新着Pick
SPD1ZG977H9LM10M

株式会社 ファミリーマート

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア
東京都港区芝浦三丁目1番21号
03-6436-7600
詳細を見る
概要
1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。1978年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。また87年12月には、セゾングループとして5社目となる株式公開を果たし東証2部に上場している(89年同1部に指定替え)。

ファミリーマートは、地方の有力企業との提携による合弁方式で営業責任を負う、エリアフランチャイズを積極的に進めたことが下支えとなり、バブル経済崩壊後にも堅調に成長を続け、90年代半ばにはセブンイレブン、ローソンに次ぐ業界3位の地位を固めた。

米国企業との提携で発足したセブン-イレブン等と異なり独自にチェーンシステムを開発し、CVS事業を立ち上げたため営業エリア展開に縛りがなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している。以前はCVS専業ではなくフランチャイズビジネスの新業態開発もしていた。

1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、98年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されていたが、2019年1月28日で販売を終了した。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携しTOMONY事業で一定の関係がある。

日本全都道府県に店舗があり、店舗数は16,426店舗(2019年(平成31年)4月30日現在)で業界2位。鹿児島県・沖縄県ではシェア1位。

2007年(平成19年)7月10日、コンビニ業界で初めてiD、Edy(現:楽天Edy)の共用端末が使用できるようになった。Edyが全店舗で利用できるコンビニは、旧am/pm、旧サークルKサンクス、ポプラグループに次いで4社目。

なお、商品代金のクレジットカードによる決済は、長らくファミリーマートの会員カードであるファミマTカードのみ可能であったが、2011年(平成23年)11月29日より他社発行のクレジットカードが利用できるようにシステムを変更した。ファミマクレジット(ファミマTカード発行元)が発行している「TSUTAYA Wカード」も、2011年11月29日以降、ファミマ店頭でクレジット払いが出来るようになった。なお、先述のとおりこれ以前から電子マネーのiDや楽天Edyでの支払いができるので、iD機能付きのクレジットカードやクレジットカードに紐付けされたiD、クレジットカードでチャージした楽天Edy等を利用することでどの会社が発行したクレジットカードでも実質的に使用が可能であった。



かつては、ロゴはポップ調のフォントで、太陽と星を使った「スマイルスターアンドサン」と呼ばれるシンボルマークを使用していたが、1992年(平成4年)に(ポールのデザインは1998年(平成10年)に)現在のロゴマークに変更された(ただし、「スマイルスターアンドサン」は現在でも入り口横の窓に貼られている)。現在のロゴマークは電通と原田進のデザインによるもので、2016年のユニーとの統合の際にマイナーチェンジされた。



2015年(平成27年)3月10日、同業のサークルKサンクスを運営しつつ東海地方を基盤とするユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合へ向けた協議を開始すると発表し、翌2016年(平成28年)1月27日、同年9月1日に、ユニーグループHDと経営統合した上で同社を吸収合併し、持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換し、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させる。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替えると発表した。この統合により株式会社ファミリーマートの、ファミリーマート、サークルK、サンクスの3ブランドの合計店舗数は17600店舗近くとなり、同業首位のセブン-イレブンジャパンと並ぶ国内最大級のコンビニチェーングループが誕生することとなる。このほか、2015年3月13日には東海地方が地盤のCVSであるココストアの買収へ向け最終調整に入ったとも伝えられ、同10月1日付で、130億円を投じココストアの全株式を取得し完全子会社化した。ココストアは同12月1日、ファミマに吸収合併され解散となり、ファミマ内に「ココストア事業・統合本部」を設けた。また、「ココストア」及び「エブリワン」の屋号はサークルKサンクス合併直前の2016年8月31日までにミツウロコ譲渡分を除き「ファミリーマート」に転換、公式サイトも閉鎖された。
2019年9月1日付で、ファミリーマートは親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスに吸収合併され、ユニー・ファミリーマートホールディングスは社名を「ファミリーマート」に変更する。

ほとんどの店舗が24時間終日営業であるが、近鉄、JR九州とフランチャイズを結んだ駅構内の店舗、大学キャンパス、企業の社内売店などでは終日営業せず、時間を制限して営業している。
代表者
代表取締役社長 澤田 貴司
設立年月日
1981-09-01
従業員数
13,848 人
上場年月日
1987-12-07
平均年齢
44 歳
平均年収
6,798,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
ファミリーマート全社員の15%が退職へ コンビニ業界の社員は転職でニーズがあるとも
ニフティニュース
|
ファミリーマートが公表した、3月末の早期退職者の人数に衝撃が走っている 退職が決まった人は全社員の15%にあたり、年約80億円の経費節減効果が見込めるという コンビ業界の社員は総じてコミュニケーション能力が高く、転職市場でニーズがあるよう
101Picks
【図解】GDP、検察人事、ホンダ。先週の「政経ニュース」4選
NewsPicks編集部
|
今週のテーマは4つ。①2019年10~12月期GDP、5半期ぶりマイナス②ホンダ、技研の四輪開発部門を統合③ファミマ、1025人が希望退職④人事院、決裁経ずに法解釈を変更
5Picks
DX後発だったファミリーマートが挑んだ「ファミペイ」立ち上げの舞台裏
ASCII.jp
|
2020年2月19日、データカンパニーであるブレインパッドのプライベートイベント「DOORS -BrainPad DC Conference-」のDX事例に登壇したのはファミリーマートの植野大輔氏。DX戦略とその一合目と位置づけるファミペイの立ち上げについてユーモアを交えて聴衆に説明した。
10Picks
ファミマがFC加盟店の支援強化!食品ロス削減で本部負担を大幅増
ニュースイッチ
|
ファミリーマートは食品ロス(廃棄)を減らすため、3月1日からフランチャイズチェーン(FC)加盟店への支援を強化する。食品ロスにかかる費用の同社負担率を4区分から11区分に細分化し、きめ細かく対応できるようにする。また月の廃棄額が10万円未満だと全額加盟店負担だったが今後は本部が10%を負担する。2020年度は一連の廃棄ロス対策に20億円を投じる。(取材・丸山美和) 対象は弁当など消費期限が短...
12Picks
三菱商事がローソンを、伊藤忠がファミマを「食い物」にする商社支配のリアル
ダイヤモンド・オンライン
|
三菱商事はローソンを、伊藤忠商事はファミリーマートを子会社化。配当収入を得るだけでなく、商品や原材料の仕入れから物流、加盟店の消耗品まであらゆる流通ルートに入り込み、売り上げなど収益を上げることに成功した。子会社にも“進駐軍”のごとく人材を送り込んで着々と重要なポストに就かせ、コンビニよりも商社の利益を優先しかねない状態になってはいないか。
10Picks
ファミマ、7月からレジ袋有料に コンビニ大手で初
朝日新聞デジタル
|
ファミリーマートは7月からレジ袋を有料化する。コンビニ大手3社で有料化の方針を打ち出したのは初めてで、19日発表した。値段は今後決めるという。 小売店で7月からプラ製レジ袋の有料化が義務づけられるの…
284Picks
ファミマの希望退職1025人に 割増費用150億円
共同通信
|
ファミマの希望退職1025人に ファミリーマートは19日、40歳以上の社員を対象に実施した希望退職募集に、1025人が応じたと発表し...
13Picks
みずほ、楽天、ファミマが「デジタル社債」で実証実験──2020年度中の商品化を目指す
CoinDesk Japan
|
みずほフィナンシャルグループ(FG)が、ブロックチェーンを基盤としたデジタル証券分野に参入する。 みずほFGは2月21日、傘下のみずほ銀行とみずほ証券、みずほ情報総研に加えて、複数のパートナー企業と共同で、個人向けデジタル社債の発行・流通・償還の流れを対象にした実証実験を行うと発表した。 楽天証券、オリコ、ファミマ、ヤマダ電機が協働 実証実験は2月17日にスタートし、3月13日まで行われる。...
379Picks
セブン、ローソン、ファミマのコンビニコーヒー5種を一流ソムリエが飲み比べレビュー
BLOGOS - 最新記事
|
突然ですが、「豊かな香りと深い味わい」と聞いて思い浮かべるのは、どのコンビニのコーヒーですか?続いて、「バランス極めたコクと旨み」これは?日常生活のなかで、朝から晩まで様々な場面で飲まれているコンビニのコーヒーは、1杯わずか100円とは思えないクオリティに進化してきました。一方、毎日飲んでいる人でも、各コンビニのコーヒーにはどんな特徴があるのか、考えたことはあまりないかもしれません。そこで今...
91Picks
時短営業セブン129店・ローソン176店、「コンビニ縮小」が止まらない
ニュースイッチ
|
大手コンビニエンスストア3社が時短営業への取り組みを加速している。時短実験を続けていたファミリーマートでは6月から、時短を希望するフランチャイズチェーン(FC)加盟店が時短営業を開始する。セブン―イレブンは129店、ローソンも176店が時短営業を行っている。これまで年中無休を売りにしてきたコンビニだが、深刻な人手不足を背景に営業体制の見直しを余儀なくされている。(編集委員・丸山美和) 【加盟...
1629Picks
ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側
Diamond Online
|
コンビニエンスストア大手ファミリーマートの早期退職に応募が殺到している。当初は800人の枠だったが、想定以上の“人気”ぶりに本社は募集期間を当初の2月10日~21日から前倒し、2月3日~7日と期間も短縮した。社員の自由意志による募集のはずが、内部資料では社員を「応募勧奨」や「慰留」など4グループに分類していることも判明。伊藤忠商事出身社員への優遇も目立ち、社員の間で厭世観が広がっている。
15Picks
「セブンがやらないことをやる」ファミリーマート 澤田貴司社長が明かす躍進の一手
Agenda note
|
 国内外のリテールのマーケターとメーカーのマーケターをつなぎ、一気通貫のマーケティングを実現するための合宿型カンファレンス「リテールアジェンダ」が12月上旬に大磯プリンスホテルで開催。キーノート...
24Picks
ユニクロ柳井正が惚れた逸材・澤田貴司が、ファミリーマートの社長になるまで
Agenda note
|
 国内外のリテールのマーケターとメーカーのマーケターをつなぎ、一気通貫のマーケティングを実現するための合宿型カンファレンス「リテールアジェンダ」が12月上旬に大磯プリンスホテルで開催。キーノート...
15Picks
ファミマで40倍、ローソンで20倍――「dポイント」をコンビニ大手で大量付与する新キャンペーン
ITmedia NEWS
|
NTTドコモが、ファミリーマートとローソンと組んで「dポイント」関連の大型キャンペーンを始める。特定の条件を満たした顧客に対し、ファミマでは通常時の40倍、ローソンでは通常時の20倍のポイントを付与。さらなる会員増を目指す。
98Picks
ミニストップでも本部社員が発注 オーナー「10年以上前から知らない商品が入っていた」
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
|
セブンイレブンとファミリーマートで、本部社員が加盟店の許可なく商品を発注していたことが報道された。ミ...
102Picks
ファミマが1日自動車保険を スマホで簡単決済、待ち時間短縮
共同通信
|
ファミマが1日自動車保険を ファミリーマートが東京海上日動火災保険の1日自動車保険「ちょいのり保険」を取り扱うことが18日、分か...
59Picks
食品ロス削減 おでんの販売方法見直し ファミリーマート
NHKニュース
|
いわゆる食品ロスを減らすため、コンビニ大手のファミリーマートが「おでん」の販売を見直しました。売れ筋の具材を、注文を受け…
81Picks
ファミリーマートが組織改編。営業・開発のライン組織「エリア本部」を新設
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
ファミリーマートは、2020年1月10日に同年3月1付で組織改編することを発表した。 「営業本部・開発本部」の一部機能をエリア移管、営業・開発一体ライン組織として、4つの「エリア本部」(北日本・東…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ