新着Pick
SPD1PHMGN37GNZI0

ローランド 株式会社

ローランド株式会社(英語: Roland Corporation)は、日本の大手電子楽器メーカー。自らが創業したエース電子工業を退社した梯郁太郎が、1972年(昭和47年)に大阪市で創業。長らく、本社・広報機能を大阪に、製造・研究開発拠点を静岡県浜松市に置いていたが、2005年(平成17年)に、本社を浜松に移転した。 ウィキペディア
静岡県浜松市北区細江町中川2036番地の1
053-523-0230
詳細を見る
概要
スタジオ、ライブ向けのプロ用から家庭用まで、多様な楽器ジャンルの製品を展開する総合電子楽器メーカー。主にシンセサイザー、デジタルピアノ、電子オルガン、電子ドラム、ミキサー、DJ機器、ギターアンプや半導体の製品を開発・製造・販売する。ヤマハやカワイとともに、日本を代表する楽器メーカーのひとつである。

初期には、電気楽器(エレキギター、エレキベース)の演奏時に音色を加工する機器「エフェクター」や演奏用スピーカーアンプ(ジャズ・コーラス JCシリーズ JC-120など)、プリセット式のリズムマシン、音響ミキサーの製造を行っている。1973年(昭和48年)からはシンセサイザーやエレクトロニックピアノなどの製造も手がけるようになった。1970年代後半には、富士弦楽器(現・フジゲン)との合弁で「富士ローランド」を設立し、ギターシンセサイザーの製造を開始した。

1977年には音楽用デジタルシーケンサー、マイクロコンポーザーMC-8を発表。以降コンピュータと電子楽器の連携に注力し、1981年にはヤマハ、シーケンシャル・サーキット等と共にMIDI規格を提唱した。

社名は中世ヨーロッパの叙事詩である『ローランの歌』の主人公ローランからとられている 。創業者の梯は日本国外への展開を考え、どの国の言葉で発音してもよく聞こえるような2音節からなる響きのよい社名を探し、まず「R」から始まる言葉にすることを決めた。これは創業当時の電子楽器業界ではRから始まる社名があまり使われておらず、イニシャル1文字で社名を書いたときに都合がよいと考えたからであったという。これらの条件にあてはまる単語として最終的に「ローランド」が選ばれた。

大輪会の会員企業である。


シンセサイザー事業


70〜80年台半ばまではモノフォニック(単音)/ポリフォニック(4〜12音)のアナログ・シンセサイザーを製造販売。1987年には同社初のフルデジタル・シンセサイザーD-50を発表、ヒット商品となった。その後デジタルが主流の時代になると、プロやハイアマチュア向けに拡張ボードで波形を供給できる音源モジュールJVシリーズ、XVシリーズを発表した。2000年代以降は、ライブ向けの軽量シンセサイザー、シーケンサー搭載のワークステーション型シンセサイザーなどの製品を中心に販売している。その一方で、クラブ音楽等で根強いアナログ式音源へのニーズを意識した、デジタル信号処理でアナログ音源を再現したアナログ・モデリング方式の製品も展開。近年は完全アナログ方式を望む声に合わせ、デジタル・アナログ統合型のシンセサイザーや、他社との協業企画によるフル・アナログ音源なども製品ラインナップに加えている。


DTM関連事業


MIDI規格が制定された後、同社はMT-32等、様々な楽器音をマルチパートで同時発音できる音源モジュール製品を開発。これにパソコン用シーケンサー・ソフトウエアを付属させたパッケージ商品(「ミュージくん」など)を発売し、生演奏ではなくコンピュータにデータを入力することで楽器を演奏する手法(狭義のDTM)を提唱した。このようなパッケージは特に日本国内で受け入れられ、ホビー層を中心に高い人気を得た。1990年代にはDTM向けに特化した音源モジュールとしてGSフォーマット音源SCシリーズを発売。同フォーマットは、後に通信カラオケデータの標準音源としても活用された。


電子ピアノ事業


早くから取り組みがなされ、創業2年目の1973年には、アナログ音源電子ピアノ EP-10、翌74年には純電子方式としては初めて鍵盤タッチによる強弱表現を可能にしたEP-30を発売した。1986年にはSA(Structured Adaptive)方式デジタル音源を備えたプロ向けステージピアノ「RD-1000」を発売。従来にない表現力・リアルさを実現した同音源は、「HP」シリーズをはじめとする家庭用モデルにも転用された。その後も30年以上に渡り、88鍵個別サンプリング音源、ピアノの構造や弦素材をモデリングする「V-Piano」音源など、ピアノに特化した様々な音源方式を導入。また鍵盤機構や、家庭用モデルの再生系、ペダル機構、外観デザイン等についても、アコースティックピアノをよりリアルに再現すべく技術開発が繰り返されている。現在、デジタルピアノ市場においてはヤマハ、カワイ、他各社と並ぶ主要ブランドとなっている。


電子ドラム・打楽器関連事業


打楽器事業には、1985年「OCTAPAD」(初代・音源を内蔵しないMIDIパッドコントローラー)の発売により本格参入した。ほぼ同時期には同社初のフルドラムキットであり、アナログ電子音源の「αドラム」を発売。同カテゴリで先行していた英SIMMONS社を追う形で、数年に渡り販売した。90年代前半には「コンパクト・ドラム・システム」にコンセプトを改めて電子ドラム製品を復活。PCM音源によるリアルな生ドラム音と小型パッドの組み合わせにより、場所を取らずヘッドホンも使える練習キットとして人気を呼んだ。1997年には、独自開発のメッシュヘッド(打感や静粛性に優れた網状素材の打面)や新音源などを備え、よりアコースティックドラムに近い演奏感を実現した「V-Drums」シリーズを発売。以降同シリーズを基幹製品とし、主な電子ドラムメーカーのひとつとして事業を継続している。この他、サンプリング・パッドや電子音源を組み合わせたカホンなど、ドラムス以外の電子打楽器もしばしば製品化している。


レコーディング機器事業


1995年、ハードディスクに演奏を記憶して楽曲作成ができるVS-880を発表。追って関係会社のボス(後に吸収合併)からも、ギタリスト向け仕様のハードディスク/メモリーレコーダーを発売した。また2000年代前半には、小型高音質フィールドレコーダー(Rシリーズ)を市場に投入した。


プログラマブル・リズムマシン〜ダンスミュージック向け製品


同社は80年代、プログラム可能なリズムマシン「TR-808」「TR-909」、ベース音源「TB-303」などを市場に投入。生産完了後、その独特のアナログサウンドが主にクラブ/ダンスミュージックのアーティストに評価され重用された。これを背景に、90年代後半頃から10年間ほどに渡り、クラブ/ダンスミュージック向けのハードウエア製品(MC-303/505系やSPシリーズのサンプラーなど)に注力した。2014年以降は、同分野に再び参入する形で新製品 (AIRA シリーズ、Boutique シリーズ)を展開している。


その他の事業分野


楽器商品としては、2016年同社初のデジタル管楽器「エアロフォン」を発売し、管楽器分野への参入を果した他、サブスクリプション方式によるソフトウエア音源提供サービス「Roland Cloud」も立ち上げ、DAWプラグイン音源事業の取り組み強化を打ち出している。楽器関連以外の事業としては、業務用音響機器(デジタルミキサーなど)の開発・販売、海外ブランドのオーディオ周辺機器(ヘッドホンやモニタースピーカーなど)の輸入販売、音楽教室の運営なども行っている。
代表者
代表取締役社長 三木 純一
設立年月日
1972-04-18
従業員数
2,601 人
上場年月日
2020-12-16
平均年齢
45 歳
平均年収
6,908,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
86Picks
ウェルスナビ株の初値1725円-マザーズ上場、今年の大型案件
Bloomberg
|
ロボットが資産運用するロボアドバイザー国内最大手のウェルスナビが東証マザーズに22日新規上場した。公開価格から計算される時価総額は517億円。今年のIPOでは雪国まいたけ(877億円)とローランド(848億円)に次ぐ規模で、再上場のIPOを除くと最大となる。
47Picks
ピコ太郎「PPAP」支えた名器の生みの親、ローランドきょう再上場
Bloomberg.com
|
世界中で人気を博したピコ太郎さんの楽曲「ペンパイナッポー・アッポーペン(PPAP)」の独特のサウンドには、リズムマシン「TR-808」が一役買っていた。この名器を生み出したローランドが16日、東京証券取引所1部に再び上場する。船出しやすい市場環境の中で関係者の関心は強い。
51Picks
ローランド、MBOをめぐる泥沼化の構図
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
シンセサイザーなど電子楽器の大手、ローランドが揺れている。事の発端は、5月14日に三木純一社長をはじめとする経営陣が発表したMBO(経営陣による買収)だ。「自分の作った会社を人生の最後にファンドに持っていかれるなんて、いくら何でも情けない」。ローランドの梯(かけはし)郁太郎・特別顧問は憤りをあらわにする。
48Picks
多面体のグランドピアノ ローランドがCESで参考展示 Android搭載
ITmedia NEWS
|
ローランドが電子ピアノのコンセプトモデルを発表。多面体でキャビネットを構成した近未来的なグランドピアノだ。
41Picks
ローランド社長がMBOに込めた改革の思い
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
MBO(経営陣による買収)をめぐり揺れている、電子楽器の老舗・ローランド。創業者である梯(かけはし)郁太郎氏は、ローランドの経営と短期的な利益を追求する投資ファンドの手法は相性が悪いと指摘。MBOに反対している。音楽界の“レジェンド”である創業者の反発に、経営陣は何を思うのか。ローランドの三木純一社長に聞いた。
26Picks
「貧困不良少年」が経済学のスターになった! | トレンド | 東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
|
4月下旬に「ノーベル賞に最も近い」と言われる、ジョン・ベイツ・クラーク賞を受賞したローランド・フライヤー氏はあらゆる意味で規格外だ。
20Picks
ローランド創業者はなぜMBOに反対なのか
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
電子楽器の老舗・ローランドが、MBO(経営陣による買収)をめぐり揺れている。TOB(株式公開買い付け)の期限が6月25日に迫る中、筆頭株主であるローランド芸術文化振興財団がこれに応じるかが確定していないのだ。その理由は、財団の理事長でローランドの創業者でもある梯(かけはし)郁太郎氏がMBOに反対していること。今回のMBOにどのような問題を感じているのか。梯氏を直撃した。
19Picks
ホスト界の帝王「ローランド」が中国で大ウケ。中国でバズる日本コンテンツの共通項
キャリアハック
|
カリスマホストのローランドさんが、いま中国で大人気になっている。山下智久さんや小嶋陽菜さんなど、中国進出する有名人も後を立たない。なぜ日本人は中国でウケる? どんな人が人気者に? 中国で66万フォロワーを持つインフルエンサー(KOL)、松浦文哉さんに実態を聞いた。
15Picks
ローランドTOB、ファンドによる「乗っ取り」か?実質的買収で非上場化、業績悪化懸念も
ビジネスジャーナル
|
電子楽器大手のローランド(浜松市、東証1部上場)は7月14日、経営陣による自社買収(MBO)に向けた株式公開買い付け(TOB)を終了させた。取得した株は全体の82.92%で、TOBの成立を受け、10...
15Picks
ローランド、深まる混迷株主総会で創業者と経営陣が激しく対立、ファンドの乗っ取りか
ビジネスジャーナル
|
電子ドラム、電子ピアノなど電子楽器専業のローランド(浜松市、東証1部上場)の株主総会は6月27日、浜松市内で開かれた。MBO(経営陣が参加する買収)に向けたTOB(株式公開買い付け)期間中に総会が開...
13Picks
ローランド創業者の梯氏死去
ニフティニュース
|
電子楽器メーカー「ローランド」(浜松市)の創業者として知られる梯郁太郎(かけはし・いくたろう)さんが1日に死去していたことが分かった。 87歳。告別式は親族のみで行う。 大阪府出身。電器店経営などを…
13Picks
ローランドMBOに参画した米ファンドの本音
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
ローランドのMBO(経営陣による買収)に参画した米ファンド、タイヨウ・ファンド。創業者である梯郁太郎氏が強く反対する中、渦中のファンドとローランド経営陣はどう考えるのか。来日したタイヨウ・ファンドのブライアン・ヘイウッドCEOと、ローランドの三木純一社長に聞いた。
12Picks
【レポート】数字からファッション業界の未来を考える
Fashionsnap.com 最新記事
|
2017年2月3日、企業向けにコンサルティングを行っている、株式会社ローランド ・ ベルガーが、ファッション/アパレル産業における市場のレポートを公開した。この業界に携わっている人は、すでに目を通している方が多いだろう。ここでは、その業界にいる人の間では出回っているが、そうでなければ目にすることがない、このような情報を、噛み砕いて紹介する。ファッション業界への進む、若者の道を照らすことができ...
12Picks
ローランド、MBOに向けたTOBが成立 上場廃止へ
s.nikkei.com
|
 電子楽器のローランド(7944)は15日、経営陣が参加する買収(MBO)に向け、三木純一社長が代表取締役を務める特別目的会社の常若コーポレーション(東京・港)が実施していた株式公開買い付け(TOB)
12Picks
ローランドMBOのワケ
Nikkei Business
|
 業績不振が続く楽器メーカー大手のローランド。この状況を打破するため、同社はMBO(経営陣による企業買収)の実施に踏み切った。7月15日、ローランドはMBOの成立を発表、9月の臨時株主総会を経て10月下旬に上場廃止となる予定だ。
12Picks
ローランド総会、創業者と社長が激しい応酬
東洋経済オンライン|新世代リーダーのためのビジネスサイト
|
6月27日。浜松駅前、遠鉄百貨店・新館8階の「えんてつホール」で開催されたローランドの定時株主総会は、TOB(株式公開買い付け)期間中に株主総会を開く異例の事態となった。TOBの最終日を、当初予定の6月25日から7月14日までに延長したためだ。
11Picks
構造改革にはMBOが必要――三木純一・ローランド社長インタビュー - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート
Diamond Online 経済・時事
|
電子キーボードで有名なローランド。電子音楽の規格である「MIDI」を開発したとして、創業者がグラミー賞を受賞したこともある名門企業のローランドが、5月14日、MBOを実施し上場を廃止すると発表した。その狙いはどこにあるのか、三木純一社長に聞いた。
11Picks
完全ワイヤレスに進化した「電子和太鼓」 ローランドと鼓童が試作機を披露
ITmedia NEWS
|
ローランドが太鼓芸能集団「鼓童」と共同開発している「電子和太鼓」の最新試作機を発表。軽量化とワイヤレス化により、演奏者が舞台上で自由に動けるようになった。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ