新着Pick
SPD21DRN09UWQ2LU

株式会社 良品計画

株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
東京都豊島区東池袋4-26-3
詳細を見る
概要
1970年代、量販店各社はプライベートブランド(PB)の開発に取組んだ。1977年10月、西友はそれまでのPB商品を充実させるべく田中一光、小池一子の提案による「SEIYU LINE」をPBの総合ブランドして取り扱うことを決定した。その後にはそれら商品群をプロトタイプとして新たにラインナップを増やした上、田中の発案による英語のノーブランドグッズ (no brand goods) を和訳した「無印良品」をブランド名とし、西友のほか、西武百貨店や阪神百貨店内のインショップに加えてファミリーマート等で販売が開始された。また1983年には青山に路面店を出店。同店の内装には杉本貴志が関わった。「わけあって安い」という当初のキャッチコピーは小池一子。

1989年6月には、西友の100%子会社として(株)良品計画が設立され、1992年9月には西友の子会社で休眠状態であった魚力に良品計画を合併させ、魚力が良品計画に社名を変更した。

良品計画はバブル崩壊後も、存在感とブランド力を保ち順調に成長を続けた。また1990年代後半には、グループ以外のジャスコ等にも商品供給を開始した。

2001年度には、ディスカウンターの台頭によって衣料品等が不振で業績が悪化するが、商品企画力の強化などの業務改革が奏功し、業績は回復に転じ、2015年3〜8月期の連結営業利益は160億円程度となり同期における最高益を更新すると報じられている。

セゾングループ解体後、旧グループ各社との関係は薄れていたがその後ファミリーマートと資本提携をするなどして関係を再強化し、同チェーンでの取扱商品の数も増えている。旧グループの中ではファミリーマートのほかクレディセゾンが株主である。

海外ではMUJIブランドで展開し、これにあわせて日本でもブランド統一のためにMUJIロゴを前面に出していたが、近年、無印良品アドバイザリーボードの原研哉らによって無印良品に再び一本化されたが、2016年春夏より商品タグの全世界共通化を進めており、日本国内の無印良品でも商品タグにMUJIロゴが表記されるようになった。一時の多角化路線からは撤退したが、現在でもカフェやキャンプ場などを経営している。
代表者
代表取締役社長 松崎 曉
設立年月日
1979-05
従業員数
9,615 人
上場年月日
1995-08-01
平均年齢
37 歳
平均年収
5,769,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
88Picks
アップル新製品で一番の「買い」は、無印のiPadである理由
M&A Online
|
アップルが2020年9月15日に新製品としてタブレット端末の「iPad」シリーズ2種とスマートウォッチの「Apple Watch」2種を発表した。今回発表された新製品で最も「お買い得」なのは、この無印「iPad」だ。スペックは高く、安い。
45Picks
コロナ禍でも人気のアルバイト先ランキング、3位東京ディズニーリゾート、2位無印良品、1位は?
@DIME アットダイム
|
時代によって移り変わる人気のアルバイト先。特にコロナ禍の今年は、消費者ニーズの変動や働く側の安全確保の観点から、意外なアルバイト先に就業希望者が殺到していそうだ。そこで今回、株式会社ツナググルー...
64Picks
MUJIの新店舗がめざす“土着化”とは? 鎌倉店店長に聞く地域におけるブランドの役割
「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する
|
今年4月、〈ホテルメトロポリタン鎌倉〉1階にオープンした〈MUJIcom〉と〈Café&Meal MUJI〉。開店にあたり事前に住民たちとのワークショップを開催したり、住民らが持ち寄った鎌倉関連の本のレンタルコーナーの設置や、おすすめの飲食店をマッピングした地図を掲げるなど、独自の取り組みをしています。自らも鎌倉に移住した永尾亮店長に、企業やブランドが地域に果たすべき役割について聞きました。
33Picks
無印良品、普段使えて「もしも」に備える防災セット。シンプルデザインの消火器も
家電 Watch
|
無印良品は、生活になじみやすいデザインの防災アイテム3製品を発売した。ラインナップは、「いつものもしも携帯セット MJ-IM6H」、「いつものもしも持ち出しセット MJ-IM12H」、「いつものもしも備えるセット MJ-IM24H」。価格は順に1,690円、3,990円、5,490円(全て税込)。
173Picks
「無印良品」の迷走が止まらない…!経営陣が抱えるヤバい実態
マネー現代
|
「無印長品」が迷走している。赤字決算、海外子会社倒産も問題だが、それより、店舗の大型化・値下げ戦略にシフト、ストック・オプション実施の方が気になる。「無印良品」の哲学の真逆とまでは言えないが、「かなりずれている」といえるからだ。
13Picks
無印のモバイルバッテリー、実はAnker製!高機能で急速充電も
ライフハッカー[日本版]
|
無印から出ているモバイルバッテリー、高機能さもさることながら「急速充電器」の機能も搭載しています。 充電し忘れ問題も解決しました。
166Picks
無印まで参入、知られざる「コオロギ食」の裏側
東洋経済オンライン
|
「コオロギのパウダー入りのせんべいを作りました。エビのような香ばしい風味が特長です」――。無印良品を展開する良品計画は5月、「コオロギせんべい」(税込190円)を自社のネットサイト限定で発売した。発売す…
192Picks
【1分で振り返る】Go To論争。今週の世界と日本
NewsPicks編集部
|
今週もこの時間がやってきた。金曜のNewsPicksイブニングでは、一週間のニュースや出来事を、世界の要人たちの発言で振り返る「#今週の発言」をお届けする。雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は...
868Picks
小島健輔が絶句『無印良品よ、大丈夫か…?』
マネー現代
|
無印良品を展開する良品計画がピンチに直面している。良品計画が100%出資する米国子会社MUJI U.S.A.が7月10日、連邦破産法を申請し、東証の良品計画株価も引け際に急落した。同時に発表した3〜5月期四半期決算もコロナ危機で売上が前年同期比29.9%減少し、28億9900万円の営業損失、41億1600万円の純損失を計上。『良品計画は大丈夫か』という懸念が広がっている。
544Picks
【グラフ分析】ニトリ、無印、ヴィレヴァン「明暗」を分けた理由
NewsPicks編集部
|
新型コロナが小売り企業の“明暗”を分けている。7月13日、「遊べる本屋」をコンセプトに雑貨を販売するヴィレッジヴァンガードコーポレーション(名古屋市)が通期決算を発表した。その結果は、売り上げも...
178Picks
無印良品が「水道水を配布」?――その真相は無印の新たな「ライフスタイル提案」だった
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
全国でレジ袋の無料配布が終了した7月1日、無印良品が「水道水を無料で配り始めた」という情報が飛び込んできた。  果たして一体どういうことなのか、そしてわざわざ店で貰う価値のある「水道水」なのか――その謎を探るべく店舗へ […]
23Picks
無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察
manamina[マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン
|
気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。
293Picks
無印良品、BOTANISTが支持される理由は「ブランディングが9割」
Diamond Online
|
全般的に商品のグレードが高くなり、品質の「差」がわかりにくくなった現代。そんな時代に売上を伸ばすカギとなるのが「ブランディング」です。中身は他社と同じでも、「ブランディング」で商品価値の伝え方を工夫したところ、売上が何倍も伸び、販売単価も上がったという事例は実際にいくつもあります。そこで今回は、これまでイオンやマツモトキヨシなどで数々のPB(プライベートブランド)を立ち上げ、成功に導いてきた...
419Picks
【図解】テスラ、トヨタを抜く。先週の「重要ニュース」5選
NewsPicks編集部
|
今回のニュースサマリーは①テスラ、時価総額世界一②北朝鮮、南北共同連絡事務所を爆破③ローソンが無印良品を販売④ペッパーフード、事業売却検討⑤みずほとソフトバンクが提携
341Picks
「無印良品」世界最大級の店舗が新潟・直江津にオープン、店内にはスターバックスやカルディも
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
647Picks
昆虫食の時代が来る? 無印良品「コオロギせんべい」が大好評の背景
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
近い将来、“昆虫食” が世界の食料危機を救う、一つの手段となるかもしれない。国連が発表した2017年の世界の人口は76億人だが、2050年には98億人に増加すると予測されており、そうなれば食糧や水資源が不足するとみられている。また、日本は家畜の飼料などをもっぱら輸入に頼っており、飼料の国産化やタンパク源の多様化が大きな課題となっている。こうした中で、新たなタンパク源として注目されているのが、...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ