新着Pick
SPD1GHKFNM29ZM0V

株式会社 大塚家具

株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
東京都江東区有明三丁目6番11号
03-5530-5522
詳細を見る
概要
1969年(昭和44年)に埼玉県春日部市の東武伊勢崎線春日部駅東口(春日部ショールームとは反対側)に桐箪笥販売店「大塚家具センター」として創業。1993年(平成5年)に会員制を導入した。

自らの業態を「インターナショナルデザインセンター」(International Design Center)と称し、頭文字を取った「IDC」を商標の一部としている。

小売りだけではなく法人向けのコントラクト事業も手がけており、ホテルや医療施設などの内装のトータルコーディネートなどを行っている。
代表者
代表取締役社長 大塚 久美子
設立年月日
1972-08
従業員数
1,671 人
上場年月日
1980-06-18
平均年齢
38 歳
平均年収
4,288,000 円
上場市場
東証JASDAQスタンダード
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
大塚家具の全株式売却 米ファンド、見切りか
共同通信
|
大塚家具の全株式売却 米国の投資ファンド、ブランデス・インベストメント・パートナーズが、保有していた大塚家具の全株式を売却していたことが20日、関東財務局に提出された変更報告書で分かった。売却前の保有割合は6.41%だった...
2Picks
米ファンド、大塚家具の全株売却=6.4%保有
時事通信社
|
 米投資ファンドのブランデス・インベストメント・パートナーズが、保有する大塚家具株を15日時点で全て売却していたことが20日、分かった。6.41%を保有する大株主だった。
2Picks
久美子氏支持の米ファンド、大塚家具の保有株を全て売却
朝日新聞デジタル
|
業績不振が続く大塚家具で、株式の約6%を保有する大株主の米投資ファンド「ブランデス・インベストメント・パートナーズ」が、保有株を全て売却したことがわかった。20日付で関東財務局に提出した大量保有報告…
77Picks
大塚久美子社長「応援に感謝」 約1カ月半ぶりツイート
朝日新聞デジタル
|
業績不振が続き、自力再建が困難になっている大塚家具の大塚久美子社長は17日、自身のツイッターで「当社について色々な報道がなされており、お騒がせして申し訳ありません。そんな中で、本当の大塚家具を知って…
49Picks
大塚家具はショールーム時代に乗り遅れた
商業界オンライン
|
親子げんかの果てに委任状争奪戦で娘が創業者の父親を追い出した、あの大塚家具が経営に行き詰り、身売り先を探しているという。株価も400円を割り込み、2015年3月の高値に比べれば一時は7分の1まで落ち込んだ。この結末は叩き上げ創業会長だった父親がエリートかぐや姫より正しかったということか、どちらであっても行き詰まったと見るべきか。果たして買い手は見つかるのだろうか。
207Picks
【ランキング】大塚家具だけじゃない。「親子経営」50社の通信簿
NewsPicks編集部
|
「我が子はかわいい」というのは、当然の親心だろう。しかし、この感情を企業経営に持ち込むと、時に組織全体に歪みが生じ、企業の屋台骨がゆらぐことさえある。この典型例が、現在自力再建が困難になっている...
2Picks
大塚家具について、米ブランデス・インベストメントは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告書No.4]
s.kabutan.jp
|
大塚家具 <8186> [JQ]について、米投資ファンドのブランデス・インベストメント・パート...
273Picks
久美子氏、社長退任を拒否か 大塚家具の身売り交渉難航
朝日新聞デジタル
|
業績不振が続き、自力再建が困難になっている大塚家具の身売り交渉が難航している。14日の2018年6月中間決算の発表までに支援企業を決めたい考えだったが、大塚久美子社長の処遇を巡って交渉は膠着(こうち…
150Picks
大塚家具、事業継続に懸念 3年連続赤字、提携急務に
共同通信
|
大塚家具、事業継続に懸念 業績不振に陥っている大塚家具は14日、2018年6月中間決算を発表し、本業のもうけを示す営業損益は35億円の赤字、純損益は20億円の赤字だった。中間決算として3年連続の赤字となるなど資金繰りに懸念が生...
31Picks
大塚家具は親子喧嘩で「古典的な経営戦略の失敗」に陥った - 今週のキーワード 真壁昭夫
Diamond Online
|
家具専門店の大手、大塚家具の経営先行きに関する不安が高まっている。その背景には、親子喧嘩によって同社のイメージが悪化したこともあり、同社の業績が急速に悪化していることがある。
187Picks
ケーススタディ:大塚家具 転落の主要因は何か?
note(ノート)
|
Photo by Negative Space from Pexels 皆様こんにちは。本日は大塚家具のFY2013H1-FY2018H1の業績推移を追うことにより、経営危機の主要因を探ってみたいと思います。 まずは社長の交代が起きる前の期末である14/12末の貸借対照表(以下BS)です。 資産サイドの特色は、いざという時の備えとも言える現預金及び投資有価証券の合計で総資産の約40%を占める...
295Picks
アップル、インド戦略の失敗で計画見直し iPhoneのシェア、インドではわずか1%に
JBpress(日本ビジネスプレス)
|
米国の市場調査会社IDCによると、今年4~6月期におけるインドのスマートフォン出荷台数は3350万台となり、1年前から約20%増加した。
759Picks
初任給40万円の中国企業、ファーウェイで働く日本人の“履歴書”
Business Insider Japan
|
世界のスマートフォン出荷台数(米調査会社IDC調べ)で、長らく続いていたサムスン、アップルの二強体制がついに崩れた。 2018年4月〜6月の四半期でアップルを抜いて初めて2位に浮上したのは、中国の通信機器大手、ファーウェイ(華為技術)。グローバル市場における中国IT企業の存在感が高まる中、その先駆者...
402Picks
ヨドバシ「大塚家具、買うだけの魅力ない」 買収を否定
朝日新聞デジタル
|
経営不振が続き、自力での再建が困難になっている大塚家具の身売り交渉をめぐり、取引銀行が買い手候補に推している家電量販大手ヨドバシカメラが、大塚家具を買収する意向がないことを明らかにした。ヨドバシ首脳…
31Picks
大塚家具、3年連続赤字 売り上げ減で業績修正へ
共同通信
|
大塚家具、3年連続赤字 業績不振に陥っている大塚家具が2018年12月期決算の業績予想を下方修正し、純損益を13億円の黒字から数十億円の赤字に引き下げる見込みであることが7日、分かった。赤字は3年連続。大型店を中心に売り上げ...
214Picks
大塚家具、創業者が支援も 長女久美子社長の「相談に乗る」
共同通信
|
業績不振に陥り、他社からの資本受け入れを検討する大塚家具の創業者、大塚勝久氏が5日、東京都で共同通信のインタビューに応じ、対立関係にあった長女の久美子社長への経営支援も選択肢としてあり得るとの考えを示した。「本人から連絡があれば相談に乗りたい」と述べた。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ