新着Pick
SPD1VYSSV2LX9YXY

カゴメ 株式会社

カゴメ株式会社(KAGOME CO.,LTD.)は、飲料、食品、調味料の大手総合メーカーである。本社機能は愛知県名古屋市中区錦三丁目と東京都中央区日本橋浜町にある。 ウィキペディア
愛知県名古屋市中区錦3丁目14番15号
052-951-3571
詳細を見る
概要
創業者の蟹江一太郎が1899年に名古屋の農業試験場の佐藤杉右衛門からトマトの種子を譲り受けてトマトの栽培を開始。その数年後、トマトが豊作でダブついた時にトマトの保存を兼ねて国産トマトソースの製造に踏み切る。幾度となく失敗を重ね、1903年に国産トマトソースの製造に成功、1906年に愛知県東海市の自宅の裏に工場を竣工し、本格的トマトソースの製造を開始。その後1909年にはトマトケチャップとウスターソースを製造し、やがて業績を上げるようになる。

トマト加工事業では国内最大手としてその名を知られており、1933年に国内初のトマトジュースを発売、同社の根幹を支える製品として、現在に至るまで発売され続けている。1966年にはガラス瓶ではなく合成樹脂製チューブに入れたトマトケチャップを世界で最初に発売した。また野菜ジュースや植物性乳酸菌飲料などの健康系飲料も早くから手がけてきた。かつては自動販売機飲料事業に進出したこともあったが、2000年頃に全面撤退した。

株主を大事にする企業としても知られ、同社では個人株主のことを「ファン株主」と呼んでいる。定期的に工場や直営農園の見学や、健康応援セミナーといった「対話と交流の会」が催されている。

2001年より「株主10万人構想」と銘打ち、個人株主を積極的に募ってきた結果、2011年3月時点での株主総数のうち、その約99.5%が個人株主となっている。

全国8ケ所に直営農園を所有しており、そこで作られたトマトは、スーパーでも販売されるという企業農園の面も持つ。このうち農園と工場がある長野県富士見町には、隣接地にテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」がある。

名古屋と東京にそれぞれ本社があるが、名古屋の本社には登記上の本店と経理部、情報システム部を残し、商品の企画・開発やマーケティングなど、社内全般の管理業務は東京本社で行われている。

2013年には中国で生鮮トマトの生産・販売を始めると発表している。

また2014年に名古屋駅において、トマト料理レストラン「TRAZIONE NAGOYA with KAGOME」をオープンした。
代表者
代表取締役社長 寺田 直行
設立年月日
1914-12
従業員数
2,504 人
上場年月日
1976-11-01
平均年齢
41 歳
平均年収
7,738,000 円
上場市場
東証1部,名証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
カゴメとJAL、企業風土と働き方をこう変えている 令和時代の“働き方改革”の本質に迫る
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
「“経営戦略”としてのワークスタイル変革」をテーマに開催されたWorkstyle Innovation Forum 2019。その最終セッションとして行われたパネルディスカッションでは、組織の在り方に関する種々の知見やリーダーシップ論で名高い野田 稔氏がモデレータを務めた。登壇したのは、いずれも日本を代表する業界リーディングカンパニーで人事分野を統括する人物。グローバル企業での大胆な人事改革...
23Picks
経営戦略の中で人事戦略が最も重要である──カゴメCHO有沢氏はなぜ「社長の年収」を全社公開したのか?
Biz/Zine
|
連載「人事と経営のジレンマ」では、組織論・経営戦略論研究者の埼玉大学大学院宇田川元一准教授と、人材育成・採用・組織開発に関するサービスを提供するリクルートマネジメントソリューションズにて、HR領域における事業開発をリードする荒金泰史氏を連載ホストに迎えます。「事業開発×人事・組織開発」をテーマに、有識者・実践者との鼎談を実施し、経営変革の両輪を担う「事業開発」と「人事・組織開発」それぞれの役...
99Picks
副業・複業時代到来 ──サイボウズ式から学ぶ新時代の受け入れ方
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
副業・複業を解禁する企業が近年、増えつつある。 「サイボウズ」「ソフトバンク」「LINE」「丸紅」「佐川急便」「サントリー」「日産自動車」「カゴメ」と言った様々な企業が副業を解禁している。 厚生労…
17Picks
機能表示とすっきり味 トマトジュース市場拡大のワケ
朝日新聞デジタル
|
トマトジュースの売れ行きが好調だ。規制緩和の一環で各社が様々な機能をうたうようになったことに加え、飲みやすさを追求した商品の登場も人気の定着に一役買っているようだ。 大手のカゴメの調査によると、トマ…
254Picks
会社に黙って副業で稼ぐ人たちの偽らざる本音
東洋経済オンライン
|
今年に入ってから、カゴメやみずほフィナンシャルグループなどの大手企業が解禁を表明したのが会社員の“副業”だ。今や国も副業解禁を推奨しており、パーソル総合研究所の調べでは、副業をしていない人材でも4割…
250Picks
野菜ジュースの真実、伊藤園・カゴメに聞いた | 5日連続特集 ヤバすぎる!ドリンクの裏側 | 東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
|
5日連続特集「ヤバすぎる!ドリンクの裏側」で最も読者の反響が多かった記事は、「『野菜ジュース』の成分は“満足感”だけ!」だった。そこで「番外編」として、野菜ジュースの大手メーカーに“本当の成分”と詳…
210Picks
夜8時以降は「残業」してはいけない!「朝型勤務」で長時間労働は解消するか? - 弁護士ドットコム
BLOGOS - 最新記事
|
朝早く出社して、夜は残業しないで早めに帰宅――こうした働き方を推奨する企業の取り組みが、話題となっている。伊藤忠商事は今年5月、午後8時以降の残業を原則として禁止した。代わりに朝型勤務を促すため、朝5時から9時までの時間帯の勤務に「割増運賃」を支払うという。また、カゴメも今年5月から、午後8時以降の残業を原則禁止とする制度を導入したと報じられている。長時間労働が「社会問題」と考えられるように...
118Picks
カゴメ、東南アジアで大人気の理由
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
「カゴメ」の海外事業は苦戦が続いた。とりわけ東南アジアではトマトは臭いとまで言われ、敬遠されがち。だがその東南アジアでカゴメが好調だ。なぜ売れるようになったのか?
76Picks
長野県に野菜のテーマパーク、カゴメが4月に開業
産経ニュース
|
農業体験や調理、工場見学を楽しめる観光施設「カゴメ野菜生活ファーム富士見」が4月26日、長野県富士見町にオープンする。営業は4~11月のみで、12~3月は休業の予定。入場無料。
80Picks
カゴメの衝撃波でつくる野菜ジュースの実験がダイナミックすぎてすごい
ねとらぼ
|
トマトの形状を保ったままおいしいジュースになりました。
62Picks
カゴメの採用試験に落ちた就活生 後日の『神対応』に称賛の声相次ぐ
grape [グレイプ]
|
『grape』は、今知ってほしい話題やニュースを厳選して紹介するウェブメディアです。
62Picks
食品メーカー6社、共同配送を実現する物流プラットフォームの構築に合意を発表
財経新聞
|
味の素、カゴメ、Mizkan、日清オイリオ、日清フーズ、ハウス食品の食品メーカー6社は2日、効率的で安定した物流力の確保と食品業界全体の物流インフラの社会的・経済的合理性を追求するため、理念を共有する多くの食品メーカーが参画できる「食品企業物流プラットフォーム(名称:F-LINE)」の構築に合意したと発表した。
61Picks
"ウェアラブルトマト"ついに完成、カゴメが東京マラソンに挑む(動画)
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
食品大手のカゴメ(名古屋市)が2月19日、アートユニットの明和電機とタッグを組み、“ウェアラブルトマト”を開発した。22日の東京マラソンでは、社員が小型版の装置をつけてフルマラソンに挑む。 「トマトに足りないのはモバイル性だった」 以下の動画では、カゴメ社員の農学博士・鈴木重徳さんが、その事実に気づいたことから“ウェアラブルトマト”の開発に挑んだ様子が紹介されている。 朝日新聞によれば、実際...
24Picks
カゴメが伊藤園を圧倒する個人株主獲得の要諦
東洋経済オンライン
|
3月27日に開かれた、トマト加工品大手・カゴメの株主総会。会場になった名古屋国際会議場に足を運んだところ、そこにはほかの企業の株主総会では見慣れない風景が広がっていた。会場ロビーにずらりと並んでいたの…
17Picks
野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」で工場見学や収穫体験、子どもから大人まで楽しめる新施設
食品産業新聞社ホームページ
|
カゴメは4月26日、長野県諏訪郡富士見町に「カゴメ野菜生活ファーム富士見」を開園する。「農業・工業(食品..
46Picks
「見える化」で変わる農漁業、カゴメは収穫量20%増に
Forbes Japan
|
最適な農作物の育成、スマホで水田の管理。IoT、データの利活用によって、熟練者が持つ経験や勘が一般化。誰もがプロのように農業、漁業が行える時代に。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「農業・漁業」を変える・・・
44Picks
アサヒ、保有するカゴメ株をTOBに応募 保有資産見直しの一環
Reuters
|
[東京 2日 ロイター] - アサヒグループホールディングス <2502.T>は2日、カゴメ <2811.T>が実施する自己株式の公開買い付けに保有するカゴメ株全株を応募すると発表した。アサヒは、成長事業に投資を集中させるため、保有資産や投資の見直しを行っている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ