新着Pick
SPD1PSQHQQPL0VSH

Amazon.com Inc

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
410 Terry Avenue North Seattle Washington United States
+1 206 266-1000
詳細を見る
代表者
Jeffrey P. Bezos (Chief Executive Officer,President,Chairman)
設立年月日
1994
従業員数
647,500 人
上場年月日
1997-05-01
上場市場
ナスダック,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
好調だった「FAANG株」に危険信号が点滅し始めた理由
Forbes JAPAN
|
かつて株式市場を牽引したFAANG銘柄(フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの親会社のアルファベット)の大半のパフォーマンスは、ここ1年ほどの間、S&P 500インデックスを下回っている。この事実は、市場が・・・
10Picks
GAFAのESG戦略に学べ、前のめりなアマゾンが開けた「パンドラの箱」
ビジネス+IT
|
米国の有力経済団体「ビジネス・ラウンドテーブル」が2019年8月18日、過去半世紀にわたって米財界が推進してきた株主第一主義を廃止すると発表した。米テック大手アマゾンも名を連ねたこの文書は、「株主利益のみの追求をやめ、今後は利益追求とともに、社会的責任を果たすことにも注力すべきだ」としている。同社では、Environment(環境)・Social(社会)・Governance(ガバナンス・企...
12Picks
プラットフォーム vs バーティカル、そして次の大きなアンバンドル - FoundX Review - スタートアップのノウハウ情報
FoundX Review - スタートアップのノウハウ情報
|
スタートアップに共通の、達成困難とも言える聖杯の1つは、おびただしい数の隣接産業の需要にうまく応えるデジタルプラットフォームを構築し、その世界における決定的なプラットフォームになることです。今では業界の標準となっている、こうしたプラットフォームの初期の例は、私たちにとって馴染みのあるものです。Amazon、eBay、Craigslistです。また、私たちは、その新しいデジタルプラットフォーム...
13Picks
Amazonが100以上の消費者サービスをOracleからAWSに移行
TechCrunch Japan
|
AWSとOracle(オラクル)は互いにやり合うことが好きだが、このところAmazon(アマゾン)の優勢が続いているから、実はAmazonはOracleの顧客だったと認めざるをえない状況になってしまった。というのも、米国時間10月15日のAWSのブログ記事で同社は、Oracle for AWSを廃止して最後のOracleデータベースを実質的に閉鎖したと発表した。 それは具体的には、7500近...
13Picks
トランプ大統領がゲーム実況向けTwitchで選挙集会をストリーミング
TechCrunch Japan
|
米国は来年秋の大統領選挙に向けて政治の季節に入りつつあるが、選挙集会のライブストリーミングプラットフォームとしてトランプ大統領はAmazonのTwtchを選んだ。 Twitchはもちろんゲームの世界では有名だが、政治を含めてそれ以外のコンテンツではこれまでさほど知られていなかった。 本人認証されたDonaldTrumpというTwitchアカウントは、まずReuters(ロイター)が発見した。...
531Picks
「伝え方はストーリーが9割」 アマゾン元執行役員が到達したPRの境地
Forbes JAPAN
|
スタートアップやベンチャーから、世界屈指の規模に成長した企業が現代にもある。そのなか「ソフトバンク」と「アマゾン」という2つの象徴的企業を含む広報部門を25年以上にわたって担ってきた小西みさを氏。とくにアマゾン ジャパンでは、現場の最高役職・・・
(35件の記事)
10Picks
オンワード600店閉鎖…ウラにある「アマゾン・エフェクト」の破壊力
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
アマゾンなどネット通販のシェア拡大によって既存のリアル店舗が致命的な打撃を受ける「アマゾン・エフェクト」がいよいよ本格化してきた。これまではネット通販の拡大に危機感を感じるというレベルだったが、それは過去の話である。ネット通販がビジネスの標準形であるとの意識を持てない企業は、確実に淘汰されてしまうだろう。
14Picks
アマゾン大阪を1.6倍に拡張 事務所面積、300人体制
共同通信
|
アマゾン大阪を1.6倍に拡張 アマゾンジャパンは15日、大阪市北区の大阪オフィスを従来比約1.6倍に拡張したと発表した。現在約20...
11Picks
ジェフ・ベゾス肝いり! Amazonが「謎の通信規格」をつくる理由(西田 宗千佳)
ブルーバックス | 講談社
|
オーディオの世界では現在、「空間オーディオ」の波が起ころうとしている──
23Picks
世界最大のEC企業「アマゾン」が物流でチャレンジ続けるワケ
日経BizGate
|
この連載では、先進的な物流の取り組みをしている企業を紹介します。著者ができるだけ現地に足を運び、直接体験・取材してきた情報を、自分なりに解釈して解説します。第1回ではアマゾン・ドット・コムを扱います。◇  ◇  ◇ アマゾン・ドット・コム…
20Picks
Amazonが中国EC市場から撤退する理由とは?最新の中国EC市場事情
日本美食のブログ
|
-2019 China Conference Vol.3イベントレポート- 本記事は、第3回China Conference「-検索しても出てこない、中国ユニコーン企業解説 EC編-」の内容を書き起こしたものです。 目次: なぜアマゾンは中国から撤退するのか? 中国のEC市場で勝ち残るための2つのキーワードとは? 淘宝網(タオバオ)がAmazonと決定的に違うのは「副業モデル」 ビッグプレイ...
14Picks
アマゾンによるインフルエンサーのファッションD2C事業 初の日本人参加者、鈴木えみに聞く製作秘話
WWD JAPAN.com
|
アマゾン(AMAZON)が主催する、世界各国のインフルエンサーが手掛けたコレクションをゲリラ販売するファッションD2Cプロジェクト「ザ・ドロップ(THE DROP)」。同社のファッション分野では初となるグローバル規模の本プロジェクトでは、アイテムは全て受注生産。新アイテム公開後30時間限定で注文を受け付ける。そんな「ザ・ドロップ」から9人目にして初の日本人インフルエンサー、鈴木えみが手掛けた...
20Picks
アマゾンが日本で偽造品対策、参加メーカーに削除権限
ニュースイッチ
|
アマゾンジャパン(東京都目黒区)は9日、日本で偽造品対策「プロジェクト・ゼロ」を始めたと発表した。世界中で毎日更新されるインターネット通販「アマゾン」の約50億件の商品情報を自動で人工知能(AI)に
280Picks
アマゾンに行政指導 個人情報11万件 他人に表示の可能性で
NHKニュース
|
先月、ネット通販大手のアマゾンのサイトで個人情報が誤って表示された問題で、政府の個人情報保護委員会はアマゾンに対し、再発…
13Picks
「いいね!」数のわからないSNSを、あなたは受け入れられますか | 松村太郎の「FAANGウォッチ」
クーリエ・ジャポン
|
世界に多大な影響をもたらすFAANG(ファング。フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの総称)の最新の動向を分析する本連載。今週は、フェイスブックが作りあげた「いいね!」という“SNSの評価軸”を自ら一新しようとしている意図について解説する。シリコンバレーの都市、メンロパークに本拠地を構えるフェイスブック。もともとサン・マイクロシステムズのキャンパスだった場所を本社屋として
344Picks
サイゼリヤ、お釣をAmazonギフト券で受け取ると2%分増額。都内6店舗
Impress Watch
|
イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、「飲食代金のお釣をAmazonギフト券で受け取れるサービス」を都内6店舗で実施。現金払いでお釣をAmazonギフト券で受け取ると、2%分増額されたギフト券を受け取れる。
12Picks
米大手小売銘柄比較:アマゾンとウォルマート
ZUU Online|経済金融メディア
|
モトリーフール米国本社、2019年7月13日投稿記事より アマゾン(NASDAQ:AMZN)とウォルマート(NYSE:WMT)は、米小売市場を支配し、そして世界に進出しています。 業績拡大に比例して、両社の株価は上昇しています。 それでは、現時点ではどちらの株が優れているのでしょうか。 両社の競争戦略、財務基盤、成長性、バリュエーションを見てみます。 ■ 競争戦略 27カ国にある11万以上の...
73Picks
アマゾン、日本での“ニセ商品”の撲滅に本腰--自動検知やセルフ削除ツールで撃退へ
CNET Japan
|
アマゾンジャパンは10月9日、偽造品の撲滅を目指すプロジェクト「Project Zero」を日本でも開始した。3つの機能を通じて、通販サイト「Amazon.co.jp」からニセモノ商品を一掃したい考えだ。
16Picks
マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演
TechCrunch Japan
|
Microsoft(マイクロソフト)のCEOであるサティヤ・ナデラ氏は、ワシントンで開催されたカンファレンス「Microsoft Government Laders Summit」で講演し、Azureクラウドを「世界のコンピューター」だとしたものの、「エッジコンピューティングこそ未来だ」と述べた。 Amazon(アマゾン)やGoogle(グーグル)などクラウドコンピューティングを主力業務とす...
68Picks
再配達のムダをなくす。在宅情報を共有し、利⽤者と物流会社をつなげるサービス「TODOCU」
Forbes JAPAN
|
アマゾンや楽天をはじめとするネット通販が普及し、家にいながらにして買い物ができる便利な時代になった。その一方で、宅配便の個数は増加している。中でも社会問題化しているのが「再配達」だ。その数は年間約80万個。1年間で人件費にして約9万人分、金・・・
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ