新着Pick
SPD29UMDY0X7B5FP

ヤマハ 株式会社

ヤマハ株式会社(英語: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
浜松市中区中沢町10番1号
053-460-2158
詳細を見る
概要
明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドでピアノ生産量では世界シェア1位。楽器は機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。

1897年(明治30年)に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開し、創業90周年に当たる1987年(昭和62年)に社名をヤマハに改称した。

1960年代からエレクトーン、電子ピアノ等の電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど高い技術力を持つ。これらの電子機器の開発から得られた技術力を活かし、半導体等の電子部品、ルーター等のネットワーク機器、オーディオ機器等の製造を行うAV・IT事業でも知られる。

これらの楽器製造から派生した事業として、ピアノの木工加工、塗装等のノウハウを活かし、高級車用の木工パネル製造等の自動車部品事業、楽器の普及のための事業から発展した音楽教室や楽譜・楽曲データ類の出版・ダウンロード販売・アーティストの発掘やそれに付随する音楽出版等の音楽関連事業、音楽をはじめとして生活に彩りを与えるものとして手がけられたリゾート施設等のレクリエーション事業、ゴルフクラブを製造するゴルフ・スポーツ用品事業などを本社及び関連会社で行っている。

国内のアコースティックピアノにおけるシェアは約6割、河合楽器製作所が同4割で長らくこの比率は変わっていない。ただ市場は1980年前後の約30万台をピークに縮小を続け、今や2万台を切るまでに縮小した。そして電子ピアノで世界シェアで5割と圧倒的な競争力を誇り、管楽器においても世界シェアで3割を占める。フルート、サクソフォン、トランペット、ホルンなど楽器ごとにそれぞれ競合メーカーは異なるが、ヤマハは特にトランペットに強く、近年は米国向けに引き合いが強いが、管楽器は検品など生産に時間を要すため需要に供給が追いつかない状況である。

二輪車製造大手のヤマハ発動機は1955年(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたものである。2017年(平成29年)時点においてはブランド名を共通とする関連会社である。
代表者
代表執行役社長 中田卓也
設立年月日
1897-10-12
従業員数
20,175 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
8,992,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
サウナ×バイクの謎映像にヒャダイン、ぺろりん先生、生うどん西井ら多彩なゲスト - 音楽ナタリー
natalie.mu
|
ヒャダインが総合音楽プロデュースを務めるヤマハ発動機のWebムービー「サウナとトリシティでととのった!」編が、ヤマハのYouTube公式チャンネルにアップされた。
6Picks
ヤマハからリコーダー×サックスのようなリード楽器「Venova」が発売。管楽器をもっとカジュアルに
ギズモード・ジャパン
|
Image: © Yamaha Corporation. via ヤマハ株式会社 管楽器って、まだ進化できるんだ! リコーダーのような簡単な指づかいで、サックスのような表情豊かでパワフルな演奏ができた...
5Picks
ヤマハの新しい管楽器「Venova」日本でも発売 リコーダーとサクソフォンが“融合”
ITmedia NEWS
|
ヤマハが管楽器「Venova」を日本国内で発売。リコーダーのように吹け、サクソフォンのような音が出る新しい楽器という。
5Picks
スズキの2輪事業は危機を脱したのか
ニュースイッチ
|
2017年度の4輪車世界販売が前期比約15万台増の307万1000台と初の300万台超えを狙うスズキ。一方、赤字の2輪車事業について鈴木修会長は「危機は脱した」と話す。ホンダとヤマハ発動機が提携した排気量50cc原付きバイクについても、スズキは自前での開発、生産を続けるという。 ホンダとヤマハ発動機という日本の2輪車業界大手2社が生き残りに向け動きだしたのが昨年。排気量50ccのスクーターな...
5Picks
生産設備の全体最適化に目を向けなければ、現場の課題は解消されない——ヤマハ発動機 (1/3)
TechFactory
|
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するためには、現状の生産設備の在り方を見直す必要がある。今回は、ヤマハ発動機のIM事業部でロボットビジネス部長として活躍している村松啓且氏と、筆者との対談を通じて、日本が目指すべきモノづくりへの取り組みについて紹介する。
75Picks
ヤマハと富士通のデザインアプローチによる IoTビジネスの共創
FUJITSU JOURNAL
|
IoTを活用した新規ビジネス創出に向け、ビジョンを描き、プロトタイプからビジネス化へと導くデザインアプローチが注目されています。富士通は様々な企業との共創に取り組み、デザインアプローチによる新規ビジネス創出を実践しています。ここでは、2017年5月18日~5月19日に開催した「富士通フォーラム2017」の中のセミナー「デザインアプローチによるIoTビジネスの共創」をレポートします。
4Picks
ヤマハら「音楽教育を守る会」、JASRAC提訴へ 「教室での指導に演奏権が及ぶか司法判断を仰ぐ」 - キャリコネニュース
BLOGOS - 最新記事
|
ヤマハなどで組織する「音楽教育を守る会」は6月20日、JASRACが示した音楽教室での著作権徴収の意向に対し、音楽教室側に著作権使用料の支払い義務が無いことを確認する訴訟を東京地裁に起こした。守る会は「音楽教室での指導は演奏ではない」との主張崩さず守る会の主張の詳細(プレスリリースより)JASRACはかねてより、ヤマハなどが運営する音楽教室が営利目的だと指摘し、また、教室での指導に演奏権が行...
4Picks
ヤマハら音楽教室側、JASRACを集団提訴 著作権料徴収方針めぐり
ITmedia NEWS
|
「日本の音楽教育、将来の音楽文化の発展を阻害する問題に団結して立ち向かう」としている。
11Picks
「自動運転を町の産業に」永平寺の町の未来を見据えたチャレンジ - エコカー大戦争!
Diamond Online
|
なぜ、永平寺で自動運転なのか――。この地で今秋後半から、経済産業省の実証試験がヤマハ製のゴルフカートを使って行われる。そう聞くと、多くの人は「観光スポットを回遊する乗り物」を想像するが、実態は全く違う。
4Picks
ヤマハ、世界的楽器ブームを背景に好業績続く
投信1(トウシンワン)
|
ヤマハ(7951)の業績が好調です。中国を始めとしたアジア、および欧州向けに電子ピアノ、管楽器の販売が好調で、特に所得増加の著しい新興国では子供の教育の観点から楽器への関心が高まっているのが追い風になっているようです。
350Picks
ヤマハ、JASRACを提訴へ 教室演奏の著作権めぐり
朝日新聞デジタル
|
日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権料を徴収する方針を決めたことに対し、音楽教室大手・ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)が7月にも、「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JAS…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ