新着Pick
SPD2EKEWV9DL82JZ

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。 ウィキペディア
東京都江東区豊洲3-3-3豊洲センタービル
03-5546-8202
詳細を見る
概要
・1966年(昭和41年)、日本電信電話公社はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌1967年(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。主に官公庁・金融向けシステムの開発を行い、全国地方銀行協会システム(ACS、1968年(昭和43年)稼動開始)や、全国銀行データ通信システム(全銀システム、1973年(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(アメダス、1974年(昭和49年)稼動開始)、郵便貯金システム(1978年(昭和53年)稼動開始)、社会保険システム(1980年(昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS、1984年(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(BANCS、1984年(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。
・1985年(昭和60年)に日本電信電話株式会社が発足するとデータ通信事業本部へ改組され、1988年(昭和63年)5月23日 にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。その後1995年(平成7年)に株式上場し、1998年(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとしてNTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。現在に至る。
・2007年(平成19年)3月期決算において、国内SI事業者としては初の売上高1兆円を突破。
・公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのM&Aを基本とした成長戦略を軸に据えている。これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では富士通、日立製作所に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。
・2012年(平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。
・2018年(平成30年)3月期決算において、連結売上高2兆円を達成。従業員数は連結で約11万8千人、単独で約1万1千人。
・国内においてもシステム開発などSIから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。
・1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個の楕円を三角形に配したもので、細川光夫によりデザインされた。楕円はコロンブスの卵を意味し、個数は二進法の1と0に掛けている。一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。
・グループビジョン 「Trusted Global Innovator」
・Values 「Clients First」「Foresight」「Teamwork」
代表者
代表取締役社長 本間 洋
設立年月日
1988-05-23
従業員数
133,196 人
上場年月日
1995-04-26
平均年齢
38 歳
平均年収
8,338,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
111Picks
NTT、海外事業が死屍累々、総額2兆円の損失遅すぎた外部提携、遠いGAFAの背中
ビジネスジャーナル
|
NTTグループでは澤田純氏が持ち株会社NTTの社長に就任して以降、海外事業の拡大に向け、アクセルを踏み込んでいる。それでも海外はグループ売り上げの2割に満たない。成長の柱と位置付ける海外事業は苦戦が続く。カギを握るのはNTTデータだが、子会社にする動きは、総務省幹部への接待問題で...
12Picks
NTTデータ、モビリティ分野のビジネス創出を支援する交通環境情報ポータルサイト「MD communet」を一般公開
クラウド Watch
|
株式会社NTTデータは4月30日、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張)」(以下、SIP自動運転)における、地理系データの流通促進に関わる取り組みとして、2020年11月から試験運用で限定的な公開をしていた交通環境情報ポータルサイト「MD communet」を一般公開した。
13Picks
スマホよりも紙に書いた方が記憶に残りやすい【研究結果】
TABI LABO
|
「東京大学大学院総合文化研究科」と「日本能率協会マネジメントセンター」、「NTTデータ経営研究所」による共同研究によって明かされたのは、書き留める"メディア"によって生じる脳活動の違い。
26Picks
日本オラクル三澤社長、NTTデータ本間社長、日本IBM山口社長は入社式で何を語ったか
ZDNet Japan
|
今回は特別に、日本オラクル 執行役社長の三澤智光氏、NTTデータ 代表取締役社長の本間洋氏、日本IBM 代表取締役社長の山口明夫氏のお三方が、2021年4月1日に行われたそれぞれの入社式で語ったメッセージを紹介する。
312Picks
「信用」こそ最大の強み。“顧客起点の発想”が金融の未来を変える
人々の生活を支えるインフラである金融業界は、デジタルを武器にいかに変化すべきか。『銀行はこれからどうなるのか』の著者で、テクノロジーアナリストの泉田良輔氏とNTTデータで金融DXを推進する山本英...
21Picks
メガバンク→コンサル→NTTデータ。転職のキャリアがバリューとなりNTTデータで輝く
talentbook
|
NTTデータ社会基盤ソリューション事業本部の延 正樹は、新卒で大手都市銀行に就職し、その後外資系コンサルへの転職を経て、NTTデータに入社しました。転職のキャリアを存分に活かし、「今が一番楽しい...
16Picks
NTTデータ、引越し手続きのワンストップ化を目指し「パーソナルデータ流通プラットフォーム」を活用した住所変更情報連携の実証を開始
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社NTTデータは、引越し手続きのワンストップ化を目的として、パーソナルデータ流通プラットフォーム「My Information Tracer(以下、mint)」を活用した住所変更情報の連携...
265Picks
新しい消費をつくる。購買DXの未来予想図
消費と購買のDXを巡る未来予想図を識者2人が徹底討論。その未来に向けて何をすべきか? その方向性は、リテールテックオンラインのNTTデータブースにある。デジタルで共に未来を。
18Picks
NTTデータ流スマートシティの構築も、仕事を楽しむのも、キーワードは自分ごと化
talentbook
|
NTTデータ公共・社会基盤事業推進部の宮澤 宗平が取り組むのは、確固たるビジネスモデルが存在しないスマートシティ市場において、NTTデータならではの付加価値を創造する“NTTデータ流スマートシテ...
61Picks
NECもソースコード流出を確認、GitHubで 三井住友銀、NTTデータに続き
ITmedia NEWS
|
NECが顧客向けに開発したシステムのソースコードがGitHubを通じて流出したと明らかにした。同社は「原因究明と再発防止に努める」としている。
19Picks
データから価値を生み出す~経営課題解決のためのデータ活用成功のポイント~
talentbook
|
ビッグデータの活用が叫ばれて久しい昨今、データは企業の経営判断のための材料として重要な役割を果たしています。お客様のデータを活用してサービスを提供することが本業のひとつでもあるNTTデータにおい...
122Picks
【事前申込受付中】NewsPicks×NTTデータ三本勝負!
NTTデータ
|
新型コロナウイルスを機に世界は一変し、新たな社会のデザインが求められています。 私たちが考える“新しい社会”とは、急速に進んだオンライン化と、従来のリアルがうまく融合したベストミックスな社会です...
11Picks
NTTデータ、米Hashmapを買収を発表 デジタル対応力を強化
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
NTTデータは、北米子会社であるNTT DATA Servicesを通じて、Snowflake等のクラウド型のデータプラットフォームに関する専門的な知見をもとに、顧客のデータ・アナリティクスの活用
1254Picks
【田端信太郎】22歳だったら、日銀経由で仮想通貨業界に行く
NewsPicks編集部
|
会社員でありながらソーシャル上で活発に発信を行い、支持者を集める異色のサラリーマン・田端信太郎氏。新卒で入ったNTTデータを退職後、2001年にリクルートへ。2005年にライブドアに転職すると、...
1016Picks
訪日外国人の移動実態が明らかに、JR東日本とNTTデータがデータ公表、入国地や国籍で移動の違い鮮明
トラベルボイス
|
東日本旅客鉄道(JR東日本)とNTTデータは、訪日外国人旅行者の移動実態に関する共同調査を実施した。鉄道の利用をはじめ国内の移動需要を把握し、各種インバウンド施策に反映させるのが目的で、訪日客の受入れ推進の観点で調査結果を公表した。 これによると、訪日外国人の広域移動が多いのは関東と近畿からの入国者。これに対して、区域内の狭域移動は北海道や沖縄、九州の入国者が多い。また、国別では中国、米国、...
837Picks
NTTデータ、国内小売業の「レジなし店舗」参入支援をスタート 「Amazon Go」に負けない技術を実装
ITmedia NEWS
|
NTTデータが「レジなし店舗」の出店を支援するサービスを開始。コンビニやドラッグストアを対象に、消費者が好きな商品を持って退店すると、自動で決済する仕組みを実装する。国外で「Amazon Go」をはじめとするレジなし店舗が徐々に広がっていることを踏まえ、国内での実用化を促進する狙い。
784Picks
データサイエンティストと語る“AI実用”の現実解
──この数年、なぜこれほどAIへの期待が高まっているのでしょうか。谷中(NTTデータ):プロ囲碁棋士にも勝てるGoogleのAI「AlphaGo」の活躍は、AIの実力を広く認知させる出来事でした...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ