新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD1DGGW4X2K6WCB

ウーバー

Uber(ウーバー)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
カリフォルニア州 サンフランシスコ マーケット・ストリート1455番
詳細を見る
概要
Uberは2009年3月にトラビス・カラニックとギャレット・キャンプにより設立。2015年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)と推定されている。

特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている。しかし、既存のタクシー業界からの反発も根強く、訴訟や運輸当局から営業禁止命令を受けた国、地域もある。

日本では、2013年11月より台数限定でのトライアルサービスを行い、2014年8月より東京都内全域で本格的にタクシーの配車サービスを開始。

2015年10月4日、リサイクル可能な衣類を回収して東北に届けるというチャリティーイベント「UberRECYCLE」を開催した。イベント期間中、対象エリア内でウーバーのアプリを開くと、配車に加え「RECYCLE」メニューが出現し、前日に講習を受けてドライバーアプリをインストールしたボランティアドライバー(一般人)が自家用車で向かい、衣類を回収するというもので、ウーバードライバーの体験ができた。

2015年10月20日、国家戦略特区諮問会議で、内閣総理大臣安倍晋三は「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する」と述べ、一般の人が自家用車で有償送迎する「ライドシェア(相乗り)」を可能にする規制緩和を検討するよう指示した。

2016年5月25日、トヨタ自動車とライドシェア領域における協業を検討する旨の覚書を締結した。

2016年5月26日、京都府京丹後市のNPO法人がUberの仕組みを採用して、一般人による有償旅客輸送を開始した。
代表者
トラビス・カラニック(CEO)
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
72Picks
ソフトバンク、ウーバーに触手か 
The Wall Street Journal
|
ソフトバンクグループが配車サービス市場で優位に立とうと、米大手ウーバー・テクノロジーズに触手を伸ばしている。 アジアの大手3社に出資するソフトバンクは、数十億ドル相当の株式取得についてウーバーに打診した。事情を知る関係者の話で明らか...
197Picks
技術の進歩が思考を妨げる? 仕事場での「現代版・七つの大罪」
Inc.
|
キリスト教における「七つの大罪」がまとめられたと考えられる4世紀以来、この世界はずいぶん変わった。現代社会にはWi-Fiがあり、ウーバーがあり、ネットフリックスがあり、ネストがあり、スナップチャ...
23Picks
ウーバー式「顧客評価システム」が必要な3業界
Forbes Japan
|
運転手が顧客を評価するというウーバーのシステムが、従業員の幸福度を上げ、離職率低下につながる理由は以下の通りだ。私は先日ウーバーを利用したとき、運転手に失礼な振る舞いをしないよう心掛けた。誰に対してもそうするが、特にウーバーでは運転手がその・・・
321Picks
米ウーバー、ソフトバンクなどに一部株式の売却検討
日刊工業新聞電子版
|
配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズ(サンフランシスコ)の株主や取締役会が、同社の一部株式をソフトバンクグループはじめ、ほかの投資家に売却することについて議論したとブルー...
52Picks
ソフトバンクと滴滴出行、グラブに20億ドル出資へ
The Wall Street Journal
|
【上海】米ウーバーの東南アジア最大のライバルであるグラブタクシー・ホールディングスが巨額の出資を受ける見通しだ。 シンガポールを本拠とする配車サービス会社グラブは、 ソフトバンクグループ のほか中国同業の滴滴出行から最大20億ドル(...
21Picks
Uber、ロシアの事業を現地大手Yandexと統合へ
CNET Japan
|
Uberがロシアの事業を、モスクワを拠点とする大手配車サービスのYandex.Taxiと統合する。
43Picks
シンガポールの自動運転企業nuTonomyが語る「ローカライズ」という課題
Forbes Japan
|
自動運転テクノロジーの分野ではグーグル傘下のWaymoやウーバーらが激戦を開始している。しかし、この2社が米国市場で覇権争いを行っている最中に、シンガポールで急浮上したのがnuTonomyという企業だ。nuTonomyは米国のボストンでウー・・・
56Picks
アルファベットのYouTube部門の責任者、スーザン・ウォシッキーがUBERの次期CEOに? NYポストがスクープ
Market Hack
|
ニューヨーク・ポストが伝えるところによるとアルファベット(ティッカーシンボル:GOOGL)のYouTube部門の責任者、スーザン・ウォシッキーがUBERの次期CEOとして有力になっているそうです。 UBERは現在、CEO以下、殆どの主要ポストが空席となっており、迷走中です。 スー...
31Picks
「リリース前に法的確認している」ーーキャバクラ版UberのLION Project、代表の五十君氏が違法行為の指摘に回答
THE BRIDGE
|
キャバクラ版UBERを標ぼうする「LION Project」に法的な違反があるという指摘があった。 「キャバクラ版UBER」を称賛するベンチャー界隈に... The post 「リリース前に法的確認している」ーーキャバクラ版UberのLION Project、代表の五十君氏が違法行為の指摘に回答 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).
13Picks
ブラックキャブ vs ウーバー —— ロンドンの「抗争」の裏にある複雑な問題
Business Insider Japan
|
ロンドン名物の黒塗りタクシー「ブラックキャブ」の運転手たちは、難関試験を突破してその運転席に座っているという自負がある。そんな彼らは、ウーバー(U...
221Picks
現地で見た「サンフランシスコ流の働き方」、なぜ割高でもコワーキングが流行るのか
ビジネス+IT
|
「コワーキングスペース」。ここ数年、日本でもひんぱんに耳にするようになった言葉だ。アメリカを起点に広がったコワーキングスペースは、今では全世界で7,000以上の運営企業が存在し、年率約23%で増加している。なぜ、ここまで市場が拡大しているのか? 世界的に市場をリードする米WeWorkの現地取材も交え、TwitterやUber、Airbnb、Pinterestらも拠点を構えるサンフランシスコに...
41Picks
「キャバクラ版UBER」を称賛するベンチャー界隈に救いはあるのか(追記あり)(山本一郎)
Yahoo!ニュース 個人
|
「キャバクラ版UBER」を自称するマッチングサイトがベンチャーイベントのビジネスコンテストで上位入賞するなど、風俗営業さえも法を掻い潜れると思ってしまう社会がそこにはあるようです。
6Picks
ソフトバンク、次は数十億ドル分のUber株取得を検討中との噂
TechCrunch Japan
|
 東南アジアの配車サービスGrabへの20億ドルにおよぶDidiとの共同出資が発表されてから1日も経たないうちに、ソフトバンクは上記2社とライバル関係にあるUberに投資しようとしているとの噂が立っている。 Wall Street… Read More
4Picks
米Uberがソフトバンクへの株式の一部売却を検討中との報道 : ニュースジャングル
ニュースジャングル
|
1 :ノチラ ★:2017/07/16(日) 17:52:54.38 ID:CAP_USER.net 米Uber Technologiesの投資家や取締役会が、Uberの株式の一部をソフトバンクグループなどに売却する検討をしていると、米Bloombergが2017年7月14日(米国時間)に報じた。米New York Timesは13日(同)に、ソフト
91Picks
Lyft、1日当たり乗車回数100万回を達成
TechCrunch Japan
|
 Lyftは1日当たりの乗車回数100万回を達成した。現在同サービスは米国でのみ利用できる。Uberは全世界での乗車100万回を2014年12月に発表した。2016年7月、Uberは1日平均550万乗車を記録、先週には累計乗車50億回に達した。 Read More
5Picks
自動車配車アプリのリフト(Lyft)、自動運転車開発を本格スタート!
財経新聞
|
米のウーバー(Uber)と肩を並べる配車サービス(自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリ)の大手リフト(Lyft)が、7月20日に自動運転車の開発部門を設立することを発表した。
155Picks
暗雲立ち込める中、Uberが乗車回数50億回を突破
TechCrunch Japan
|
 Uberの乗客は延べ50億回このサービスを利用して移動したと本日(米国時間6/29)同社が発表した。2016年に達成した20億回の2倍以上だ。50億乗車の節目を実際に越えたのは5月だった。5月20日 7:29:06 AM GMT、156台が出発し、相乗りサービスを大台に乗せた。 Read More
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ