新着Pick
SPD260R9IAX1UWB4

HTC Corporation

23, HsinHua Rd., TaiaoYuan, Taiwan
886-3-3753252
詳細を見る
代表者
Hsiueh Hong Wang (Chairman),Yves Maitre (Chief Executive Officer)
設立年月日
1997-05-15
従業員数
4,810 人
上場年月日
2002-03-26
平均年齢
27 歳
上場市場
台湾証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ルクセンブルク証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
【CES2020】頭一つ飛び抜けた完成度を誇るMRグラス「NReal Light」体験レポート 2020年内に5Gスマートフォンと同時に日本国内で販売開始予定
GAME Watch
|
2016年に「Oculus Rift」や「HTC Vive」といった高性能なVRゴーグルが、それまでの常識を破る低価格で販売され、ゲームコンソールの世界でも、PS4/PS4 Pro対応の「PlayStation VR」が登場したことで、VRブームが巻き起こった。VRゴーグルはその後も進化を続け、2018年には高価な高性能PCが不要で、単体でVRを楽しめる「Oculus Go」が登場。2019...
10Picks
Facebook傘下のOculus、人気VRゲーム「Beat Saber」の企業を買収
ITmedia NEWS
|
Facebook傘下のOculus VRが、人気VRゲーム「Beat Saber」の製造元であるチェコのBeat Gamesを買収した。HTC ViveやソニーのPlayStation VRのサポートは今後も続ける。
11Picks
HTCから3万円を切るブロックチェーンスマホが登場
TechCrunch Japan
|
現在HTCは難しい状況にあるが、それでも同社には魅力的なチャンスがある。新CEOのYves Maitre(イヴ・メイトル)氏が数週間前のDisruptで私に対して認めたように、かつての強力なスマートフォンブランドだったHTCは、近年その勢いを失っている。しかし、暗号通貨スマートフォンのExodus(エクソダス)プロジェクトは、将来の可能性を垣間見せてくれた。 先週末にベルリンで開催されたLi...
13Picks
HTCのスマートフォン事業が衰退の一途をたどった「3つの理由」
WIRED.jp
|
かつてスマートフォン市場で大きな存在感があった台湾のHTCは、いまやそのシェアが0.05パーセントにまで落ち込んでいる。グーグルへの一部事業の売却やVRヘッドセットへの注力といった理由があるにせよ、存在感は低下するばかりだ。なぜこうした衰退の道をたどることになったのか──。その理由をHTCの現社員や元社員などに取材したところ、「3つの理由」が浮かび上がってきた。
468Picks
Google、HTCから11億ドルでPixel開発チームを買収、自前でデバイス開発へ。HTCのビジネスは従来どおり
Engadget 日本版
|
Googleが、HTCのPixel開発チームを買収しました。チームはこれまでGoogleのPixelおよびPixel XLを開発、現在はそれぞれの後継機種を開発中とされていましたが、今後はGoogleとしてデバイスを開発することになります。また、HTCはHTCで今後も従来通りのビジネスを継続します。 (執筆中)
231Picks
グーグルのHTCスマートフォン部門買収、その2つの理由
Business Insider Japan
|
グーグルは、HTCのスマートフォン部門の一部を11億ドル(約1230億円)で買収。2000人がグーグルへ移籍する。近年苦境に陥っていたHTCにとって...
217Picks
テクノロジーがやっと追いついた。ジャミロクワイの『Virtual Insanity』をVRでカバー
ギズモード・ジャパン
|
ジャミロクワイの名名名曲、『Virtual Insanity』。一定の大人なら誰でも耳にしたことがあるこの曲が、ホントのバーチャル世界でカバーした動画がアップされました。HTCのVRゴーグルを装着して演奏する姿、まさに狂気…イントロに震えます。
213Picks
AI人材の宝庫、台湾 米企業がエンジニア争奪戦
Forbes Japan
|
グーグルは3月21日、台湾で300名を雇用し、5000名以上の学生にAI(人工知能)のプログラミングを学ぶ機会を与えると宣言した。グーグルは昨年、11億ドル(約1180億円)でHTCのハードウェア部門の一部を買収しており、元HTCの社員ら2・・・
201Picks
【新】野球に並ぶスポーツに。「かめはめ波」に魅了された男の挑戦
NewsPicks編集部
|
2016年に「VR元年」と騒がれてから早一年。米フェイスブックや台湾のHTC、ソニーなどからVR端末が発売され、日本でもVR(仮想現実)やAR(拡張現実)が体験できるアミューズメント施設が続々登...
190Picks
グーグルが台湾HTC買収、スマートフォン市場でアップル追撃なるか
Bloomberg
|
グーグルは、台湾のHTCを110億ドルで買収するという契約を締結した。この契約により、スマートフォンのスペシャリスト2000人以上を獲得し、競争が激しい高級スマートフォン市場でアップルを追撃する...
185Picks
サムスンのGalaxy S5がアイスバケツチャレンジ!iPhone5sなどを指名
iPhone Mania
|
今、世界中で行われている「アイスバケツチャレンジ」に、サムスンの最上位機種のスマートフォン「Galaxy S5」が挑戦しました。次にiPhone5sなどを指名しています。 世界を席巻中のアイスバケツチャレンジ ご存知ない方のために説明しますと、アイスバケツチャレンジとは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の認知を高め、寄付を募るための募金活動です。指名された人は寄付をするか、バケツに入った氷水をかぶってその様子をソーシャルメディアに投稿するか、あるいはその両方を行うかを選択します。   これまで数多くの有名人が参加してきましたが、シリコンバレー関連でもアップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、マイクロソフト元CEOのビル・ゲイツ氏など、数多くの人々がチャレンジしています。 Galaxy S5の目玉は「防水」 サムスンのマーケティング部門はこの機会を利用して、Galaxy S5の高い防水性を宣伝しようと思い立ったようです。同社によればGalaxy S5は、3フィート(約91センチ)の水中に30分沈めておいてもOKな防水性を備えており、これは他社のスマートフォンとの差別化となっています。   サムスンモバイルUKがアップしたアイス・バケツ・チャレンジの動画がこちら。サムスンは次のチャレンジャーとして、ライバルであるアップルのiPhone5s、HTCのOne M8、ノキアのLumia 930の3機種を指名しています。      参照元: iDownloadBlog 執 筆: lunatic
135Picks
苦戦するVRデバイス市場、オキュラスとHTCが相次ぐ値下げ
Forbes Japan
|
HTCは8月21日、同社のVR製品のフラッグシップモデル「HTC Vive」の価格を200ドル引き下げるとアナウンスした。HTCの値下げは先月、フェイスブックがオキュラスリフトの値下げに踏み切ったのに続く動きだ。両社はともに、販売価格の引き・・・
120Picks
HTCとソニーからシャオミが学ぶべきもの
NewsPicks編集部
|
グーグルのアンドロイド製品管理ディレクターだったヒューゴ・バラ氏を副社長に引き抜いて以来、シャオミは国際的に最も注目を浴びる中国企業の一つになった。中国で生まれ育った企業で、名前までもきわめて中...
118Picks
PlayStation VRの開発トップ、Oculus Riftがハイエンド性能で優ると認める。ただし「お手頃価格と大衆市場」を強調
Engadget 日本版
|
PlayStation VR(以下PSVR)の開発責任者であるSCEの伊藤雅康氏が、ハイエンド性能ではPSVRがOculus Rifttに及ばないことを認めました。ただし、あちらの初期投資が高く付くことを指摘した上で、PlayStationVRは"手頃な価格"でなければならないと強調した文脈においての発言です。 HTCのViveやValveのSteamVRなど各社のVR製品がこぞって顔見世し...
106Picks
gumi國光氏に聞く、「盛り上がったVRは今、どうなっているのか?」
NewsPicks編集部
|
2016年に「VR元年」と騒がれてから早一年。米フェイスブックや台湾のHTC、ソニーなどからVR端末が発売され、日本でもVR(仮想現実)が体験できるアミューズメント施設が登場し、AR(拡張現実)...
21Picks
HTCが発売、5G通信を劇的に便利にする「ハブ」デバイスの実力
Forbes JAPAN
|
台湾のスマホメーカー「HTC」は、2011年をピークに市場シェアを落とし続けており、調査会社IDCのデータによると、昨年はわずか1%だった。同社は2017年には赤字に陥ったが、昨年はグーグルにスマホ事業の一部を売却して黒字を確保した。業績回・・・
100Picks
GoogleがHTCのスマートフォン事業を買収検討の噂。交渉は最終段階、年内にも結論か
Engadget 日本版
|
8月末にVR事業を売却検討していると噂が出ていたHTC。その際、VR事業だけではなくスマートフォン事業を含む会社全体の売却も検討していると伝えられていましたが、今度はスマートフォン事業をGoogleに売却するとの話しが出てきました。 HTC、VRヘッドセットVIVEを含むVR事業の売却を検討か(Bloomberg報道) 台湾メディアの工商時報によると、HTCとGoogleの協議は最終段階に入...
94Picks
HTC、重要情報発表のため株式取引を一時中止――Google、Android携帯事業を買収か?
TechCrunch Japan
|
 台湾の有力電子機器メーカー、HTC(TWSE)は事業運営に「実質的な影響を与える情報」を公開するのに先立って、明日の株式取引を中止することを明らかにした。 このニュースはFinancial Timesが先ほど報じた。 Read More
84Picks
スマートフォン出荷が激減、事業撤退もあり得る「3社」の苦境
WIRED.jp
|
大手メーカーのスマートフォンの出荷台数が、2018年に軒並み減少した。こうしたなか、業界アナリストが撤退の可能性を指摘するメーカーが3社ある。ソニー、LGエレクトロニクス、そしてHTCだ。次世代通信規格「5G」や有機ELテレビ、VRなど今後の鍵を握る技術がそれぞれあるなかで、各社はどんな決断を下していくことになるのか?
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ