新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1P8XC8XH7LRW1

セイコーインスツル株式会社

セイコーインスツル株式会社(英語: Seiko Instruments Inc.)は、千葉県千葉市美浜区の幕張新都心に本社を置くマイクロメカ・腕時計・電子デバイス・情報システム機器・計測分析機器等の製造メーカー。略称SII(エスアイアイ)。 ウィキペディア
千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目8番地
詳細を見る
概要
セイコーホールディングスとセイコーエプソンとともに「セイコーグループ」の中核企業であり、創業者一族の服部家を主要株主とする未公開(非上場)企業であった(2007年度に上場要件を満たすことを目標としていた)が、2009年10月にセイコーホールディングスと経営統合して、同社の完全子会社となった。
代表者
村上斉(代表取締役社長)
設立年月日
1937-09-07
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
302Picks
ネットで何でも検索できる時代電子辞書は生き残れるのか
J-CASTニュース
|
   セイコーホールディングス傘下のセイコーインスツル(SII)が2015年3月末で電子辞書事業から撤退する。市場が成熟して電子辞書の需要が落ちているのに加え、スマートフォンやタブレット端末の普及で需要が回復しないと見て、撤退を決めた。 続きは「J-CASTニュース」へ
46Picks
セイコーインスツル、「電子辞書」事業から撤退へ
CNET Japan
|
セイコーインスツルは、2015年3月末をもって電子辞書事業から撤退することを発表した。
22Picks
イギリス人「日本のセイコーの時計工場を見学をしてきた」セイコーの時計生産現場に対する海外の反応 : すらるど - 海外の反応
すらるど - 海外の反応
|
credit:timezone.com世界最大の時計会社であるセイコー。セイコーインスツルの盛岡工場の見学に行った様子が海外のサイトに紹介されていました。引用元:timezone.com
17Picks
世界初「リフロー実装」MS系リチウム電池、SIIが開発
ニュースイッチ
|
セイコーインスツル(SII、千葉市美浜区、小林哲社長、043・211・1111)は、リフローハンダ付けに対応したマンガン―シリコン(MS)系リチウム二次電池「MS621R」「同421R」を開発した。リフロー実装が可能なMS系リチウム二次電池は世界初。MS621Rは8月に、同421Rは10月にサンプル出荷を開始予定。サンプル価格は各500円(消費税抜き)を予定する。 仙台事業所(仙台市青葉区)...
7Picks
セイコーが半導体事業を分社 提携先候補にルネサスも浮上 - inside Enterprise
Diamond Online 企業・産業
|
知る人ぞ知る企業が次なる半導体再編の台風の目となるかもしれない。セイコーホールディングス(HD)傘下の半導体事業子会社、セイコーインスツル(SII)が、事業を分割し日本政策投資銀行との合弁会社として新たに編成し直すと発表したのだ。7月中にも正式契約を結び、2015年度第3四半期中の会社設立を目指すという。
6Picks
国内半導体再編のキープレーヤー SIIセミコンダクタ
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|特別インタビュー
|
今後の国内半導体産業を占ううえで、欠かせないキープレーヤーが存在する。1月から本格的に事業を開始したエスアイアイ・セミコンダクタ(株)(SIIセミコンダクタ)だ。セイコーインスツルの半導体事業を分社化、(株)日本政策投資銀行(DBJ)との共同出資により誕生した新生アナログ半導体メーカーは、世界のトップ5入りを目標に掲げており、今後M&Aなどを積極的に進めていく考えを表明している。会長の藤井美...
5Picks
エイブリック株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ - ミネベアミツミ
ミネベアミツミ株式会社
|
ミネベアミツミ株式会社は、2019年12月17日付の取締役会決議により、エイブリック株式会社の株式を取得し、子会社化することについて決定し、2019年12月17日付で株式会社日本政策投資銀行及びセイコーインスツル株式会社と本株式取得に係る株式譲渡契約を締結致しましたので、お知らせ致します。
5Picks
アナログ半導体「再編」台風の目、SIIセミコンが車載向けセンサーに参入
ニュースイッチ
|
エスアイアイ・セミコンダクタ(SIIセミコン、千葉市美浜区)は、車載向けセンサー事業に本格参入する。まず2016年度内に磁気を検知するホールICの量産を始め、その後、温度センサーなどにラインアップを広げる。自動車のIT化に伴って車載向けセンサー市場が伸びる見通し。SIIセミコンは、小型サイズと省エネ性を特徴とする製品を開発し、需要を取り込む。 SIIセミコンはセイコーインスツル(SII)の半...
4Picks
「頼れない精神」が突き動かす、新生エイブリックの熱意
EE Times Japan
|
2018年1月から、「エイブリック」として営業を開始したアナログ半導体メーカーの旧エスアイアイ・セミコンダクタ。名称の変更が示すように、筆頭株主はセイコーインスツル(SII)から日本政策投資銀行(DBJ)へと変わっている。SIIから巣立ち、独立したアナログ半導体メーカーとして、エイブリックはどのように進んでいくのか。社長の石合信正氏に聞いた。
4Picks
リフロー実装対応、SIIのMS系リチウム二次電池
EE Times Japan
|
セイコーインスツル(SII)は、リフローによる実装を可能としたマンガン-シリコン(MS)系リチウム二次電池2品種を開発した。
4Picks
FIELD system対応の小型CNC内面研削盤、内径100mmまで加工可能
MONOist
|
セイコーインスツルは、6インチスクロールチャックを搭載したCNC内面研削盤「STG-6N」を発売した。1600×1615×1320mmのコンパクト設計ながら、内径φ100mmまで加工できる。
4Picks
エスアイアイ・セミコンダクタ、2018年に社名を変更
EE Times Japan
|
セイコーインスツル(SII)の子会社であるエスアイアイ・セミコンダクタは、2018年1月5日の予定で、社名を「エイブリック(ABLIC)」に変更する。
3Picks
作業員の安全を見守る、腕時計型バイタルサインの新モデルを発売
MONOist
|
セイコーインスツルは、建設現場などで作業員の安全を見守る「腕時計型バイタルセンサ」に改良を加え、実用性を向上させた新型モデルを発表した。時刻、体表面温度、脈拍を表示する液晶画面を新たに設置している。
3Picks
東北大、シリコンベースのUVセンサーを開発
EE Times Japan
|
東北大学は、セイコーインスツルの子会社と共同で、シリコンを使ったUV(紫外線)センサー用フォトダイオードの量産化技術を開発した。2個のフォトダイオードを組み合わせることで、日焼けやシミなどの原因となるUVをスマートフォンなどで簡便に計測することが可能となる。
3Picks
SIIとDBJ、半導体新会社設立で正式合意
EE Times Japan
|
セイコーインスツル(SII)と日本政策投資銀行(DBJ)は2015年9月8日、共同出資により半導体事業新会社を設立することで正式契約に至ったと発表した。
3Picks
1.2mm角サイズの1セル用リチウムイオン電池保護IC
EDN Japan
|
セイコーインスツルは、1.2mm角モールドパッケージに搭載した1セル用リチウムイオン電池保護IC「S-8240Aシリーズ」を発売した。動作時消費電流は1.5μAと低消費電流のため、機器のバッテリー駆動時間延長にも役立つという。
3Picks
電池式で約1年稼働、サブGHz帯で通信する腕時計型バイタルセンサー
MONOist
|
セイコーインスツルは、腕時計型のバイタルセンサーを2018年5月より提供開始する。使用者の体温や心拍などを無線で発信し、健康状態の監視に活用できる。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ