新着Pick
SPD1UTEVGU2SYJ3Q

味の素 株式会社

味の素株式会社(あじのもと)は、日本の食品企業である。「味の素」は、同社が製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料で、同社の登録商標(登録番号第34220号他)。同社の製品には「味の素KK」のブランドが表記されていることが多いが、実際の英文表記はAjinomoto Co., Inc.である。 ウィキペディア
東京都中央区京橋一丁目15番1号
03-5250-8161
詳細を見る
代表者
取締役社長 西井 孝明
設立年月日
1925-12-17
従業員数
33,295 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
9,512,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
味の素(株)、UMI、東工大教授ら世界初となるオンサイトアンモニア生産の実用化を目指す新会社を設立~アミノ酸等の発酵副原料の安価・安定供給、農業肥料等への活用を図る~
プレスセンター | 味の素グループ | 味の素(株)、UMI、東工大教授ら世界初となるオンサイトアンモニア生産の実用化を目指す新会社を設立~アミノ酸等の発酵副原料の安価・安定供給、農業肥料等への活用を図る~
|
7Picks
ブラジル味の素、サンパウロ-東京をオンラインで結んだクリシン研修で異文化の壁を突破
GLOBIS 知見録 最新記事
|
味の素のブラジル現地法人ブラジル味の素は2017年3月、現地サンパウロと地球の反対側にある東京をオンラインでリアルタイムに結び、「クリティカル・シンキング」(論理思考)の研修を実施した。受講したのは、現地採用のブラジル人18名と日本人駐在員3名の計21名。受講者はそれぞれの場所から、サイバースペース上のクラスに、同じタイミングでログインして参加した。その狙いを、アミノサイエンス事業部Dire...
16Picks
物流危機を救う? 大手食品4社が「共同物流」開始
Diamond Online
|
味の素、カゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の4社が出資する物流合弁会社「F-LINE」(本社・北海道北広島市、深山隆社長)の発足式が4日、札幌市内で開催された。食品物流の諸課題に対する迅速な意思決定と効果的な対応を図り、4社とMizkan、日清オイリオグループを加えた6社が参画する食品物流プラットフォーム「F-LINE」の物流戦略を実現するための、戦略的なメーカー系物流会社という位置付け。
8Picks
味の素社長:おいしさを500億円の商機に-ネスレやユニリーバ追う
Bloomberg
|
(Bloomberg) --味の素は香り、食感、味覚など食べ物に関するノウハウを組み合わせ、弁当や総菜などを販売するスーパーや加工食品メーカーに商品作りを提案する「おいしさソリューション事業」を、食品とアミノサイエンスに続く事業の柱に育てる方針だ。この事業で500億円規模の売上高創出を目指す。
9Picks
味の素「地元の野菜を摂ろう!」でJA、大学、小売りと連携
ニュースイッチ
|
味の素は中部や関西といった全国のエリアごとに、野菜の摂取を促す活動「ラブベジ」を加速する。農業協同組合(JA)グループや地元大学、料理研究家、スーパーマーケットなどの小売業界、地方自治体と連携して取り組む。地元で採れた野菜を生かし、メニューを学生などと共同開発するほか、小売り店頭を通じて提案。味の素は地元野菜に光を当てることで地域活性化にもつなげるほか、うま味調味料の「味の素」や「ほんだし」...
8Picks
味の素が使用電力を100%バイオマスに、サトウキビの搾りカスで発電
スマートジャパン
|
2030年に再生可能エネルギー使用比率50%を目指すなど、CO2排出量削減への取り組みを進めている味の素。2017年度から国内事業所で利用する電力すべてを、グリーン電力証書を利用してバイオマス由来の電力に切り替えると発表した。
57Picks
M&Aに3カ年で2000億円弱、成長に必要なら超過も=味の素社長
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 味の素<2802.T>の西井孝明社長は、2017―19年度の3カ年計画において、M&A(企業の合併・買収)に2000億円弱(前3カ年は2085億円)を投資することができると述べた。海外で食品事業を重点的に展開する新興5カ国(Five Stars)でのポートフォリオ強化や欧州での拠点作りなどが対象となる。さらに、将来の成長に向け、必要ならば投資枠にこだわらない考えも示した。13日に実施したインタビューで述べた。
8Picks
味の素の労働時間短縮は日本の慣行となるか?
GLOBIS 知見録 最新記事
|
味の素が2017年度より所定労働時間を20分短縮し、1日7時間15分にすることが報じられた。基本給は変わらないので、実質的には月1万4千円以上のベースアップに相当するという。これは、日本企業の新しい慣行となるのだろうか。近年、こうした労働時間の短縮は、他にも数社で導入されている。昨今の日本企業は、賃金を上げることには慎重であるが、その分、労働時間の短縮で従業員の待遇改善を図ろうとしているよう...
214Picks
味の素、基本給一律1万円引き上げ 残業削減へ労使合意
朝日新聞デジタル
|
食品大手の味の素は20日、社員全員の月額給与の基本給を一律1万円引き上げることで、労働組合と合意したと明らかにした。基本給を増やすことで、働き方改革で残業代が減ることへの社員の不安を和らげるねらいだ…
2Picks
オンサイトアンモニア合成システムの実用化を目指した大学ベンチャーが誕生
マイナビニュース
|
味の素およびユニバーサル マテリアルズ インキュベーター(UMI)が管理運営を行うUMI1号投資事業有限責任組合は4月27日、東京工業大学(東工大)の元素戦略研究センター長の細野秀雄教授らと共に、科学技術振興機構(JST)の支援の下、細野教授らが発明した触媒を用いて開発されるオンサイト型のアンモニア合成システムの実用化を目指すベンチャー企業「つばめBHB株式会社」を設立したことを発表した。
9Picks
新卒の人気企業ランキング見て思うこと(わかってなくて入社するのは不幸) - 永江一石
BLOGOS - 最新記事
|
このシーズンになると、各就職サービスでは人企業ランキングを発表します。マイナビでは文系第1位JTBグループ第2位全日本空輸 【ANA】第3位エイチ・アイ・エス第4位日本航空【JAL】第5位三菱東京UFJ銀行理系第1位味の素第2位東日本旅客鉄道【JR東日本】エントリー第3位資生堂エントリー第4位トヨタ自動車エントリー第5位サントリーホールディングスになってました。キャリタスでは総合ランキングで...
35Picks
食品企業物流プラットフォーム「F―LINE」プロジェクトが進展、4社で合弁会社発足へ - from.カーゴニュース
Diamond Online
|
味の素、カゴメ、Mizkan、日清オイリオグループ株式会社、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の食品メーカー6社が持続可能な食品物流の実現をめざし、食品企業物流プラットフォーム「F―LINE」の構築に合意してから1年半――。 12月1日には4社(味の素、カゴメ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社)が物流事業を行う合弁会社を発足させることで合意し、新たなステージに入った。
398Picks
【ロート、味の素など25社】副業、在宅勤務を解禁した企業一挙公開
NewsPicks編集部
|
長時間労働を是正すること──すなわち労働時間を減らすことは、アウトプット量が減るため、企業業績は一時的に悪化する。だが、その分、生産性を高めれば、生産量は減らない──。そこで、効率を高めることを...
17Picks
「男性の家事参加が増えるのは食品メーカーにとってチャンス」(味の素社長)
ニュースイッチ
|
―北米や東南アジアなど、海外子会社の状況はいかがですか。 「買収した米ウィンザー・クオリティ・ホールディングスは、不採算品を17%削減する一方、日本の冷凍食品技術で製品力を強化した結果、営業利益率が改善してきた。2019年度に9%の目標を掲げているが、前倒しで達成できるだろう。東南アジアはベトナムやインドネシアが、年2ケタの成長率。タイは停滞気味だが、うま味調味料需要は伸びており心配していな...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ