新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1K1BAHN042QO8

三和酒類株式会社

三和酒類株式会社(さんわしゅるい)は、大分県宇佐市に本社を置く酒類総合醸造企業である。 ウィキペディア
大分県宇佐市大字山本2231番地の1
詳細を見る
概要
「下町のナポレオン」として知られる麦焼酎「いいちこ」をはじめ、清酒、ワイン、ブランデー、リキュールなどを生産している。

課税移出数量は、日本国内の単式蒸留焼酎(焼酎乙類)メーカーで2位(2015年現在)。

大量生産の一方で、醸造研究所内に「虚空乃蔵」(こくうのくら)を設けて、常圧蒸留などの製法や原材料にこだわった焼酎の研究を行い、そこから生まれた『杜翁』などの焼酎を限定販売している。

支店や営業所は置いていない。商社や問屋に販売を任せる戦略を取ることで、地方拠点企業特有の全国レベルの営業力の弱さをカバーしている。
代表者
代表取締役社長 和田久継
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
660Picks
いいちこのポスターに隠されたデザイン
NewsPicks編集部
|
「下町のナポレオン」として広く知られる「いいちこ」。つくっているのは、大分県宇佐市に社を構える三和酒類だ。 焼酎として有名であるとともに、アートディレクターの河北秀也氏を中心につくられる駅張りポ...
176Picks
ポスターと酒造りが、いいちこの両輪
NewsPicks編集部
|
──どうして三和酒類のいいちこの広告は、ここまで長く、同じ息遣いで続けられているのでしょうか。 西:河北さんが最初に言っていたのはイメージ。「厚みが必要なんだ。良いイメージを積み重ねて厚みをつく...
47Picks
麦焼酎「いいちこ」の反撃始まる
Nikkei Business
|
 芋焼酎の「黒霧島」(通称クロキリ)を発売する宮崎県の霧島酒造は2012年、それまで本格焼酎業界でトップに君臨していた大分県の三和酒類を売上高で抜き、トップに立った。クロキリ発売から14年目のことだった。
9Picks
【ブランド広告の本質】『いいちこ』が宣伝部を作らずに3億から500億のブランドになった話
note(ノート)
|
先日の記事がnote/twitter/newspicksでもシェアしていただいております。 『資産になるブランド広告』と「消費されるキャンペーン広告」の違いについて では、どんなブランド広告が良いかは『いいちこ』の広告を「ブランド広告」として紹介しております。 こちらの記事で、広告を打っていなかった三和酒類さんが、外部のアートディレクターの河北さんに頼んだ経緯が記事になっています。 経営にと...
5Picks
ハイボールに適した「いいちこ」が登場 若い世代や焼酎初心者がターゲット
ITmedia ビジネスオンライン
|
麦焼酎の「いいちこ」を製造する三和酒類(大分県宇佐市)が新商品を発売。ハイボールに適した「iichiko NEO(いいちこネオ)」。主力商品のいいちこを飲んだことのない層を狙う。
5Picks
デザインの魂のゆくえ:第1部「経営にとってデザインとは何か。」①三和酒類篇 「ポスター1枚ならなんとか、当時のうちの規模でもできるだろう、と。」- DOTPLACE
DOTPLACE
|
「下町のナポレオン」として広く親しまれている麦焼酎〈いいちこ〉。大衆の酒として愛される一方で、1984年から制作が続き、根強い人気を誇る駅貼りポスターは、2015年現在、30年間同じメンバーで広告デザインを行っているそうです。 デザイン事務所「COMPOUND」のデザイナー・小田雄太さんの立案によって先週からDOTPLECEで始まった連載「デザインの魂のゆくえ」。その第1部「経営にとっ...
5Picks
"下町のナポレオン"いいちこ ×ビームス ジャパン、永井博が描き下ろしたコラボグッズを発売
Fashionsnap.com 最新記事
|
新宿の「ビームス ジャパン(BEAMS JAPAN)」で3月7日から4月3日までの期間、三和酒類との共同イベント「いいちこ×BEAMS JAPAN」が開催される。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
3Picks
「いいちこ」/パック全品にDNPのキャップ・中栓同時開栓注出口を採用
流通ニュース
|
大日本印刷(以下:DNP)は5月31日、「DNP キャップ・中栓同時開栓注出口(液体紙容器用)」が三和酒類の「いいちこパック」全品に採用されたと発表した。 <「いいちこ」全品にDNPのキャップ・中栓同時開栓注出口を採用> […]
2Picks
焼酎「いいちこ」と地下鉄路線図の意外な関係
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
下町のナポレオン、いいちこは大分の方言で「いいですよ」だった  三和酒類は、1958年設立の「下町のナポレオン」こと大分麦焼酎『いいちこ』で知られる会社です。現在も『いいちこ』の他にも清酒、ワイン、リキュール等も生産して [...]
2Picks
三和酒類、いいちこ・フラスコボトルが米コンペで最高賞受賞
日本食糧新聞
|
 【関西】三和酒類の本格焼酎「いいちこ・フラスコボトル」が、世界で最も評価の厳しいスピリッツの評議会として知られる「Ultimate Spirits Challenge(アルティメイト スピリッ...
2Picks
スティックライトを上に向けてアンケート回収--ニフティがイベント向けシステム開発
CNET Japan
|
ニフティは11月24日、三和酒類とのコラボレーションとして、スティックライト型IoTデバイスを使ったリアルタイムでのアンケート集計システムを開発したと発表した。
2Picks
いいちこ、黒霧島に新勢力…攻防激化する焼酎業界の舞台裏〜地方本格vs.大手混和
ビジネスジャーナル
|
「下町のナポレオン」というキャッチコピーで知られる麦焼酎「いいちこ」が、毒物混入事件に見舞われた。醸造元の三和酒類(大分県宇佐市、和田久継社長)は8月16日、「いいちこ」の紙パック商品に「毒を入れた」...
1Pick
本格焼酎の統一ブランド「The SG Shochu」、高橋酒造・薩摩酒造・三和酒類が共同で展開
食品産業新聞社ホームページ
|
〈世界のトップバーから本格焼酎の魅力を発信〉国内外でバーの開発・運営を行うSGマネジメントと焼酎酒造3..
1Pick
「のんママ」が焼酎割をふるまう BEAMS×本格焼酎3社コラボ映像&グッズ
CINRA.NET
|
イベント『焼酎のススメ。』が11月1日から東京・新宿のBEAMS JAPANで開催される。 同イベントでは、BEAMSと高橋酒造の米焼酎「白岳」、三和酒類の麦焼酎「いいちこ」、薩摩酒造の芋焼酎「白波」のコラボで本格焼酎の楽しみ方を発信。各コンテンツを束ねるイラストは、焼酎の原材料である米、麦、芋から着想を得たものと…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ