新着Pick
SPD2CNKQ679QAZZO

株式会社 村田製作所

株式会社村田製作所(むらたせいさくしょ、英語: Murata Manufacturing Co., Ltd.)は、京都府長岡京市に本社を置く電子部品の製造ならびに販売をおこなう企業である。TOPIXcore30の一社に選ばれている。電子部品専業メーカーとして世界トップクラスに位置している。 ウィキペディア
京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
075-951-9111
詳細を見る
概要
村田昭により、1944年10月に京都市中京区四条大宮北(四坊大宮町)の元染物工場を借りて工場として創業。元々はがいしなどの陶器製品を製造する町工場であった。主力商品はセラミックスコンデンサで世界随一のシェアを占める。その他にも、セラミックフィルタ、高周波部品、センサー部品も強い。いずれも世界的に圧倒的なシェアを持つ。原材料からの一貫生産に特徴がある。村田製作所は積層セラミックコンデンサでトップの地位を走るが、「にじみ出し戦略」と呼ぶ周辺分野の企業とのアライアンス、M&Aを進めており、ここ数年は周辺の部品に領域を拡大している。さらに自動車、エネルギー(電池事業)、ヘルスケアなどの注力市場やIoTなどの新規市場に対して研究開発を促進し事業拡大を図るため、2020年には横浜市・みなとみらい地区に新たな研究開発拠点となる「みなとみらいイノベーションセンター」を開設予定である。

会社としては1950年12月23日の設立だが、村田昭は生産を始める前に火を使う仕事なので(火の神様である)愛宕神社へお参りした。これを記念として後に村田製作所の創業記念日は10月15日と決められている。

2000年代以降は新聞・テレビ広告にも力を入れ、「村田製作所は何をセイサクしているんだろう」という出だしで始まるテレビコマーシャルや、村田“科学少年少女”製作所といったテーマで展開される新聞広告など、企業イメージ向上に努めている。特に同社の技術を集めたムラタセイサク君というロボットが注目を集めている。2014年に会社ロゴを変更。

以前はお盆と正月に集中的にテレビコマーシャルを放映していたが、これは社員が帰省した際、「村田製作所」という社名から、町工場に勤めているものと勘違いされることが多かったということを踏まえてのものであった。また、採用活動のPRも目的としている。
代表者
代表取締役会長兼社長 村田 恒夫
設立年月日
1950-12-23
従業員数
76,075 人
上場年月日
1963-03-01
平均年齢
40 歳
平均年収
7,431,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),シンガポール証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
村田製作所、0603MサイズのPTCサーミスター量産
EE Times Japan
|
村田製作所は、外形寸法が0.6×0.3×0.3mm(0603Mサイズ)と、極めて小さいPTCサーミスター「PRG03BC181QB6RL」の量産を始めた。
1Pick
[動画で解説]特集:5Gスマホで再成長に向かう電子部品大手(村田製作所、TDK)
トウシル 楽天証券の投資情報メディア
|
●2020年は5G用スマートフォンが本格的に普及する年になろう。5Gスマホの内部では、チップ積層セラミックコンデンサや樹脂多層基板の搭載数量増加、アンテナ系部品の高度化、電池の高性能化、大型化などが予想される。●2020年3月期4Qは5Gスマホの販売増加によって例年よりもスマホ生産台数が増えることが期待できる。2021年3月期は5Gスマホがけん引することによって、スマホ販売台数全体が増加に転...
403Picks
ソニーの電池も復活。「ムラタ再生工場」の秘密
NewsPicks編集部
|
積層セラミックコンデンサー(MLCC)など電子部品の総合王者、村田製作所。オープンイノベーションの実践者でもある同社トップの村田恒夫会長兼社長に、コモディティ化が進む中で日本の勝ち筋を聞く。 ソ...
17Picks
電子部品の王者・村田は攻めるのか抑えるのか、来年度の設備投資2500億円の中身
ニュースイッチ
|
村田製作所の2020年度の設備投資額は、過去3年間より低い2000億―2500億円規模となる見通しだ。中長期の電子部品の需要増に備え、17―19年度は毎年約3000億円を投じて土地・建物のインフラ整備に比重を置いたが一段落し、平常値に戻す。20年度は既存建屋での増産や合理化投資が過半を超える。 海外拠点への投資割合は3割超となりそう。現状35%の海外生産比率を徐々に増し、長期的に50%まで高...
19Picks
2019年注目集めた「テクノロジー」記事5選
ニュースイッチ
|
まもなく2019年も終わり。ニュースイッチでは今年もテクノロジーの記事をたくさんお届けしました。その中から読者の皆さんの関心が高かった記事を5つご紹介します。 (1)村田製作所が全固体電池を量産へ、容量は“業界最高レベル” 村田製作所がセラミックス技術を応用した全固体電池の量産に乗り出す動きを速報しました。試作品の容量は他社製品と比べて100倍の10ミリアンぺア時強と業界最高レベル。主にウエ...
14Picks
村田製、「3D触力覚技術」のミライセンス社を買収
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 村田製作所<6981.T>は25日、「3D触力覚技術」を活用したハプティクス・ソリューション技術を提供するミライセンス(本社、茨城県つくば市)を買収し、完全子会社化すると発表した。
15Picks
MLCC市場「全体的に回復が遅れている」村田製作所
EE Times Japan
|
村田製作所は2019年10月31日、東京都内で2020年3月期(2019年度)第2四半期の決算説明会を行った。同社の2019年度第2四半期累計(4月~9月)売上高は前年同期比3.5%減の7609億円、営業利益は同12.9%減の1214億円、純利益は同16.2%減の907億円となった。中国を中心とした世界景気の減速による自動車やスマートフォンの生産台数減が影響した。同社の専務執行役員コンポーネ...
65Picks
村田製、アップル以外にもメトロサークの供給開始-社長
Bloomberg.com
|
村田製作所の村田恒夫会長兼社長は、高機能スマートフォンに使われる樹脂多層基板メトロサークについて、2019年から米アップル以外にも供給先を広げたことを明らかにした。
12Picks
全固体電池とワイヤレス給電をモジュール化
EE Times Japan
|
村田製作所は、「CEATEC 2019」で、電池容量が最大25mAhと大きく、定格電圧が3.8Vの全固体電池を展示。ワイヤレス給電システムと組み合わせ、ミニカーがサーキット走行と充電を自動的に繰り返すデモなどを行った。
13Picks
村田製作所とソニーの技術を融合、容量25mAhの全固体電池として昇華
MONOist
|
村田製作所は、「CEATEC 2019」において、「業界最高水準の電池容量を持つ」(同社)とする全固体電池を披露。これまで製品化されている全固体電池の電流容量は1mAh以下のものが多いが、同社は最大で25mAhの電流容量を持つ製品の開発に成功。2020年度中の製品出荷を目指している。
68Picks
【iPhone 11 Pro 世界最速分解レポート】基幹部品への村田製作所製品の採用が大幅増、フラッシュストレージは東芝からSK hynixへ変更か
xenolabo(ぜのらぼ)
|
2019年9月20日、「iPhone 11」、 「iPhone 11 Pro」 、 「iPhone11 Pro Max」の3機種が新たに発売された。スマートフォンはいまや人々の生活インフラとなり、毎年新機能が盛り込まれるiPhoneの新製品発売は大きな注目を集める。 xenodata lab.(ゼノデータ・ラボ)では、新型iPhoneが半導体業界をはじめとしたサプライチェーンに与える影響を分析すべ
17Picks
電子レンジで燃えないRFIDタグ、村田製作所がコンビニ用に開発
日刊工業新聞電子版
|
村田製作所は業務用電子レンジ対応の無線識別(RFID)タグの試作品を開発した。コンビニエンスストアなどに設置されている出力1800ワット級の業務用電子レンジに入れても燃えない。SI...
17Picks
燃えないリチウムイオン電池で、安心・安全な社会を目指す村田製作所
マイナビニュース
|
2019年7月にソニーより電池事業を引き継いだ村田製作所。同社の手がけるリチウムイオン電池は燃えないという特徴を持つ。そんな同社がこのほど、生産の様子ならびに安全性試験の様子を公開した。
462Picks
村田製作所が全固体電池を量産へ、容量は“業界最高レベル”
ニュースイッチ
|
村田製作所は2019年度内にセラミックス技術を応用した全固体電池の量産に乗り出す。野洲事業所(滋賀県野洲市)の電池関係の生産棟に量産ラインを新設する。当面の生産能力は月10万個を予定する。試作品の容
1286Picks
【社長直撃】アップルが沈んでも、村田が勝ち残る理由
NewsPicks編集部
|
もう、村田には敵わないーー。ここ数年、電子部品メーカーから、怨嗟とも取れる声が聞こえてくる。村田製作所はスマホ向けの積層セラミックコンデンサで世界トップのシェアをがっちり押さえ、米アップルにとっ...
32Picks
「5G部品」トレンド先読み競争、村田製作所の勝ち筋
ニュースイッチ
|
ビジネス機会の創出が期待される、大容量・高速、低遅延が特徴の第5世代通信(5G)。国内では2020年から本格的な商用化が始まり、自動車など各産業で活用が検討される。5G時代の電子部品事業戦略について、村田製作所の中島規巨代表取締役専務執行役員モジュール事業本部長に聞いた。 ―5G時代における開発の潮流は。 「軽薄短小を極限まで見つめ直し(部品の)設置場所のフレキシビリティー(自由度)を高めた...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ