新着Pick
SPD2BH4O0NX2618L

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.,

8, Li-Hsin Rd., 6, Science-Based Ind. Park, HsinChu,TW
886-3-5636688
詳細を見る
代表者
Che Chia Wei (Chief Executive Officer),Te Yin Liu (Chairman)
設立年月日
1987-02-21
従業員数
56,831 人
上場年月日
1994-09-05
平均年齢
33 歳
上場市場
台湾証券取引所,ウィーン証券取引所(ADR),サンパウロ証券取引所(BRDR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2351Picks
【分析】10社の財務データが示す、企業の「本当の実力」
NewsPicks編集部
|
ライザップ、アマゾン、スポティファイ、日本電産、TSMC、日立製作所、NEC、東芝、シーメンス、昭和電工など、さまざまな企業を事例に、キャッシュフローを用いた新・ファイナンス分析について解説する。
159Picks
ソニーとTSMCの半導体合弁事業にデンソー参加へ、トヨタ系の供給先確保
ニュースイッチ
|
ソニーグループと台湾積体電路製造(TSMC)による半導体合弁事業計画について、デンソーが参加する方向で最終調整に入った。トヨタ自動車グループという一大供給先を確保することにより、経済産業省主導で熊本県に先端工場をつくる日台企業連合の大枠が固まった。半導体不足に苦しむ自動車産業の協力を取り付けて、経済安全保障にもつながるサプライチェーン(供給網)強靱(きょうじん)化の国家プロジェクトが実現に近...
46Picks
米インテル、部品外部調達戦略の詳細を発表 TSMCとの提携も
Reuters
|
[19日 ロイター] - 米半導体大手インテルは19日、外部から部品を調達する戦略について新たな内容を明らかにした。競合する台湾積体電路製造(TSMC)とのパートナーシップの詳細についても示した。
50Picks
TSMCが3nmでのIntel製品製造を2022年第2四半期に開始か?、台湾メディア報道
株式会社マイナビ
|
TSMCが3nmプロセスでの量産体制が2022年中に整い次第、Intelのグラフィックチップならびに...
133Picks
「米中半導体戦争」のカギを握る台湾TSMC、その「したたかな戦略」と日本への影響
マネー現代
|
世界的に深刻な半導体不足が続く中、いま注目が集まるのが台湾のファウンドリー(受託生産企業)、TSMCだ。アップルやクオルコムなどの大手メーカーを顧客に抱え、ファウンドリーシェアの過半を占める「世界の半導体工場」は、米中覇権争いのカギを握る企業のうちの一社と言っても過言ではない。米中の板挟みになりながらもしたたかに立ち回る同社の戦略と、気になる日本との関係を、米国の投資運用会社で働いた経験があ...
33Picks
台湾 TSMC 自動車向けなどの半導体を中国で増産へ
NHKニュース
|
【NHK】世界的な半導体不足の解消に向けて、半導体の受託生産で世界最大手の台湾のTSMCが、自動車向けなどの半導体を中国で増産する…
19Picks
台湾TSMC、2024年に2nmプロセスでチップ生産開始予定。iPhoneの性能も劇的にアップ?
Engadget 日本版
|
iPhoneのA14 Bionicをはじめとするアップル独自チップの製造を受託している、台湾の半導体製造企業TSMCが、2024年までに2nm製造プロセスでチップを生産開始する予定だと報じられています。 日経の英字メディアNikkei Asiaによると、TSMCは台湾・新竹市に2nmチップ用の新工場を建設し、2024年までに生産を始める見通しとのこと。2022年初頭に工場建設に着工し、202...
31Picks
台湾TSMCの「日本の新工場建設」には合理的理由がない経産省が関わったら失敗する
ビジネスジャーナル
|
経済産業省が世界最大の半導体ファウンドリー(受託生産)企業、台湾積体電路製造(TSMC)を日本国内に誘致しようとする動きが2つある。一つは、後工程の研究開発センター、もう一つはソニーとの合弁による新工場設立の動きである。本稿では、後者の新工場の実現性を検証する。その前に、前者の研...
116Picks
台湾TSMCは2023年にも日本で半導体生産、主にソニー向け-報道
Bloomberg
|
台湾積体電路製造(TSMC)は日本で2023年にも半導体生産を始める方向で最終調整に入ったと、日本経済新聞(電子版)が計画について知る複数の関係者の話を基に報じた。主としてソニーグループのイメージセンサー向け半導体を生産する見通しだとしている。
11Picks
半導体市場、2024年には過剰供給に陥るリスクも
EE Times Japan
|
TSMCのチェアマンであるMark Liu氏は、米放送局CBSのジャーナリストであるLeslie Stahl氏の取材に対し、「世界的な半導体不足は、2022年も続くだろう」と述べた。Liu氏のこのコメントから、「需要に対応すべく新たな生産能力を急速に拡大させているという現在の状況は、半導体価格の上昇や、最終的に過剰供給などを発生させる可能性がある」という問題が提起されている。
110Picks
TSMC創業者、半導体「自給自足」目指す動きに警鐘-実現難しい
Bloomberg.com
|
半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の創業者である張忠謀(モリス・チャン)氏は16日、世界各国が取り組む自国内で半導体サプライチェーンを再構築する動きについて、コストが膨らみ、自給自足の達成もおぼつかなくなると警鐘を鳴らした。
131Picks
TSMC、日本での半導体工場建設を検討中-魏哲家CEO
Bloomberg
|
半導体の受託生産世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家最高経営責任者(CEO)は15日、日本での半導体工場建設に向けた「デューデリジェンス」を進めていることを明らかにした。同社にとっては戦略的に重要な地理的拡大につながる。
114Picks
米インテルが台湾TSMCの製造技術を採用、半導体業界の盟主が交代しつつある理由
Diamond Online
|
半導体大手メーカー米インテルが、台湾積体電路製造(TSMC)の次世代製造技術を採用する見通しだ。これは半導体業界にとってTSMCがインテルに代わって盟主の地位に立ちつつあることを意味する。世界経済全体、さらには中国と米国、台湾を含めた世界的な安全保障の問題にも重要な影響を与えることになる。
15Picks
TSMCが日独で半導体工場の建設に向け地方自治体と交渉?、台湾メディア報道
TECH+
|
TSMCは28nmプロセスの生産能力を拡大することを目的に、台湾や中国(南京)での増産を決めているが、さらにドイツや日本での生産に向け、各国地方自治体とファブ建設について話し合いを重ねているとのうわさがあると台湾メディアが報じている。
32Picks
台湾TSMC、4-6月期は20%増収-半導体不足への対応急ぐ
Bloomberg
|
台湾積体電路製造(TSMC)の4-6月(第2四半期)売上高は前年同期比で20%増えた。自動車業界などが半導体不足に見舞われ、同社は需要への対応を急いでいる。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ