新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドーやディスカウントストアのザ・プライスを運営するイトーヨーカ堂、百貨店の西武・そごうを運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

2019年7月11日、沖縄県にセブン-イレブンが初出店したことで、全国47都道府県への小売店舗展開を完了した。

以前はイトーヨーカ堂を中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカ堂の業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカ堂を上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカ堂が子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカ堂からセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪 隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
58,165 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
44 歳
平均年収
7,362,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
巨大メーカーのモノ作りがPBや新興企業の攻勢で根本から揺らぐ理由 - News&Analysis
Diamond Online
|
最近、新興の“メーカー”や“ブランド”が大手ナショナルブランド(NB)メーカーを揺さぶっている。大手流通企業のセブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」やイオンの「トップバリュ」、ドンキの「情熱価格」が代表的な存在だが、それだけではない。今後、モノ作りの一大勢力となりそうなビジネスモデルも出現しているのだ。
178Picks
セブン無断発注、08年には把握 社長「件数少ない」
共同通信
|
セブン無断発注、08年には把握 セブン―イレブン・ジャパンでコンビニ店舗を担当する本部社員が店のオーナーに無断で商品を発注していた問...
291Picks
店舗のオーナー不在時に無断発注 セブン―イレブンで横行
共同通信
|
店舗のオーナー不在時に無断発注 セブン―イレブン・ジャパンで店舗指導を担当する本部社員が、店舗のオーナー不在時を狙って商品を無断で発...
12Picks
セブンとファミマ、スマホ決済導入で明暗の裏側
ニュースイッチ
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済「セブンペイ」とファミリーマートの「ファミペイ」―。同じ1日にサービスを開始したが、セブンペイは不正アクセスにより開始4日で新規登録と入金を
11Picks
セブン、「沖縄モデル」で物流改革を急ぐ背景
東洋経済オンライン
|
セブン-イレブンを運営するセブン-イレブン・ジャパンが、24時間営業などの課題解決に向けて物流改革を進めている。加盟店の営業時間短縮を「断固として認めない」と強硬な姿勢だったセブンだが、この11月1日から…
(21件の記事)
38Picks
セブン、「たこ焼き」235万食を自主回収 紅ショウガの偏りで
ITmedia ビジネスオンライン
|
セブン&アイ・ホールディングスは、グループ各店舗で販売する冷凍食品「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」約235万食を自主回収。紅ショウガの偏りによって、風味が損なわれた商品があるという。
88Picks
「セブン1000店舗閉鎖・移転」の真の意味 “加盟店の一揆”は何をもたらすか
ITmedia ビジネスオンライン
|
“加盟店の一揆”によって混迷を極めるセブン。構造改革が迫られる中、2019年下期以降に1000店舗を閉店・移転すると発表したが、どのように読み解けばいいのか?
26Picks
セブン、たこ焼きを自主回収へ 紅ショウガを入れすぎか
朝日新聞デジタル
|
セブン&アイ・ホールディングスは8日、冷凍食品の「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」約235万食分を自主回収すると発表した。正常な商品と味が異なり酸味の強いものがあり、製造工場で紅ショウガを入れ…
26Picks
セブン&アイ、再び「物言う株主」に狙われた理由
東洋経済オンライン
|
セブン&アイホールディングスが、アクティビスト(物言う株主)として知られる香港の投資ファンドから一定の株を買われ、要求を突きつけられていることが東洋経済の取材で分かった。この投資ファンドは、香港を拠…
162Picks
オーナー支援、公表数値に問題も セブン―イレブン・ジャパン
共同通信
|
オーナー支援、公表数値に問題も セブン―イレブン・ジャパンが、休暇を取得する店舗オーナーの業務を本部社員に代行させる「オーナー・ヘル...
121Picks
セブン‐イレブン 24時間営業 見直しの詳細明らかに
NHKニュース
|
コンビニの24時間営業見直しの本格的な実施に向け、最大手のセブン‐イレブン・ジャパンがまとめた、加盟店向けのガイドライン…
695Picks
コンビニおでん「曲がり角」 人手不足で中止、縮小
共同通信
|
コンビニおでん「曲がり角」 コンビニの「セブン―イレブン」の店舗を中心にレジ横でのおでん販売を中止、縮小する動きが広がっている。...
221Picks
消費期限近い弁当は5%還元 セブン、食品ロス減へ実験
朝日新聞デジタル
|
まだ食べられるのに捨てられる食品ロスを減らすため、セブン―イレブン・ジャパンは30日、消費期限が近づいた弁当やおにぎりを買った客に、価格の5%分をポイント還元する実験を始めた。1割以上の廃棄減をめざ…
27Picks
セブン、正月とお盆の休業認めず 夜間最大8時間
共同通信
|
セブン、正月とお盆の休業認めず セブン―イレブン・ジャパンは1日、フランチャイズ加盟店向けに深夜休業に関するガイドラインを配布した。...
456Picks
セブン‐イレブン レジ支払い不要 ネット上で決済の実験店舗
NHKニュース
|
コンビニ大手のセブン‐イレブンは、客が手に取った商品をカメラとセンサーで判別し、ネット上で決済することでレジでの支払いが…
425Picks
セブン、時短営業を本格実施へ 11月に8店舗、手順書作成
共同通信
|
セブン、時短営業を本格実施へ セブン―イレブン・ジャパンは21日、フランチャイズ加盟店が時間短縮営業を実施する際の手順書となる「深...
63Picks
セブン、保冷ボックスで時短配慮 脱24時間は不透明
朝日新聞デジタル
|
セブン―イレブン・ジャパンは、店が深夜や未明に一時的に閉店し、その間を無人にしても、商品を配送できる仕組みを導入すると明らかにした。時短営業の指針を11月に示すことも正式に発表した。人手不足と人件費…
15Picks
「○○ペイ」乱立で利用者混乱…とりあえずPayPay?“消滅可能性”最有力候補は?
ビジネスジャーナル
|
鳴り物入りでスタートしたセブン-イレブンのスマートフォン決済サービス「7pay」は、不正アクセス問題により9月末でサービスを終了した。今や数多くのスマホ決済サービスが乱立しており、消費者の間からは「“○○ペイ”が多すぎる」という声も多い。そのため、今後は淘汰が始まるともいわれてい...
612Picks
【要点解説】岐路に立つセブン。3つの数字が示す「苦悩」
NewsPicks編集部
|
この1年で「リアル店舗の王者」を取り巻く環境が大きく変わっている。10月10日、国内の小売最大手セブン&アイ・ホールデイングスは2020年2月期の上半期決算説明会で、大規模な構造改革を発表した。...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ