新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2AON74GTDV85R

アサヒ飲料株式会社

アサヒ飲料株式会社(アサヒいんりょう)は、1982年(昭和57年)に設立されたアサヒグループホールディングスの清涼飲料水部門の子会社。本社は東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号。設立当初は「三ツ矢フーズ」だったが、1987年(昭和62年)に「アサヒビール飲料」と社名を改め、さらに1996年(平成8年)に現在の社名となる。 ウィキペディア
東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号
詳細を見る
概要
120余年に及ぶ炭酸飲料のロングセラーブランド「三ツ矢サイダー」やオレンジ飲料のロングセラー「バヤリースオレンジ」、国産の本格的なスパークリング・ウォーター(炭酸水)の中で最も長い歴史を誇る「ウィルキンソン タンサン」、缶コーヒーの「WONDA」、ブレンド茶の「十六茶」、乳酸菌飲料のロングセラー「カルピス」などを製造・販売するアサヒグループのソフトドリンク事業。清涼飲料水業界では2017年現在、コカ・コーラボトラーズジャパン、サントリー食品インターナショナル(サントリーフーズ)に次いでシェア第3位。

現在は清涼飲料水の他、アサヒグループHDの酒類事業会社であるアサヒビールが販売するカクテル・チューハイなど酒類の製造も行っている。

近年は他社の飲料メーカーとの提携・権利取得などに力を入れ、2007年(平成19年)、カルピス株式会社(旧法人)と業務提携して自動販売機部門を統合(その後2012年にアサヒグループホールディングスがカルピスを買収し兄弟会社に)したのに続き、2010年(平成22年)にはハウス食品が長年発売してきた「六甲のおいしい水」(現・アサヒおいしい水 六甲)の製造・販売権をハウス食品から53億円で取得し、同年7月6日から発売を開始した。また2015年(平成27年)3月には大塚製薬と自動販売機で相互提携を結び、大塚側で「WONDA」、アサヒ側では大塚製薬の「ポカリスエット」の販売を開始した。さらに、2016年(平成28年)1月1日にアサヒグループホールディングス傘下企業の再編で旧法人のカルピス株式会社を吸収合併、「カルピス」や「カルピスソーダ」「ウェルチ」などの旧カルピス社から販売されていた全商品をアサヒ飲料の商品として扱うようになった。これと同時に旧カルピス社の一部事業を継承して設立されたカルピスフーズサービス株式会社は「(新)カルピス株式会社」に商号を変更した。
代表者
代表取締役社長 岸上克彦
設立年月日
1982-03-30
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
53Picks
完全ラベルレスの「アサヒおいしい水」発売、リサイクルマーク直接刻印でタックシールも削減
食品産業新聞社ホームページ
|
〈環境負荷とラベル・シールをはがす手間を低減〉アサヒ飲料は、完全ラベルレス化を実現した「『アサヒおい..
39Picks
アサヒビールの“攻めのデジタルマーケティング”はどのようにして生まれたのか
デジタルシフトタイムズ
|
日本の飲料業界を牽引するアサヒグループ。中でもビールを始めとしたアルコール飲料の製造・販売を行っているのがアサヒビール株式会社だ。同社はテクノロジー活用に力を入れており、「攻めのIT経営銘柄」に...
774Picks
「ウィルキンソン」が無糖炭酸水市場で独り勝ちする理由
Diamond Online
|
無糖炭酸水市場が拡大を続けている。2019年の市場規模は約500億円と、8年前と比べて3倍超になった。けん引役は、市場シェア48%と“王者”として君臨するアサヒ飲料の「ウィルキンソン」だ。独り勝ちを続ける理由はどこにあるのか。
582Picks
マイナス5度の「三ツ矢サイダー」 自販機で味わう“シャリシャリ感”
ITmedia ビジネスオンライン
|
アサヒ飲料は、マイナス5度に冷やした「三ツ矢サイダー」を販売する自販機の展開を開始。5月末までに、全国で約150台を設置する。
465Picks
炭酸水の市場が「10年で13倍」に急拡大したワケ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
炭酸水の市場が活況だ。中でも、市場シェアの約半分を占める「ウィルキンソン」(アサヒ飲料)は、2011年にペットボトル販売を始めてから爆…
487Picks
アサヒが「常温」自販機 女性や体気遣う人が支持
共同通信 47NEWS
|
アサヒが「常温」自販機 自動販売機の飲料といえば夏はコールド、冬はホットが定番だが、「常温」のお茶や水も売る自販機をアサヒ飲料が置き始めたところじわり人気となっている。冷房による体の冷えに悩む女性を主な買い手と見込んでいたも...
215Picks
アサヒ飲料、経営課題を解決する“運ばない物流”
ニュースイッチ
|
アサヒグループホールディングスはアサヒビール名古屋工場(名古屋市守山区)にペットボトル容器商品の製造ラインと物流倉庫を新設し、2021年4月に稼働を予定することを正式に公表した。アサヒ飲料の生産・物流で手薄だった中部エリアに拠点を新設し体制の偏りを是正し、最適化を図る。同社は主力の群馬工場(群馬県館林市)で生産増強を実施したばかり。相次ぐ設備投資について、アサヒ飲料の岸上克彦社長に狙いを聞い...
(16件の記事)
420Picks
なぜ「カルピス」は100年も売れ続けてるのか
ニュースイッチ
|
アサヒ飲料が販売する乳酸菌飲料「カルピス」が誕生して2019年で100年を迎える。現在はペットボトル入りの「カルピスウォーター」や「濃いめのカルピス」といった商品がラインアップの中心。この白くて、甘い飲み物を、いつの間にか口にしなくなってずいぶん経つ。 筆者のような中高年にとってカルピスは水玉の包装紙にくるまれた瓶入りの希釈用飲料のイメージ。子どもの頃はお中元の定番で、夏に配達されるのを心待...
295Picks
開けると瞬時に凍るサイダーが買える自動販売機を開発 4月から設置へ
ライブドアニュース
|
アサヒ飲料などが、蓋を開けると瞬時に凍るサイダーが買える自販機を開発。通常の5℃程度よりも低い、マイナス5℃で冷やすことができる。蓋を開けるといった衝撃を加えると、サイダーのシャーベットができるという
270Picks
自販機は公共の資産になるか!?アサヒ飲料が「見守り」検証
ニュースイッチ
|
アサヒ飲料は23日、情報通信研究機構と共同で、IoT(モノのインターネット)技術を活用した自動販売機(写真)による見守りサービスの検証を6月に始めると発表した。自販機で相互に地域の無線ネットワークを構築して、子どもや高齢者向けの見守りや交通安全、観光案内などを行うサービスの可能性を探る。 アサヒ飲料が東京都墨田区内に置く自販機の内約100台に、国際無線通信規格「Wi―SUN」対応の情報機構が...
239Picks
アサヒ飲料、天然水をラベルレスにするワケ
ニュースイッチ
|
アサヒ飲料は商品にロールラベルをつけない(ラベルレス商品)「アサヒおいしい水天然水ラベルレスボトル=写真」を5月から発売する。通信販売専用のミネラルウオーターでボトルに添付するラベルを削減。リ
189Picks
炭酸水No.1の「ウィルキンソン」が過去最高ペースで推移、「最強刺激」実現でさらに伸長へ/アサヒ飲料
食品産業新聞社ホームページ
|
〈10連休に向け生産量を1割増、紅茶フレーバー「ウィルキンソンタンサンティー」投入も〉アサヒ飲料の炭酸..
122Picks
えっ、日本のブランドだったの? 外国生まれと誤解しがちな5つのブランド
ハフポスト日本版
|
語感から海外のブランドだとばっかり思っていた……。そんな声が多そうな国内ブランドを調べてみました。   ウィルキンソン 炭酸水で人気のブランド「ウィルキンソン」。響きは欧米風だが、実は日本発祥のブランドだ。 アサヒ飲料の公式サイトでは歴史を以下のように説明している。 イギリス人ジョン・クリフォード・ウィルキンソンさんが1889年(明治22年)ごろに、狩猟に行った兵庫県の宝塚温泉場の山中で炭酸...
156Picks
アサヒはマレーシアで販売する缶コーヒーに自社ロゴを入れない
NewsPicks編集部
|
2013年12月、アサヒグループホールディングス(アサヒHD)傘下のPermanis(ぺルマニス)は、アサヒ飲料の缶コーヒー「WONDA」ブランドから「WONDAオリジナル」「WONDAラテ」「...
95Picks
記録的寒さでホット飲料が好調、今月2ケタ増!
ニュースイッチ
|
記録的な寒さが続き、ホット飲料の売り上げが急増している。10月に入ってキリンビバレッジでは「午後の紅茶」の販売数量が前年同期比5割増、ココアに至っては同7割増で推移。アサヒ飲料も「アサヒこく旨コーン
69Picks
「もっと好きになって」 ガッキーが十六茶カフェをアピール
産経ニュース
|
アサヒ飲料は5日、主力の茶系飲料「アサヒ十六茶」の世界観が楽しめるカフェを東京・代官山に6日から17日までの期間限定でオープンすると発表した。十六茶を使った料理やデザートを楽しめるほか、実際にお茶に使われている16種類の素材を自分でブレンドして飲む体験もできる。
56Picks
「あったか~い」「つめた~い」じゃない!アサヒ飲料、常温自販機を年内300台へ
ニュースイッチ
|
アサヒ飲料は飲料自動販売機でコールド(約5度C)とホット(同50度C)の温度帯に加え、常温(同20度C)でも提供できる新型機(写真)の展開を始めた。現在、40台を設置済みで、2016年末までに300台へ増やす計画。身体の冷え防止などから常温飲料の需要が増えており、販売体制を拡充する。 夏場にかけ、コンビニエンスストアや一般の自販機ではコールド飲料の販売が中心になる。だが、女性客などは身体の冷...
44Picks
「あたたかい」「つめたい」に続く、自販機の第3の温度が登場!
ライフハッカー[日本版]
|
アサヒ飲料はホット(約50度)、コールド(約5度)に加え、新たに「常温(約20度)」の温度設定を加えた自動販売機を開発。4月から稼働しているそうなのです。 記事を読む
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ