新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1ZG977H9LM10M

株式会社 ファミリーマート

ファミリーマート(FamilyMart)は、日本発祥のコンビニエンスストア (CVS)である。公式略称は「ファミマ」。ここでは店舗ブランドとしてのファミリーマートに関する記述に特化し、法人そのものについてはファミリーマート (企業)で記述する。 ウィキペディア
東京都港区芝浦三丁目1番21号
03-6436-7600
詳細を見る
概要
1973年、セゾングループ(旧・西武流通グループ)で総合スーパー(GMS)事業を担ってきた西友が埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。1976年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。1978年には千葉県船橋市内にFC1号店が開業する。そして1981年には、株式会社西友ストアー(当時)から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、1980年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。また1987年12月には、セゾングループとして5社目となる株式公開を果たし東証2部に上場している(1989年同1部に指定替え)。

セゾングループの社長であった堤清二は当初「零細企業を潰してはいけないのでコンビニ事業には参入しない」という意向であったが、社内の後押しがあってコンビニ事業展開に踏み切ったとされる。

設立当初のファミリーマートは、加盟以前の店名の併記を認める、同業他社製品の仕入れを認めるなどの、オーナーの裁量による店舗の独自性を重視した。

ファミリーマートは、地方の有力企業との提携による合弁方式で営業責任を負う、エリアフランチャイズを積極的に進めたことが下支えとなり、バブル経済崩壊後にも堅調に成長を続け、1990年代半ばにはセブンイレブン、ローソンに次ぐ業界3位の地位を固めた。

米国企業との提携で発足したセブン-イレブン等と異なり独自にチェーンシステムを開発し、CVS事業を立ち上げたため営業エリア展開に縛りがなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している。以前はCVS専業ではなくフランチャイズビジネスの新業態開発もしていた。

1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、1998年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ、伊藤忠がそれを受諾。同社グループ企業であるファミリーコーポレーションに西友がファミマ株を譲渡し、西友はファミマの経営から退いた。現在は伊藤忠グループに属し、伊藤忠商事から商品供給体制に対するアドバイス・サポートなどの協力を得て事業を行っている。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されていたが、2019年1月28日で販売を終了した。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携し、西武線沿線で駅中コンビニ事業のTOMONY(トモニー)を展開するなど一定の関係がある。

日本全都道府県に店舗があり、店舗数は16,426店舗(2019年4月30日現在)で業界2位。鹿児島県・沖縄県ではシェア1位。

2007年7月10日、コンビニ業界で初めてiD、Edy(現:楽天Edy)の共用端末が使用できるようになった。Edyが全店舗で利用できるコンビニは、旧am/pm、旧サークルKサンクス、ポプラグループに次いで4社目。

なお、商品代金のクレジットカードによる決済は、長らくファミリーマートの会員カードであるファミマTカードのみ可能であったが、2011年(平成23年)11月29日より他社発行のクレジットカードが利用できるようにシステムを変更した。ファミマクレジット(ファミマTカード発行元)が発行している「TSUTAYA Wカード」も、2011年11月29日以降、ファミマ店頭でクレジット払いが出来るようになった。なお、先述のとおりこれ以前から電子マネーのiDや楽天Edyでの支払いができるので、iD機能付きのクレジットカードやクレジットカードに紐付けされたiD、クレジットカードでチャージした楽天Edy等を利用することでどの会社が発行したクレジットカードでも実質的に使用が可能であった。



かつては、ロゴはポップ調のフォントで、太陽と星を使った「スマイルスターアンドサン」と呼ばれるシンボルマークを使用していたが、1992年に(ポールのデザインは1998年に)現在のロゴマークに変更された(ただし、「スマイルスターアンドサン」は現在でも入り口横の窓に貼られている)。現在のロゴマークは電通と原田進のデザインによるもので、2016年のユニーとの統合の際にマイナーチェンジされた。



2015年3月10日、同業のサークルKやサンクスを日本国内で運営しており東海地方を基盤とするユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合へ向けた協議を開始すると発表し、翌2016年1月27日には「同年9月1日付けでユニーグループHDと経営統合した上で同社を吸収合併して持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換の上、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させる。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替える。」と発表した。この統合により株式会社ファミリーマートの、ファミリーマート、サークルK、サンクスの3ブランドの合計店舗数は17600店舗近くとなり、同業首位のセブン-イレブンジャパンと並ぶ国内最大級のコンビニチェーングループが誕生することとなる。それ以前にファミリーマートはam/pmを統合しているほか、2015年3月13日には東海地方が地盤のCVSであるココストアの買収へ向け最終調整に入ったとも伝えられ、同10月1日付で、130億円を投じココストアの全株式を取得し完全子会社化した。ココストアは同12月1日、ファミマに吸収合併され解散となり、ファミマ内に「ココストア事業・統合本部」を設けた。また、エブリワンの屋号はサークルKサンクス合併直前の2016年8月31日までに、ココストアは同年10月31日までにミツウロコ譲渡分を除き「ファミリーマート」に転換、公式サイトも閉鎖された。
2019年9月1日付で、ファミリーマートは親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスに吸収合併され、ユニー・ファミリーマートホールディングスは社名を「ファミリーマート」に変更する。

ほとんどの店舗が24時間終日営業であるが、近鉄、JR九州他とフランチャイズを結んだ駅構内の店舗、大学キャンパス、企業の社内売店などでは終日営業せず、時間を制限して営業している。

また、東武の売店として営業しているところもある。(2012年より事実上、東武グループとなる)
代表者
代表取締役社長 澤田 貴司
設立年月日
1981-09-01
従業員数
12,783 人
上場年月日
1987-12-07
平均年齢
40 歳
上場廃止年月日
2020-11-12
平均年収
6,196,000 円
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
77Picks
家庭で余った食品をファミマに持ち込み。フードドライブを初体験してみた
ライフハッカー[日本版]
|
家庭で余ったものを持ち込むと、地域の必要な方に届けてくれるファミマのフードドライブ。今回は体験レポートをお届けします。
17Picks
コロナ禍でファミチキ品薄に タイ工場の人手不足など
FNNプライムオンライン
|
ファミリーマートの「ファミチキ」が品薄になるなど、鶏肉加工製品の主な輸入元となっているタイでの感染拡...
102Picks
ファミマの「デジタルマーケティング戦略」、役員に聞いたファミペイの絶大効果
FinTech Journal
|
ファミリーマートは、1989年のPOSレジ導入以降、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との協業による「ファミマTカード」の導入など、顧客最適な提案を実現するためのデータ収集・活用に取り組んできた。近年は、自社アプリ「ファミペイ」や決済サービス「ファミペイ決済」の開発・導入、さらには購買データを活用した広告事業に関する企業「データ・ワン」の設立などに取り組んでいる。ファミリーマート新...
86Picks
ファミマ、王者のセブンに叩きつけた「挑戦状」
東洋経済オンライン
|
そろそろ、No.1を入れ替えよう――。コンビニ国内大手のファミリーマートが、そう銘打った広告を都内の渋谷駅に掲げた。コンビニ業界でナンバー1の存在といえばセブン‐イレブン。広告では名指ししていないものの…
92Picks
ファミマがアパレルに本気! 『コンビニエンスウェア』新作が登場
DAILY MORE | ファッション、ビューティ、ライフスタイルの最新情報
|
『ファミリーマート』のオリジナルアパレルブランド「コンビニエンスウェア」から、2021秋冬の新商品として、発熱インナー「REHEAT(リヒート)」が仲間入り! さらに、過去記事でもご紹介した大人気「ソックス」の新色、「今治タオル」の新柄も登場。全国の『ファミリーマート』約16600店舗で発売スタートしました! | DAILY MORE
32Picks
ファミマが郵便局にセルフレジによる無人決済のコンビニ出店
TBS
|
ファミリーマートが日本郵政グループと提携し、郵便局内に無人決済のコンビニをオープンしました。 記者  「こちらの無人決済のコンビニ、設置されているのは郵便局の中なんです」  きょう、埼玉県内の郵便局にオープンしたのは、ファミリーマートのセルフレジの店です。店員を置かないため人件費を抑えられるほか、郵便局の空きスペースを活用し出店が難しかった過疎地などに進出しやすくなります。 日本郵便 衣川和...
1227Picks
【足立光】僕はコンビニ業界で「トップ」を入れ替える
NewsPicks編集部
|
「そろそろ、No.1を入れ替えよう。」10月18日。東京は渋谷駅に、ファミリーマートがプライベートブランド(PB)の刷新に伴って巨大広告を掲出した。ターゲットこそ明言していないが、相手がセブンイ...
145Picks
1マイル移動すると1ポイントもらえるアプリ、日本上陸 ファミマやJAL、JRで特典も
ITmedia NEWS
|
Miles Japanが、1マイル移動すると1ポイントたまるアプリ「Miles」の日本での提供を始めた。ためたポイントはファミリーマートやマルイ、JAL、JRなどで利用できる。
365Picks
ファミマが「お母さん食堂」を消滅させた本当の理由「変化恐れない」とブランド責任者
Business Insider Japan
|
ファミマから「お母さん食堂」がなくなる ── 。 10月18日、ファミリーマートはプライベートブランド(PB)を一新すると発表した。 加工食品、お菓子、飲料などの「ファミリーマートコレクション」、惣菜の「お母さん食堂」、そして「お母さん食堂プレミアム」の3シリーズが一本化され、新たに「ファミマル」と...
53Picks
ファミマの無人コンビニは何がスゴい?AIカメラによる決済システムを体験
ビジネスジャーナル
|
ファミリーマートが無人コンビニを増やす。2024年度末までに約1000店に拡大する方針だという。先ごろ、「無人店舗」「セルフレジ」「ウォークスルー」など、“人を介さない”決済システムが登場している。そもそもは人手不足への対策だったが、コロナ禍の後押しで加速していきそうだ。果たして...
199Picks
ファミマで「大規模システム障害」が判明、スタッフ数千人の給与支払いに被害
Diamond Online
|
ファミリーマートで大規模なシステム障害が起きていることが、同社への内部取材で明らかになった。約7000店舗、数千人のアルバイトスタッフの給与支払いに影響が出て、ファミマ本社は大混乱に陥った。その中で浮かび上がってきたのは、ファミマを完全子会社化した伊藤忠商事とファミマの現場との対立構造だった。
26Picks
ファミリーマート「おうちでファミチキセット」を数量限定で販売開始 冷凍ファミチキとこだわりの揚げ油がセット
ねとらぼ
|
ファミチキのために開発され、店舗でも使用している油が初めて販売されます。
87Picks
ファミマ「名店カップ麺」5メーカー同時参画の衝撃
東洋経済オンライン
|
大手コンビニのファミリーマートが、自社オリジナルによる新たなカップ麺の大型企画商品の開発、投入の準備を進めていることが東洋経済オンラインの取材でわかった。日清食品、東洋水産、サンヨー食品、エースコッ…
10Picks
コンビニ会計で手間取る2人連れ コワモテ客の一言にしびれた 「ちゃんと見守れる人。俺の地元最高!」
まいどなニュース
|
コンビニのレジの列 ※イメージ写真 (naka/stock.adobe.com) 福祉関係の仕事に従事する小山(おやま)けんいちさん(@kenny_gby)は先日、千葉県内にあるファミリーマートで会計の列に並んでいました。先頭の2人...
26Picks
ファミマ、「ファミチキ王決定戦」を開催 来店を促進する狙い
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファミリーマ―トは「ファミチキ王決定戦」を開催すると発表した。期間は9月21日~10月18日に。イベントを通じて店舗への来店を促進する狙いだ。全国1位の景品は何かというと
35Picks
手持ちナシでチャージ不要のファミペイ翌月払いサービス開始
Engadget 日本版
|
ファミリーマートは、コード決済アプリ「FamiPay」の新サービスとして、「ファミペイ翌月払い」を2021年9月7日に始めます。 FamiPayは買い物だけでなく、公共料金や税金の支払いにも使え、事前チャージを前提とする前払い式のサービスですが、ファミペイ翌月払いは残高がなくても最大10万円までであれば、翌月にまとめて登録銀行口座から利用代金が引き落とされます。 最大6か月先まで支払いを先延...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ