新着Pick
SPD1PSQHQQPL0VSH

Amazon.com Inc

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またの一つである。 ウィキペディア
410 Terry Avenue North Seattle Washington United States
+1 206 266-1000
詳細を見る
代表者
Jeffrey P. Bezos (Chief Executive Officer,President,Chairman)
設立年月日
1994
従業員数
647,500 人
上場年月日
1997-05-01
上場市場
ナスダック,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
世界最大のEC企業「アマゾン」が物流でチャレンジ続けるワケ
日経BizGate
|
この連載では、先進的な物流の取り組みをしている企業を紹介します。著者ができるだけ現地に足を運び、直接体験・取材してきた情報を、自分なりに解釈して解説します。第1回ではアマゾン・ドット・コムを扱います。◇  ◇  ◇ アマゾン・ドット・コム…
15Picks
Amazonが中国EC市場から撤退する理由とは?最新の中国EC市場事情
日本美食のブログ
|
-2019 China Conference Vol.3イベントレポート- 本記事は、第3回China Conference「-検索しても出てこない、中国ユニコーン企業解説 EC編-」の内容を書き起こしたものです。 目次: なぜアマゾンは中国から撤退するのか? 中国のEC市場で勝ち残るための2つのキーワードとは? 淘宝網(タオバオ)がAmazonと決定的に違うのは「副業モデル」 ビッグプレイ...
14Picks
アマゾンによるインフルエンサーのファッションD2C事業 初の日本人参加者、鈴木えみに聞く製作秘話
WWD JAPAN.com
|
アマゾン(AMAZON)が主催する、世界各国のインフルエンサーが手掛けたコレクションをゲリラ販売するファッションD2Cプロジェクト「ザ・ドロップ(THE DROP)」。同社のファッション分野では初となるグローバル規模の本プロジェクトでは、アイテムは全て受注生産。新アイテム公開後30時間限定で注文を受け付ける。そんな「ザ・ドロップ」から9人目にして初の日本人インフルエンサー、鈴木えみが手掛けた...
20Picks
アマゾンが日本で偽造品対策、参加メーカーに削除権限
ニュースイッチ
|
アマゾンジャパン(東京都目黒区)は9日、日本で偽造品対策「プロジェクト・ゼロ」を始めたと発表した。世界中で毎日更新されるインターネット通販「アマゾン」の約50億件の商品情報を自動で人工知能(AI)に
279Picks
アマゾンに行政指導 個人情報11万件 他人に表示の可能性で
NHKニュース
|
先月、ネット通販大手のアマゾンのサイトで個人情報が誤って表示された問題で、政府の個人情報保護委員会はアマゾンに対し、再発…
14Picks
「いいね!」数のわからないSNSを、あなたは受け入れられますか | 松村太郎の「FAANGウォッチ」
クーリエ・ジャポン
|
世界に多大な影響をもたらすFAANG(ファング。フェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの総称)の最新の動向を分析する本連載。今週は、フェイスブックが作りあげた「いいね!」という“SNSの評価軸”を自ら一新しようとしている意図について解説する。シリコンバレーの都市、メンロパークに本拠地を構えるフェイスブック。もともとサン・マイクロシステムズのキャンパスだった場所を本社屋として
12Picks
米大手小売銘柄比較:アマゾンとウォルマート
ZUU Online|経済金融メディア
|
モトリーフール米国本社、2019年7月13日投稿記事より アマゾン(NASDAQ:AMZN)とウォルマート(NYSE:WMT)は、米小売市場を支配し、そして世界に進出しています。 業績拡大に比例して、両社の株価は上昇しています。 それでは、現時点ではどちらの株が優れているのでしょうか。 両社の競争戦略、財務基盤、成長性、バリュエーションを見てみます。 ■ 競争戦略 27カ国にある11万以上の...
342Picks
サイゼリヤ、お釣をAmazonギフト券で受け取ると2%分増額。都内6店舗
Impress Watch
|
イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、「飲食代金のお釣をAmazonギフト券で受け取れるサービス」を都内6店舗で実施。現金払いでお釣をAmazonギフト券で受け取ると、2%分増額されたギフト券を受け取れる。
73Picks
アマゾン、日本での“ニセ商品”の撲滅に本腰--自動検知やセルフ削除ツールで撃退へ
CNET Japan
|
アマゾンジャパンは10月9日、偽造品の撲滅を目指すプロジェクト「Project Zero」を日本でも開始した。3つの機能を通じて、通販サイト「Amazon.co.jp」からニセモノ商品を一掃したい考えだ。
16Picks
マイクロソフトのナデラCEOが「コンピューティングの未来はエッジにある」と講演
TechCrunch Japan
|
Microsoft(マイクロソフト)のCEOであるサティヤ・ナデラ氏は、ワシントンで開催されたカンファレンス「Microsoft Government Laders Summit」で講演し、Azureクラウドを「世界のコンピューター」だとしたものの、「エッジコンピューティングこそ未来だ」と述べた。 Amazon(アマゾン)やGoogle(グーグル)などクラウドコンピューティングを主力業務とす...
68Picks
再配達のムダをなくす。在宅情報を共有し、利⽤者と物流会社をつなげるサービス「TODOCU」
Forbes JAPAN
|
アマゾンや楽天をはじめとするネット通販が普及し、家にいながらにして買い物ができる便利な時代になった。その一方で、宅配便の個数は増加している。中でも社会問題化しているのが「再配達」だ。その数は年間約80万個。1年間で人件費にして約9万人分、金・・・
13Picks
【シンガポール】アマゾンEC事業、東南アジア初の本格始動[商業]
NNAアジア経済ニュース
|
【シンガポール】アマゾンEC事業、東南アジア初の本格始動[商業] 米インターネット通販大手のアマゾン・コムは8日、シンガポールで電子商取引(EC)事業を本格的に開始す...
24Picks
目指せ、ピタゴラスイッチ。EC・物流がいま熱い理由【市橋邦弘】
Agenda note
|
ZOZO買収、アマゾン「置き配」…EC界隈が熱い!  こんにちは。今回から連載を担当させていただきます市橋と申します。かれこれ20年以上EC関連の仕事をしておりまして、最近ではIoTやRPAを活...
23Picks
温暖化で氷河から溶け出した水が、大量の二酸化炭素を吸収している:調査結果から明らかに
WIRED.jp
|
一般的な河川は二酸化炭素の発生源となる。ところが、温暖化の影響で北極の氷河から溶け出した融解水の川は、アマゾンの熱帯雨林を上回る勢いで二酸化炭素を吸収している──。そんな驚きの調査結果が発表された。この発見は、二酸化炭素を巡る複雑なサイクルを理解する鍵となる可能性を秘めている。
164Picks
10年間好調だった米主要IT5社、今後はどうなる
Forbes JAPAN
|
米主要IT企業5社を表す「FAANG」(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグルの頭文字をとった略称)は、アメリカ人たちの日常的なオンライン活動において、かなりの割合を占めている。10年前からずっと事業拡大を続けてきた・・・
36Picks
今注目すべきAI株3選:アマゾン、オクタ、アクセンチュア
ZUU Online|経済金融メディア
|
モトリーフール米国本社、2019年7月17日投稿記事より 仮想現実、自動運転車、IoT(モノのインターネット)など、テクノロジーの次の波には、AI(人工知能)が大きく関係しています。 経営コンサルタントのマッキンゼーは、AIが2030年までに世界経済に13兆ドル(約1400兆円)の付加価値をもたらすと予想しています。 以下で、注目すべき3つのAI株である、アマゾン(NASDAQ:AMZN)、...
10Picks
ヤマト赤字転落、株価は1年で半減へ。Amazonに媚びない3つの改革で業績復活なるか?=栫井駿介
マネーボイス
|
ヤマトHD<9064>の株価下落が続いており、この1年で株価は半分になりました。ネット通販の拡大で需要は旺盛な中、いったい何が起きているのでしょうか。
307Picks
レジなし店舗「Amazon Go」の技術、空港や映画館にも展開予定か
CNET Japan
|
米アマゾンは、レジなし店舗「Amazon Go」の技術を他の小売業者にも拡大することで協議中だと報じられている。
57Picks
日本企業も熱視線、世界のクラウド市場で急成長するAlibaba Cloudの魅力
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
中国ではGoogleもAmazonもFacebookもない、独自のインターネットが発展している。特にここ数年はAlipay、WeChat Payといったスマートフォンを用いた電子決済が浸透し、それ…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ