新着Pick
SPD1ENNDAN6BBAZS

ヤマトホールディングス 株式会社

ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
東京都中央区銀座2-16-10
03-3541-4141
詳細を見る
概要
物流、引越、金融会社などを傘下に持ち東証第1部に上場する。

かつては、ヤマト運輸を中心にグループ体制を敷いていたが、分社化と再編を進め、主力の宅配事業を中核に事業部門ごとに別会社とした。これにより、ヤマトホールディングスの傘下に事業会社が入る体制となっている。
代表者
取締役社長 長尾 裕
設立年月日
1919-11-29
従業員数
225,125 人
上場年月日
1949-05-16
平均年齢
38 歳
平均年収
9,563,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
33Picks
ヤマト、単身向けで引っ越し再開 今月から、過大請求の発覚で休止
共同通信
|
ヤマト、単身向けで引っ越し再開 宅配便大手のヤマトホールディングス(HD)は6日、代金の過大請求問題で受注を見合わせていた引っ越し事...
346Picks
ヤマト「宅急便をスマホで送る」開始 送り状作成から決済までワンストップ、コンビニ発送も
ITmedia NEWS
|
ヤマト運輸は、宅急便の送り状作成から配送料の決済までスマートフォンで完結できる新サービス「宅急便をスマホで送る」を9月3日にスタートした。まずヤマト直営店で受け付け、今後、全国のセブン-イレブンやファミリーマート店頭にサービスを拡大していく予定だ。
27Picks
小島健輔が指摘『自滅の引き金を引いたヤマト運輸』
商業界オンライン
|
宅配料金大幅値上げの口火を切ってEC業界を追い詰めたヤマト運輸だが、値上げで業績が上向いたのは一瞬で、今年に入っては大幅な人員増にもかかわらず取扱量が伸び悩み、大幅赤字に苦しんでいる。これでは何のための値上げだったのか、本当に値上げが必要だったのか問われざるを得ない。宅配便が抱える根本的な課題まで踏み込んでの再生が問われている。
55Picks
空飛ぶトラックふわり浮上 ヤマト、米で飛行実験
共同通信
|
空飛ぶトラックふわり浮上 【フォートワース共同】ヤマトホールディングスは26日、米南部テキサス州フォートワース郊外での無人輸送...
32Picks
ヤマトが2割も値上げして赤字転落した最大の理由 ネット通販事業者が戦略転換、読みを誤った経営陣
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
ヤマトホールディングスが赤字転落した最大の理由はコストの増大ではなく、以前と同様、安易な需要見通しが原因である可能性が高い。
379Picks
ドライバーが配達先の女性にLINEで連絡 アマゾン配送業者から個人情報が流出
文春オンライン
|
アマゾンが物流で頭を抱えている。年間5億個という出荷数の約7割を請け負っていたヤマト運輸で、2017年春、200億円超の未払い残業代が表面化、宅配便の受け入れ個数が制限され、運賃は大幅値上げに。アマゾ…
19Picks
「オフラインとオンラインは区別しない。すべてをCXの一部に」メルカリがオフライン施策に注力する理由
MarkeZine
|
日本の月間利用者数が約1,300万人、流通総額1兆円を突破した国内最大級のフリマアプリ「メルカリ」では、近年、日本郵便やヤマト運輸との連携を強化するなど、オンラインだけでなくオフラインでの取り組みも活発だ。メルカリがオフライン戦略を強化する意図はどこにあるのか、メルカリジャパンCEOの田面木 宏尚(たものき・ひろひさ)氏に聞いた。
34Picks
「殺されるぞ」ヤマトHD子会社社長の“パワハラ音声”
文春オンライン
|
ヤマトホールディングス(HD)の100%子会社、ヤマトリース(東京都豊島区)の小泉弘社長が、社員にパワハラとも受け取れる言動を重ねていたことが、ジャーナリストの横田増生氏が入手した音声データで分かった…
26Picks
物流業界、エンジン車からEVへ移行本格化…絶大なコスト削減&人手不足解消の効果
ビジネスジャーナル
|
ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマト運輸が首都圏の宅配に小型のEV(電気自動車)を導入する。人手不足や燃料高を解決するばかりか、物流業界にさまざまな恩恵をもたらすと考えられる。果たしてEVの導入は物流革命を起こすだろうか。
24Picks
日本人の働き方に大異変、みんな「60歳過ぎても働く社会」は幸せか
マネー現代
|
1970年代、日本のサラリーマンは55歳で定年を迎えた。それがいまや、60歳過ぎても働くことが当たり前になろうとしている。三井住友銀行が、来年1月から正社員の定年を60歳から65歳に延長する予定であることが明らかになった。メガバンクでは国内初だ。すでにサントリーやイオン、ヤマト運輸、大和ハウス、オリックス、本田技研工業、明治安田生命保険などの大手企業でも、「65歳定年制」は実施されている。
32Picks
小島健輔が指摘『値上げで露呈した宅配便とEC物流の構造的欠陥』
商業界オンライン
|
ヤマト運輸が口火を切った宅配料金の値上げラッシュに倉庫作業人件費の上昇も加わって物流コストが高騰し、ECはあっという間に儲からないビジネスに転落した感がある。もはや宅配便に依存しては収益が望めず、店舗小売業者が店舗を物流拠点とするC&Cに勝機を見いだす一方、ECプラットフォーマーは物流の抜本的再構築を迫られている。
1095Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
31Picks
認知症高齢者が配達代行 顔知られ、徘徊時に利点も DM便、大牟田など
西日本新聞
|
宅配業者が介護事業所と連携し、配送の一部を認知症の人に担ってもらう取り組みが九州で始まっている。福岡県大牟田市と鹿児島県姶良市で、ヤマト運輸(東京)と介護事業所が実施。高齢者には手当が入り、配達時に地域で顔が知られるため徘徊(はいかい...
24Picks
アマゾンが狙う「自前物流網」が見えてきた
週刊東洋経済プラス
|
宅配最大手のヤマトホールディングスが、急増するアマゾンの荷物量に音を上げた「ヤマトショック」から約…
424Picks
アマゾンがついに「自前物流」構築の衝撃
東洋経済オンライン
|
アマゾンの小売り事業を支える大事なパートナーは「デリバリープロバイダ」と呼ばれる地域限定の配送業者だ。宅配最大手のヤマトホールディングスが悲鳴をあげるきっかけとなった急増するアマゾン経由の荷物配送は…
12Picks
ヤマト運輸ら大手三社の「働き方改革」、しわ寄せが酷い?
ビジネスジャーナル
|
【正解のないWEBマガジン~wezzyより】 配送業界大手三社(画像はWikipediaより)  宅配業界はネット通販の普及による物量増加や、慢性的な人手不足により、労働者が過酷な働き方を強いら...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ