新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2AETBIWGZDP8S

キヤノンソフトウェア株式会社

キヤノンソフトウェア株式会社(英語: Canon Software Inc.)は、日本のシステムインテグレーター(メーカー系)。キヤノン製品向けを中心に組み込みソフトウエアの開発を行う「エンジニアリング事業」を展開している。かつては、ERP・EAI・ECMなどの「ソリューション事業」も手掛けていた。 ウィキペディア
東京都品川区東品川2-4-11
詳細を見る
概要
キヤノンマーケティングジャパン株式会社の連結子会社。株式交換により2010年(平成22年)5月1日付でキヤノンマーケティングジャパンの完全子会社となり、2011年(平成23年)7月1日付でキヤノンMJアイティグループホールディングスに株主が変更となった後、2016年(平成28年)4月1日付で株主がキヤノンITソリューションズ再び変更となった。

1984年(昭和59年)にメインフレームをターゲットとした開発支援ツールCANO-AIDを発売開始、その後、CANO-AIDII、UNIXに対応したCANO-AIDIII、Windows Serverに対応したCANO-AID/NTと適用環境を広げた。

CADソフトウエア「OneSpace Designer」やEAIソフトウェア「webMethods」、ECMソフトウエア「Documentum」を取り扱う他、自社開発製品として、ワークフローソフト「Web Plant」やJAVAソースコード自動生成ツール「Web Performer」の販売を手掛けていた。

2015年(平成27年)4月1日付でソリューション事業をキヤノンITソリューションズ株式会社に移管した。
代表者
代表取締役社長:神森 晶久
設立年月日
1974-03-26
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
88Picks
AIプラットフォームを活用したスマート農業ソリューションの実証試験開始
MONOist
|
キヤノンITソリューションズは、AIプラットフォーム「LaiGHT」を活用したスマート農業ソリューションの技術開発と実証試験を開始する。LaiGHTは、生育状況の数値化や未来の収穫量を予測するAIの開発などに活用される。
7Picks
企業のIoT環境を守る切り札? 「脆弱性スキャナー」「ゼロ・トラスト」「暗号化」3つのツールを紹介
ITmedia エンタープライズ
|
IoT化やクラウド化が進む一方、ますます高度化するサイバー攻撃から企業を守る、有効なセキュリティ対策とは? 脆弱性診断ツールで知られるテナブルをはじめ、セキュリティ製品を手掛けるアカマイ、キヤノンITソリューションズから、専門家が講演を行った。
6Picks
深層学習とルールベースの両方で外観検査、キヤノンITSがマシンビジョンを提案
MONOist
|
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」において、キヤノンのマシンビジョンシステムを用いた外観検査ソリューションのデモを2種類披露した。
6Picks
マルハニチロが目指す食品加工のデジタル変革--第一歩は工場の可視化
ZDNet Japan
|
マルハニチロは、食品加工現場のデジタル化を目指してデータ統合管理基盤を導入したという。構築などを支援したキヤノンITソリューションズがその取り組みを語った。
6Picks
サイバー犯罪者が既存サービスを悪用 「マイニングマルウェア」が急増する背景
ログミー
|
2018年8月22日、キヤノンSタワーにて「メディア情報交換会」が開催されました。キヤノンITソリューションズ株式会社は、ウイルス対策ソフト「ESET」をはじめ、メールセキュリティ対策やサイバー攻撃対策など、総合セキュリティベンダーとして展開。セキュリティ領域に関する情報発信の場として、毎年マルウェアレポートの共有を行っています。本パートでは、マルウェアラボ シニアセキュリティリサーチャーの...
5Picks
キヤノンITSと日立のアプリケーション開発基盤が連携、製造業への提案を強化
MONOist
|
キヤノンITソリューションズは「第28回 ソフトウェア&アプリ開発展」において、ローコード開発プラットフォーム「Web Performer」と、日立製作所のアプリケーションフレームワーク「Justware」の連携ソリューションを紹介。製造業の基幹システムの作り込みや、IoTを活用したアプリケーションの早期開発などの需要を取り込んでいきたい考え。
5Picks
マルハニチロが国内7工場のスマート化へ、キヤノンITSがシステム構築を支援
MONOist
|
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、マルハニチロが国内の直営7工場に導入した、食品製造に用いる新たなデータ統合管理基盤「新生産管理システム」を共同で構築したと発表した。
5Picks
素人でもサイバー犯罪が可能に? 台頭する“マルウェアビジネス”の現状
ログミー
|
2018年8月22日、キヤノンSタワーにて「メディア情報交換会」が開催されました。キヤノンITソリューションズ株式会社は、ウイルス対策ソフト「ESET」をはじめ、メールセキュリティ対策やサイバー攻撃対策など、総合セキュリティベンダーとして展開しており、セキュリティ領域に関する情報発信の場としてマルウェアレポートの共有を行っています。本パートでは、フィッシングが増加している背景についての考察を...
4Picks
キヤノンMJがデータセンター新棟を建設--床面積同等でもキャパシティ増大
ZDNet Japan
|
キヤノンマーケティングジャパンとキヤノンITソリューションズは、3月から「西東京データセンター」で新棟建設を進め、2020年夏に運用を開始する。
4Picks
VR空間でワークフローを完結する建築設計業向けVRソフト「SYMMETRY」製品版
MONOist
|
キヤノンITソリューションズは、建築設計業向けVRソフト「SYMMETRY製品版」の販売パートナー契約をDVERSEと締結し、提供を開始した。同社が提供するxRソリューションを支える製品ラインアップに加わる。
4Picks
キヤノンITS、AIソリューションを提供開始
ZDNet Japan
|
キヤノンITソリューションズは、DataRobotとSIコンサルティングパートナー契約を締結し、人工知能や機械学習を活用したサービスを提供する。
3Picks
第2の創業期迎えたキヤノンITS、「2025年の崖」はホップステップジャンプで克服
MONOist
|
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)が新たな経営体制や今後の事業目標などについて説明。新社長の金澤明氏は「当社は、現在第2の創業期、成長期に入っている。今後は、規模と利益の両方を追求し、キヤノンMJグループのITソリューション戦略の中核的役割を担っていく」と意気込む。
3Picks
キヤノンITS、AIプラットフォーム「LaiGHT ライト」を開発。イチゴの生育状況や収量予測にも利用
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、このほどAI(人工知能)プラットフォーム「LaiGHT ライト」を開発。このAIプラットフォームを活用して、ネットワークカメラを利用したスマート農業ソリューションの技術開発と実証試験を行っていく。
3Picks
ソフトウェアの検証にハードウェアまで開発、キヤノンITSが狙うテスト自動化
MONOist
|
キヤノンITSおよびキヤノンソフトウェアは「第20回 組込みシステム開発技術展(ESEC2017)」に出展し、同社が取り組むテスト自動化と品質検証サービスへの取り組みを紹介した。
3Picks
専用アプリ不要、キヤノンソフトがスマートデバイス向けエミュレーター(ニュース)
ITpro モバイル
|
キヤノンソフトウェアは2014年4月2日、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスをメインフレームの端末として利用可能にする端末エミュレーターの新版「TCPLink Enterprise Server スマートデバイスオプション」を発売した。
2Picks
地に足を付けたデジタル変革を進めていく--キヤノンITSの金澤社長
ZDNet Japan
|
キヤノンITソリューションズは経営方針説明会を開き、3月に就任した金澤明社長は、SIビジネスの着実な構造変化を推進していくとの考えを表明した。
2Picks
【記者のひとこと】ESETの国内ビジネス、第2ラウンドへ - BCN+R
BCN+R
|
セキュリティーベンダーのESETと同社製品の国内総販売代理店であるキヤノンITソリューションズが9月、合弁会社のイーセットジャパンを立ち上げました。
2Picks
キヤノンソフトがAWSで動作する開発ツールの新版、移植性を向上(ニュース)
ITpro総合
|
キヤノンソフトウェアは2013年8月20日、開発ツールの新版「Web Aviator(ウェブアビエーター)v1.3」の販売を開始する。Web Aviatorは、Amazon Web Services(AWS)で動作するアプリケーションをAWS上で開発するツール。新版のWeb Aviator v1.3では、開発したアプリケーションの実行環境をAWS以外にも広げた。
2Picks
キヤノンソフト、貿易税関システム「NACCS」に対応した新製品2種を発売(ニュース)
ITpro 最新ニュース
|
キヤノンソフトウェアは2014年9月18日、通関関連業務をオンライン処理するための標準システム「NACCS」に対応した二つのソフトウエア製品、「輸出入許可通知管理システム」および「DEX Trade Gateway for NACCS 回線集約オプション」を発売すると発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ