新着Pick
SPD2EKEWV9DL82JZ

株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ(NTTデータ、NTT DATA Corporation)は、東京都江東区にある、データ通信やシステム構築事業を行っている日本のシステムインテグレーター。情報サービス事業では業界最大手である。 ウィキペディア
東京都江東区豊洲三丁目3番3号
03-5546-9962
詳細を見る
概要
・1966年(昭和41年)、日本電信電話公社はかねてよりの念願だったデータ通信サービス実施の認可を受け、翌1967年(昭和42年)に「電信・電話に次ぐ第三の通信、データ通信」を掲げデータ通信本部を設立した。主に官公庁・金融向けシステムの開発を行い、全国地方銀行協会システム(ACS、1968年(昭和43年)稼動開始)や、全国銀行データ通信システム(全銀システム、1973年(昭和48年)稼動開始)、気象庁地域気象観測データ通信システム(アメダス、1974年(昭和49年)稼動開始)、郵便貯金システム(1978年(昭和53年)稼動開始)、社会保険システム(1980年(昭和55年)稼動開始)、共同利用型クレジットオンラインシステム(CAFIS、1984年(昭和59年)稼動開始)、都銀キャッシュサービス(BANCS、1984年(昭和59年)稼動開始)等といった日本の基盤となるシステムを構築してきた。
・1985年(昭和60年)に日本電信電話株式会社が発足するとデータ通信事業本部へ改組され、1988年(昭和63年)5月23日 にはエヌ・ティ・ティ・データ通信株式会社として分離独立(データ通信事業本部に属する営業を譲り受け、営業を開始したのは同年7月1日)。その後1995年(平成7年)に株式上場し、1998年(平成10年)には創業10周年の節目とコーポレートブランドとしてNTT DATAが定着していたことから株式会社エヌ・ティ・ティ・データへと商号を変更。現在に至る。
・2007年(平成19年)3月期決算において、国内SI事業者としては初の売上高1兆円を突破。
・公共分野を始めとする国内市場の成長鈍化に対し、海外ITサービス企業へのM&Aを基本とした成長戦略を軸に据えている。これは、ITサービス事業者として見た場合、国内では富士通、日立製作所に次ぐ第3位の売上高であるものの世界規模では第15位と大きく出遅れていたためである。2012年度には海外売上高3,000億円の達成と、海外拠点50カ国への拡充を計画している。
・2012年(平成24年)3月期決算において、連結売上高1兆3千億円を達成。従業員数は連結で約6万人、単独で約1万1千人。
・国内においてもシステム開発などSIから脱却し、ITソリューションの拡充とグループ会社を横断したサービス提供を経営目標としている。
・1988年に制定された初代ロゴは淡い青地に、左側に2行に分けた「NTT DATA」の文字、右側に10個の楕円をピラミッド状に配したもので、細川光夫によりデザインされた。楕円はコロンブスの卵を意味し、個数は二進法の1と0に掛けている。一番上のやや大きく、少し離れた楕円は人の知恵と未知なる分野への挑戦を表している。2012年には、初代ロゴの文字部分を一行にし、地色と文字色を反転させたものに改められた。
・グループビジョン 「Global IT Innovator」
・コミュニケーションワード 「変える力を、ともに生み出す。」
代表者
代表取締役社長 岩本 敏男
設立年月日
1988-05-23
従業員数
111,664 人
上場年月日
1995-04-26
平均年齢
38 歳
平均年収
8,124,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
748Picks
データサイエンティストと語る“AI実用”の現実解
NewsPicks Brand Design
|
──この数年、なぜこれほどAIへの期待が高まっているのでしょうか。谷中(NTTデータ):プロ囲碁棋士にも勝てるGoogleのAI「AlphaGo」の活躍は、AIの実力を広く認知させる出来事でした...
13Picks
NTTデータが注力する「地に足の着いたAI」
ZDNet Japan
|
今回は、NTTデータの岩本敏男 代表取締役社長と、IIJの渡井昭久 常務取締役CFOの発言を紹介する。
6Picks
AIで英会話のレベル分析、効果的な学習を支援――英会話のGABAとNTTデータが実証実験へ
ITmedia エンタープライズ
|
GABAとNTTデータは、AIを活用して英会話レッスン中の音声から学習レベルを分析し、効果的な学習に活用するための実証実験を行う。音声認識技術の活用による、効率的な英語学習の実現を目指す。
15Picks
「FinTech100企業」日本からNTTデータなど4社がランクイン
ZUU Online|経済金融メディア
|
金融機関に商品・サービスを提供している企業ランキングが発表され、FinTech企業部門(FinTech 100)では日本のNTTデータや野村総合研究所がトップ10入りしたほか、GLORYやCapital Asset Planningの合計4社がトップ100に選ばれた。 エンタープライズ部門(FinTech Enterprise 25)はIBMやMicrosoft、アクセンチュアなどと並んで富...
58Picks
シャープの「ロボホン」が手話を理解できるように、NTTデータとアプリを開発
ケータイ Watch
|
NTTデータとシャープ、NTTデータSBCは、コミュニケーションロボット「ロボホン」が手話を認識できるアプリを共同開発した。ロボホンに向かって手話をすると、その手話が意味する単語をしゃべったり、専用アプリ上でテキスト化したりできる。
285Picks
世界初、貨物保険に仮想通貨技術活用 来月実証 請求手続き大幅短縮
産経ニュース
|
東京海上日動火災保険とNTTデータが、貨物の輸出入をめぐる保険金請求に、仮想通貨で使われているブロックチェーン技術を活用する実証試験を11月から始めることが28日、分かった。関係書類を2国間で郵送しあう必要がなくなるため、実用化されれば1カ月程度かかる保険金請求の手続きを、1週間程度に短縮できる利点がある。
8Picks
【日本初・新制度】NTTデータがTwitter社との新規契約をグローバルで締結し、SIerとスタートアップ企業を支援
ECのミカタ
|
「SIerパートナーシップ制度」は、システム開発事業者がシステム開発を行う際、Twitterデータをより身近に、より高いパフォーマンスで利用するための国内初の制度となる。 また、開発事業者が国内事業へ多種多様なITサービスを提供する中で、Twitterデータを顧客の要件や案件の特性に合わせて組み込むことを可能にし、開発事業者の複雑なニーズに合わせて柔軟にITサービスを提供できるビジネスモデル...
30Picks
15兆円を目指す「スポーツビジネス市場」、未来考察への俯瞰図を見る
ビジネス+IT
|
NTTデータ経営研究所は10月、現時点でのスポーツテック業界を俯瞰する「Sports-Tech Landscape」2017を公表した。スポーツに関わるスタートアップやITベンダーを俯瞰している。なお、スポーツテックとは、スポーツ領域を対象にITを活用した新しいソリューションを提供する企業と定義している。
9Picks
ロボホンが手話通訳に--NTTデータやシャープら、AI技術を活用したアプリを共同開発
CNET Japan
|
NTTデータとシャープ、NTTデータSBCは11月8日、AI技術(ディープラーニング)を活用したモバイル型ロボット電話「ロボホン」向け手話通訳アプリケーションを共同開発したと発表した
14Picks
日本農業新聞 - 「創エネ」組織を発足 農家の収益向上に 京大とNTTデータ経営研
日本農業新聞
|
日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。
16Picks
コーディングなしでAI開発ができるAI基盤を実用化
MONOist
|
NTTデータ イントラマートは、コーディングなしでAIを組み込んだ業務アプリケーションを開発できる、intra-mart AI基盤を実用化した。2018年度の製品化を目標としている。
1Pick
NTTデータGSL、SAPシステムの外部接続を簡素化--顧客のデジタル変革を支援
ZDNet Japan
|
NTTデータ グローバルソリューションズ(NTTデータGSL)は、SaaS版「IBM App Connect Professional」を導入した。SAPシステムと他のオンプレミスやクラウド環境のシステム接続を簡素化し、顧客のデジタル変革を支援する。
272Picks
銀行口座があれば使えるスマホ決済、NTTデータが実証実験
ケータイ Watch
|
NTTデータは、みずほ銀行、三井住友銀行や地方銀行10行と協力し、スマートフォンを利用した新しい決済サービスの実証実験を9月4日に開始する。2018年度上期に本サービス提供を予定しており、実証実験を通してサービスの展開の可能性を探る。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ