新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1E8WR0A5FPY57

非破壊検査株式会社

非破壊検査株式会社(ひはかいけんさ)は大阪府大阪市西区に本社を置く工業用プラントの保守・点検等を行う企業である。 ウィキペディア
大阪府大阪市西区北堀江1-18-14
詳細を見る
概要
その名の通り、モノを壊さずに欠陥・異常を検出する業務を主におこなう。近年では異常の検出よりも、異常に対する原因究明に関連する業務が多くなっている。

また近年では耐震偽装問題に絡んで、コンクリート製の建築物に関する内部調査・劣化を調べるという案件も多い。

もともと日経産業新聞に広告を多く出稿していたこともあって、発行元の日本経済新聞社ならびにテレビ東京系列局との関係が深く、テレビ大阪製作テレビ東京系の単発番組の提供スポンサーになることも多い。

みどり会の会員企業であり三和グループに属していると同時に大輪会の会員企業である。
代表者
取締役社長 山口多賀幸
設立年月日
1957-06-21
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
42Picks
非破壊検査の技術者を育てろ!航空機産業のサプライチェーン円滑に
ニュースイッチ
|
政府は中小企業の航空機産業への進出を支援する。2017年度から順次、航空・防衛部品分野の国際認証「Nadcap(ナドキャップ)」対象の一つである非破壊検査の技術者を育成する訓練所を創設するほか、地方
20Picks
指先につけるだけで非破壊検査できるデバイスを開発 カーボンナノチューブ膜によるテラヘルツ検査チップ
東京工業大学
|
要点 カーボンナノチューブ膜の物性制御によりテラヘルツ帯検出器を高性能化 検出器は指に装着可能で、配管の亀裂検査などの非破壊検査を実現 対象物の形状によらず、任意の場所で簡便に検査することが可能に 概要 東京工業大学 科学技術創成研究院の河野行雄准教授、理化学研究所の鈴木大地博士(研究当時・東工大 河野研究室所属)、産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門の桒原有紀博士らは、カーボンナノチューブ...
12Picks
出発点はレーシングカー、次は航空機向けの拡大を狙う東レの“マジック”
ニュースイッチ
|
東レ・カーボンマジック(滋賀県米原市、奥明栄社長)は、航空機の機体に使う1次構造部品の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)成形加工品の納入を10月に開始した。従来より航空機の内装材や非破壊検査不要の
11Picks
中小企業が航空機産業に参入する登竜門が神戸にあった!
ニュースイッチ
|
兵庫県が神戸市須磨区に開設した航空産業非破壊検査トレーニングセンター。米国の航空宇宙規格「NAS410」に準拠した国内初の検査員養成機関で、航空機産業の参入など事業拡大を目指す中小企業からも注目される。2017年12月に初回の磁粉探傷講習、18年2月には浸透探傷講習が行われ、各講習で5人の受講者が課程を修了。利用者は渡米せず検査員の訓練が可能になったが、課題も浮き彫りになった。 航空産業非破...
11Picks
応力腐食割れを抑制するショットピーニング、実用レベルで解析可能に
マイナビニュース
|
大阪大学の柴原正和准教授、原子力機構物質科学研究センターの秋田貢一ディビジョン長、発電技検溶接・非破壊検査技術センターの古川敬所長らの共同研究グループは、原子炉構造物の溶接部における応力腐食割れを抑制するための表面改質技術「ショットピーニング」工法によって発生する圧縮力を実用レベルで解析するシステムの開発を行った。
10Picks
3D非破壊検査を航空宇宙産業に拡大、主要航空機メーカーと提携
MONOist
|
Creaformは、3D技術による非破壊検査(NDT)を航空宇宙産業に拡大する。航空機部品の不具合について、従来の方法では判断が難しかった外表面マッピングの評価が、3Dスキャンによって可能になる。2017年10月に航空宇宙業界に特化したアプリケーションを発売する。
8Picks
非破壊検査世界市場に関する調査を実施(2018年)
市場調査とマーケティングの矢野経済研究所
|
プレスリリース 非破壊検査世界市場に関する調査を実施(2018年)
8Picks
パナソニック、フレーム単位で可視光/近赤外線撮影を切り替えられるイメージセンサー
PC Watch
|
パナソニック株式会社は9日、有機薄膜を用いたイメージセンサーにおいて、フレーム単位で撮像波長域(可視光/近赤外線域)を切り替える電子制御技術の開発を発表した。赤外線フィルタを排することによる信頼性の向上や小型化が期待できるほか、近赤外線の物質を透過する性質は非破壊検査や監視などに好適であり、産業用ロボットや監視用途への応用可能性があるとしている。
7Picks
レーザーによる粒子加速を大幅に効率化
ResOU
|
大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの余語覚文(よご あきふみ)准教授、(兼)JST「さきがけ」研究者らのグループは、レーザーの光を使って粒子を加速する新しい手法を発見し、必要なレーザー強度を従来の100分の1に効率化しました。この技術は「粒子線がん治療」や「非破壊検査」への応用が期待されます。 強いレーザーの光を使えば、イオンなどの微小な粒子を加速することができます。しかしながら、イオ...
6Picks
JR西 のぞみトラブル 破損部目視検査のみ 非破壊検査が注目されそう・・・
ZUU Online|経済金融メディア
|
■JR西 のぞみトラブル 破損部目視検査のみ JR西日本が東海道・山陽新幹線ののぞみで台車に亀裂が入ったまま運行を続けたトラブルは2つ問題を浮き彫りにしたとの記事に注目です。注目なのは、亀裂の予兆を見落とした検査体制でしょう。目視検査のみで細かいキズの有無を確認する非破壊検査を実施していなかったそうです。今後、非破壊検査の対象拡充を検討するそうです。非破壊検査に関連する銘柄に、投資家の注目が...
5Picks
GEグループがIoTを活用した非破壊検査システムを開発
ニュースイッチ
|
GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ(東京都中央区、菊池明久社長)は、石油・化学プラントなどに適した非破壊検査システムを完成、販売を始めた。プラントのタンクや配管の減肉を超音波で計測する非破壊検査技術の一つである「フェーズドアレイ」を活用した。同時に32点を計測できるため、工数の削減が可能。一般的なシステムに比べ、検査コストを3分の1程度に抑えられる。価格は個別の見積もりになる。...
5Picks
所沢軽合金、CT導入で鋳造品を非破壊検査 工期短縮や検査コスト削減へ
日刊工業新聞電子版
|
【川越】所沢軽合金(埼玉県所沢市、池田耕次社長、04・2944・0415)は、主に自動車用の試作鋳造品の内部欠陥を検査する「コンピューター断層撮影装置(CT)」を導入した。X線によ...
4Picks
【プレスリリース】インフラ検査用の大面積・高感度デジタルX線イメージング装置を開発 -産業インフラの非破壊検査を飛躍的に効率化-
日本の研究.com
|
2019.04.23 産業技術総合研究所 プレスリリース ポイント有感エリアの大面積化と高感度化により、大型バルブなどのリアルタイム撮影を実現バッテリー駆動のX線源との組み合わせで、鉄10 cm厚の透過撮影が可能にインフラ構造物の検査を低線量化・高効率化でき、安心安全な社会の実現に貢献概要国立研究開...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ