新着Pick
SPD1HN0VSI1ZQ6CA

川崎重工業 株式会社

川崎重工業株式会社(かわさきじゅうこうぎょう)は、オートバイ・航空機・鉄道車両・船舶などの輸送機器、その他機械装置を製造する日本の企業である。 ウィキペディア
東京都港区海岸一丁目14-5
03-3435-2111
詳細を見る
概要
会社の歴史は19世紀の明治時代より始まっており、東京築地の川崎築地造船所に端を発している。大正時代の第一次世界大戦による造船活況、そして世界大恐慌、昭和時代の第二次世界大戦、戦後の高度成長期と日本の近代史・産業史とともに存続してきた日本を代表する総合重機械産業である。三菱重工業・IHIとともに三大重工業の一角を担う名門企業でもある。

自衛隊の潜水艦や航空機、ミサイルの製造もおこなう国内有数の防衛産業でもあり、防衛装備受注金額では2015年度の防衛中央調達額で三菱重工業を抜いて日本第1位、世界第28位に位置した。神戸を拠点とする有数の関西系企業でもある。かつては川崎財閥(松方コンツェルン)の主要企業であった経緯から、川崎製鉄(現JFEスチール)・川崎汽船とも関係がある。本社は神戸市中央区の神戸クリスタルタワーであり、東京都港区海岸に東京本社も設置している。

社是に相当するミッションステートメントには「テクノロジーの頂点へ」と記されており、高度な技術力の錬磨を推奨する社風を展開する。過去に日本で初めて蒸気機関車や高速鉄道の製造を行うとともに、ライト兄弟の初飛行からわずか15年で航空機工場を設立、戦後はオートバイなどに代表されるコンシューマープロダクツへの進出を成功させている。近年では、航空機の機体・エンジンの両方と、宇宙機器の開発・製造を担う航空宇宙産業としてその名を轟かせている。武器輸出三原則に代わり閣議決定された防衛装備移転三原則に従い、潜水艦や航空機の売り込みを図るなど防衛装備品の海外輸出検討も積極的に行っている。

一方で、1969年に世界初の産業用ロボット会社を設立したジョセフ・エンゲルバーガーとの協力でロボットの国産化に成功して以来、重工業では珍しく、日本国内でファナックに次ぐ第2位、世界では第4位のロボット産業としての存在感を確立している。この成長著しいロボット産業分野で、日本のロボット生産金額は2018年度に1兆円を超えようとしているが、それら日本のロボットメーカーで構成する日本ロボット工業会会長職を2018年5月にファナックから引き継いでいる。また、IoTやAIに至る第四次産業革命の一端を担う業容の重点化を行っており自社の製造業としての高度知識集約産業化を進めている。さらには水素社会の確立を見越した水素チェーンのインフラ技術確立にいち早く取り組んでおり特筆に値する。これらの歴史は従来製品の延長だけで満足せず、新たなる分野での「テクノロジーの頂点」を目指す社風の成果とされる。

日立製作所内で設立されている日立返仁会(日立博士会)や日立技術士会と同じく、企業内において理工系国家最高資格の技術士、国家最高称号・学位である博士号取得を積極的に推進し、技術士資格取得者から構成する川重技術士会(約140名)や博士号取得者で構成される川重博士会(約120名)を設立している。さらには自社内の社報で技術士・博士号取得者を定期的に公開しており「テクノロジーの頂点へ」という気風を強力に後押ししている。

なお、同社の会長・社長経験者は、神戸商工会議所の会頭職と同時に、日本商工会議所の副会頭職を務める場合がほとんどである。さらに、その社業が陸海空のインフラ全般に及び社会経済の発展に貢献していることから、日本航空宇宙工業会や日本造船工業会、鉄道システム輸出組合などの会長・理事長を務める場合が多い。また、経営指標において特筆すべき成果が認められる場合に関西経済連合会の副会長職を務めている。

「川崎」は創業者の川崎正蔵の姓が由来であり、神奈川県川崎市とは無関係で工場の立地もない。
代表者
取締役社長 金花 芳則
設立年月日
1896-10-15
従業員数
35,691 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
38 歳
平均年収
7,078,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
川重が宇宙ゴミ除去参画、宇宙事業で100億円売上目指す
ニュースイッチ
|
川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)除去衛星運用の地上局アンテナを、岐阜工場(岐阜県各務原市)屋上に設置した。アンテナは2020年度に打ち上げ予定の宇宙ゴミ除去実証衛星のコマンド送信やデータ受信の
18Picks
実は川重より巨大、三菱電機の「鉄道ビジネス」
東洋経済オンライン
|
今年1月6日の終電後、JR東日本(東日本旅客鉄道)が山手線内で“特別な”列車を走らせた。自動運転の試験と投影型ヘッドアップディスプレー(HUD)の視認性試験を行う列車だ。運転士は発車ボタンを押した後、非常…
38Picks
自前主義から脱却!? 重工大手が新興企業と協業模索
ニュースイッチ
|
国内の重工大手各社が、スタートアップ企業やベンチャー企業との提携を模索している。IHIは横浜市磯子区の「IHIグループ横浜ラボ」で、スタートアップや大学、デザイナーなどと交流を進める。三菱重工業はベ
503Picks
川崎重工製のN700系新幹線の亀裂箇所は痺れる設計だった
WICの中から
|
川崎重工製の新幹線台車に亀裂が入っていたインシデント、ショッキングな破損画像と「安全神話」が謳われる新幹線の問題ということで、大きく取り上げられています。 川重、事故招きかねず悪質 新幹線の台車亀裂 :日本経済新聞 この件で川崎重工が報告書を公開しています。破損部の構造や製造工程、具体的な数値まで載せてあり設計者として読んでいて楽しい報告書なんですが、 問題個所が製造的な観点からしてあまりに...
146Picks
川崎重工業や味の素の活用事例から学ぶ 企業のイノベーションとデザインアプローチの実践活用
FUJITSU JOURNAL
|
企業内や企業間でのイノベーションを実現するために、「デザインアプローチ」を活用する企業が増えています。「Fujitsu Insight 2018」のセミナー「企業のイノベーションとデザインアプロ...
248Picks
NY地下鉄、川崎重工が受注…最大1612両
読売新聞
|
【ニューヨーク=有光裕】ニューヨーク交通公社(MTA)は19日、川崎重工業がニューヨーク市内の地下鉄車両を受注する見通しになったことを明らかにした。
204Picks
トヨタ社長がホンダのバイクに乗った理由「日本で盛り上げたい」
ニュースイッチ
|
「自らが動くことで注目を集め、バイクに情熱を傾けている多くの方々をプロモートし、楽しさを知ってもらうことが大事」。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、東京・秋葉原で開いたイベント「バイクの日スマイル・オン2018」でこう語った。 スマイル・オン2018当日はホンダやヤマハ発動機、川崎重工業、スズキの国内2輪車メーカーが最新モデルを展示し、会場は家族連れなどが訪れた...
199Picks
首相が新幹線をトップセールス インド首脳と工場視察
共同通信 47NEWS
|
首相が新幹線をトップセールス 安倍晋三首相は12日午後、インドのモディ首相と共に新幹線車両を製造する川崎重工業兵庫工場(神戸市)を視察した。高速鉄道計画を進めるインドは西部の商業都市ムンバイとアーメダバード間で日本の新幹線方式の導...
173Picks
航空機工場にロボット続々需要急増、人件費を抑制
朝日新聞デジタル
|
熟練工が頼りだった航空機の工場で、ロボットが台頭している。三菱重工業は、航空機の胴体を作る工程に初めてロボットを導入、川崎重工業もエンジン工場の一部を自動化した。自動車の生産ではすでに主役のロボット…
131Picks
いろいろ“重工”はあるけれど、川重が「宇宙ゴミ収集」衛星に参入
ニュースイッチ
|
川崎重工業はスペースデブリ(宇宙ゴミ)捕獲用の超小型衛星事業に参入する。質量60キログラム級の衛星を開発し、2020年にも軌道上でのデブリ除去技術を部分実証する予定。一定以上の大きさを持ち、宇宙空間
142Picks
のぞみ台車、100台強度不足 川崎重工、製造時ミス
中日新聞 CHUNICHI Web
|
JR西日本の新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題で、川崎重工業が二〇〇七年に台車を製造した際、何らかのミスで鋼材を削り、強度に問題が生じた可能性があるこ…
104Picks
ロボット研究の最高峰、ヒト型のハードルが下がってきた
ニュースイッチ
|
ヒューマノイド(ヒト型ロボット)の開発環境が急速に整備されている。川崎重工業は転んでも壊れない身体と、バランスを崩さない姿勢制御ソフトを開発した。産業技術総合研究所はヒューマノイドの動作を作る制御基盤を構築し提供している。多くの駆動部をもつヒューマノイドの制御が技術者1人でもできるようになり、オープンイノベーションを興す環境は整いつつある。 ヒューマノイドはロボ研究の中で最高峰といわれる。3...
87Picks
川崎重工、船舶撤退を検討
this.kiji.is
|
川崎重工業は、船舶事業の業績が大幅に悪化したため「事業の継続性を含め今後の方針を検討する」と発表した。
29Picks
自動車メーカーがロボットメーカーになる日
LIMO
|
トヨタ自動車、ホンダ(本田技研工業)、デンソー、コンチネンタル、メルセデスベンツ・バンズ(Mercedes-Benz Vans、メルセデスベンツのバン部門)、ボッシュ、川崎重工業、ヤマハ発動機――。これらの企業はいずれも世界トップクラスの輸送機器(自動車、二輪車)ならびにティア1メーカー(完成車メーカーに直接部品を供給するメーカー)として知られる。そして同時に、自社でロボット製品を開発もしく...
82Picks
ペッパーがバリスタ役、川重ロボットも活躍-人手不足解消へ実証実験
Bloomberg
|
(Bloomberg) -- 「どうもどうも、きょうはバリスタで皆さんにコーヒーを差し上げます・・」。ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」がお出迎え。外食産業などで人手不足感が広がる中、注文から提供までをすべてロボットがこなすカフェの実証実験が、東京・原宿駅前の店舗で始まった。
79Picks
いつかは…。“防衛の川重”が夢見る完成機メーカーへの挑戦
ニュースイッチ
|
常務執行役員の並木祐之は、これまでとは違う心境で米国シカゴの地に降り立った。2016年11月。米ボーイングの本社に米ゼネラル・エレクトリックや三菱重工業など、世界の重工メーカーが一堂に会した。年1回ほど開催されるサプライヤーミーティングの一幕。並木が川崎重工業の航空機部門である航空宇宙カンパニーのトップとして臨む、初めてのミーティングだった。 民間航空機分野で川重は、胴体などを手がけるティア...
74Picks
プラント各社、海外でゴミ焼却発電の受注競争激しく
ニュースイッチ
|
ゴミ焼却発電施設を手がけるプラント各社が、アジア案件を相次いで受注している。日立造船はタイで初めて、川崎重工業は中国で2件目を受注した。各社は沿岸都市部に加え、内陸部で新設需要が出ている中国や、国内総生産(GDP)の高まりで焼却需要が拡大する東南アジアを重点地域に位置づける。日本での更新需要は今後数年で一巡する見通しで、生き残りをかけた海外市場の受注競争は激しさを増している。 日立造船はタイ...
68Picks
大手産業用ロボットメーカーが医療・福祉にいよいよ力を入れ始めた!
ニュースイッチ Newswitch
|
産業用ロボット大手の川崎重工業と安川電機が医療・福祉分野の開拓を加速させている。川崎重工はシスメックスと共同出資するメディカロイド(神戸市中央区)で、手術用ロボットを2019年までに開発・投入するこ
62Picks
川崎重:「空飛ぶクルマ」開発の検討を開始-将来的に運航も視野
Bloomberg
|
川崎重工業はヘリコプターなどの航空関連技術を発展させ、次世代の乗り物とされる電動の垂直離着陸機(VTOL)の研究・開発の検討に乗り出す。同社はこれまでヘリコプターや航空機の機体開発や製造に特化してきたが、今回のVTOL開発では運航までを視野に入れる。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ