新着Pick
SPD1WHS0SSVO68PX

株式会社 かんぽ生命保険

株式会社かんぽ生命保険(かんぽせいめいほけん、英称:Japan Post Insurance Co.,Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の生命保険会社である。愛称は「かんぽ生命」(英通称はJP INSURANCE)。 ウィキペディア
東京都千代田区霞が関一丁目3番2号
03-3504-4411
詳細を見る
概要
2005年10月21日に公布された郵政民営化関連6法の中の郵政民営化法で規定されている生命保険業を営ませるために同法第127条の定めるところにより従い、日本郵政株式会社が2006年9月1日に準備会社として株式会社かんぽを設立。2007年10月1日に商号変更され株式会社かんぽ生命保険に移行し、旧日本郵政公社から主に生命保険事業等を引き継ぎ所要の施設・職員等を承継した委員会設置会社となった。特殊会社としての設立形態を採らないため会社名は法定しておらず、法文上は郵便保険会社と表現されている。

会社発足(民営化)後に募集される保険商品は、民間の同業他社と同じ「生命保険・個人年金保険」であり、前身の日本郵政公社・郵政事業庁・郵政省時代に取り扱われた政府保証付きの「簡易生命保険・郵便年金」では無い事に注意を要する。ただし、かんぽ生命の商品性については前身の簡易生命保険のラインナップを踏襲している。

郵政民営化前日(2007年9月30日)までに締結された簡易生命保険・郵便年金(1991年に簡保へ内包)契約は、「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に継承され、機構がかんぽ生命へ業務委託をしているため、かんぽ生命の保険代理店である郵便局の保険窓口・かんぽ生命の法人営業拠点、あるいは両社の保険外務員にて、満期などで契約が解消されるまで前身時代と同様の手続きが行える。
代表者
取締役兼代表執行役社長 植平 光彦
設立年月日
2006-09
従業員数
8,269 人
上場年月日
2015-11-04
平均年齢
39 歳
平均年収
6,409,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
かんぽ営業自粛、局員は 待機命令「やることない」 顧客対応「1000件以上も」
西日本新聞
|
かんぽ生命保険の不正販売問題を受け、保険営業を自粛する郵便局。西日本新聞には営業担当の局員から「上司から事務所での待機を命じられた。毎日やることがない」との声が多数寄せられている。一方で現場への指示は地域によって異なるといい、千件以上...
48Picks
かんぽ商品販売再開「郵便窓口」から 10月再開へ調整
産経ニュース
|
日本郵便が7月中旬から自粛しているかんぽ生命保険の保険商品販売について、郵便窓口での販売から再開する方向で調整していることが21日、分かった。一方、不適切販売の中心となっていた渉外(外回り)営業の局員による販売については、さらに時間をかけて再発防止策を講じる。だが、10月1日からとする販売再開には見切り発車との批判も強く、計画通りに再開できるかには不透明感もある。
154Picks
手当ほしさ?かんぽ販売「自粛破り」か 一部の郵便局員
朝日新聞デジタル
|
保険販売を9月末まで自粛中の日本郵便が、営業手当ほしさに「自粛破り」をしている郵便局員がいるとみて、実態調査を始めた。無理な営業に走る局員の意識が変わらなければ、顧客の信頼を取り戻せない。調査の結果…
21Picks
保険不適切販売 顧客対応社員に新たな手当 業務増加で
NHKニュース
|
不適切な保険の販売が多数明らかになったかんぽ生命と日本郵便は、顧客対応にあたる8万人余りの社員に対し、業務の増加を踏まえ…
107Picks
かんぽ生命不正問題 郵政公社初代総裁が「日本郵便の不正の温床は“ノルマ体質”」と指摘
文春オンライン
|
かんぽ生命保険の不正販売問題が波紋を広げている。契約を低い予定利率のものに切り替えさせたり、契約を乗り換えた顧客に保険料を二重払いさせるなど、不適切と疑われる契約は18万件を超える。金融庁はかんぽ生命…
10Picks
郵便局員「みまもり」で自爆営業が横行 ノルマが中止に
朝日新聞デジタル
|
郵便局員が高齢者宅を訪ねる「みまもりサービス」の販売目標(ノルマ)を、日本郵便が今月から一時中止した。かんぽ生命の保険の不適切な販売で、郵便局の姿勢が問われていることが一因だ。現場では、ノルマのため…
45Picks
かんぽ保険、顧客虚偽登録 読み仮名濁点外す 大分中央郵便局
西日本新聞
|
かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、一部の郵便局員が顧客の名前の読み仮名や郵便番号を意図的に変えて登録し、古い契約からの乗り換えにもかかわらず、別の人物との新規契約を装っていたことが分かった。内部評価の高い新規契約として、営業実績や手...
11Picks
大手の生命保険は買ってはいけない…生命保険“神話”で数百万円損する日本人
ビジネスジャーナル
|
かんぽ生命の顧客本位ではない販売手法が大きな問題となっています。保険の販売に関して規定した保険業法に違反した案件も見られたようです。しかし、残念ながら今回のかんぽ生命の問題は、日本の生命保険販売の実態を色濃く反映したもので、ことかんぽ生命だけの問題ではないのです。
99Picks
かんぽ生命に立ち入り検査 保険商品の不適切販売で
NHKニュース
|
かんぽ生命が保険商品を不適切に販売していた問題で、金融庁は、11日朝からかんぽ生命と日本郵便の立ち入り検査を始めました。
45Picks
かんぽ調査穴だらけ 乗り換え子、孫に次々 満期前倒し、新保険
西日本新聞
|
保険の不正販売が相次いで発覚したかんぽ生命保険。8月から約3千万件ある全保険契約の調査に乗り出し、9月中に中間報告、10月から現在自粛している保険営業を再開する方針だ。ただ、重点的に契約内容を精査する「特定事案」から漏れる悪質な事例が...
24Picks
簡素で不親切、返信も不要?かんぽの契約調査に疑問の声
朝日新聞デジタル
|
かんぽ生命が1900万人を対象にする「全ご契約調査」の書類が、顧客に届き始めた。ただ、契約内容の案内は同封されないうえ、2~3の質問に答えてはがきを返信する簡素な内容。契約が顧客の意向に沿っていれば…
174Picks
金融庁 かんぽ生命に立ち入り検査へ
NHKニュース
|
かんぽ生命の保険の不適切な販売問題をめぐって、金融庁は来月中旬にも、かんぽ生命と保険を販売する日本郵便に対して立ち入り検…
46Picks
かんぽ保険、10月から営業再開=70歳以上への積極勧誘禁止-日本郵便
時事ドットコム
|
日本郵政傘下の日本郵便とかんぽ生命保険は30日、自粛しているかんぽ生命保険の保険商品の販売について、10月1日から通常通りの営業を段階的に再開すると発表した。
127Picks
日本郵便「社員が社長にぶつけた不満」の全記録
東洋経済オンライン
|
保険料の二重払いなど少なくとも18万件に上る不適切販売が発覚したかんぽ生命保険。そのかんぽの約9割を販売代行しているのが日本郵便だ。8月下旬には同じく委託販売しているアフラックのがん保険でも10万件の保険…
67Picks
ノルマ廃止では解決しない「かんぽ不正契約問題」と日本郵政の深い闇
BLOGOS - 最新記事
|
郵便局のかんぽ生命保険商品販売を巡り、保険料二重払いをはじめ多くの不適切事案が発見された問題が底なしの広がりを見せています。発端は、かんぽ生命の不正販売発覚に対して6月19日に総務省が営業活動に関する行政指導をおこなったことでしたが、それを受けたかんぽ生命による不正件数公表が五月雨式に増えたことで、単なる不祥事ではなく郵便局を巡る郵政三事業のガバナンスという観点での議論に広がっているのです。...
12Picks
上客を「ゆるキャラ」「甘い客」と呼ぶ郵便局員
東洋経済オンライン
|
かんぽ生命の不適切募集は6月末の問題発覚から1カ月で2倍の18万件に膨らんだ。今回の問題を受けてかんぽと日本郵便は全件調査に着手しており、8月5日から全国約2000万人(件数で約3000万件)に調査書類を送付して…
73Picks
「家族同席」義務、順守61% かんぽ生命 規定悪用「不正の温床に」
西日本新聞
|
かんぽ生命保険が70歳以上の顧客に保険営業する際に義務付ける家族の同席について、2017年度は同席率が61%にとどまっていたことが西日本新聞が入手した内部資料で判明した。顧客本人が拒んだときや、家族が遠方に住む場合は除外されるため、一...
33Picks
かんぽ生命でも2600件 アフラックを不利益販売
共同通信
|
かんぽ生命でも2600件 かんぽ生命保険が、アフラック生命保険の委託を受けて販売するがん保険で、今年5月までの1年間に一時的な...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ