新着Pick
SPD1GHKFNM29ZM0V

株式会社 大塚家具

株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
東京都江東区有明三丁目6番11号
03-5530-5522
詳細を見る
概要
1969年(昭和44年)に埼玉県春日部市の東武伊勢崎線春日部駅東口(春日部ショールームとは反対側)に桐箪笥販売店「大塚家具センター」として創業。1993年(平成5年)に会員制を導入した。

自らの業態を「インターナショナルデザインセンター」(International Design Center)と称し、頭文字を取った「IDC」を商標の一部としている。

小売りだけではなく法人向けのコントラクト事業も手がけており、ホテルや医療施設などの内装のトータルコーディネートなどを行っている。
代表者
代表取締役社長 大塚 久美子
設立年月日
1972-08
従業員数
1,671 人
上場年月日
1980-06-18
平均年齢
38 歳
平均年収
4,288,000 円
上場市場
東証JASDAQスタンダード
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
TKP、大塚家具に追加出資せず=支援は継続
時事ドットコム
|
業績不振に陥っている大塚家具の再建をめぐり、大株主である貸会議室大手ティーケーピー(TKP)は16日、追加出資を行わない考えを明らかにした。大塚家具から追加の出資要請があったことを認めた上で「現在の提携の範囲内で支援したい」(広報担当)と説明している。 TKPは昨年11月に大塚家具との資本・業務提携を発表し、発行済み株式の7%弱を取得した。現在は大塚家具の店舗の余剰スペースを会議室として活用...
10Picks
国内金融機関のFinTech関連IT支出規模、2018年は219億円に--IDC調査
ZDNet Japan
|
IDC Japanは10月2日、FinTechの提供や活用に伴うIT支出への波及効果に関する調査結果を発表した。これによると、国内金融機関のFinTech関連IT支出規模は、2018年に219億円、2022年には520億円に拡大を予測している。
22Picks
大塚家具が金融株売却、経営再建への決意表明か
読売新聞
|
経営再建中の大塚家具が、取引先の金融機関や西武ホールディングス(HD)などの保有株式を、今年7~9月に売却していたことが2日、わかった。当面の運転資金の確保に加え、他企業との資本提携交渉が本格化する中、抜本的な経営再建への決意を示す意味もありそうだ。
32Picks
大塚家具が最終手段に?原価率超える最大80%OFFと「悪魔の契約」
ライブドアニュース
|
大塚家具が赤字覚悟のセールという最終手段に出たと、週刊新潮が報じている。原価率を超える最大80%OFFのセールをしても、助かる見込みは薄いという。金融機関との融資契約が「悪魔の契約」となり、苦境を強いているためだそう
108Picks
国内タブレット市場、2018年Q2は前年同期比23.0%減--IDC調査
ZDNet Japan
|
IDC Japanは9月20日、国内タブレット市場の2018年第2四半期(4〜6月)の出荷台数実績値を発表した。これによると、同期のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比23.0%減の176万台となることが分かった。
48Picks
ホットストック:大塚家具が一時ストップ高、材料は不明
Reuters
|
大塚家具は後場急騰し、一時ストップ高をつける場面があった。特段の材料は見当たらない。同社は自力再建が困難で、身売り交渉中と伝えられ、機関投資家による同社株式の売却も相次いでいる。
30Picks
注目の次世代技術「VR」は第2段階を迎えたか 売れ筋に大きな変化、企業向けも増加
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米IDCによると、今年(2018年)4~6月期におけるVR(Virtual Reality、仮想現実)用ヘッドセットの世界出荷台数は、1年前から33.7%減少した。こうして出荷台数は大きく落ち込んだが、これは市場が急成長していく過程の一時的な停滞だとIDCは分析している。
16Picks
ドキュメント・大塚家具の最終局面「そして、みんな去っていった」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
どんな大企業でも、一度歯車が狂えば取り返しのつかないことになる。ましてや血縁でこじれればなおさらだ。「身売り」秒読みの大塚家具が演じてきた、日本経済史に残る「父娘ゲンカ」の末路とは?
11Picks
投資ファンドからも三行半「大塚家具」久美子社長 “イケア路線”の失敗
デイリー新潮
|
本家本元の「竹取物語」では、かぐや姫が5人の貴公子に無理難題を突き付けて、求婚を諦めさせる。…
15Picks
【インドネシア】国内スマホ市場、中国シャオミがシェア拡大[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【インドネシア】国内スマホ市場、中国シャオミがシェア拡大[IT] 中国のスマートフォン大手、小米科技(シャオミ)は、インドネシアのスマートフォン市場で急速にシェアを拡大している。米系IT調査会社インターナショナル・データ・コーポレーション(IDC)の統計によると、第...
219Picks
VR機器の出荷台数、前年比「33.7%マイナス」の厳しい現実
Forbes Japan
|
VR(仮想現実)市場は停滞期を迎えており、ここから脱出するためには、いくつかの技術的課題を解決する必要がありそうだ。9月5日、調査企業「IDC」が発表した最新レポートで、VRをとりまく厳しい現実が明らかになった。現在のVR機器は3つのセグメ・・・
14Picks
大塚家具の苦境を損益分岐点分析で考える
GLOBIS 知見録 最新記事
|
大塚家具の業績不振が話題となっています。先日発表された決算予想の修正では、平成30年(2018年)12月期の予想売上高を従来の457億円から376億円へ、同じく予想営業損益を2億円の黒字からたな卸資産の評価損等により51億円の赤字へと引き下げました。大塚家具といえば、2015年にいわゆる「お家騒動」で注目を集めました。同社を日本有数の家具小売へと導いた創業者の大塚勝久氏(当時会長)でしたが、...
99Picks
苦戦の続く"大塚家具"に提案した解決策3 - 接客がうまくても高くては売れない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
大塚家具の苦戦が続いています。2016年度から2期連続で赤字となり、直近の18年1~3月期は9四半期ぶりに黒字となりましたが、売上高は前年同…
13Picks
大塚家具に見る資本提携で考えるべきこと
GLOBIS 知見録 最新記事
|
かつて家具業界の覇者であった大塚家具が揺れている。8月8日の朝日新聞は「買手候補は事実上、貸会議室大手のティーケーピー1社に絞られた」、さらに11日付けの日本経済新聞は「大塚家具が台湾の企業連合と資本・業務提携の交渉」と報道した。大塚家具では、「財務基盤強化のための資本増強や、事業シナジーを生む業務提携について様々な選択肢を多面的に検討している」としながらも、報道内容は同社が発表したものでは...
10Picks
日本のサービスロボ、3割が案内や接客へ
ニュースイッチ
|
IDCジャパン(東京都千代田区、竹内正人社長、03・3556・4760)は22日、国内商用ロボティクス市場内のサービスロボットと飛行ロボット(ドローン)の利用動向調査結果を発表した。それによると、産業用以外で活用するサービスロボを導入検討中の企業が想定する活用領域は「受付、案内、接客」が34・8%で最も高かった。 これに「工場内搬送」が30・4%、「検査、点検、補修」が30・1%と続く。この...
227Picks
【ランキング】大塚家具だけじゃない。「親子経営」50社の通信簿
NewsPicks編集部
|
「我が子はかわいい」というのは、当然の親心だろう。しかし、この感情を企業経営に持ち込むと、時に組織全体に歪みが生じ、企業の屋台骨がゆらぐことさえある。この典型例が、現在自力再建が困難になっている...
77Picks
大塚久美子社長「応援に感謝」 約1カ月半ぶりツイート
朝日新聞デジタル
|
業績不振が続き、自力再建が困難になっている大塚家具の大塚久美子社長は17日、自身のツイッターで「当社について色々な報道がなされており、お騒がせして申し訳ありません。そんな中で、本当の大塚家具を知って…
294Picks
アップル、インド戦略の失敗で計画見直し iPhoneのシェア、インドではわずか1%に
JBpress(日本ビジネスプレス)
|
米国の市場調査会社IDCによると、今年4~6月期におけるインドのスマートフォン出荷台数は3350万台となり、1年前から約20%増加した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ