新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1ERWN28C2M8PC

ボストン コンサルティング グループ

ボストン コンサルティング グループ (Boston Consulting Group) は、1963年にブルース・ヘンダーソンやジェイムズ・アベグレンらによって設立された、アメリカ合衆国に本社を置くコンサルティング会社である。略称はBCG。 ウィキペディア
詳細を見る
代表者
リッチ・レッサー(President & CEO)
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4133Picks
【BCG杉田浩章】 新しい時代に必須の「思考とスキル」獲得法
NewsPicks編集部
|
リモートワークやオンライン授業が普及し、ビジネスパーソンや学生はリアルな場で、対面で、学ぶ機会が減っている。これからは自宅で、独力で、オンラインツールなどを使い、主体的に学ばなくてはならない。今...
876Picks
成功率わずか「14%」のDX。成否を分ける“2つの壁”を突破せよ
BCGの戦略コンサルタントは、日本企業のDXの課題と成功への糸口をどう読み解いているのか。そして、BCGの戦略コンサルタントとして働く醍醐味とは何か。BCGの戦略×テクノロジー領域を担う「テクノ...
1393Picks
【山口周】コンサルにこそ「美意識」が必要だ
NewsPicks編集部
|
ベストセラー『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の著者である山口周氏は、電通、ボストンコンサルティンググループなどを経て、コーン・フェリー・ヘイグループのシニア・クライアント・パート...
1368Picks
【業界分析】あなたの市場価値を最大にする、会社の選び方
NewsPicks編集部
|
──本対談では、博報堂とボストンコンサルティンググループ出身で最旬のベストセラー『転職の思考法』の著者北野唯我さんと、日本生命出身で『テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図』の著者である泉田良...
893Picks
【論文PICKS】BCGワクチンは、本当にコロナに効くのか
NewsPicks編集部
|
なぜ日本では、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)による感染者、死者数が非常に少ないのか。これは海外でも、ちょっとしたミステリーになってきました。そこにユニークな仮説を提示している、ひとつの論...
880Picks
【業界研究:コンサル】マッキンゼー、ボスコンを知るための10記事
NewsPicks編集部
|
NewsPicksオリジナル特集の中から、学生に人気の高いコンサルティング業界を知るのに便利な記事をセレクトしました。経営コンサルティングというビジネスはどのように始まり、どのように発展してきた...
576Picks
【BCG】日本のコンサル業界は、まだ黎明期だ
NewsPicks編集部
|
従業員850人と、戦略系コンサル会社としては異例の規模を誇るボストン コンサルティング グループ(BCG)。デジタル系の組織を抱えるなど、アクセンチュアなど総合系コンサル会社と真っ向勝負する構え...
623Picks
【元BCG財務官僚】人がやらないことをするほうが、安定する
NewsPicks編集部
|
「いま22歳に戻れるなら、どの会社に入りたいか」シリーズの今回は、コンサルティング企業からキャリアをスタートしながらも転職し、官僚として財務省で働くことを選んだ片岡修平氏が登場する。多忙なコンサ...
513Picks
【BCGDV 平井】三菱商事、BCG、ディズニー…7社で教わったこと
NewsPicks編集部
|
4年と半年ほど前、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が立ち上げたBCG Digital Ventures(BCGDV)のジャパンヘッドという役職に就きました。BCGDVは、デジタル領...
531Picks
【新】BCGを飛び出し、日本の“食卓革命”に挑む女性起業家3人
NewsPicks編集部
|
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて見解を述べる連載「イノベーターズ・トーク」。第117回(全5回)は、家庭と料理家...
453Picks
【内田和成】この世に「万能のリーダー論」は存在しない
NewsPicks編集部
|
新刊『リーダーの戦い方 最強の経営者は「自分解」で勝負する』(日本経済新聞出版)を上梓した、元BCG(ボストンコンサルティンググループ)日本代表で、早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏。戦...
449Picks
【内田和成】「リーダーが次々と育つ組織」は何が違うのか
NewsPicks編集部
|
新刊『リーダーの戦い方 最強の経営者は「自分解」で勝負する』(日本経済新聞出版)を上梓した、元BCG(ボストンコンサルティンググループ)日本代表で、早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏。連...
391Picks
「40歳からの学び直し」が転職に欠かせないわけ
Diamond Online
|
「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」 ビジネスパーソンの頭を一度はよぎるこのテーマについて、専門家二人が激論を交わした。 一人は、日本のブレーンとして40歳定年制を唱え話題を呼んだ、東大・柳川範之教授。 もう一人はボストンコンサルティンググループを経て、HRベンチャーに参画した『転職の思考法』著者・北野唯我。いま、人材マーケット最注目の論客であり、実務家だ。 40歳定年制の時代が来る...
293Picks
【BCGDV 平井】三菱商事からBCGに転職した理由
NewsPicks編集部
|
南米での新会社立ち上げを成し遂げた後も、現地への長期出張など充実した日々が続いていました。新しい事業を立ち上げる面白さに魅せられた僕は、目をかけてくれていた本部長に「新規事業のチームをつくりたい...
295Picks
マッキンゼーやBCGなどコンサルファームのプレゼンを学べるサイトまとめました
note(ノート)
|
ネット上にはマッキンゼーを始めとした著名なコンサルティング・ファームの「プレゼン資料」がたくさん公開されていて、非常に参考になるのでご紹介。 トップコンサルファームのプレゼン25選 まずはこれが便利。マッキンゼー、KPMG、デロイト、PwC、BCGといった著名ファームのプレゼン資料が合計25個集められている。 25+ Best Consulting Presentations - McKin...
255Picks
BCG日本代表が描いた、リクルートの“新規事業開発メソッド”
NewsPicks編集部
|
──杉田さんの著書『リクルートのすごい構“創”力』には、リクルートが数々の新規事業立ち上げの経験を体系化し、エッセンスを組織の中にストックしてきた様子が語られています。杉田 リクルートという企業...
228Picks
医療用AI開発は中国が圧倒的に有利なワケ 日本は「あっという間に」置いていかれる
ビジネス+IT
|
中国は今、あらゆる産業分野でのAI活用に力を入れています。ボストンコンサルティンググループ(BCG)の「企業の人工知能(AI)の導入状況に関する各国調査」において、中国はアクティブプレーヤーの割合が世界トップレベルであることが示されました。それに対し、日本は全体的に低調で、特に医療(ヘルスケア)においては大きく水をあけられています。医療へのAI導入に関しては他国も進んでいるとは言えず、中国が...
207Picks
【BCG杉田代表】アイデアだけを賞賛しても意味はない
NewsPicks編集部
|
──リクルートもそうですが、日本企業がグローバルに存在感を発揮する規模になるために、必要なことは何でしょうか。杉田 0から1を生み出すアイデアを思いつく企業は多くても、その1を10に育むことを視...
188Picks
「時短」でも両立困難。今問われる、ワーキングマザーの働き方改革
NewsPicks編集部
|
──プロフェッショナルとして仕事と子育てを両立する上で、短時間勤務制度(時短)など会社のサポートはありましたか?井出 BCGでは時短に関してはとても協力的でした。でも、在宅勤務は当時は制度として...
136Picks
【BCGDV 平井】BCGに再入社。「出戻り社員」の価値と使命
NewsPicks編集部
|
無職になった僕は「早く次の仕事を探さなければ」と思いながら、行き先を決めかねていました。ありがたいことに、決して悪くない条件のオファーはいただいていたのですが、どれもピンと来なくて断りの返事を重...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ