新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドーやディスカウントストアのザ・プライスを運営するイトーヨーカ堂、百貨店の西武・そごうを運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

2019年7月11日、沖縄県にセブン-イレブンが初出店したことで、全国47都道府県への小売店舗展開を完了した。

以前はイトーヨーカ堂を中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカ堂の業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカ堂を上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカ堂が子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカ堂からセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪 隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
57,270 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
44 歳
平均年収
7,439,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
セブン&アイ、米コンビニを2兆円で買収=海外事業強化―コロナ拡大後、世界最大
時事通信社
|
 セブン&アイ・ホールディングスは3日、米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下でコンビニエンスストアを併設するガソリンスタンド部門「スピードウェイ」を買収すると発表した。買収額は210億ドル(...
6Picks
セブン、米コンビニを2兆円買収 国内市場縮小で海外強化
共同通信
|
セブン、米コンビニを2兆円買収 セブン&アイ・ホールディングスは3日、米石油精製大手マラソン・ペトロリアム傘下のコンビニ運営会社スピ...
3Picks
米国での巨額買収 勝負に出たセブン、背景に国内の鈍化
朝日新聞デジタル
|
流通大手のセブン&アイ・ホールディングスが、米国コンビニ3位のスピードウェイを約2兆2千億円で買収し、米国コンビニ業界での首位の座を固める。新型コロナウイルスの感染が広がり、世界経済の先行きは見通せ…
8Picks
7&ⅰ、米コンビニを約2兆円で買収へ 成長市場で「業界リーダーに」
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>傘下の米セブン-イレブンは3日、米マラソン・ペトロリアム<MPC.N>から「スピードウェイ」ブランドで運営するコンビニエンスストア事業と燃料小売事業を買収することで合意したと発表した。取得価格は約2兆2176億円(210億ドル)。取得予定日は2021年第1・四半期(1―3月期)。
19Picks
コンビニレジ袋、辞退率7割超に 有料化前の倍以上
朝日新聞デジタル
|
プラスチック製レジ袋の有料化が、すべての小売店に義務づけられて8月1日で1カ月になる。セブン―イレブンなどコンビニ大手3社では、客がレジ袋を辞退する割合が、有料化前の3割から7割超に跳ね上がった。業…
2Picks
セブン&アイHD、米3位コンビニを2・2兆で買収
産経ニュース
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3日、米石油精製大手マラソン・ペトロリアム(オハイオ州)傘下で、コンビニエンスストア運営会社スピードウェイを買収する契約を締結したと発表した。買収総額は210億ドル(約2兆2100億円)。取得完了は2021年1~3月を予定する。国内企業による海外企業買収額では歴代4位となる大型買収で、成長の柱と位置付けるコンビニ事業の海外展開を加速させる。
230Picks
セブン「セミセルフレジ」導入へ 9月から順次、全国2万店
共同通信
|
セブン「セミセルフレジ」導入へ セブン―イレブン・ジャパンは29日、来店客が自ら会計する「セミセルフレジ」を全国の店舗に9月から順次...
335Picks
コンビニ大手3社、チェーン横断的「共同配送」の実験実施へ
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ファミリーマートは、経済産業省支援のもと、戦略的イノベーション創造プログラム「スマート物流サービス」プロジェクトに協力し、セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)と、ローソンとともに、
16Picks
セブン・ファミマ・ローソンが物流で連携。トラックを共同化
Impress Watch
|
セブン‐イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ3社は、チェーン横断的な共同配送物流の実証実験を実施。物流の共同化の効果の検証や、新たな物流連携の拡大・効率化の検討を行なう。
117Picks
セブン&アイHD、通期純利益予想は45%減 年間配当は98.5円見込む
Reuters
|
[東京 9日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>は9日、2021年2月期(今期)の純利益は前年比45.0%減の1200億円となる見込みだと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大は上期で緩やかに収束へ向かうものの、新たな生活様式への変化による影響は今期末まで残ると仮定している。年間配当予想は98.50円。
13Picks
異彩放つファミマの「ファミペイ」、好調の秘けつに迫る
ニュースイッチ
|
ファミリーマートのスマートフォン決済アプリ(応用ソフト)「ファミペイ」は7月にサービス開始1年を迎えた。同時期に始まったセブン&アイ・ホールディングスの「セブンペイ」は開始早々の不正アクセスにより、3カ月で廃止。ファミマはアクセス集中で初日の2019年7月1日と5日に通信障害を起こしたが、それ以降は大きな問題は起きていない。コンビニエンスストア業界ではローソンは独自のサービスは導入しておらず...
40Picks
セブン‐イレブン バーコード決済不具合 サービス利用できず
NHKニュース
|
【NHK】コンビニ大手のセブン‐イレブン・ジャパンの全国の店舗で25日昼すぎからバーコードを使ったキャッシュレス決済などのサービス…
20Picks
新商品開発がほとんど白紙になったセブン、コンビニ業界はウィズコロナの“売れ筋"探しを競う
ニュースイッチ
|
小売業は新型コロナウイルス感染拡大の影響を真っ先に受けた業界の一つだ。緊急事態宣言が発出された際には、百貨店が自主休業に踏み切る一方、スーパーマーケットやコンビニエンスストアは社会インフラとして営業を継続した。その中で来店客数や消費行動も変化し、小売業は対応と変革を余儀なくされたが、特に毎週新商品を発売するコンビニは即座に商品戦略の見直しに動いた。 「当初組んでいた各店舗への推奨計画や新商品...
207Picks
コンビニのレジ袋3円、削減効果はどの程度見込まれる?
ニュースイッチ
|
コンビニエンスストア大手3社が7月1日から全店でレジ袋を1枚3円で有料化することが4日、明らかになった。政府が7月から全国の小売店に義務付けるプラスチック製レジ袋の有料化に対応する。 最大手のセブン―イレブン・ジャパンは5種類あるレジ袋のうち、特大サイズを5円、その他を3円とする。ファミリーマートとローソンは大きさを問わず一律3円。 3社ともバイオマス素材が30%配合されたレジ袋に順次切り替...
13Picks
セブン、全国で生命保険販売へ コンビニで初、非対面契約
共同通信
|
セブン、全国で生命保険販売へ コンビニ最大手セブン―イレブン・ジャパンは8日、三井住友海上あいおい生命保険と提携し、全国約2万店で...
143Picks
セブンが5%値下げ策で食品ロス削減謳うも、言うほど「倫理的」でない実態
Diamond Online
|
今年の株主総会で、本部社員の無断発注を告発されたセブン-イレブン・ジャパン(SEJ)。コロナ禍の中、廃棄ロス削減を目指す「エシカルプロジェクト」を始めたものの、加盟店からは廃棄が増える逆効果を指摘する声も上がっている。本部のエシカル(倫理的)な言い分と実態との乖離は広がるばかりだ。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ