新着Pick
SPD2CL2BSUN3WT7R

株式会社 安川電機

株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボットなどメカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。産業用ロボットで世界シェア第4位である。2015年には創立100周年事業の一環としてロボット村をオープンした。YASKAWAの森、安川電機みらい館、ロボット工場、本社棟、厚生棟で構成されている。 ウィキペディア
福岡県北九州市八幡西区黒崎城石2番1号
093-645-8801
詳細を見る
概要
明治鉱業を興した安川敬一郎が、明治鉱業の電気用品の開発と製造を行うことを目的に設立した。九州製鋼、明治紡績、黒崎窯業、明治鉱業、鉱山技術者養成のため明治専門学校、も敬一郎が設立した。社名のアルファベット表記は「YASKAWA」である。

安川第五郎と敬一郎は玄洋社のメンバーとして孫文に資金援助していたが、2009年に中国の習近平が北九州市の工場を視察した際、逸話に感銘して紅旗の組立用ロボットに拍手して謝意を表した、競合するドイツのロボットメーカークーカを買収した美的集団とも提携を続けている。売上の海外比率は約7割であり、Nikkei 225の構成銘柄の一つである。
代表者
代表取締役社長 小笠原 浩
設立年月日
1915-07-16
従業員数
12,925 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
7,641,000 円
上場市場
東証1部,福証上場,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
寄り付きの日経平均は続伸後マイナス転落、安川電機は7%超安
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比106円37銭高の2万9874円43銭となり、続伸。その後は急速に上げ幅を縮小し、マイナス転落した。現在終値近辺の2万9700円台でのもみあいとなっている。
15Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
1292Picks
【核心】デジタル化とDXが決定的に異なる理由
NewsPicks編集部
|
DXを進めるうえでワナがある。製造業もサービス業も日本の強い現場力信仰だ。ファナックなどと並ぶ世界のロボットメーカー、安川電機の小笠原社長が、成功勢力の排除から、ジョブ型による仕事の標準化の重要...
325Picks
安川電機が描く「働くロボット」の進化系
大西:安川電機といえば、「YouTube」に公開された「居合斬りロボット」や、ソフトクリームを作る「やすかわ君」が大人気です。安川電機はどんなロボットの開発を目指しているのですか。富田:安川電機...
281Picks
日経平均は一時1000円超安 米株急落でアジア市場に株安連鎖
Reuters
|
[東京 11日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅反落。終値は915円安で9月10日以来、約1カ月ぶりの安値水準で引けた。下げ幅は今年3番目の大きさだった。10日の米国株が大幅安となった流れを引き継ぎ、朝方から売りが先行。香港、上海、台湾などのアジア株が連鎖的に下落し投資家心理を悪化させた。前日に安川電機<6506.T>が業績予想の下方修正を発表したことで企業決算への期待感も後退した。先物への投機的な売りが下げを加速させ、下落幅は一時1000円を超えたが、大引けはやや下げ幅が縮小した。
270Picks
教科書には書いていない。プロ野球の食事情
NewsPicks編集部
|
歩きながら「潮の香りがしますね」と言ったら、「気のせいですよ」と爽やかかつ即座に、カメラマンの安川啓太さんに否定された。安川さんの屈託のない笑顔は才能だと思っている。 少しすると目の前に港が見え...
244Picks
ファナックのロボット事業、新工場稼働で4強から1強へ
LIMO
|
人手不足や賃金高騰などを背景に製造現場の自動化ニーズが世界中で高まっている。それに合わせて製造現場で使用されるロボット、いわゆる産業用ロボットの市場も拡大している。その産業用ロボット市場は、ファナック㈱(山梨県忍野村)、㈱安川電機(北九州市)、ABB(スイス・チューリッヒ)、KUKA(独アウクスブルク)が4強といわれており、この4社で世界シェアの7~8割を占めるとされる。
193Picks
安川電機、世界最小ロボットの販売好調-金融業などからも引き合い
Bloomberg
|
(Bloomberg) --産業用ロボットに強みを持つ安川電機が6月に発売した業界最小・最軽量の「MotoMINI(モートミニ)」で販売攻勢を強めている。大型ロボットでは製造業が中心だった需要がサービス業などに広がっており、用途多様化も支援することで業務用ロボット業界で新たな機軸となることを目指す。
118Picks
広がる「バイオエコノミー」を狙え、新政府戦略の中身
ニュースイッチ
|
政府は、「バイオ戦略2019」を取りまとめ、「統合イノベーション戦略2019」に盛り込む。世界的なバイオエコノミーの広がりを受け、日本でもバイオ技術の実装化に取り組む。有識者提言では、産業界からの投
94Picks
春節、30億人大移動…海外にも600万人出国
読売新聞
|
【北京=安川純】中国で28日の春節(旧正月)を前に、帰省や観光で各地へ向かう人の移動がピークを迎えている。
89Picks
減速機の需要がすごい!住重は世界で生産倍増へ
ニュースイッチ
|
住友重機械工業は2019年度までに、日本や中国など世界各地で精密減速機の生産能力を増強し、全体で16年度比2倍の年30万台以上に引き上げる。ベトナムでは18年に主要部品の生産も始める。中国を中心に工場の自動化投資が活発化し、産業用ロボットや工作機械の基幹部品である減速機などの需要が拡大している。ナブテスコも精密減速機、安川電機やパナソニックはサーボモーターの生産能力を増強するなど日系各社は供...
86Picks
安川電機のKAIZEN× IBM technology:テクノロジーでイノベーションを起こす共創プロジェクトの全貌
IBM THINK Business
|
eiiconlab(エイコンラボ)は、オープンイノベーション事例の配信メディア。安川電機のKAIZEN× IBM technology | テクノロジーでイノベーションを起こす企業同士の共創プロ...
73Picks
孫正義さんのもとで14年間学んだ「未来志向」とは? - ファイナンス思考
Diamond Online
|
ソフトバンクグループを率いる孫さんの印象は、1カ月、3年、10年以上と付き合う期間によって全然違う?! 書籍『ファイナンス思考』著者・朝倉祐介さんの対談シリーズに、今回はマッキンゼー・アンド・カンパニーからソフトバンクグループに転じ、トップである孫正義さんの懐刀として長らく活躍された安川新一郎さんをお迎えしました。孫さんのもとで鍛えられた30年、300年という長期ビジョンの描き方について、伺...
69Picks
産業用ロボット市場は今年、本当にプラス成長できるのか
ニュースイッチ
|
産業用ロボット市場の拡大が続いている。産業機械全般の需要が低迷する中国でも、ロボット業界は依然として好調だ。日本ロボット工業会は2016年の総出荷額目標を、過去最高値の7500億円(前年実績比9・7%増)に上方修正した。国もロボット産業を支援するなど追い風が吹く中、業界大手はどこへ向かおうとしているのか―。各社の戦略に迫る。安川電機・小川昌寛氏(執行役員ロボット事業部長) 自動車産業向けの溶...
67Picks
大手産業用ロボットメーカーが医療・福祉にいよいよ力を入れ始めた!
ニュースイッチ Newswitch
|
産業用ロボット大手の川崎重工業と安川電機が医療・福祉分野の開拓を加速させている。川崎重工はシスメックスと共同出資するメディカロイド(神戸市中央区)で、手術用ロボットを2019年までに開発・投入するこ
50Picks
安川電機、ロボットの設計・開発機能を海外に部分移管
ニュースイッチ
|
安川電機はロボットの設計・開発機能を部分的に海外に移管する。主要市場の米州、中国、欧州で現地ニーズに合った製品を開発することが狙い。本社の技術者を各地に送り込み、2017年度に本格的に活動を開始する。16年から投入している最新機種を基に、地域ごとに可搬質量などを最適化した製品を開発する方針。成長度の高い海外市場を牽引(けんいん)役に、ロボット事業の売上高で18年度に15年度比10・3%増の1...
46Picks
安川電機の次世代モーター工場、データの生かし方に注目せよ
ニュースイッチ
|
安川電機は工場の稼働データを活用した生産支援サービスに乗り出す。サーボモーターの基幹工場にデータの収集が可能なソフトウエアを導入して人工知能(AI)などで解析。設備の故障予知や工数の削減などにより、
45Picks
[図解] 産業用ロボットメーカー4強の比較、業界の今後について調べてみた
七尾猫の小判稼ぎ研究所 |Economy Lab
|
産業用ロボットの世界では、ファナック、安川電機、ABB、KUKAの4つのメーカーの規模が大きく、それらを総称して「産業用ロボットメーカー4強」と呼ばれます(海外ではrobot BIG4とかで呼ばれる)。AIやIoT、5G通信などの技術革新や
42Picks
安川電機4─12月期、旺盛な需要で過去最高業績
Reuters
|
安川電機が23日発表した2017年4─12月期連結業績(日本基準)は、売上高が前年同期比19.4%増の3398億円、営業利益が同92.3%増の415億円、純利益が約2倍の296億円だった。主力のモーション・コントロールとロボットに対する旺盛な需要を背景に、売上高と各利益が4─12月期累計で過去最高を記録した。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ