新着Pick
SPD2BH4O0NX2618L

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.,

8, Li-Hsin Rd., 6, Science-Based Ind. Park, HsinChu,TW
886-3-5636688
詳細を見る
代表者
Che Chia Wei (Chief Executive Officer),Te Yin Liu (Chairman)
設立年月日
1987-02-21
従業員数
48,752 人
上場年月日
1994-09-05
平均年齢
33 歳
上場市場
台湾証券取引所,ウィーン証券取引所(ADR),サンパウロ証券取引所(BRDR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
129Picks
ニコンと日立ハイテクが恐れる「インテルの選択」 インテルがファブレスになる道を選ぶと何が起きるのか
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
もし、インテルがファブレスの道を選び、最先端プロセッサの製造をTSMCに生産委託した場合、ニコンの露光装置と日立ハイテクのドライエッチング装置のビジネスは、ほぼ消滅することになるだろう。
182Picks
中国企業が台湾TSMCから100人以上の技術者を引き抜きか
Engadget 日本版
|
TSMC 中国政府の支援を受けた2つの新興ファウンドリ(実際に半導体を製造する企業)が、iPhoneのAシリーズチップ生産を担当する台湾TSMCから、100人以上の技術者およびマネージャーを倍以上の給料を提示して引き抜いたとの噂が報じられています。 Nikkei Asian Review(以下、日経)報道によると、2つの新興企業とは全新集積回路製造(QXIC)および武漢紅興半導体製造株式会社...
17Picks
半導体の盟主インテルが微細化競争から脱落台湾TSMCと韓国サムスン、世界2強が激突
ビジネスジャーナル
|
世界最大のプロセッサーメーカーであるインテルは2016年、最先端の微細化を14nmから10nmへ進めることに失敗した。その後、何度も「今年は立ち上がる」という発表を繰り返してきたが、その期待は裏切られ続けた。現在も、充分に10nmでプロセッサを量産しているとはいいがたい。
15Picks
5nmの受注が好調なTSMC、2020年第3四半期の業績は過去最高を更新の可能性
マイナビニュース
|
TSMCは8月10日、2020年7月の連結売上高が前年同月比25%増、前月比12%減の1059.6億NTドルとなったと発表した。これにより2020年の7か月累計売上高は前年同期比33.6%増の7272.6億NTドルとなった。
40Picks
TSMC株連騰、一時は時価総額で世界10位に-インテルから受注期待
Bloomberg.com
|
台湾積体電路製造(TSMC)の株価は28日に続伸し、一時は時価総額で世界10位の企業となった。
20Picks
「TSMCに追い付くには10年」、SMICの今
EE Times Japan
|
SMICは、14nmチップの生産を開始し、FinFETを製造できる半導体メーカー/ファウンドリーの“仲間入り”を果たした。同社は間もなく、事業への投資を継続するため、70億米ドル超を得られる株式公開を行う予定である。だが、トランプ政権によって、SMICは最新の製造機器の一部を利用できなくなっている。そうした状況の中、同社はSoC(System on Chip)のトップメーカーが求めるような最...
23Picks
台湾株上昇、加権指数が30年ぶりに最高値更新-TSMC株10%高
Bloomberg.com
|
27日の台湾株式相場は上昇。加権指数が1990年以来の最高値更新となった。半導体ファウンドリ-(受託生産)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の株価は値幅制限いっぱいの10%高で引けた。
61Picks
TSMC、第2四半期は過去最高益 大幅増収を予想
Reuters
|
[台北 16日 ロイター] - 半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)<2330.TW> <TSM.N>が発表した第2・四半期決算は、純利益が81%増の1208億台湾ドル(41億ドル)と、過去最高を記録した。
23Picks
世界最大の半導体製造ファウンドリ「TSMC」が5nmプロセスによる製造を正式に開始
GIGAZINE
|
AppleやAMD、NVIDIAなどの著名なメーカーを顧客に持つ半導体製造ファウンドリのTSMCは、5nmプロセスによる半導体製品の製造を正式に開始しました。5nmプロセスによる製造は、iPhone 12に搭載される見込みの「A14 Bionic」およびQualcommの第3世代5Gモデム「Snapdragon X60」、AMDの「Zen 3 Ryzen 4000」などに採用される予定である...
1068Picks
【図解】米中冷戦の影の主役、「TSMC」とは何者か?
NewsPicks編集部
|
新冷戦と呼ばれる米中対立には、「陰影の主役」がいる。アップルやエヌビディアなどの半導体を受託製造する、台湾のTSMCだ。世界一の技術に裏打ちされた利益率は3割超。単なる下請け企業ではない。世界の...
517Picks
【解説】TSMCがわかれば、「米中テック冷戦」がわかる
NewsPicks編集部
|
米中摩擦の主人ともいえるTSMC。なぜTSMCがカギを握るかを理解すれば、米中テック覇権の「ビッグピクチャー」(全体像)が理解できる。ファーウェイはもちろん、アップルやクアルコム、エヌビディアも...
134Picks
半導体の歴史に重大事件、ファーウェイは“詰んだ” 台湾TSMCが米国陣営に、中国「一帯一路」構想に大打撃
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
台湾TSMCは、中国ではなく、米国に付くことにした。結局、ファーウェイにとっては八方塞がりの状態であり、最先端の半導体を調達する道は閉ざされたように思う。
18Picks
台湾TSMCの米国工場建設計画が、新・半導体戦争の「大事件」である理由
ダイヤモンド・オンライン
|
ポストコロナに激化する新・半導体戦争。キープレーヤーの一つが、世界最大の半導体工場を持つ台湾TSMCだ。この巨大企業が発表した米国新工場の建設計画は、半導体産業のモノとカネの流れが大きく変わる「歴史的事件」になりそうだ。TSMC米国計画の深層を読み解く。
78Picks
TSMCの米国工場進出の裏側
Yahoo!ニュース 個人
|
アジアの国防に深く関係するニュースが飛び込んできた。世界第1位の台湾シリコンファウンドリであるTSMCが米国のアリゾナに5nmプロセスの半導体工場を建てる、とTSMCが発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ