ麺マニアが教える「セブンイレブンPBカップ麺」ベスト5
マネー現代
|
本稿ではコンビニのセブン-イレブンで販売されている縦型・標準サイズのカップ麺に絞り、コストパフォーマンスに優れた商品のトップ5を選定しました。
23Picks
「身体が臭くなる」「体調が悪くなる」…100日間、100種類のコンビニ弁当を食べ続けたレポートが話題に
まいどなニュース
|
セブンの「まんぷく!若鶏のごろごろ唐揚げ弁当」※進撃のグルメさん提供 100日間にわたって100種類のコンビニ弁当を食べ続けたレポートがインターネット上で大きな注目を集めている。 ブログ、YouTube等を通してこのレポートを発表し...
58Picks
7&ⅰ、米コンビニ買収後にガソリンスタンド最大300店売却=関係筋
Reuters
|
[2日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は、米石油精製会社マラソン・ペトロリアム<MPC.N>のコンビニエンスストア併設型ガソリンスタンド「スピードウェイ」の買収完了後に、ガソリンスタンド最大300店の売却を検討している。複数の関係筋が明らかにした。
17Picks
検品時間が10分の1!セブンーイレブンが全店導入の新検品システムがすごい
ニュースイッチ
|
セブン―イレブン・ジャパンは、物流センターから店舗に届く商品の検品作業を従来の30分から10分の1に当たる3分に削減する新検品システムを整備した。ハンドスキャナーを使って商品ごとに読み取る作業から、商品が入った番重(ばんじゅう)(薄型の運搬容器)の読み取りに切り替えることで、店舗スタッフの業務負担を軽減する。2021年2月までに全店(約2万1000店)に導入する。 店舗が発注した商品は、物流...
186Picks
セブンがコロナ禍の中、ファミマ・ローソンよりも回復が早い理由
Diamond Online
|
コロナ禍で売り上げが低迷するコンビニ業界。そうした中、セブン-イレブン・ジャパンが8~9月の2カ月連続で既存店売上高の前年同月比でプラスに転じてきた。まだファミリーマート、ローソンは水面下にあるが、実はこのセブンの早い立ち直りの裏にはこれまで着々と進めてきた秘策が潜んでいた。
161Picks
セブンの「ステルス値上げ」を疑う人が、後を絶たない理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
消費者が知らない間に、こっそりと量を減らして価格は据え置き――。セブン-イレブンが「ステルス値上げ」をしているのではないかと叩かれている。なぜ、このように疑われているのか。筆者の窪田氏は、このように分析していて。
31Picks
セブンのサンドイッチがセコすぎると話題に…→ネット民「これは酷い」「もはや芸術」の声
いまトピ
|
箱や器などの底を少し上げて、実際よりも中身が多く見えるようにする「上げ底」は昔からある手口ですが、コンビニ弁当などで上げ底に出くわすと、お腹がいっぱいにならなかったりして残念な気持ちになりますよね...
12Picks
グルメコミュニティのSARAHが資金調達、セブン-イレブンやDDホールディングスとのタッグも
TechCrunch Japan
|
消費者の食行動に関わる技術革新を指す造語「EatTech」を掲げるスタートアップ「SARAH」は10月21日、第三者割当増資による資金調達の実施を発表した。引受先はセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)、DDホールディングスベンチャーキャピタル(DDHVC)。 調達した資金は、おいしい一皿が集まるグルメコミュニティサービス「SARAH」(Android版・iOS版)、企業向け外食ビッグデータ分...
184Picks
コンビニ大手3社「コロナ決算」明暗分かれる。店舗の日販減はセブン2万円弱、ローソンファミマ5万円超
Business Insider Japan
|
コンビニ大手3社の2020年度上半期決算が出揃った。 新型コロナウイルスの影響を受け各社とも苦しんだが、最大手のセブンイレブンは売上高、営業利益ともにダメージを最小限で切り抜けた、というのが大まかな結論だ。 国内のコンビニ事業だけにしぼって各社の業績を見てみよう(カッコ内は前期比)。 【チェーン全店...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ