新着Pick
SPD1IWOTRQGPSOIJ

第一生命ホールディングス 株式会社

第一生命ホールディングス株式会社(だいいちせいめいホールディングス、英称:Dai-ichi Life Holdings, Inc. )は、日本の金融持株会社。2016年10月1日に第一生命保険グループが持株会社体制に移行し、第一生命保険株式会社から商号変更した。 ウィキペディア
東京都千代田区有楽町1-13-1
03-3216-1222
詳細を見る
概要
1902年(明治35年)、日本初の相互会社形式による生命保険会社として設立。日本国内で初の相互会社であるという意味を込めて、社名に「第一」という文字を戴いていたが、2010年4月1日、株式会社に組織変更したうえで、東証1部に上場した。株式会社への転換にあたっては、保険契約者は保険金支払実績に応じて、株式受取りか相当分の現金支給かを選択する措置を講じた。およそ1年後の2011年3月29日付けで、日経平均株価の構成銘柄に採用された。

みずほフィナンシャルグループと、全面的に業務提携している。また、2000年8月に安田火災(現損害保険ジャパン日本興亜)、同年9月にアメリカンファミリー、2007年7月にりそなホールディングスと業務提携した。また、金融機関代理店向け商品の提供を目的に、業界ではじめて生保子会社・第一フロンティア生命を設立した。
代表者
代表取締役社長 稲垣 精二
設立年月日
1902-09-15
従業員数
63,870 人
上場年月日
2010-04-01
平均年齢
41 歳
平均年収
9,508,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
424Picks
不動産の不況は「目前」だ
The UPDATE
|
今回の『The UPDATE』では「2020年 不況は来るのか?」と題して、エコノミストの崔真淑氏、GFリサーチ合同会社代表の泉田良輔氏、第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏、Weal...
12Picks
就活、早くもAI面接が一般化…評価“精度”が劇的に向上、採用コスト&労力も削減
ビジネスジャーナル
|
第一生命が2019年9月に発表した第3回「これからサラリーマン川柳」の選考結果を眺めてみたら、<AIと面接するが噛み合わず>という一句が選ばれていました。2020年春就職予定の学生が応募したものです。AIによる面接サービスが世に出てからまだ2年ほどしかたっていないにもかかわらず、...
127Picks
第一生命が営業端末を刷新、業務量を年33万時間減らす
ニュースイッチ
|
第一生命保険は7年ぶりに営業職員向けタブレット端末を刷新する。動作環境の向上や軽量化で携帯性を高め職員の業務を支援する。顧客情報を自動でログ管理する機能も追加。過去3年度分の顧客との接点を時系列で一
10Picks
第一生命、スマホで保険加入 請求も、若者に照準
共同通信
|
第一生命、スマホで保険加入 第一生命保険は14日、スマートフォンのアプリ経由で、加入と保険金請求の手続きができるレジャー保険を開...
13Picks
インタビュー:10年後に利益の半分は海外部門の可能性=第一生命HD社長
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - 第一生命ホールディングス<8750.T>の稲垣精二社長は、低金利が続く国内の金利水準に変化がなければ、10年後には利益の半分を海外部門が占める可能性があると語った。成長ドライバーは海外と位置付け「第一生命の運用リスクを徐々に落としていくことによって、海外のリスクを取っている。その方がリスク1単位当たりのリターンは高い」と述べた。
105Picks
節税保険の背景に事業承継ニーズあり、第一生命HD社長に聞く
Diamond Online
|
保険会社は節税効果を高めた新商品を次々に投入し、異常なほど市場は過熱した。そんな中、国税庁が「待った」をかけ、業界が大騒ぎになっている。特集取材班は、第一生命ホールディングスの稲垣精二社長にインタビューを敢行し、節税保険投入の背景を聞いた。本誌で掲載したインタビュー記事を、ダイヤモンド・オンラインで特別公開する。
1161Picks
「日本人は投資が嫌い」は本当か? この国のいびつな資産運用の秘密
マネー現代
|
日本人は投資嫌いだーー。そう指摘する識者は多い。実際、「日本の個人金融資産1800兆円のうち、半分以上が預金である」という調査結果もある(第一生命経済研究所調べ)。しかし、なぜ我が国は「投資後進国」になってしまったのだろう? そこには日本特有の事情があった。日英の財務省、マッキンゼーを経て「ロボアドバイザー(ITを活用し高度なアルゴリズムで資産運用を代行するサービス)」で起業した、ウェルスナ...
1076Picks
朝起きたら、横にいる夫が突然死んでいた日の話
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
昨日まで元気に笑い、仕事に出かけて普通に生活していたパートナーが今日、突然亡くなる――。ドラマや小説の設定にはありそうな出来事だが、実際に経験した人はどんな衝撃を受けるのか。 奇しくも、「夫の突然死」に遭遇した小谷みどりさんは、第一生命経済研究所で自身が人の死にまつわる死生学の研究調査を仕事にする立場だった。その経験をふま、小谷さんに、4回に分けて「パートナーを亡くすということ」を多面的に語...
100Picks
“平成最後”『サラリーマン川柳』大賞決定「五時過ぎたカモンベイビーUSA(うさ)ばらし」【ベスト10発表】
ORICON NEWS
|
ニュース| 第一生命保険は23日、昨年9月から10月にかけて、全国の幅広い世代を対象に募集した、第32回『第一生命サラリーマン川柳コンクール』の中から選ばれたベスト10を発表した。今年1月にすでに全国優秀100句を発表しており、それらの作品を対象に、昨年を大きく上回る10万7000人の“サラ川ファン”の投票により頂点が決定し、1位は「五時過ぎたカモンベイビーUSA(うさ)ばらし」(盆踊り/6...
278Picks
セブン決算「国内は利益拡大、海外で売上拡大」戦略が明確に。24時間営業で揺れるも体制盤石
Business Insider Japan
|
セブンイレブンなどを運営するセブン&アイ・ホールディングスが4月4日に2019年2月期決算を発表した。ポイントは以下の通り(水準はいずれも2018年通期との比較)。 ・売上高に当たる営業収益 6兆7912億円(第一生命HDと同水準) ・本業のもうけを示す営業利益 4115億円(デンソーやブリヂスト...
385Picks
永濱利廣、難解なことを平易に伝えるコツは「たとえ話」と「全国ネタ」
NewsPicks編集部
|
「ひるおび!」(TBS)やNewsPicksの第1期プロピッカーとして知られる第一生命経済研究所主席エコノミストの永濱利廣さん。素人には敬遠されがちなマクロ経済について語るとき、永濱さんが意識す...
173Picks
【永濱利廣×飯田泰之】2015年のアベノミクスを採点する
NewsPicks編集部
|
  第6回には、第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミストの永濱利廣氏と、明治大学政治経済学部の飯田泰之准教授が登場する。 2015年も残すところあとわずか。今年前半は、昨年4月に断行された消...
170Picks
ほけんの窓口が、9割の営業職員を「保険業界外」から雇う理由
NewsPicks編集部
|
佐々木:リアルの世界でいうと、「ほけんの窓口」のような乗合代理店はもちろんですが、さきほど銀行の保険販売に注目されていましたね。第一生命が日本生命を抜いたポイントも銀行でしたが、銀行が保険を販売...
158Picks
第一生命が婚活パーティー 結婚→保険加入が狙い?
テレビ朝日 | テレ朝news
|
生命保険大手の第一生命は民間企業として初めて、東京都庁で「婚活パーティー」を開きました。  婚活パーティーに参加したのは、20代から30代の男女約300人。会場は都庁の45階にある展望室です。第一生命が3月に民間企業で初めて、東京都と締結した「ワイドコラボ協定」の一環として実現しました。  参加した男性:「(Q.婚活は初めて?)初めてです」「(夜景が)奇麗ですね」  参加した女性:「(Q.パ...
141Picks
第一生命 カンボジアに進出 生命保険販売へ
NHKニュース
|
「第一生命」は、高い経済成長が続く東南アジアの中で生命保険の歴史が浅く市場の拡大が見込めるとして、日本の生命保険会社で初めてカンボジアに進出…
135Picks
第一生命HD、2100人分の事務業務を削減へ
読売新聞
|
第一生命ホールディングスは、2022年度までの5年間で約2100人分の事務部門の業務を削減する。
119Picks
業界初、“健康年齢”で保険料を割り引く商品発売へ
テレビ朝日 | テレ朝news
|
第一生命グループのネオファースト生命は業界で初めて、健康年齢に応じて保険料を割り引く商品を発売すると発表しました。  現在の生命保険料は、実際の年齢をもとに算出されます。しかし、人によって健康状態は異なることから、ネオファースト生命では健康診断をもとにその人の健康年齢を算出し、実年齢よりも若かった場合には保険料を割り引くサービスを12月から導入します。例えば、40歳男性のケースで実年齢通りな...
113Picks
第一生命、5000億円で米生保買収へ 国内保険最大額 保険料収入、日生並みに
s.nikkei.com
|
 第一生命保険は米中堅のプロテクティブ生命を買収する最終調整に入った。買収額は5000億円を超える見通しで、日本の保険会社によるM&A(合併・買収)で過去最大となる。世界で最も大きい米国の個人保険市場
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ