新着Pick
SPD276KA0AX0MYPQ

横河電機 株式会社

横河電機株式会社(よこがわでんき, 英語: Yokogawa Electric Corporation)は、東京都武蔵野市に本社を置く、工業計器・プロセス制御専業メーカーである。計測・制御機器メーカーとしては国内最大手、世界第3位の企業である。この分野の国内成長が鈍化しているために、同社の事業の約60%が海外で展開され、従業員も約60%が外国籍である。 ウィキペディア
東京都武蔵野市中町2-9-32
0422-52-5555
詳細を見る
概要
1983年4月1日、工業計器・プロセス制御の大手専業メーカーの双璧であった横河電機製作所と北辰電機製作所が合併し、横河北辰電機株式会社が発足。1986年にCIを実施し、横河電機株式会社と社名変更し、現在に至る。

・横河電機製作所
大正期に創業。創業者横河民輔は、建築家として知られ、日本工業倶楽部や日本橋三越等の著名な建築物を設計している。横河工務所(現・横河建築設計事務所)や横河橋梁製作所(現・横河ブリッジ)の関係会社として設立。当時、輸入に依存していた計測器の国産化に取り組むために設立された。第二次世界大戦中、軍需により急成長し、終戦時は1万人の従業員を擁していたが、戦後、300人の従業員から会社を再建。高度経済成長の中、計測器メーカーから工業計器・プロセス制御機器メーカーに転換して躍進。、ヒューレット・パッカードとの合弁による横河ヒューレット・パッカード株式会社(現:日本ヒューレット・パッカード、アジレントテクノロジー)の設立、ゼネラル・エレクトリックとの合弁によるGE横河メディカルシステム(現:GEヘルスケア・ジャパン)の設立など、積極的な経営戦略で業界首位を不動のものにした。1982年の時点で従業員約3,000人を擁していた。

・北辰電機製作所
同じく大正期に創業。創業者は、科学者長岡半太郎の助手をつとめた清水荘平。戦前は計測器メーカーとしては国内最大手であった。航空・舶用機器に強く、大戦中、軍需によって急拡大。終戦時の従業員数は2万人。北辰は軍需への依存度が高かった上、主力工場が戦災で壊滅し、戦後の成長の足かせとなった。戦後、従業員数450名で再建を図り、逸早くコンピュータの分野に進出し、工業計器・プロセス制御機器メーカーに転換した。住友グループとの関係が深く、1982年時点で、業界三位であり、従業員約2,800名を擁していた。

・横河北辰電機→横河電機(現在)
1983年、株式会社横河電機製作所と株式会社北辰電機製作所が合併、横河北辰電機株式会社と改称。従業員数は6,000名を超え、売上高も1,000億円を突破する。1986年にCIを実施し、現在の横河電機株式会社となった。合併により、ハネウェル(アメリカ合衆国)に次いで世界第2位の工業計器・プロセス制御機器メーカーとなった。

横河電機は、近年まで良好な財務体質のもと、安定経営を行ってきた。バブル期には、合併により倍増した人的資源の有効活用、本業以外の収益源の拡大を企図して、子会社を多数設立し、社業の多角化を図ったが、バブル崩壊後の縮小経済のもとでは、子会社の統廃合、清算を順次進めて経営改革を行った。その流れで、ヒューレット・パッカード(日本ヒューレット・パッカード)、アジレント・テクノロジー(横河アナリティカルシステムズ)やジョンソンコントロールズ(横河ジョンソンコントロールズ)、トヨタ自動車(トヨタマックス)、早稲田大学(早稲田大学ラーニングスクエア)と合弁を解消するなどの事業構造の再構築を図った。しかし、近年は光通信分野をはじめとする新規投資の失敗や、半導体関連事業の採算の悪化などがたたり、2008年度・2009年度・2010年度の当期利益が赤字になるなど、経営環境の変化に見舞われ、世界第2位から3位に転落した。また、2013年には、営業・保守サービス部門を横河ソリューションサービスに移管した。

特筆すべきこととして、他社に先駆けて、グループを挙げて障害者雇用に積極的に取り組み、さらには知的障害者の特例子会社である横河ファウンドリーを設立。民間企業による知的障害者の人的資源としての活用のモデル企業として位置づけられている。

・横河まつり
横河電機をはじめグループ会社の本社が集中する武蔵野市では、地域との協調・共存共栄を目指した活動を重視し、横河電機のグラウンドで毎年開催される「横河まつり」は、グループ従業員とその家族、さらに近隣住民が参加している。「横河まつり」では、横河電機の社長以下役員、グループ会社の社長・役員が模擬店を開いてみずから来場者のホスト役を演じている。しかし、2012年に甲府事業所で開かれた横河まつりでは、ウェルシュ菌入りの食べ物をふるまい、252人の食中毒者を出す不祥事も起きた。

・今こそ終身雇用だ!〜横河電機の挑戦〜
2000年に出版された『今こそ終身雇用だ!〜横河電機の挑戦〜』では、内田勲が「私も社長として、”首切りはしない”と社員にすでに約束しています。」と述べ、新終身雇用宣言を掲げるなど、リストラを行わないことがこれまでの横河電機の大きな特徴であった。しかし、「新社長は、大丈夫?」と田原総一朗が経営手腕を心配したとおり、内田勲は売上高6000億円の経営計画を発表するものの、3000億円代の売上高と過去最高の赤字という結果を達成し、業績を悪化させ、早期退職を募集するなど経営方針を転換させた。田原総一朗の言葉に対して、「自分の腕が疑われているのかな?」と内田勲は会社の人々にある種の不満をもらしたが、彼の経営手腕は大丈夫では無かった。内田勲、海堀周造などの役員や管理職は、この中期計画の失敗の責任を取って辞職することなく、2010年度まで高額の役員報酬を受け取り続けた。

収益の大半を占める分散制御システム分野は安定しているものの大きな市場の伸びを期待できないことから、余剰人員の削減は経営課題となっている。バブル期の大量採用や買収・合併などの要因により、社員の年齢構成が年配層に偏りはじめていることも懸念材料である。ユニオン・ショップ制のもと労働組合が強い影響力があり、組合幹部を経験した社員を役員にするなど厚遇してきた流れもあったが、2010〜2014年にかけて希望退職者などを募集するなどして、従業員の調整を実行した。
代表者
代表取締役社長 奈良 寿
設立年月日
1920-12-01
従業員数
18,107 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
8,562,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
横河電機がデンマークの画像AI関連ベンチャー企業を買収
MONOist
|
横河電機は、AIによる画像解析技術を有するデンマークのGrazper Technologiesの全株式を取得した。Grazperの技術を横河電機の各種事業に展開し、新たな産業用AIソリューションの開発を進める。
57Picks
「宇宙線」で半導体誤作動 横河電機、対策費で減益に
共同通信
|
「宇宙線」で半導体誤作動 石油プラント向けの制御機器を手掛ける横河電機は6日、宇宙から地球に降り注ぐ放射線「宇宙線」の影響で半...
28Picks
「神風号」に始まり今ではエアバスにも装備品を供給する実力企業
ニュースイッチ
|
**仏タレスと取引関係20年「航空機産業は年率4―5%のペースで成長すると言われており、我々のビジネスも拡大を見込める」。横河電機の西村稔執行役員航空宇宙・特機事業部長は期待を寄せる。プラント
16Picks
マーケティング・メジャーリーガー阿部剛士が語る「CMOは第一級のマルチタレントであれ」(前編)
Marketing Native(マーケティング ネイティブ)
|
重厚長大なビジネスをグローバルに展開する横河電機。インテルの取締役副社長やマーケティング本部長を務めていた阿部剛士さんが、横河電機の経営トップに請われる形で同社に参画したのは、2016年のことです。 プラントの計測・制御機器メーカーという絶対の安全と安心、安定を追求する横河電機の長所を活かしつつ、IT企業流で猛スピードの変化を導入しようとする阿部さん。100年以上の歴史と2万人の社員の中で獅...
13Picks
医療機器メーカーと化す、リコー
日経デジタルヘルス
|
リコーは、ヘルスケア分野で開発中の新技術を「国際モダンホスピタルショウ2016」(2016年7月13~15日、東京ビッグサイト)に参考出展した。同社は2016年3月、横河電機から脳磁計事業を譲り受…
12Picks
圧力と温度データを簡単に収集できる産業用IoTセンサー「スシセンサー」第2弾
MONOist
|
横河電機は、産業用IoT向け無線ソリューション「Sushi Sensor」の第2弾となる、無線圧力センサーと無線温度センサーを用いた設備監視ソリューションを発売した。設備の点検工数を削減し、設備異常を早期に発見できる。
11Picks
その名も「スシセンサー」、横河電機がLoRaWAN対応のIIoT用センサーを発売
MONOist
|
横河電機は通信機能とセンサー機能が一体となった小型無線センサー「Sushi Sensor」を発売する。プラント設備の振動と表面温度をオンライン監視することで保全に貢献する。
11Picks
庭山一郎氏らが語る、B2Bマーケティングに求められる人と組織
ITmedia マーケティング
|
マルケト主催「The Marketing Nation Summit 2017」では「マーケティングの組織と人材育成」をテーマに、シンフォニーマーケティングの庭山一郎氏と横河電機の阿部剛士氏によるパネルディスカッションが行われた。その要点をお届けする。
10Picks
SDN技術を用いた工場ネットワークを導入へ
MONOist
|
横河電機は、子会社の横河ソリューションサービスが、王子ホールディングス配下の4工場向けにSDN技術を用いた工場ネットワーク更新プロジェクトを受注し、導入を終えたと発表した。
9Picks
脳磁計事業を継承し、ヘルスケア分野に参入
MONOist
|
リコーは、ヘルスケア分野に事業参入することを発表した。その一環として、画像診断装置事業の事業展開・研究開発を加速するため、横河電機の脳磁計事業を継承する。
9Picks
お金持ちは朝イチで体重計に乗る? 決して変わることのない「お金のルール」とは
ライフハッカー[日本版]
|
『これからの時代のお金に強い人、弱い人』(サチン・チョードリー著。フォレスト出版)の著者は、母国インドのみならず、アジア各国でも数多くの事業を成功に導いてきた人物。日本においてはパナソニック、アクセンチュア、日産、NEC、富士通、横河電機、三井住友銀行コンサルティング、神戸製鋼、JTB、東芝、日立など大企業での異文化経営・異文化戦略を指導する国際コンサルタントとして活躍しています。以前、『口ベタで
9Picks
横河電機、シリコンバレーのベンチャー企業に資本参加 Industrial IoTによる価値創造の取組みを加速
ma-times.jp
|
工業計器・プロセス制御専業メーカーの横河電機【6841】は、フォグコンピューティングの先端技術をもつ米国のベンチャー企業であるFogHorn Systems, Inc.(以下「フォグホーンシステムズ」)に出資したと発表した。なお、出資額は9...
9Picks
IIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの実証開始
MONOist
|
横河電機とイワキは、IIoTアーキテクチャを活用したポンプ遠隔監視サービスの概念実証を開始し、同サービスの市場価値の検証と実際のサービスメニューの検討を行う。
8Picks
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発のAPB、約80億円を調達
THE BRIDGE
|
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の開発を行うAPBは3月4日、JFEケミカル、JXTGイノベーションパートナーズ、大林組、慶應イノベーション・イニシアティブ、帝人、長瀬産業、横河電機の計7社を引受先とする第三者割当増資の実施を公表した。調達した資金は総額約80億円。出資の詳細は開示していない。獲得した資金で量産技術の確立や製造販売の開始、開発する全樹脂電池の量産工場設立を目指す。 同...
8Picks
プラント制御値をAIで自動探索、熟練者と結果一致し有効性を確認
MONOist
|
NTTコミュニケーションズは、横河電機、横河ソリューションサービスと連携して開発した「プラント向けデジタルツイン」を用いて、化学プラントの改善に有効な制御パラメータ値を自動探索することに成功した。
8Picks
マーケティング・メジャーリーガー阿部剛士が語る「CMOは第一級のマルチタレントであれ」(後編)
Marketing Native(マーケティング ネイティブ)
|
前編に続いて、横河電機 常務執行役員でマーケティング本部・本部長の阿部剛士さんのインタビューをお届けします。後編の注目は、CMOになるためのアドバイスです。 (取材・文:Marketing Native編集部・早川 巧、 …
8Picks
横河電機、RPAで作業時間85%を短縮--業務標準化の一環、グローバルにも展開
ZDNet Japan
|
横河電機は、中期経営計画で業務を標準化して生産性向上や高付加価値業務へのシフトが必須として、具体的施策としてRPAの導入を決定。7月から本番稼働させており、作業時間を85%短縮させている。
8Picks
産業用IoTの壁を安く、早く、簡単に飛び越えろ、横河電機発ベンチャー誕生の意義
MONOist
|
産業用IoTスタートアップのアムニモは「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16~19日、千葉県・幕張メッセ)に出展。独自開発した産業用IoT(IIoT)アーキテクチャの価値を訴求した。
8Picks
新たなIIoTアーキテクチャの開発に向け、IT分野の4社と協業
MONOist
|
横河電機は、米マイクロソフトなど4社と協業し、IIoT(Industrial IoT)アーキテクチャの開発を進める。各社の技術を活用し、新たなIIoTアーキテクチャを開発する。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ