新着Pick
SPD1ZG977H9LM10M

ユニー・ファミリーマートホールディングス 株式会社

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
03-3989-6600
詳細を見る
概要
1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。1978年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。また87年12月には、セゾングループとして5社目となる株式公開を果たし東証2部に上場している(89年同1部に指定替え)。

ファミリーマートは、地方の有力企業との提携による合弁方式で営業責任を負う、エリアフランチャイズを積極的に進めたことが下支えとなり、バブル経済崩壊後にも堅調に成長を続け、90年代半ばにはセブンイレブン、ローソンに次ぐ業界3位の地位を固めた。

米国企業との提携で発足したセブン-イレブン等と異なり独自にチェーンシステムを開発し、CVS事業を立ち上げたため営業エリア展開に縛りがなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している。以前はCVS専業ではなくフランチャイズビジネスの新業態開発もしていた。

1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、98年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されていたが、2019年1月28日で販売を終了した。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携しTOMONY事業で一定の関係がある。

日本全都道府県に店舗があり、店舗数は16,426店舗(2019年(平成31年)4月30日現在)で業界2位。鹿児島県・沖縄県ではシェア1位。

2007年(平成19年)7月10日、コンビニ業界で初めてiD、Edy(現:楽天Edy)の共用端末が使用できるようになった。Edyが全店舗で利用できるコンビニは、旧am/pm、旧サークルKサンクス、ポプラグループに次いで4社目。

なお、商品代金のクレジットカードによる決済は、長らくファミリーマートの会員カードであるファミマTカードのみ可能であったが、2011年(平成23年)11月29日より他社発行のクレジットカードが利用できるようにシステムを変更した。ファミマクレジット(ファミマTカード発行元)が発行している「TSUTAYA Wカード」も、2011年11月29日以降、ファミマ店頭でクレジット払いが出来るようになった。なお、先述のとおりこれ以前から電子マネーのiDや楽天Edyでの支払いができるので、iD機能付きのクレジットカードやクレジットカードに紐付けされたiD、クレジットカードでチャージした楽天Edy等を利用することでどの会社が発行したクレジットカードでも実質的に使用が可能であった。



かつては、ロゴはポップ調のフォントで、太陽と星を使った「スマイルスターアンドサン」と呼ばれるシンボルマークを使用していたが、1992年(平成4年)に(ポールのデザインは1998年(平成10年)に)現在のロゴマークに変更された(ただし、「スマイルスターアンドサン」は現在でも入り口横の窓に貼られている)。現在のロゴマークは電通と原田進のデザインによるもので、2016年のユニーとの統合の際にマイナーチェンジされた。



2015年(平成27年)3月10日、同業のサークルKサンクスを運営しつつ東海地方を基盤とするユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合へ向けた協議を開始すると発表し、翌2016年(平成28年)1月27日、同年9月1日に、ユニーグループHDと経営統合した上で同社を吸収合併し、持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換し、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させる。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替えると発表した。この統合により株式会社ファミリーマートの、ファミリーマート、サークルK、サンクスの3ブランドの合計店舗数は17600店舗近くとなり、同業首位のセブン-イレブンジャパンと並ぶ国内最大級のコンビニチェーングループが誕生することとなる。このほか、2015年3月13日には東海地方が地盤のCVSであるココストアの買収へ向け最終調整に入ったとも伝えられ、同10月1日付で、130億円を投じココストアの全株式を取得し完全子会社化した。ココストアは同12月1日、ファミマに吸収合併され解散となり、ファミマ内に「ココストア事業・統合本部」を設けた。また、「ココストア」及び「エブリワン」の屋号はサークルKサンクス合併直前の2016年8月31日までにミツウロコ譲渡分を除き「ファミリーマート」に転換、公式サイトも閉鎖された。
2019年9月1日付で、ファミリーマートは親会社のユニー・ファミリーマートホールディングスに吸収合併され、ユニー・ファミリーマートホールディングスは社名を「ファミリーマート」に変更する。

ほとんどの店舗が24時間終日営業であるが、近鉄、JR九州とフランチャイズを結んだ駅構内の店舗、大学キャンパス、企業の社内売店などでは終日営業せず、時間を制限して営業している。
代表者
代表取締役社長 澤田 貴司
設立年月日
1981-09-01
従業員数
15,139 人
上場年月日
1987-12-07
平均年齢
44 歳
平均年収
6,798,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
268Picks
ファミマ、完全予約で利益7割増 ウナギ弁当、廃棄費用減のため
共同通信
|
ファミマ、完全予約で利益7割増 ファミリーマートは15日、食品ロス削減の一環として土用丑の日(7月27日)のウナギ弁当を完全予約制で...
990Picks
【ファミマ澤田】ネットに勝てるのは「人」と「地域異常密着」だ
NewsPicks編集部
|
小売企業にとって、店舗は場所にしばられる足かせなのか。それとも、お客さんとの接点を作る貴重なリアル世界なのか。EC(ネット通販)が生活に浸透し、「お店vsネット」の競争が本格化する中、リアル店舗...
68Picks
大手コンビニに液体ミルク 月内に販売開始、認知度向上へ
共同通信
|
大手コンビニに液体ミルク ローソンとファミリーマートが、乳児用液体ミルクの取り扱いを月内に順次始める方針であることが8日分かっ...
214Picks
ファミマ店舗でネズミがウジャウジャ 動画にネット騒然....店舗は休止に
J-CASTニュース
|
ファミリーマートは2019年8月6日、SNS上で不衛生な店内の様子を映した動画が拡散されているとして、「深くお詫び申し上げます」と謝罪した。動画には、東京・渋谷のファミリーマートでネズミの群れが店内を動き回る姿が収められ、ツイッター上で驚きの声が多数上がっていた。
12Picks
「ガリガリ君」新作登場 あの人気スイーツを再現
ITmedia ビジネスオンライン
|
人気アイス「ガリガリ君」の新商品「ガリガリ君スペシャーレ抹茶ティラミス」が8月6日から全国のファミリーマートで発売される。北海道産マスカルポーネを使用するなど人気スイーツ「抹茶ティラミス」の再現にこだわった商品。「当たり」が出ればオリジナルタオルも入手できる。
11Picks
セブンとファミマ、スマホ決済導入で明暗の裏側
ニュースイッチ
|
セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済「セブンペイ」とファミリーマートの「ファミペイ」―。同じ1日にサービスを開始したが、セブンペイは不正アクセスにより開始4日で新規登録と入金を停止する事態に追い込まれ、両社の明暗が分かれた。年間約157億人が来店するコンビニエンスストアでのスマホ決済は、日本でのキャッシュレス化推進の一翼を担うと期待されていただけに、原因究明と安全対策強...
168Picks
上司からの感謝がビジネスパーソンのストレスを大きく左右
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
オウケイウェイヴは2019年7月11日、“ありがとう”の力を立証するため同日より「Thanks Project(サンクス プロジェクト)」をスタートしたと発表した。 その第一弾として「ありがとうを…
261Picks
LINEで加盟店オーナーと直接つながるファミマ社長「今、本部が一番ぼけている」
ニュースイッチ
|
―24時間営業問題を発端にコンビニ業界に逆風が吹いています。「24時間問題だけでなく、コンビニが今日置かれている状況を正しく把握する必要がある。百貨店などが隆盛後に破綻や統合と変遷してきた。6万
299Picks
ヘビーユーザーが多くてブランド力が高いのはセブン? ファミマ? ローソン?
ITmedia ビジネスオンライン
|
コンビニ業界は3強体制に突入した。大手3社でヘビーユーザーが多くてブランド力が最も高いのはどこか? 調査結果から読み解いていく。
21Picks
元SIerのSEが予想する、7Pay事故の本当の理由 - 名もなきライターのブログ
名もなきライターのブログ
|
令和も7月になり、7/11にもなってないのに7Payが事故を起こしました。セブン-イレブンは、自前主義つまり自社でシステムを内製したといわれています。ファミリーマートがなんと他社のポイントである楽天ポイントやdポイントを使えるようにしているのに対し、セブン-イレブンはすべて自前で顧客を取り込もうとしたと。 そこにはさまざまな思惑が絡み、もう「何をどうしたらいいかわからない」とIT業界人が嘆く...
17Picks
ファミペイと7payが本当に目指していたもの。コンビニPayはなぜ必要だったか【鈴木淳也のPay Attention】
Impress Watch
|
7月1日、ファミリーマートの「ファミペイ」とセブンイレブン・ジャパンの「7pay」の2つのコンビニ系モバイル決済サービスがスタートした。片方のサービスについては開始直後に第三者による不正利用が次々と発覚して会社代表らによる釈明会見が開催される事態にもなったが、ここではサービス登場の根本部分である「なぜコンビニ各社がモバイル決済サービスに参入してきたのか」という部分にフォーカスを当てて背景に触...
709Picks
コンビニ2社の独自決済サービス、初日は使えない状態が続く 「想定以上のアクセス」で ファミペイとセブンペイ
ITmedia NEWS
|
セブン-イレブン・ジャパンとファミリーマートが、それぞれ7月1日から独自の決済サービスをスタート。いずれもアクセスが集中し、決済アプリが使いづらい状態が続いている。
22Picks
「FamiPayは大丈夫?」ネットで不安の声 ファミマは「不正ログインは起きていない」「二段階認証を使用」と明言
ITmedia NEWS
|
「7pay」問題のあおりを受け、ネット上では「FamiPay」のセキュリティ面を心配する声が出ている。ファミリーマートに見解を聞いたところ、「不正ログインは起きていない」と明言。二段階認証などを使用しており、セキュリティ面に問題はないと説明した。
65Picks
俺たちが夢見たキャッシュレス社会はこんなではなかったはずだ - 上伊由毘男
BLOGOS - 最新記事
|
今月からセブンイレブンとファミリーマートが独自のスマフォ決済サービスをはじめた。俺は1日に何度もコンビニで買物をするヘヴィユーザーだが、もううんざりだ。何がって、両方とも俺になんのメリットもないからだ。7pay - セブン‐イレブンで使えるかんたんスマホ決済FamiPay|サービス|ファミリーマートなんちゃらペイの多さに辟易している人も少なくないと思うが、この2つは格別だ。今まであったnan...
380Picks
セブン-イレブンの独自コード決済「7pay」の詳細判明、複数クーポンのまとめ使いも可能に
TechCrunch Japan
|
セブン-イレブンは6月30日夜。「セブン-イレブン」アプリをアップデートし、同社独自のコード決済「7pay」に対応した。7payが始まるのは7月1日からだが、会員登録すれば6月30日の時点でチャージなどが可能だ。 チャージ方法は、各種クレジットカード・デビッドカード、セブン銀行ATM、nanacoポイント、レジで現金が選べる。同日から始まるファミリーマートの「FamiPay」は、レジでの現金...
622Picks
ファミマのスマホ決済「ファミペイ」7月始動、総額88億円還元へ
Engadget 日本版
|
ファミリーマートは、独自のスマホ決済「FamiPay」(ファミペイ)を7月1日より提供します。同日公開するスマホアプリ「ファミペイ」上で利用可能。ポイント還元率は0.5%(200円につき1円相当)ですが、7月31日までの期間限定でチャージ額の最大15%を還元するキャンペーンも実施します。 「ファミペイ」は、バーコード決済の「FamiPay」加え、クーポンやポイントカード機能を統合したアプリで...
304Picks
「君、今日からクラウド担当ね」 未経験者が1人で始めた、ファミマのAWS移行の舞台裏
ITmedia NEWS
|
「AWS Summit Tokyo 2019」のセッションに、ファミリーマートでクラウド移行の責任者を務める土井洋典さんが登壇。土井さんは、前任者が突然退職したため、ある日突然上司からクラウド担当を任された経験を持つ。たった1人でのスタートだったというが、どうやってAWS移行を成功させたのだろうか。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ