新着Pick
SPD2DKVNQCBBEMT6

本田技研工業 株式会社

本田技研工業株式会社(ほんだぎけんこうぎょう、英称: Honda Motor Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の輸送機器及び機械工業メーカーであり、四輪車では、2015年度販売台数世界第7位、二輪車では、販売台数、売上規模とも世界首位で、船外機は販売台数世界第4位である。 ウィキペディア
東京都港区南青山2-1-1
03-3423-1111
詳細を見る
代表者
取締役社長 八郷 隆弘
設立年月日
1948-09
従業員数
219,722 人
上場年月日
1957-12-02
平均年齢
45 歳
平均年収
8,198,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,サンパウロ証券取引所(BRDR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
207Picks
ホンダ、研究所を大幅縮小 四輪の開発機能を本社に統合
朝日新聞デジタル
|
ホンダは四輪事業の開発体制を4月に大幅に見直す。研究開発子会社の本田技術研究所(埼玉県和光市)が持つ四輪車の商品開発機能をホンダ本体に統合する。迅速で効率的な開発体制をつくるのが狙い。創業者の故・本…
21Picks
「フィット vs ヤリス vs ノート」小型車戦争の勝者は?
ニュースイッチ
|
ホンダは、小型車「フィット」を約6年半ぶりに全面改良して14日に発売する。10日にはトヨタ自動車が同「ヤリス」の新モデルを発売したばかり。また年内には日産自動車が同「ノート」を全面改良する見込み。相次ぐ新モデル投入は、縮小傾向にある小型車市場の活性化につながるか。(取材=編集委員・後藤信之) 新型フィットは、消費者の潜在ニーズを探る独自の調査手法で「心地良さを追求した」と開発責任者の田中健樹...
10Picks
米司法省、ホンダなど4社の独禁法調査終了 加州排ガス協定
Reuters
|
[ワシントン 7日 ロイター] - 米司法省は7日、カリフォルニア州と自動車大手4社が合意した排出ガス基準を巡る自主協定について、反トラスト法(独占禁止法)違反はなかったとして調査を終了したことを4社に伝えた。
12Picks
ホンダ、今期業績予想を上方修正 新型肺炎拡大影響含まず
Reuters
|
[東京 7日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は7日、2020年3月期連結業績予想(国際会計基準)を上方修正した。営業利益は前年比0.5%増の7300億円となる見通し。従来は同5.0%減の6900億円だったが、販売管理費などの削減が想定以上だったため、減益から一転して増益を見込む。ただし、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響は織り込んでいない。
70Picks
ホンダの武漢工場、操業停止を13日まで延長 再開は未定
Reuters
|
[上海 3日 ロイター] - ホンダ<7267.T>は、湖北省武漢市にある東風汽車<0489.HK>との合弁3工場の操業停止を13日まで延長する。広報担当者が3日ロイターに語った。
15Picks
馬鹿げているほど楽しい―新型EV、ホンダeに米国版記者がいち早く試乗。欧州版の詳細仕様も明らかに
Engadget 日本版
|
ホンダが期待の新型電気自動車「ホンダe」について、欧州で詳細なスペックを発表しました。米国版Engadgetの記者はいち早くこれに試乗しています(米国でホンダeの発売予定はないのですが...)。なお、数字のみに興味がある方は、ずずっとスクロールして文末をご覧ください。 欧州では既に予約受付が始まっているホンダeですが、日本でも2020年内に発売が予定されています。昨年秋の東京モーターショーで...
17Picks
ホンダ系サプライヤー、「系列外」から受注拡大への執念
ニュースイッチ
|
ホンダ系サプライヤーがIoT(モノのインターネット)を活用した生産効率化に乗り出す。ジーテクトは自社の生産技術を生かした設備販売を2020年度から強化し、知見を自社の生産効率化にも生かす。エフテックも20年度から国内外の生産拠点間でIoTの導入を本格化する。八千代工業は中長期的なIoT活用を視野に入れる。生産効率化は事業基盤の強化のほか、主要取引先のホンダ以外からの受注拡大につなげる狙いがあ...
579Picks
【新】IoTのトップが語る、「モノ売らぬ」日立の勝算
NewsPicks編集部
|
日立製作所がIoT基盤「Lumada(ルマーダ)」で、ディズニーと組むなど攻勢に出ている。さらにはホンダ系列の部品サプライヤーも買収した。一方、日立化成の売却など事業ポートフォリオ再編も進める。...
19Picks
「日産・三菱・ルノー」連合にもう1社加わる可能性も!まさかのホンダはある?
ニュースイッチ
|
海外逃亡した日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告。2018年11月に逮捕される前、日産と仏ルノーの経営統合を画策していた。「世界の自動車メーカーのトップになる」との野望があったと見る向きが多いが、自動車業界で合従連衡の動きが活発化していることも理由として見逃せない。実際、19年には欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏グループPSAが対等合併で合意。販売台数(計約87...
29Picks
F1、フェルスタッペン契約延長 レッドブルと23年まで
共同通信
|
F1、フェルスタッペン契約延長 自動車F1シリーズで、ホンダがパワーユニット(PU)を供給しているレッドブルは7日、2019年ドライ...
78Picks
2020年、トヨタは「自動運転レベル3」発売のホンダを静観する?
自動運転ラボ
|
ホンダは日本で解禁される「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)を搭載した車両を今年発売する。いつでも運転手がシステムと運転を代われる状態でなければならないが、将来の完全自動運転化に向けた大きな一歩として注目される。 […]
27Picks
投入相次ぐ新型車、その個性をまるっと紹介
ニュースイッチ
|
消費増税や大型台風の影響で2019年後半から低迷する国内新車市場だが、年明けから新型車の投入が相次ぐ。注目は軽・小型車と電気自動車(EV)。トヨタ自動車、ホンダはそれぞれ2月に小型車を投入し、スズキも1月に主力の軽自動車の全面改良を控える。EVを巡っては日産自動車が次世代の戦略車を初投入。一方、SUBARU(スバル)は走りを追求した新型車を発売する。“大型新人”は、成熟化が進む国内市場を活性...
205Picks
【清水和夫】「CASE2.0」時代のモビリティ
NewsPicks編集部
|
CASEと言われて久しいが、電動化と自動運転はいよいよ実社会にデビューしてくる。すでにバッテリーEV(BEV)はテスラを筆頭に市販化が始まっているが、来年2020年はホンダから意欲的なBEV(H...
13Picks
車部品業界の再編加速 自動運転・EVで競争激化(時事通信)
Yahoo!ニュース
|
日立製作所とホンダが傘下の部品4社の経営統合を決めるなど、自動車部品業界の合従連衡が加速している。自動運転や電気自動車(EV)といった次世代技術「CASE(ケース)」の開発競争が激化し、経営環境が厳 - Yahoo!ニュース(時事通信)
20Picks
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。
17Picks
ホンダ初のスタートアップM&Aを実現。シリコンバレー活用は次のステージへ
TECHBLITZ
|
シリコンバレーでのオープンイノベーションにおいて、日本企業のなかで常に先を行くホンダ。スタートアップとスムーズに協業するための仕組みや社内の協力体制づくりなどへの入念かつスピーディな取り組み、さらに「...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ