新着Pick
SPD2EVEEO1U9JF8W

株式会社 セブン&アイ・ホールディングス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区二番町8番地8
03-6238-3000
詳細を見る
概要
日本最大のコンビニエンスストア・チェーンのセブン-イレブン・ジャパン、総合スーパーのイトーヨーカドーやディスカウントストアのザ・プライスを運営するイトーヨーカ堂、百貨店の西武・そごうを運営するそごう・西武、東北地方などを中心に展開するスーパーのヨークベニマルなどを中心とする日本の企業グループである。持株会社化前はアイワイグループ (IY Group) と称した。

2019年7月11日、沖縄県にセブン-イレブンが初出店したことで、全国47都道府県への小売店舗展開を完了した。

以前はイトーヨーカ堂を中核会社とする企業グループであった。しかしイトーヨーカ堂の業績が伸び悩み、業績を立て直す必要があった。一方で、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの業績は好調で、セブン-イレブン・ジャパンがグループの中心的な存在になっていた。そのため、セブン-イレブン・ジャパンの株価の時価総額が筆頭株主たるイトーヨーカ堂を上回る状態となり(いわゆる「親孝行会社」になった)、同社が買収の対象となりやすい状況にあった。

ちょうどその頃に、ライブドアによるニッポン放送買収問題が発生し(ニッポン放送の経営権問題)、敵対的買収への防衛策について注目が集まった。そこで、イトーヨーカ堂が子会社の業績に頼らない経営、および敵対的買収からの防衛を目的として、持株会社制への移行を決定。2005年9月1日、イトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの三社で、持株会社「セブン&アイ・ホールディングス」を株式移転により設立して経営統合を行った。この持株会社のロゴマークはセブン-イレブンのロゴを元にしている。また近年では事業の中核がイトーヨーカ堂からセブン-イレブン・ジャパンへと移りつつある。

2005年、株式上場することで敵対的M&Aの標的になることを危惧した西武百貨店社長の和田繁明から、セブン&アイHLDGS.社長の鈴木敏文に経営統合が持ちかけられた。鈴木は「2トップ制の対等、二人三脚の統合」を主張したが、和田の側が一歩引き、傘下入りすることで合意。

2006年1月31日、野村プリンシパル・ファイナンス株式会社の保有する株式 (65.45%) を買い取り、株式会社ミレニアムリテイリングを子会社化。2006年6月1日には株式交換により完全子会社化。これにより、コンビニエンスストア・スーパーマーケット・デパート(百貨店)という既存業態の枠を超えた日本最大で、世界でも屈指の巨大総合流通グループになった。

「新入社員といえど、世の中の他の新入社員を店頭でお迎えすべき立場にある」とのポリシーから、通常4月に行われる新入社員の入社式を3月に行っている。

2012年度には「新しい今日がある」というスローガンを掲げ、呼称を「セブンアイ」または「セブンアイグループ」とした(表記は今まで通り「セブン&アイ」のままである)。呼称に関しては2013年度から再び「セブン&アイ」に戻されている。
代表者
代表取締役社長 井阪隆一
設立年月日
2005-09-01
従業員数
83,635 人
上場年月日
2005-09-01
平均年齢
42 歳
平均年収
7,389,000 円
上場市場
東証プライム,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
有名カレー店に老舗牛鍋屋。セブンイレブンが超人気店監修のメニューを連発する理由
Business Insider Japan
|
セブンイレブンに「何か」が起きている。 「魯珈」「ルー・ド・メール」「デリー」といった有名カレー店や、牛鍋の老舗「柿安」、人気ラーメン店の「一風堂」など、全国の有名店の監修を受けた商品を販売するフェアを、2022年1月から毎月のように続けているのだ。 いずれも行列ができる人気店ばかりで、なかにはその...
161Picks
ユニクロ・吉野家・セブンイレブンに共通、普段意識しない圧倒的な強み
Diamond Online
|
強いブランドは、人が無意識に判断できるレベルまで自社のイメージを刷り込むことに成功しています。さまざまな工夫を通じて、世間の人たちの頭の中にブランドの特徴を焼き付けているのです。「ロゴを隠したら、どこのブランドの商品かわからなくなるのは当たり前」と思うでしょうか。実は、全員が正解したブランドもありました。いったいそのブランドはどこでしょう?
154Picks
なぜセブン&アイHDの「多角化」戦略は失敗したのか?コンビニ一点集中経営へ転換
ビジネスジャーナル
|
近年、セブン&アイ・ホールディングスは資産の売却を加速し構造改革を進めてきた。それによって内外のコンビニ事業の成長戦略が強化されている。その一つとして、11月11日に、そごう・西武の売却が発表された。一方で、旺盛な個人消費の拡大期待が高まった米国の事業運営体制が急速に強化されてい...
93Picks
セブンの「ホイップだけサンド」、売り上げ好調 埼玉県でも販売開始、都内への“上陸”予定は?
ITmedia ビジネスオンライン
|
セブン-イレブン・ジャパンが10月に近畿エリアなど地域限定で販売を始めた「ホイップだけサンド」シリーズが好調だ。11月13日までに埼玉県でも販売を始め、首都圏に初上陸。順調に売り上げ数を伸ばしている。東京都内や神奈川県内での販売予定などを広報に聞いた。
33Picks
西武池袋本店の建物、ヨドバシがほとんど取得か…1階などに家電量販店を出店の可能性も
読売新聞
|
【読売新聞】 セブン&アイ・ホールディングス(HD)傘下の百貨店「そごう・西武」が、米ファンド傘下で新たなスタートを切ることとなった。そごう・西武を買収した「フォートレス・インベストメント・グループ」は不動産案件を強みとしているもの
167Picks
セブン&アイ 「そごう・西武」を米投資ファンドに売却を発表
NHKニュース
|
セブン&アイ・ホールディングスは、経営不振が続く傘下のデパート「そごう・西武」をアメリカの投資ファンドに売却すると正式に発表しました。
207Picks
【阪根信一】地獄を見た経営者が、次に挑戦したいこと
NewsPicks編集部
|
3年半という期間は、人生を変えるには十分すぎる年月だ。2019年4月、全自動の衣類折り畳み機を開発するセブン・ドリーマーズが倒産し、スタートアップ業界内外で話題になった。100億円以上もの資金を...
815Picks
【本人激白】衣類折り畳み機「ランドロイド」破産の裏側
NewsPicks編集部
|
重大ニュースの裏側は、時間が経ってから明かされるものだ。2019年4月、ある有力ベンチャーが倒産しスタートアップ業界内外で話題になった。全自動の衣類折り畳み機を開発する、セブン・ドリーマーズだ。...
120Picks
商品のバーコードを読み取って、その企業に投資 セブン銀行が株式投資サービス「お買い物投資コレカブ」
ITmedia NEWS
|
店頭でお気に入りの商品を見つけたら、スマホのカメラでそのバーコードを読み取って、製造元の企業に投資できる──。リアルな世界と株式投資をつなげる、こんなサービスをセブン銀行が開始した。
17Picks
インフレ時代を勝ち抜く価格戦略〜価格バンドリング/アンバンドルの活用
Frontier Eyes Online by フロンティア・マネジメント
|
近代史上、最大規模のインフレーションが世界経済と国際秩序を揺るがしている。日本においても、エネルギーや原材料価格の高騰を受けて多くの企業が商品・サービス価格の値上げに舵を切っているが、消費者の受け入れ余力は大きくない。本稿ではインフレ時代の生存競争を勝ち抜くための価格戦略について、具体的な企業事例を交えながら論考する。
41Picks
進化する米国のコンビニ ファストフード店から市場シェア奪取か
Forbes JAPAN
|
米国で最大のコンビニエンスストアであるセブンイレブンは、タコベルやウェンディーズ、バーガーキングの店舗数よりも多い約9000店舗を抱えている。 セブンイレブンは2019年に導入されたエボリューション・ストア(Evolution Store)・・・
184Picks
値下げも効果なし?レッドブルが「モンスターエナジー」に勝てない理由
ビジネス+IT
|
コロナ禍をキッカケに徐々に出社する機会が減っている中、国内・清涼飲料市場は飲用機会の減少に直面し、2020年には2011年以来、9年ぶりに5兆円を割った。そんな逆風に抗い成長を続けているのがエナジードリンク市場だ。2017年と比べて、約3割の成長を実現しており、文字通り元気いっぱいの成長市場なのだ。そうしたチャンスに対し、さまざまな企業が挑戦をしてきたが、依然としてこの市場をけん引するツート...
443Picks
セブンイレブンで「客数10%減」の衝撃…! コンビニ「最強」から一転、いま起きている“意外すぎる現実”…!
マネー現代
|
セブンイレブンの売上がついにコロナ前を上回った。ところが業績の中身を調べれば、客数が大幅に減っていたことが分かったのだ。ついにコンビニも利用できない人が増えてしまったのか。原因は、コロナかを通して日本の階層化が一段と進んでしまったからだという。経済評論家の鈴木貴博氏が解説する。
12Picks
セブンイレブンに「異変」あり…! “1億総コンビニ時代”の終焉で「コンビニから消えた人」の正体と、「コンビニ格差社会」の“意外すぎる現実”…!
マネー現代
|
コンビ二界の王者であるセブンイレブンに「異変」が起きています。セブンアンドアイHDの発表によれば今年上半期のセブンイレブンの既存店売上高がコロナ前を上回ったそうですが、じつはそのウラで、顧客数はマイナス11.0%と1割以上減っていたのです。いまコンビニをめぐって「お客」の姿が大きく変わってきていることを気が付いている人はどれくらいいるでしょうか。いったいいま何が起きているのか。そして、その変...
38Picks
「生クリーム好き歓喜」──セブンイレブンの“具なし”「ホイップだけサンド」に反響 商品化の狙いは? 広報に聞いた
ITmedia ビジネスオンライン
|
セブン-イレブン・ジャパンが10月12日から近畿エリアなど地域限定で販売を始めた「ホイップだけサンド」シリーズがTwitterで話題となっている。商品名の通り、ホイップクリームのみを挟んだ“具なしサンドイッチ”となっている。商品化の経緯を聞いた。
33Picks
ファストフードの代名詞に異変あり…時間をかけて作る「クラフトバーガー」が人気の背景
マネー現代
|
ビール、コーラ、チョコレート、そしてバーガー。いま食品業界で「クラフト」が大きな流行となっている。「手作り」「こだわり」「時間をかけた」商品が次々に登場するのはなぜか? ファストフードのイメージを覆す「クラフトバーガー」に注目して、その背景に迫る。
41Picks
セブン&アイ、今期予想を上方修正 買収した米コンビニや円安寄与
Reuters
|
[東京 6日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスは6日、2023年2月期の連結営業利益予想を前年比23.0%増の4770億円に上方修正した。ガソリン価格の上昇により、21年に買収した米ガソリンスタンド併設型コンビニエンスストア大手スピードウェイの売り上げが伸長しいているうえ、円安が寄与する。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ