新着Pick
SPD2EUEOZ2KQNI10

三菱自動車工業 株式会社

三菱自動車工業株式会社(みつびしじどうしゃこうぎょう、略称:三菱自動車(みつびしじどうしゃ)・三菱自工(みつびしじこう)、英語: Mitsubishi Motors Corporation; 略称:MMC)は日本の自動車メーカー。 ウィキペディア
東京都港区芝浦三丁目1番21号
03-3456-1111
詳細を見る
概要
三菱自動車工業は、日本の自動車メーカーのひとつであり、1970年に三菱重工業から独立した会社である。

2016年の販売台数は92万6000台で、内訳は北米13万8000台、欧州17万9000台、日本8万0000台、アジア31万5000台、その他21万4000台。日本国内での登録台数シェア(≒販売台数シェア)は、2017年で0.9%、2018年で1.1%という企業である。
代表者
代表執行役CEO 加藤 隆雄
設立年月日
1970-04-22
従業員数
30,091 人
上場年月日
1988-12-05
平均年齢
40 歳
平均年収
6,520,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
39Picks
環境省が「再エネ推進交付金」を軽EVの購入支援に充てる狙い
ニュースイッチ
|
小泉進次郎環境相は7日の閣議後会見で、環境省が2022年度から軽電気自動車(軽EV)の購入支援策を導入する方向で検討していると発表した。軽自動車の利用者が多い地方のEV普及を後押しする。22年度は日産自動車と三菱自動車が軽EVの発売を予定しており、購入支援策を市場拡大につなげる。 同省は22年度の創設を目指す「地域脱炭素移行・再エネ推進交付金」をEV購入支援に充てる方針。同交付金は自治体の再...
65Picks
「パジェロ製造」に幕。販売は在庫がなくなり次第終了
ニュースイッチ
|
三菱自動車は、子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)の生産活動を8月31日に終了した。構造改革の一環で2020年7月に同拠点の閉鎖を発表していた。生産体制の再編などで21年3月期までに固定費を前期比2割削減した。22年3月期に3年ぶりの最終黒字を見込むなど業績は上向きつつある。今後は主力の東南アジア市場に経営資源を集中し、着実な成長につなげる。 パジェロ製造は、海外を中心に高い人気を集めたスポ...
14Picks
日産自動車、軽クラスの電気自動車を2022年度初頭に発売
日産自動車ニュースルーム
|
日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は、三菱自動車との共同プロジェクトとしてNMKVで企画・開発を進めている新型の軽クラスの電気自動車(EV)を、2022年度初頭に日本国内で発売します。
57Picks
軽電気自動車の開発加速、発売へ 価格200万円切りが焦点
共同通信
|
軽自動車の電気自動車(EV)の開発競争が加速している。日産自動車と三菱自動車は共同開発車を2022年...
18Picks
三菱自、ドイツに罰金33億円…排ガス検査「改善不十分」と認定
読売新聞
|
三菱自動車が、欧州で販売していたディーゼル車のエンジンについて、排ガス検査への対応に過失があったことを認め、現地の関連会社と計2500万ユーロ(約33億円)の罰金をドイツ当局に支払っていたことが分かった。 ドイツの検察
12Picks
日産と三菱が知る「本当の壁」! 日本のEV普及には「ユーザーを満足させるクルマ」だけではダメだった
WEB CARTOP
|
日産と三菱は「クルマだけ」では解決不可能な現実を知っている  日産自動車は、2010年に初代リーフの発売を開始し、以来11年のEV販売実績を持つ。eNV200というミニバンも車種追加したが、今後のアリアや、軽自動車のEVとして東京モーターショーで公開したIMk以外に、EVの話は聞こえてこない。三菱自... The post 日産と三菱が知る「本当の壁」! 日本のEV普及には「ユーザーを満足さ...
18Picks
三菱は没落してしまうのか?主力級企業が業績悪化、巨大企業グループの行く先は?
MONEY TIMES
|
三菱グループが正念場を迎えている。三菱商事は最終利益で業界トップから陥落し、三菱自動車は2期連続の赤字となった。三菱重工も、民間機事業で巨額の損失を計上している。日本を代表する巨大企業グループは、没落の道を歩み始めてしまったのだろうか。
32Picks
三菱自動車、3123億円の赤字 3月期、コロナで販売低迷
共同通信
|
三菱自動車、3123億円の赤字 三菱自動車が11日発表した2021年3月期連結決算は、純損益が3123億円の赤字だった。赤字は2年連...
98Picks
軽自動車のEV開発が本格化。価格と利便性の間で見いだす現実解は?
ニュースイッチ
|
軽自動車で電気自動車(EV)の開発が本格化している。ホンダは2024年の軽EVの投入を表明。日産自動車と三菱自動車は22年以降に共同開発した軽EVの発売を、スズキは25年までに軽EVに関わる電動化技術の確立を目指す。“国民車”として普及する軽は手頃な価格や使い勝手が支持されてきた。ただEVのコスト上昇の主因とされる電池は航続距離とも関わる。価格と利便性の間でどのような現実解を見いだすか注目さ...
18Picks
三菱自動車7500台減産 世界的な半導体不足で
FNNプライムオンライン
|
三菱自動車は、世界的な半導体不足により、部品の調達が困難となったため、4月も7,500台を減産すると...
1657Picks
日本の企業を蝕んでいる病の正体が分かった
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
東芝、シャープ、三菱自動車や神戸製鋼、そして、森友学園の国有地取得をめぐる公文書改竄事件――相次ぐ大企業の不祥事・経営危機や、国家を揺るがす事態の裏側には、ある病巣があった。
27Picks
EV充電のe-Mobility Powerが150億円調達、トヨタ日産ホンダ三菱自など出資
MONOist
|
東京電力ホールディングスと中部電力が共同出資で設立し、電気自動車(EV)など電動車向けの充電インフラを整備するe-Mobility Powerは2021年4月5日、第三者割当増資の実施によって150億円を調達したと発表した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ