新着Pick
SPD2CA29IQG7FRNI

Basf SE

代表者
Kurt Wilhelm Bock (Chairman),Martin Brudermüller (Chief Executive Officer)
設立年月日
1865
従業員数
117,922 人
上場年月日
1952-01-30
上場市場
フランクフルト証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),イタリア取引所,ウィーン証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
434Picks
究極の「赤」を求めて──知られざる巨額産業、色素の世界#2
Bloomberg Businessweek
|
だが現実は、マス・スブラマニアンの考えとは桁違いだった。ドイツの調査会社セレサナの推定によると、大手化学企業のラクセスやBASF、ベネター(米化学品メーカーのハンツマンから分社化)、ケマーズ(デ...
137Picks
自動車バッテリーのコバルト使用量を減らす新たな技術「GEMX」
Bloomberg
|
科学者から起業家に転身し、そのバッテリー技術が大手化学メーカーのBASF(ビーエーエスエフ)とジョンソン・マッセイに採用された功労者が、新たな発明とともに帰ってきた。この発明により今後何年にもわ...
132Picks
これからは「海外就職」する。新時代のサラリーマンとは?
IESE business school
|
欧州トップクラスのビジネススクールであるIESEビジネススクールを卒業して以降、世界最大手の総合化学会社であるBASFのドイツ本社にて活躍する富士宗一郎さんにインタビューしました。
129Picks
スマホで撮影した農作物の病気や栄養状態を識別するアプリ「SCOUTING」--害虫も判別
CNET Japan
|
ドイツの化学会社BASFは、写真を解析して農作物の異常などを識別するスマートフォン用アプリ「xarvio SCOUTING」を無償提供している。スマートフォンで写真を撮影すれば、農作物が病気にかかっていないか確認したり、雑草や害虫の種類を調べたりできる。
99Picks
アディダスとBASFが生み出した、BOOSTというテクノロジーの「仕組み」
WIRED.jp
|
アディダスのフットウェアに搭載されているミッドソールテクノロジー「BOOSTフォーム」。いまや世界中のランナー(とスニーカーヘッズ)の間でBOOSTの名を知らないものはいないだろう。13年のデビューから進化を続けるBOOSTフォームに、19年7月新モデル「BOOST HD」が加わった。進化を続けるこのBOOSTとは、そもそもいかなる“仕組み”のテクノロジーなのだろうか。アディダスと共同開発を...
26Picks
独バイエル、一部事業売却 米モンサント買収承認狙う
共同通信 47NEWS
|
独バイエル、一部事業売却 【ロンドン共同】ドイツの医薬品大手バイエルは13日、同国の化学大手BASFに対し、農業事業の一部を59億ユーロ(約7800億円)で売却すると発表した。遺伝子組み換え種子で世界最大手の米モンサント買収手...
25Picks
化学最大手BASFが利益見通し下方修正、需要鈍化と貿易戦争で
Bloomberg.com
|
ドイツの化学メーカーで世界最大手のBASFが、自動車や農業など幅広い市場の鈍化や米中貿易戦争の影響から利益見通しを大幅に下方修正し、9日の欧州株式市場では化学銘柄が値下がりしている。
22Picks
「ダウ・デュポン」メガ統合が日系化学勢に与える波紋 - inside Enterprise
Diamond Online
|
米国の化学トップであるダウ・ケミカルと、同大手のデュポンが12月11日に統合を発表し、海を越えた日本の化学業界をザワつかせている。無理もない。この統合で生まれる新会社「ダウ・デュポン」の売上高は、2014年の両社の単純合算ベースで929億ドル(約11.1兆円)。同売上高743億ユーロ(約10.8兆円)を誇る世界最大手の独BASFを抜くメガ化学企業が誕生するのだ。
19Picks
人工知能によりスマートフォンで撮影した農作物の異常を自動検知するアプリ「SCOUTING」
マッシュメディア
|
ドイツの総合化学メーカー「BASF」傘下のデジタル農業ソリューションブランド「xarvio」がリリースする「SCOUTING(スカウティング)」は、人工知能(AI)による画像認識で農作物の異常や雑草などを検知するスマホア
16Picks
三菱ケミカル、米国で3Dプリンター用樹脂生産
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルは米国で3Dプリンター用樹脂フィラメント(糸)生産に乗り出す。2019年内に米オハイオ州の機能性樹脂工場などで製造設備を新設する。18年3月に買収した欧州大手でオランダの旧ダッチ・フィラメンツ(現MCPPネザーランズ)の保有技術を活用し、世界最大の3Dプリンター市場である米国に進出する。同分野は独BASFなど海外大手も積極投資しており、成長市場での覇権争いが激しくなっている。 三...
15Picks
【インドネシア】エスティーローダー、持続可能なパーム油生産でNGOと連携。農家1000人の能力開発
【インドネシア】エスティーローダー、持続可能なパーム油生産でNGOと連携。農家1000人の能力開発 | Sustainable Japan
|
化粧品世界大手米エスティローダーは5月23日、持続可能なパーム油の調達を推進するため、化学世界大手BASF、国際環境NGOのSolidaridad、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)とパ...
13Picks
DIC、独BASFの顔料事業を1162億円で買収
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - DIC<4631.T>は29日、独化学大手BASF<BASFn.DE>の顔料事業を買収すると発表した。関連株式・資産の取得価格は1162億円で、2020年末までに買収する。当面の資金調達は、手元資金や新規ブリッジローンで充当し、エクイティファイナンスは予定していないという。
13Picks
スマート農業 小規模・中山間にも導入を BASF
ニュース
|
BASFジャパン(石田博基社長)は1月24日、都内港区のザ・プリンスパークタワー東京でパネルディスカッション「新時代における日本農業の発展とスマート農業の期待」を開催した。世界的に日進月歩の勢いで普及が進むIoTやAI 、Industry4.0、Society5.0などを背景にしたデジタル農業(スマート農業)による技術革新の現状と展望をテーマに、持続可能な日本農業の将来像について議論を深めた。
11Picks
ドイツ化学工場で爆発、8人死傷 2人不明
AFP
|
【10月18日 AFP】ドイツ西部ルートビヒスハーフェンにある世界大手の化学メーカーBASF本社の工場で17日、爆発があり、2人が死亡、6人が重傷を負った他、2人が依然行方不明になっている。
10Picks
独化学大手BASF、製紙薬品再編で事業売却検討
Reuters
|
[フランクフルト 24日 ロイター] - ドイツ化学大手BASF<BASFn.DE>は24日、現在進めている製紙薬品部門の再編の一環として、あらたに50人を削減するともに、一部事業売却する可能性があると明らかにした。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ