新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1QAT52D69MI8O

株式会社富士通研究所

株式会社富士通研究所(ふじつうけんきゅうしょ、英文社名:FUJITSU LABORATORIES LTD.)は、富士通グループの研究開発の中核をなす富士通の主要子会社。神奈川県川崎市中原区上小田中に本社を置く。 ウィキペディア
神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
詳細を見る
代表者
佐々木繁(代表取締役社長)
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
教師データ1個で精度90%以上の行動分析AI 富士通が開発、製造業向けに
ITmedia NEWS
|
富士通研究所が、製造現場の作業員を記録した映像から「部品を取る」「ネジを締める」などの個別の行動を自動で認識するAI技術を開発したと発表した。教師データを1組学習させるだけで、90%の精度で行動分析できたという。
8Picks
富士通、高次元データの特徴量を正確に獲得するAI技術を開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
富士通研究所が、AIによる検知・判断における精度向上に向け、高次元データの分布・確率などの本質的な特徴量を正確に獲得するAI技術「DeepTwin(ディープツイン)」を開発したと発表した。 Dee
6Picks
結果を改善するためのアクションを提示できる「説明可能なAI」を開発
MONOist
|
富士通研究所は、AIが判断理由を示す「説明可能なAI」において、人が望む結果を得るために必要な手段を提示できる技術を北海道大学と共同開発した。AIの適用が、判断だけでなく、人の意思行動を支援する用途にも広がることが期待される。
6Picks
富士通、一般的な方式の100倍以上の圧縮率を誇る映像圧縮技術を開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
富士通グループの株式会社富士通研究所は11月16日、超高圧縮した映像からでも高精度に映像の内容を認識できる映像圧縮技術を開発したと発表。 具体的には、同社は独自開発の高次元データ解析技術「Deep
5Picks
画像検査AI技術を開発、異常箇所を高精度に検出
EE Times Japan
|
富士通研究所は、多種多様な外観の異常を高い精度で検出できる「画像検査AI技術」を開発した。異常を検出するAIモデルの性能を測定する指標「AUROC」で、98%という世界最高レベルを達成した。
5Picks
「富岳」とAI活用でリアルタイムに津波浸水を予測--富士通研究所ら
CNET Japan
|
東北大学災害科学国際研究所、東京大学地震研究所、富士通研究所は2月16日、理化学研究所と富士通で共同開発したスーパーコンピュータ「富岳」を活用し、沿岸域の津波浸水を高解像度かつリアルタイムに予測するAIモデルの構築に成功したと発表した。
5Picks
富士通研、グラフAI技術などによる金融取引の解析性能向上を実証
ZDNet Japan
|
富士通研究所は伊LARUSと共同で、富士通研究所が開発した説明可能なグラフAI(人工知能)技術「Deep Tensor」とLARUSのグラフデータベース基盤を組み合わせ、クレジットカードの決済サービスにおける不正を高精度に検出できることを実証した。
5Picks
富士通研究所とLARUS社、AIを活用し不正金融取引の解析性能を向上
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社富士通研究所とイタリアのグラフデータに向けたソリューションベンダーであるLARUS Business Automation S.r.l.(以下、LARUS)は、富士通研究所が開発した説明...
5Picks
管理業務経ず即フェロー!富士通研が“研究のプロ”育成へ新制度
ニュースイッチ
|
富士通研究所(川崎市中原区、原裕貴社長)は、有能な研究者が研究に専念できる新たな人事制度を導入する。従来は研究職である程度経験を積むと管理業務を経て幹部社員となっていたが、こうした業務に就かず研究を究めてフェローまで昇進できるようにする。“とがった人材”には継続して研究に打ち込んでもらい、全体の研究力を高めるのが狙い。10月から順次社内で候補者を選び、研究のプロフェッショナル人材に育てる。 ...
5Picks
富士通研究所、教師データなしでデータの特徴を捉えるAI技術を開発
ZDNet Japan
|
富士通研究所は、教師データなしでデータの特徴を正確に捉えるAI技術「DeepTwin」を世界で初めて開発した。
5Picks
その手洗いのやり方が正しいか、AIが95%以上の精度でチェックします
ギズモード・ジャパン
|
Image:富士通ビー、ビー。オヤユビガアラエテマセン。なんてアナウンスはありませんが、富士通研究所と中国の富士通研究開発中心有限公司が、手洗い動作をカメラで認識する「行動分析技術Actlyzer(アクトライザー)手洗い動作認識」を発表しました。もともとこのActlyzerは2019年11月に開発されたAI技術で、大量の学習データがなくとも映像から人の行動を認識する画期的な技術として発表されました
4Picks
富士通研が量子計算機の実用化急ぐ、理研・東大・阪大などと共同研究
ニュースイッチ
|
富士通研究所は量子計算機の実現に向け、量子デバイスから制御装置、アーキテクチャー(設計概念)、アルゴリズムに至るすべての技術階層で国内外の研究機関とのオープンイノベーションに乗り出す。富士通研究所の原裕貴社長が13日の会見で、理化学研究所、東京大学、大阪大学、オランダのデルフト工科大学と、それぞれの得意領域で共同研究を始めると表明した。量子ビットに生じる誤りを自動補正する「誤り耐性」機能を備...
3Picks
1つの教師データで映像から個別の要素作業を自動検出する技術を開発
MONOist
|
富士通研究所は、作業者1人の1回分の作業映像と、作業ごとに分割した映像を教師データとして学習させるだけで、要素作業を自動検出できる技術を開発した。多くの時間や教師データが必要だった、映像からの判別、分析作業を大幅に効率化する。
3Picks
富士通研究所が開発 Mビット級の大規模組み合わせ最適化問題を解いた新技術
ITmedia エンタープライズ
|
富士通研究所は、組み合わせ最適化問題解法アーキテクチャ「デジタルアニーラ」に向けた「並列探索技術」をトロント大学と共同で開発した。Mビット級の大規模問題に対応する。
2Picks
津波の浸水被害をリアルタイム予測するAI、富士通が富岳で開発 一般PCで動作
ITmedia NEWS
|
富士通研究所が、津波による沿岸部の浸水状況を高精度かつリアルタイムに予測するAIを開発したと発表した。教師データの作成と学習にスーパーコンピュータ「富岳」を活用しており、予測は一般的なPCでも数秒で実行できるとしている。
2Picks
富士通研、マスクありでも未着用時と同精度の顔認証技術を開発--レジなし店舗で実験へ
CNET Japan
|
富士通研究所は1月21日、顔情報で照合対象者を絞りこみ、手のひら静脈で本人を特定する非接触な生体認証を融合させたマルチ生体認証において、マスクを着用していてもマスク着用なしと同等レベル(99%以上の高精度)で本人特定が可能な認証技術を新たに開発したと発表した。
2Picks
富士通研究所、仮想ルーター高速化技術を開発--超高速のパケット処理性能を実現
ZDNet Japan
|
富士通研究所は、仮想環境におけるネットワーク処理の主要機能である仮想ルーターを高速化する技術を開発した。
1Pick
教師データなしでもAI技術の判断精度を向上
EE Times Japan
|
富士通研究所は、教師データなしでも入力データの特徴量を正確に捉えることができるAI技術「DeepTwin(ディープツイン)」を開発した。2021年度中の実用化を目指す。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ