新着Pick
SPD1YO3XKI83JDB8

イオンフィナンシャルサービス 株式会社

イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
東京都千代田区神田錦町3丁目22番地テラススクエア
詳細を見る
概要
元々はイオングループのクレジットカード・信用保証事業を行う「イオンクレジットサービス株式会社」として運営された企業であるが、イオングループの金融事業再編に伴い、2013年に金融持株会社に移行したものである。

事業再編のスキームとしては、(旧)イオンクレジットサービスとイオン銀行を経営統合した後で2種類の吸収分割を行うというもので、第一段階として株式交換により両社を経営統合(イオン銀行をイオンクレジットサービスの完全子会社へ移行)し、第二段階としてと同時に(旧)イオンクレジットサービスのクレジットカード事業をイオン銀行へ分割譲渡、(旧)イオンクレジットサービスのその他の事業を新設子会社に分割譲渡し、(旧)イオンクレジットサービスが持株会社へ移行すると共に社名変更するというものである。持株会社移行後も東証第一部上場は維持している。

傘下に国内6社、海外26社の企業を擁し、銀行業、クレジットカード事業、電子マネー事業、銀行代理業、保険代理店事業、サービサー事業などを展開している。海外ではアジアの12の地域に進出して、これらの事業を行っている。2013年5月には東芝ファイナンス株式会社(現・イオンプロダクトファイナンス株式会社)の全株式を取得し、同社を連結子会社化することで割賦販売や提携ローン事業を取り込み事業拡大を進めている。
代表者
代表取締役社長 河原 健次
設立年月日
1981-06-20
従業員数
19,313 人
上場年月日
1994-12-27
平均年齢
42 歳
平均年収
6,432,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
141Picks
イオン岡田家の「これから」 社長交代と消えては浮かぶ「世襲」
J-CASTニュース
|
流通大手のイオンのトップが23年ぶりに交代することになった。2020年3月1日付で、創業家出身の岡田元也社長(68)から、吉田昭夫副社長(59)にバトンタッチすると、1月10日に千葉市・幕張の本社で両氏が会見して発表した。ネット通販の台頭で流通業界の競争が激化する中、不振の総合スーパー(GMS)事業の立て直しやデジタル化への対応などの課題に、若返りで立ち向かう。岡田氏は代表権のある会長に就く。
216Picks
ユニクロ、イオンは営業停止 新型肺炎、日系企業も打撃
朝日新聞デジタル
|
中国・武漢市を中心にした新型肺炎の集団発生が、経済活動に影を落としている。進出している日系企業では、閉店や現地への出張禁止が相次ぐ。中国では25日から「春節」と呼ばれる旧正月。訪日客を当て込んだ日本…
10Picks
「イオン岡田元也社長の23年」を振り返る
商業界オンライン
|
イオンでは3月1日付で岡田元也社長が退任し、吉田昭夫副社長が社長に就任することになった。 周知のようにイオン(社名変更前はジャスコ)はローカル企業の岡田屋、フタギ、シロの3社が提携・合併してできた企業だ。初代の社長は岡田卓也が1984年まで14年間務め、2代目の二木英徳氏が96年まで、その後は第一勧業銀行出身の田中賢二氏が就任したが、翌年、出身行の総会屋事件で逮捕されたため、急きょ、卓也の長...
62Picks
イオン23年ぶりの社長交代発表、岡田現社長は将来の「世襲」に含み
Diamond Online
|
イオンは1月10日、岡田元也社長が3月1日付で退任し、イオンモールを運営するディベロッパー事業担当の吉田昭夫副社長が就任すると発表した。岡田社長の長男である尚也氏はすでにグループ内で事業会社の社長に就任しており、岡田社長はかつて強く否定していた世襲について、事実上認めると軌道修正。吉田副社長はそれまでに、総合スーパーの立て直しとデジタル戦略の再構築という重責を担う。
367Picks
イオンの「マスク着用NG」、事務職対象の子会社も 社外との打ち合わせも「接客」
J-CASTニュース
|
イオン傘下の靴小売チェーン「ジーフット」が、取引先との打ち合わせなどでマスク着用を原則禁止したことが分かった。イオンでは、グループ各社に店舗での接客時にマスク着用を認めない方針を伝えていたが、ジーフットでは事務職も対象となる。
334Picks
イオン、接客時のマスク着用「原則禁止」 風邪の予防もできないのか...現場から悲鳴
J-CASTニュース
|
イオングループが、接客時のマスク着用を原則禁止したことが分かった。風邪をひいた場合は認めるなど一定の配慮はしているが、現場からは「せめてもの予防もさせてもらえない職場に不信感しかありません」と反発も上がっている。
200Picks
アマゾン、イオン、それとも第三の勢力?国内ネットスーパーを制するのは誰か
Diamond Online
|
拡大を続けるEC市場。しかし、今後はネットスーパーを抜きにしてEC市場の成功は語れない局面に入っている。日常使いの商品を売るネットスーパーに競争力があれば自社サイトへの集客力も高まり、固定客化が図れるからだ。国内のネットスーパーを制するのはアマゾンか、英ネットスーパーと提携したイオンか、それとも第三の勢力が市場を脅かすことになるのか。
18Picks
イオンの狂気「タピオカ醤油漬けおにぎり」を正直にレビュー
ロケットニュース24
|
先日から、とあるおにぎりが主にネットを中心に世間をザワつかせている。全国いたるところにある、ごく普通のスーパーのあの「イオン」が生み出した「タピオカ醤油漬けお …
37Picks
「糖質30%オフ」も登場するイオンの恵方巻商戦 廃棄率を下げるための施策も明らかに
ITmedia ビジネスオンライン
|
イオンの恵方巻商戦がスタート。廃棄率を下げるために予約を強化。「糖質30%オフ」をアピールする新商品も登場。
708Picks
イオンの78円ビール「バーリアル」、ここへきてバカ売れの理由
マネー現代
|
イオンのプライベートブランド「バーリアル」がバカ売れしている。発売された2010年6月当初から売れ行きは好調で、19年5月には累計20億本を突破。人気の理由は、350ml缶で78円と規格外の価格ながら、値段以上の美味しさを実現しているからだ。
39Picks
英オカド「日本のネットスーパーの機は熟した」
東洋経済オンライン
|
ーー日本のネットスーパー市場をどうみていますか。機は熟した。ネットスーパーは拡大していくだろう。オカドと提携してイオンが展開するサービスに対して、消費者は大きく反応すると考えている。イオンは品ぞろえ…
61Picks
イオン、英ネットスーパーと提携 20年3月までに新会社設立
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - イオン<8267.T>は29日、英ネットスーパー企業の「Okado(オカド)」(本社ロンドン)と日本国内における独占的な戦略的パートナーシップを結んだと発表した。2020年3月までに新会社を設立し、2023年には、オカドの持つソリューションを使って、フルフィルメントセンター(中央集約型倉庫)を設立する。
23Picks
店舗内の商品一括検索、イオンが「スマートモール」計画
ニュースイッチ
|
イオンモールは11日、ショッピングモール内の店舗の商品を一括検索できるシステム「お買い物ナビ」の実証実験を始めると発表した。顧客がモール内の端末にキーワードを入力すると店舗を横断して検索し、写真とともに商品の詳細や取り扱い店舗までのルートなどを表示する。イオンモールでは幅広い世代を対象にした集客と買い物環境の向上のための「スマートモール」を全国で進める計画だ。  靴やかばんを対象に、先行して...
23Picks
まさかの「イオンペイ(AEON Pay)」登場へ、セブンペイ亡き今最強の小売系スマホ決済に
BUZZAP!(バザップ!)
|
既に相当普及した感のあるWAONとは別に、イオンが新たなスマホ決済サービスを導入するようです。詳細は以下から。 イオン株式会社が商標として「イオンペイ(AEON Pay)」を出願した事が明らかになりました。 イオンといえばこれまでWAONをキャッシュレス決済として導入しており、すでに一大経済圏を構築済み。
23Picks
【2019年版】EC売上高ランキングTOP30~1位Amazon、2位ヨドバシ、3位ZOZO
ネットショップ担当者フォーラム
|
通販新聞の姉妹誌「月刊ネット販売」で2019に実施した売上高調査「ネット販売白書」によると、1位はアマゾンジャパンで1兆5281億円、2位はヨドバシカメラで1212億7700万円、3位はZOZOで1184億円500万円、4位はビックカメラグループで860億円、5位はユニクロで630億6300万円、6位にイオンが620億円(月刊ネット販売推計)が入った
262Picks
イオン、ここへきて「大復活」が始まったワケ
マネー現代
|
セブン&アイ・ホールディングスと並ぶ国内流通の2強を占めるイオン。長らくスーパー不況で苦境を強いられてきたが、じつはここへきて「大復活」の兆しが見えてきたことをご存じだろうか。イオンは10月9日に2020年2月期の中間決算を発表。この中間決算では実質ベースで増収増益を達成。そのうえ、営業利益、経常利益ともに過去最高を更新しているのだからまさに「絶好調」といえるのだ。いったいいまイオンに何が起...
17Picks
〔徹底比較〕イオンとセブン&アイの「課題と改革」
商業界オンライン
|
2大流通グループのイオンとセブン&アイ・ホールディングス(以下セブン&アイ)の19年度上期決算が発表された。 イオンは営業収益4兆2902億1500万円で前年同期比0.6%増、営業利益は863億2600万円3.9%減の増収減益だった。 純利益はイオンディライトの子会社であるカジタクの不正会計処理による修正額を第1四半期に一括計上したことで、64.1%減の37億9100万円大きく落ち込んだ。 ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ