新着Pick
SPD29UMDY0X7B5FP

ヤマハ 株式会社

ヤマハ株式会社(英語: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・音響機器(オーディオ・ビジュアル)・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
静岡県浜松市中区中沢町10番1号
053-460-1111
詳細を見る
概要
明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドでピアノ生産量では世界シェア1位。楽器は機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。

1897年(明治30年)に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開し、創業90周年に当たる1987年(昭和62年)に社名をヤマハに改称した。

1960年代からエレクトーン、電子ピアノ等の電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど高い技術力を持つ。これらの電子機器の開発から得られた技術力を活かし、半導体等の電子部品、ルーター等のネットワーク機器、オーディオ機器等の製造を行うAV・IT事業でも知られる。

これらの楽器製造から派生した事業として、ピアノの木工加工、塗装等のノウハウを活かし、高級車用の木工パネル製造等の自動車部品事業、楽器の普及のための事業から発展した音楽教室や楽譜・楽曲データ類の出版・ダウンロード販売・アーティストの発掘やそれに付随する音楽出版等の音楽関連事業、音楽をはじめとして生活に彩りを与えるものとして手がけられたリゾート施設等のレクリエーション事業、ゴルフクラブを製造するゴルフ・スポーツ用品事業などを本社及び関連会社で行っている。

国内のアコースティックピアノにおけるシェアは約6割、河合楽器製作所が同4割で長らくこの比率は変わっていない。ただ市場は1980年前後の約30万台をピークに縮小を続け、今や2万台を切るまでに縮小した。そして電子ピアノで世界シェアで5割と圧倒的な競争力を誇り、管楽器においても世界シェアで3割を占める。フルート、サクソフォン、トランペット、ホルンなど楽器ごとにそれぞれ競合メーカーは異なるが、ヤマハは特にトランペットに強く、近年は米国向けに引き合いが強いが、管楽器は検品など生産に時間を要すため需要に供給が追いつかない状況である。

二輪車製造大手のヤマハ発動機は1955年(昭和30年)に日本楽器の二輪製造部門が独立して設立されたものである。2017年(平成29年)時点においてはブランド名を共通とする関連会社である。
代表者
代表執行役社長 中田 卓也
設立年月日
1897-10-12
従業員数
20,175 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
8,992,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
7Picks
暴走ベビーカーで話題に!ヤマハ・トリシティ125の「スゴい技術」 - 消費インサイド
Diamond Online
|
バイク乗りを中心に、その技術を評価されて大人気のヤマハ発動機の三輪式スクーター「トリシティ125」。しかし、バイク乗りでない人への認知度が一向に広がらない。そこで、ヤマハが取った“奇策”は、なんとバイクの技術を使ってつくったベビーカーの暴走動画のWeb広告だった。
13Picks
地域の課題はクリエイティブと音楽が解決する? まちづくりを変えるデザイン思考のキモ
ログミー
|
2017年6月28日、地域ブランディング協会が主催となったセミナー「東京・渋谷の街から考える エンターテインメント×地方創生」が行われました。同会にはエンターテインメント、音楽業界を牽引し、地域活性化にも積極的なヤマハとポニーキャニオンの事業者も登場。第2部となる本パートでは、先述の2つの取組みに加え、シブヤ大学の事例を踏まえた上で、地域活性化を達成するためにはどうずればいいのかを登壇者でデ...
4Picks
渋谷活性化の機運醸成はまず居酒屋から 街全体をフィールドにしたシブヤ大学の挑戦
ログミー
|
2017年6月28日、地域ブランディング協会が主催となったセミナー「東京・渋谷の街から考える エンターテインメント×地方創生」が行われました。同会にはエンターテインメント、音楽業界を牽引し、地域活性化にも積極的なヤマハとポニーキャニオンの事業者も登場。第2部となる本パートでは、シブヤ大学学長の左京泰明氏が東京都・渋谷を舞台にした地域活性化の事例を紹介しました。
112Picks
世界最大楽器メーカー、ヤマハ社長がみるAI音楽の可能性
AERA dot. (アエラドット)
|
何やら聴き慣れぬ音色が近づいてくる。奏者の姿は見えない。正体は、新たな展開をみせているAI(人工知能)。人間と協調して演奏し、わずか数十秒で作曲もするとか。AERA 9月4日号ではAI時代の音楽を見...
6Picks
ヤマハ発、鋳物受託生産。アルミなど軽量化ニーズに応える
ニュースイッチ
|
ヤマハ発動機は、2輪車やマリン事業で培った高度な鋳造技術を生かした受託生産事業を始めた。大物部品を薄肉で鋳造するアルミダイカストの量産技術やマグネシウム鋳造技術など独自技術で新分野を開拓する。グローバルな生産ネットワークも生かし、同事業で年間売上高100億円を目指す。 ヤマハ発動機は薄肉大物のアルミダイカスト部品を量産する「CFダイキャスト」や、難加工材とされるマグネシウムの鋳造など独自技術...
4Picks
地元の人々の自慢話が日本を救う? 地域活性化×エンタメの融合がもたらす明るい未来
ログミー
|
2017年6月28日、地域ブランディング協会が主催となったセミナー「東京・渋谷の街から考える エンターテインメント×地方創生」が行われました。同会にはエンターテインメント、音楽業界を牽引し、地域活性化にも積極的なヤマハとポニーキャニオンの事業者も登場。地域活性化のキーワードである「シビック・プライド」について議論を交わしました。エンタメと地域活性化の融合はどんな化学反応を起こすでしょうか。
9Picks
ヤマハ発動機が二輪車開発に「NX」と「Teamcenter」を採用
MONOist
|
シーメンスPLMソフトウェアは、ヤマハ発動機が二輪車の開発プロセスに3D CADツール「NX」とPLMツール「Teamcenter」を採用したと発表した【訂正あり】。
180Picks
新リーダー輩出へ、日本スポーツ界に必要な制度改革
NewsPicks編集部
|
資格制度——世の中にはさまざまな資格があふれていて、これを読んでいる皆さんも何かしら資格をもっていらっしゃるのではないでしょうか?私はといいますと、ヤマハピアノグレード7級、そろばん検定3級、暗...
3Picks
ヤマハ、「電子ピアノ」20年ぶり大改良の理由
東洋経済オンライン
|
20年ぶりとなる電子ピアノの大型改良で生まれたのは、ヤマハの”本気”が詰まった新製品だった。楽器大手のヤマハは、電子ピアノ「クラビノーバ」の上級シリーズにおいて、6月から「グランドタッチ鍵盤」という新…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ