新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1WIY57GNTSSD3

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(あいおいニッセイどうわそんがいほけん、英語: Aioi Nissay Dowa Insurance Co.,Ltd)は日本の損害保険会社である。 現在MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の完全子会社。 ウィキペディア
東京都渋谷区恵比寿1-28-1
詳細を見る
概要
あいおい損害保険株式会社とニッセイ同和損害保険株式会社が、2010年(平成22年)10月に合併して誕生した。同グループの三井住友海上火災保険株式会社とは、MS&AD HDの下に併存する形となり、商品も二社で一つの商品を販売するなど合併に近い(経営統合)機能別再編という形態をとっている。合併後も、トヨタグループ及び日本生命グループとの提携関係は維持されている。尚、あいおい損害保険は大東京火災海上保険と千代田火災海上保険が、ニッセイ同和損害保険は同和火災海上保険とニッセイ損害保険とがそれぞれ、2001年(平成13年)4月に合併して誕生した会社である。

2013年10月からは三井住友海上火災保険や三井住友海上あいおい生命保険との間で機能別再編が行われている。機能別再編により、当社はトヨタグループや日本生命グループとの提携関係を強化し、地域密着型営業を行う事業会社となった。

みどり会の会員企業であり三和グループに属している。
代表者
代表取締役社長 金杉恭三代表取締役副社長 長島宏司
設立年月日
1918-06-30
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
38Picks
住友商事など続々提携!リトアニアのMaaS企業Trafiの「実力」
自動運転ラボ
|
日本の大手企業が、MaaSプラットフォームを手掛けるリトアニア発スタートアップTrafi(トラフィ)と、続々と業務提携を結んでいる。 住友商事とあいおいニッセイ同和損害保険がTrafi社との業務提携に合意したことを、20 […]
12Picks
自動運転中は保険料無料!あいおい、国内初の保険を10月から提供
自動運転ラボ
|
あいおいニッセイ同和損害保険はこのほど、自動運転システムで走行中の運転分保険料を無料とする国内初の自動車保険を開発した。今年10月から提供を開始する予定だという。 コネクテッド技術を活用することで自動運転の利用状況を正確 […]
57Picks
自動運転中は保険料無料 あいおい、レベル3対応
共同通信
|
自動運転中は保険料無料 あいおいニッセイ同和損害保険は30日、一定条件下でシステムに運転を任せられる「レベル3」の自動運転車...
37Picks
自動車保険金支払い、AI活用で2週間に短縮へ MS&AD
産経ニュース
|
MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、人工知能(AI)が自動車事故の車両修理の見積もりを点検するシステムを今年度内に全国で導入する。自動車の損傷部分の画像などをAIが自動解析することで、見積もりなどの点検作業を効率化。保険金請求から保険金支払いまでの期間を従来の約1カ月から2週間程度に短縮する。
19Picks
トヨタ系ら85億円出資したSYNQA(シンカ)、企業を「フィンテック化」させるその手法
THE BRIDGE
|
ニュースサマリ:一部報道があった通り、総合フィンテック企業「SYNQA」は6月22日、シリーズCラウンドの資金調達を公表する。出資したのはSCB 1OX、スパークス・グループ(未来創生ファンド・2号)、トヨタファイナンシャルサービス、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、あいおいニッセイ同和損害保険、および非公開の投資家。SCB 1OXはタイのサイアム商業銀行傘下にあるホールディングス...
34Picks
AIベンチャーのLeapMind、トヨタや三井物産から約35億円の資金調達
CNET Japan
|
AIベンチャーのLeapMindは10月15日、あいおいニッセイ同和損害保険、SBIインベストメント、トヨタ自動車、三井物産の4社から合計約35億円の資金を調達したと発表した。
39Picks
ドライブレコーダーの映像を活用した新しい自動車保険が登場
BCN+R
|
MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、ドライブレコーダーを活用して安全運転をサポートする新自動車保険「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の販売を、2019年1月以降始期契約から開始する。
36Picks
マラソン川内、あいおい損保所属に 4月からプロ転向
共同通信
|
マラソン川内、あいおい損保所属に あいおいニッセイ同和損害保険は1日、陸上男子マラソンの川内優輝(32)と所属契約を締結したと発表した...
12Picks
トヨタら、AIを活用した事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険が、コネクティッドカーから取得できる走行データを活用し、事故時の運転軌跡や運転挙動といった運転状況を可視化するとともに、AIを活用した事故検知を実現する新…
20Picks
対象企業は「ほぼ無数」--あいおいニッセイが仕掛ける保険プラットフォーム構想とは
CNET Japan
|
あいおいニッセイ同和損害保険とFinatextホールディングスは11月13日、保険プラットフォームの構築などで業務提携を締結すると発表した。普段保険を取り扱わない企業でもカスタマイズされた保険をユーザーに提供できるようになる取り組みで、Finatextにとっては保険業界に初参入することになる。
19Picks
「誰でも保険会社」になれる 証券に続き保険もプラットフォームへ
ITmedia ビジネスオンライン
|
証券は大手の証券会社が売り、保険は保険会社が売るーー。そんな形が崩れ始めるかもしれない。FintechベンチャーのFinatextホールディングスが次に「プラットフォーム化」を進めるのは保険だ。あいおいニッセイ同和損害保険との業務提携を行い、保険にも異業種が低コストで参入できる仕組みを作り上げる。
26Picks
MaaS時代の一人一人に合わせたサービスへ、変わる自動車保険
MONOist
|
トヨタ自動車がクラウン、カローラスポーツを皮切りに展開を強化するテレマティクス保険について、あいおいニッセイ同和損害保険 トヨタ事業部 部長の荒川裕司氏と、トヨタ自動車 国内企画部 コネクティッド・新規事業PT プロジェクトリーダーの垣迫和行氏に話を聞いた。
14Picks
トヨタとあいおいニッセイ同和損保、事故低減プログラムで保険料を割引
財経新聞
|
トヨタ自動車とあいおいニッセイ同和損害保険は27日、車両を10台以上保有しているフリート契約者に対し、テレマティクスサービス「TransLog(トランスログ)」を活用した「事故低減プログラム」を提供することで保険料が割引になるサービスを8月1日より開始すると発表した。
10Picks
スマホやスピーカーで住宅をまるっとスマート化、「住宅のOS」手がけるSOUSEI Technologyが4.5億円調達
TechCrunch Japan
|
家の状態管理アプリなどを提供するSOUSEI Technologyは1月25日、あいおいニッセイ同和損害保険、京都大学イノベーションキャピタル、信金キャピタルから4億5000万円を調達したと発表した。リードインベスターは調達総額のうち3億3000万円を出資したあいおいニッセイ同和損保だ。 SOUSEI Technologyは、奈良県で注文住宅事業を行うSOUSEIのIT部門を2018年8月に...
8Picks
AD損保とNearMe、モビリティサービス開発で業務提携 地域活性化めざす
LIGARE
|
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(以下、あいおいニッセイ同和損保)と、タクシーの相乗りアプリやオンデマンド型シャトルサービスを提供する株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、このほど地域活...
9Picks
自動運転時代、カメラとAIで「乗客見守り」!あいおいが実証実験
自動運転ラボ
|
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(本社:東京都渋谷区/社長:金杉恭三)は2020年3月6日までに、車内カメラとAI(人工知能)を活用した「乗客見守りシステム」搭載の自動運転車両の実証実験を、兵庫県神戸市北区で3月13 […]
9Picks
高齢者の運転技能高めるアプリ、保険会社が提供
ニュースイッチ
|
あいおいニッセイ同和損害保険は、ドライバーの運転技能向上を支援するスマートフォンアプリを提供する。スマホアプリを通じ、日常的に認知機能を鍛えられるトレーニングツールを提供。顧客の交通事故低減につなげる。東北大学加齢医学研究所と仙台放送(仙台市青葉区)が共同開発したアプリを活用する。「タフ・つながるクルマの保険」など、運転挙動を保険料に反映する仕組みのテレマティクス自動車保険の契約者に無料提供...
9Picks
「孤独死」費用などを火災保険で補償=三井住友海上などが新特約
時事ドットコム
|
三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は24日、孤独死など賃貸住宅内での死亡事故に伴う費用を補償する特約を付けた火災保険を家主向けに10月から販売すると発表した。少子高齢化が進む中、高齢
9Picks
国内損保唯一の施設で衝突実験を公開、EDRを活用した損害調査や予防安全装備エーミング研修も紹介…あいおいニッセイ同和損保
motor-fan.jp
|
あいおいニッセイ同和損害保険(AD損保)と、アジャスター部門子会社のあいおいニッセイ同和損害調査(AD損調)、研修・研究部門子会社のあいおいニッセイ同和自動車研究所(AD自研)は5月21日、2018年度上期記者発表会を、AD自研東富士センター(静岡県裾野市)で開催。  最先端の技術に対応した自動車事故における正確な損害調査や修理費の低減、代理店の本業支援に向けた取り組みについて詳細を説明する...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ