新着Pick
SPD1VVE7EBCRBFYD

Baidu Inc

百度(バイドゥ、)とは、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する企業である。創業は2000年1月で本社は北京市にあり、その他「百度百科」、「百度入力方法」なども提供している。 ウィキペディア
Number 10 Shangdi 10th Street Baidu Campus, Haidian District Beijing People's Republic of China
+86 1059928888
詳細を見る
代表者
Yan Hong Li (Chief Executive Officer,Chairman)
設立年月日
2000
従業員数
37,779 人
上場年月日
2005-08-05
上場市場
ナスダック(ADR),ウィーン証券取引所(ADR),サンパウロ証券取引所(BRDR),シンガポール証券取引所(ADR),スイス証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所(ADR),ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),モスクワ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
67Picks
中国農業用ドローン「XAG」が業界最高額の190億円を調達、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2号出資
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
農業用ドローン開発大手「XAG(極飛科技)」は、新たに12億元(約190億円)を調達したことを明らかにした。出資を主導したのは「百度資本(Baidu Capital)」とソフトバンク・ビジョン・ファンド2で、ほかに「創新工場(Sinovation Ventures)」「越秀産業基金(Yuexiu Industry In
504Picks
【大激戦】中国IT大手「BAT+2社」の最新決算がおもしろい
NewsPicks編集部
|
中国のIT業界で大激戦が続いている。以前は「BAT」と呼ばれるアリババ、テンセント、バイドゥ(百度)がこの業界を引っ張ってきたが、アリババとテンセントの2強になっている一方で、Eコマース大手のJ...
11Picks
AIによる「超」軽量なOCR(文字認識)システムが登場【GitHub】
アイブン
|
関連記事:「光学文字認識(OCR)」とは?意味をサクっと解説!【AI用語集】 超軽量な画像の文字認識システムが登場しました! 光学式文字認識(OCR)システムは、文書の電子化・工場での文字自動検出・オンライン教育・地図作成など幅広く使用されています。 中国の巨大テック企業BaiduのYuning Duらは今回新たに、超軽量のOCRシステムである「PP-OCR」を提案しています。 文字認識結果(図は
33Picks
「中国版Waymo」の座を狙う、滴滴と百度 自動運転分野で頂上決戦へ
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
中国ライドシェア最大手の「滴滴出行(Didi Chuxing)」(以下、滴滴)は2016年、自動運転部門を設立し、研究を開始した。一方、滴滴の張博CTOがかつて在籍した検索エンジン最大手の百度(バイドゥ)は、それに先立つ15年12月に自動運転事業部の設立を発表し、正式に自動運転分野に参入すると明らかにしていた。 滴滴は
53Picks
百度、激戦のオンライン不動産取引業界に参入
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
中国検索最大手の百度(バイドゥ)は先ごろ、不動産情報サイト「百度房産(fang.baidu.com)」をローンチした。現在は北京市、上海市、広州市、深圳市、天津市の物件情報を公開している。 同サイトには人気物件や新規公開物件などの情報のほか、周辺のショッピング情報や地下鉄駅へのアクセスなど不動産購入を検討する上で役立つ
210Picks
バイドゥ、アリババ、テンセント「ITジャイアント」生み出した中国企業に学ぶ“超高速ビジネスの作り方”
ITmedia ビジネスオンライン
|
現代は、手を動かして試作品を作る「プロトタイプ」の考え方が奏功し、「まずは手を動かす」人や企業が勝利する時代だ。中国企業の新規事業立ち上げの根底にある「スピード感と軽さ」について新進気鋭の起業家が解説する。
11Picks
自動運転タクシー、AutoXが上海で一般客にもサービス拡大 米中を股に掛けるスタートアップ
自動運転ラボ
|
自動運転開発を手掛ける中国スタートアップのAutoXが2020年8月、上海市内における自動運転タクシー(ロボタクシー)サービスの対象を一般客に拡大した。湖南省で同サービスを展開するIT大手の百度(バイドゥ)に次ぐ拡充と思 […]
33Picks
10代の2020年上半期流行ったもの1位は「鬼滅の刃」 「あつ森」「恋つづ」も上位ランクイン
キャリコネニュース
|
大人気『鬼滅の刃』 バイドゥは7月10日、「2020年上半期流行ったものTOP10」の調査結果を発表した。調査は6月から7月にかけてネット上で実施し、同社提供のアプリ「Simeji」ユーザーの10代1908人から回答を得た。 1位は「鬼滅の刃」。今年5月に最終回を迎えた少年ジャンプの人気漫画だ。「食事シーンが美味しそうな漫画・アニメTOP10」などでもランクインしており、劇場版「鬼滅の刃」無...
74Picks
Baidu(百度)、5年で500万人のAIエキスパート育成へ
THE BRIDGE
|
ピックアップ:In the next ten years, it is estimated that by 2030, the number of Baidu intelligent cloud servers will exceed 5 million. ニュースサマリー:中国検索大手のBaidu(百度)は6月19日、今後10年で人工知能、チップ、クラウドコンピューティング、データセンター...
19Picks
自己変革を目指すバイドゥ EC事業開拓は「知識コンテンツ+ライブ配信」で差別化
36Kr Japan
|
IT大手バイドゥ(百度)はECに乗り出すという願望をついに抑えきれなくなったようだ。 先月18日に終了した中国最大級のEC商戦「618セール」では、大手ECサイト「天猫(Tmall)」、「京東(JD.com)」の勢いはとどまることを知らず、両者はそれぞれ6982億元(10兆5800億円)、2692億元(約4兆800億円
11Picks
トヨタ、日本企業で初めて北京で自動運転試験走行を開始予定 専用のナンバープレート取得
36Kr Japan
|
先頃北京市は、2020年度自動運転車両公道試験走行資格付与企業リストを公表した。試験走行資格を付与されたのはバイドゥ(百度)、「小馬智行(Pony.ai)」、ダイムラー、アウディ、生活関連O2Oサービス「美団点評」の運営会社「三快在線(Beijing Sankuai Online Technology)」、そして初めて
363Picks
創業4年のECモール「Shopee」 中国大手を追い抜き東南アジア最大に その成功の秘密を徹底分析
36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版
|
中国企業が海外進出して成功するのは容易なことではない。「BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)」でさえ、この戦場でつまずくことがある。アリババ、テンセント、「京東(JD.com)」といった中国インタ
1464Picks
週末勉強する人は続かない―データから見えた外国語学習に成功する人の3つの特徴
TechCrunch Japan
|
 編集部注:この原稿は萩原正人( @mhagiwara )氏による寄稿である。 萩原氏はGoogle、Microsoft Research、バイドゥ、楽天技術研究所(ニューヨーク)にて、検索エンジンおよび自然言語処理の研究に携わった後、2015年2月からはDuolingo… Read More
661Picks
【グラフ図解】中国BATの最新決算を「4つの数字」でつかむ
NewsPicks編集部
|
アメリカの巨大IT大手「GAFA(グーグル、アマゾン 、フェイスブック、アップル)」に対し、中国の巨大IT大手を示すのが「BAT」だ。百度(Baidu)、アリババ(Alibaba)、テンセント(...
573Picks
「スマートフォンは20年以内に消える」中国バイドゥCEOが予言
Business Insider Japan
|
中国IT大手・百度(バイドゥ)創業者の李彦宏(ロビン・リー)CEOが中国国営テレビの新年特別番組に出演し、「人工知能(AI)時代の到来で、スマートフォンは20年以内に消える」と“予言”した。 李彦宏CEOは「21世紀最初の20年が、携帯電話への依存度が強まった20年だとすれば、これからは依存度が低下...
476Picks
中国バイドゥがAndroidにバラまいた猛毒
東洋経済オンライン
|
中国のバイドゥ(百度)が提供するAndroid用アプリに重大なセキュリティ上の問題が発覚した。
453Picks
MITが選ぶ「世界トップ企業50」1位アマゾン、2位に百度
MIT Technology Review
|
MITでは毎年、新たなビジネスチャンスを創造しているという観点から「世界で最も優秀な企業トップ50」を発表している。 今年選ばれた企業のうち数社は、デジタル技術を使って産業を再定義するアマゾンや...
453Picks
検索大手「バイドゥ」の凋落でハッキリわかる、中国ネット環境の変化
ASCII.jp
|
かつて中国のネット産業の3大企業に数えられていた「バイドゥ」(百度)だが、最近はほかの2社に遅れを取っている。そこには、中国のネット環境の変化が如実に表れている
16Picks
【最新版】自動運転技術開発ランキング。ウェイモ首位、フォード・GMら「レガシー勢力」も肉薄
Business Insider Japan
|
市場調査会社ガイドハウス・インサイツは、自動運転システム・モビリティサービス開発会社の2020年版ランキングを発表。1位はウェイモだった。 フォード子会社のフォード・オートノマス・ビークルズ、GM傘下のクルーズ、中国のバイドゥなどが続いた(ランキングにはサプライヤーや大型トラック専業の開発会社は含ま...
404Picks
グーグルや百度に学ぶ、大企業をAI企業に変貌させる5つのポイント
NewsPicks Brand Design
|
AI研究者として世界的にも有名なスタンフォード大学のアンドリュー・ング教授は、企業がどのようにすればAIを有効に活用するAI企業に生まれ変われるのかを説いてきた。その背景にあるのは、同教授が関わ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ