新着Pick
SPD29UMDY0X7B5FP

ヤマハ 株式会社

ヤマハ株式会社(英語: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
静岡県浜松市中区中沢町10番1号
053-460-1111
詳細を見る
概要
明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドでピアノ生産量で世界シェア1位である。楽器は機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。

1897年(明治30年)に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開し、創業90周年に当たる1987年(昭和62年)に社名をヤマハに改称した。

1960年代からエレクトーン、電子ピアノ等の電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源を開発してMIDIなどの規格で制定企業となるなど高い技術力を持つ。これらの電子機器の開発から得られた技術力を活かし、半導体等の電子部品、ルーター等のネットワーク機器、オーディオ機器等の製造を行うAV・IT事業でも知られる。

これらの楽器製造から派生した事業として、ピアノの木工加工、塗装等のノウハウを活かし、高級車用の木工パネル製造等の自動車部品事業、楽器の普及のための事業から発展した音楽教室や楽譜・楽曲データ類の出版・ダウンロード販売・アーティストの発掘やそれに付随する音楽出版等の音楽関連事業、音楽をはじめとして生活に彩りを与えるものとして手がけられたリゾート施設等のレクリエーション事業、ゴルフクラブを製造するゴルフ・スポーツ用品事業などを本社および関連会社で行っている。

国内のアコースティックピアノにおけるシェアは約6割、河合楽器製作所が同4割で長らくこの比率は変わっていない。市場は1980年前後の約30万台をピークに縮小を続け、今や2万台を切るまでに縮小した。電子ピアノで世界シェアで5割と圧倒的な競争力を誇り、管楽器においても世界シェアで3割を占める。フルート、サクソフォン、トランペット、ホルンなど楽器ごとにそれぞれ競合メーカーは異なるが、ヤマハは特にトランペットに強く、近年は米国向けに引き合いが強いが、管楽器は検品など生産に時間を要すため需要を満たしていない。

2017年(平成29年)11月7日にヤマハ発動機とヤマハは、産業用ロボットの遠隔管理システムパッケージを共同開発して2018年度内の発売を目指すと発表し、ヤマハ発動機はファクトリーオートメーションのIoTビジネスへ本格的に参入する。

二輪車製造大手のヤマハ発動機は1955年(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたものである。2017年(平成29年)時点においてはブランド名を共通とする関連会社である。
代表者
代表執行役社長 中田卓也
設立年月日
1897-10-12
従業員数
20,228 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
44 歳
平均年収
9,026,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
ヤマハとソニーの業績回復に見る「コーポレートガバナンスのあり方」
ZUU Online|経済金融メディア
|
「一億投資家時代」となった現在、ますます注目されているコーポレートガバナンス。前回配信された「プロの投資家が『コーポレートガバナンス』に注目する理由」では、その背景や社会的影響をお伝えした。それでは、これらによって日本企業はどのように変化したのだろうか。スパークス・アセット・マネジメントで投資信託の運用を手がける清水裕氏に、2つの事例を聞いてみた。 ■楽器事業への集中で業績を回復したヤマハ ...
95Picks
ヤマハ「新型管楽器」はなぜ日本でウケたのか
東洋経済オンライン
|
リコーダーのような、ソプラノサックスのような見た目をした、これまでにない新しい楽器が人気を博している。ヤマハが2017年4月、欧州を皮切りに発売した新タイプのアコースティック管楽器「Venova(ヴェノーヴァ…
13Picks
将来クリック同期は不要に!?人工知能とセッションできる『Duet with YOO』、体験イベントが銀座で開催中 : 藤本健の“DTMステーション”
藤本健の“DTMステーション”
|
さまざまなところで話題になる人工知能=AI。音楽の世界でも自動作曲や自動マスタリング、自動ミキシング……など、さまざまなツールが登場するとともに進化をしてきているわけですが、演奏という面でも人工知能による取り組みが行われています。先日、ヤマハの研究機関で生
98Picks
息を合わせて伴奏する人工知能がスゴい!「SXSW」でも注目を集めたヤマハの「Duet with YOO」
RBB TODAY
|
ことし3月に米国で開催された「South by Southwest(SXSW)」でも大きな話題となった人工知能合奏システムを搭載した体験型インスタレーション「Duet with YOO(デュエット ウィズ ユー)」。開発の経緯と工夫を聞いた。
13Picks
人型ロボットがバイクを運転、世界最高のライダーに挑んだ顛末 - ものつくるひと
Diamond Online
|
「人型ロボットがバイクを運転し、世界最高のライダーを打ち負かす」こんな前代未聞の挑戦に本気で取り組んだ技術者たちがいる。二輪車メーカーのヤマハ発動機は2009年12月期、リーマンショックによる世界的な不況で2000億円以上の最終赤字に転落。創業以来の危機に陥った。
85Picks
JR東海vs静岡県、「因縁の15年バトル」の行方
東洋経済オンライン
|
スズキ、ヤマハといった名だたる大企業が本社を置く静岡県浜松市。人口約80万人を擁する政令指定都市である。ウナギの養殖で有名な浜名湖をはじめ観光資源も豊富だ。にもかかわわず、東京からの交通利便性は必ずし…
313Picks
スズキ・ヤマハが本気を出した浜松市「財政健全化」の実態
Diamond Online
|
平成27年度の財政支出は168兆3415億円。その内訳は、国が70兆6583億円、地方が97兆6833億円で、地方での財政支出が国より大きい。一方で、各自治体での支出に対する注目や理解はなかなか深まらない。そこで今回は浜松市の取り組みをもとに、財政健全化は民間企業や民間人との協働によって実現できるという事例を示し、成功要因を他の自治体がいかに取り込むことができるかを検討してみたい。
96Picks
元ヤマハ社長が始めた「ピアノ貯金」に学ぶ
ニュースイッチ
|
「今から毎月1000円貯金をすれば、ちょうどいいお年頃にピアノが買えます」―。元ヤマハ社長の川上源一さんが始めたといわれる“ピアノ貯金”。赤ちゃんが生まれると親を口説いて、積み立てを促したという。
17Picks
オーディオ再成長のカギは「良い音で聞く」体験?機器各社、新ビジネスモデル模索
ニュースイッチ
|
オーディオ機器各社が、新たなビジネスモデルを模索している。ヒビノやヤマハは新規事業の一環として、ホテルに向けて高級オーディオを展開。「良い音で聞く」という体験を広め、機器販売につなげる。JVCケンウ
13Picks
人とAIの合奏共演 ヤマハが新たな表現研究中
中日新聞 CHUNICHI Web
|
ヤマハは、音楽の分野に人工知能(AI)の技術を導入し、人間と楽器が自在に「共演」できるシステムの開発に取り組んでいる。
30Picks
打倒ヤマハ?日本の農場を狙う中国ドローンメーカー シェアは9割、世界のドローン市場は中国の手中に
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
ここに来てにわかにドローンメーカーが力を入れ始めているのが農業用ドローンです。中国メーカーは農業用ドローンの販路として、中国国内よりもむしろ日本市場を有望視しています。
734Picks
音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も
朝日新聞デジタル
|
ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。徴収額は年間10億~20億円と推計。教室側は反発しており、文化庁長…
685Picks
「YAMAHA」のプールが、学校でどんどん増えていったワケ
ITmedia ビジネスオンライン
|
「ヤマハ発動機」といえば、多くの人が「バイクやヨットをつくっている会社でしょ」と想像するだろうが、実はプール事業も手掛けているのだ。しかも、学校用のプールはこれまで6000基以上も出荷していて、トップブランドとして君臨。なぜ同社のプールが増えていったのかというと……。
18Picks
なぜ今「鋳物」か? ロボット時代に向けたヤマハ発動機の「深慮遠謀」
ビジネス+IT
|
古くて新しい金属加工技術「鋳造」。日本では古代の「銅鐸」や「奈良の大仏」に始まる鋳物の鋳造技術は、21世紀の産業でも幅広い分野で利用され、その重要度は変わりない。強靱化、軽量化などを目指して素材も加工も技術革新が進んでいる。日本は世界第4位の「鋳物」生産国で、用途別では自動車用が6〜7割を占め、高度な技術力、生産力を要する高付加価値製品で世界をリードする。2017年、ヤマハ発動機は二輪車やエ...
11Picks
日本マイクロソフト×ヤマハ対談~「働き方改革」のはじめ方
クラウド Watch
|
少子化や人手不足を背景に、「働き方改革」への注目が集まっている。従来の働き方のままではビジネスを継続できない──。そんな危機感から、在宅勤務、AI・ロボットの活用、雇用形態の多様化など、さまざまな取り組みが進められている。
441Picks
オタク社長が奏でる、ヤマハ人生。楽器は「人間必需品」だ
NewsPicks編集部
|
私の音楽との出合いは4歳の頃。ヤマハ音楽教室出身なんですよ。ヤマハ音楽教室がスタートしたのは1954年。もちろん教室に通っていた頃は、よもや自分がヤマハに入社するとも、ましてや社長になるなんて思...
23Picks
ヤマハ発、初の医療機器 たった1人の熱意と地道な努力が7年かけ結実するまで
ニュースイッチ
|
ヤマハ発動機が同社で初めての医療分野製品として開発した細胞ハンドリング装置「セルハンドラー」は、表面実装機で培ったロボット技術と開発者の熱意により製品化に至った。高度な技術だけでなく、地道な努力と自由な研究を認めるヤマハ発の風土が成果につなげた。新規分野の開拓に大事な要素といえそうだ。提案通らず 「1人でも開発をしたい」。2010年、伊藤三郎新事業開発本部事業企画グループ主務は細胞ハンドリン...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ