新着Pick
SPD1CB0ED31HAXO5

エーザイ 株式会社

エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
東京都文京区小石川4-6-10
03-3817-3700
詳細を見る
概要
2012年の世界の医薬品メーカーの売上高における順位は25位で、武田薬品工業(世界14位)・アステラス製薬(同18位)・第一三共(同19位)・大塚ホールディングス(同20位)に次ぎ国内5位に位置する。メインバンクは埼玉りそな銀行である。

現在の主力商品は1990年代に発売した自社開発製品のアリセプトとパリエット/アシフェックスで、この二つで売上のおよそ60%を占めている。売上高に占める自社開発品の比率が約90%と高く、かつ海外での売上比率も全売上高の過半数超と多いのが特徴。
加えて、米国においては、創薬・研究・開発・生産・物流・営業まで、製品販売にかかわる全ての部門をエーザイ、もしくはその子会社で持つ唯一の日本の製薬会社である。同様のことを英国、インドにおいても実施する様相である。

また、経営に関しても、同族会社では珍しく、社長以外に取締役と執行役を兼務するものは存在せず、取締役も過半数以上が社外の専門家(弁護士、教授など)となっており、完全に社長の意図だけでは経営できないようになっている。


創業者は、内藤豊次(初代社長:故人)で、現社長、内藤晴夫の祖父にあたる。内藤豊次が、旧:東京田辺製薬(現:田辺三菱製薬)を57歳で退職し、起業した。創業当初は、ビタミンEから始まり、ネオサンプーン(避妊薬)、チョコラシリーズ等を手がけていった。この“チョコラ”とは、チョコレートとコーラをもじったもので、チョコレートやコーラのようによく売れますようにと、願って考えたネーミングであると、2代目社長の内藤祐次(晴夫の父にあたり、2代目社長:故人)の著書にある。

1960年代から1990年代にかけて、メチコバール(末梢性神経障害治療薬)、セルベックス(胃炎治療薬)を中心に急成長を遂げた。1988年、エーザイイノベーション宣言とともに、現社長の内藤晴夫が当時49歳の若さで社長に就任した。その後、戦略的五カ年計画を4期に渡り実施し、第1期(1987年~1991年:国内営業の時代)、第2期:(1992年~1996年:グローバリゼーションの時代)、ここで国際化(欧米)を進め、第3期(1997年~2001年:飛翔の時代)、第4期(2001年~2007年:ミレニアム計画:2006年度で終了)と進めて、2004年度で5000億円の売り上げを達成した。2006年度より2011年度まで、ドラマティックリーププランの時代と位置づけている。先の2製品のヒットによりここ10年で飛躍的に売上高が増大したことにより、一時株価が6600円近くに達したが、製薬業界で話題の2010年問題、いわゆる特許切れの問題で、エーザイを問わず、各製薬会社ともに実力以上に株価が低迷してる。

大衆薬もビタミン剤「チョコラ」シリーズと胃腸薬「サクロン」、ハンドクリーム「ザーネ」、乗り物酔い止めの「トラベルミン」シリーズなど古くから知名度がある製品の他、スイッチOTCとして医療用胃薬セルベックスをスイッチした「セルベール」や医療用アレルギー性鼻炎薬アゼプチンをスイッチした「ハイガード」もある。

1987年の長期経営計画(2001年度までに売上高5,000億円を目標)によって見いだされた「ヒューマン・ヘルスケア (Human・Health Care)」という言葉は、同社のスローガンにもなっている。
もう一つの特徴として、エーザイの企業理念である「患者様と生活者の皆様の喜怒哀楽を考え、そのベネフィット向上を第一義とし、世界のヘルスケアの多様なニーズを充足する」は、定款にも盛り込まれており、現状では、イオングループとエーザイだけが、企業理念を定款に盛り込んでいる。

現職まで創業者一族がトップにつく同族会社だが、次期社長の世襲はしないと現社長が新聞紙上でコメントした。

2016年現在、乳がん治療薬(エリブリン:商品名ハラヴェン)が、日米欧での承認優先審査候補品となっており、2010年11月米国FDAの承認を得た。2016年4月、てんかん治療薬(ペランパネル:開発コードE2007)が製造承認された。その他、敗血症治療薬(エリトラン:開発コード:E5564)などの主要開発品が承認申請間近である。
代表者
代表執行役CEO 内藤 晴夫
設立年月日
1941-12-06
従業員数
10,998 人
上場年月日
1961-09-14
平均年齢
44 歳
平均年収
10,370,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
エーザイがコロナ薬治験へ 過剰免疫反応の抑制期待
共同通信
|
エーザイがコロナ薬治験へ エーザイは1日、過剰な免疫反応「サイトカインストーム」を抑える作用がある新薬候補「エリトラン」が新型...
706Picks
【解説】エーザイが開発した、「夢の治療薬」の実力
NewsPicks編集部
|
認知症患者は日本国内だけでも約600万人。今後はさらに増加傾向が見込まれ、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるという試算もあります(参考文献1)。もはや、誰にとっても他人事とは言え...
385Picks
臨床試験後に電柱から飛び降り死亡 薬投与が原因か
NHKニュース
|
ことし6月、大手製薬会社「エーザイ」が、てんかんの治療薬を開発するために行った臨床試験で、薬を投与された健康な男性が高い…
777Picks
【エーザイ柳】なぜ日本企業は「無駄に」お金を貯めこむのか
NewsPicks編集部
|
厳しくなる株主からの要求、世界経済の混乱で高まるリスク。そうした課題に向き合っているのがCFOだ。これからの時代にどのようなCFOが求められているのか、投資家から高く評価されるエーザイ柳CFOに...
304Picks
エーザイが急伸、アルツハイマー病の臨床試験で「画期的な結果」
www.zaikei.co.jp
|
■脳内アミロイドベータの蓄積の減少を証明したと発表 エーザイ<4523>(東1)は6日、大きく上値を追い、取引開始後に12%高の8630円(924円高)をつけて2015年以来の高値に進んだ。
20Picks
エーザイ、不眠症治療薬で米FDAの承認取得
Reuters
|
[22日 ロイター] - エーザイ<4523.T>の米子会社は22日、成人向けの不眠症治療薬「DAYVIGO」(一般名:レンボレキサント)について、米食品医薬品局(FDA)から新薬承認を取得したと発表した。
194Picks
GPIF:オムロンやエーザイ、日産など約10社と会合、海外年金とも
Bloomberg
|
(Bloomberg) --年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は中長期的な株式投資収益の拡大を図るため、内外の関係者と二つの定期的な会合を新設する。国内企業と定期的に意見交換をする場を作る一方、外国株式の運用については海外の主要な公的年金基金から知見を吸収する機会を設ける。
190Picks
エーザイ株が急落-アルツハイマー薬の最新データが決定力欠く
Bloomberg
|
エーザイの株価は26日、一時前日比21%安と過去最大の下落率を記録し10%安の9989円で取引を終えた。これに先立ち、同社と米バイオジェンは両社が共同開発する「BAN2401」の早期アルツハイマー病患者を対象とした第2相試験で、最高用量投与群ではプラセボ(偽薬)群との比較で30%の進行抑制が示されたと発表していた。
81Picks
エーザイが開発中止の「認知症薬」復活のわけ
東洋経済オンライン
|
異例の逆転劇となるのか――。製薬大手のエーザイは10月30日、2019年度第2四半期の決算を発表した。同時に通期予想も修正。2020年3月期通期の売上高は前期比6%増の6800億円、営業利益は70億円上方修正して同28%…
75Picks
バイオジェンとエーザイ 早期アルツハイマー適応でアデュカヌマブを申請へ 米株は急伸
www.mixonline.jp
|
バイオジェンとエーザイ 早期アルツハイマー適応でアデュカヌマブを申請へ 米株は急伸 | 米・バイオジェンとエーザイは10月22日、アデュカヌマブについて、早期アルツハイマー病の症状抑制で、承認取得を目指す方針を明らかにした。米国では2020年の早い段階での申請を目指す。日本や欧州でも同様...
117Picks
日本の経営層はグローバルスタンダードのファイナンシャルリテラシーを身につけるべき エーザイ株式会社CFO 柳 良平(後編)
株式会社ミーミル
|
これからの時代、日本の経営者に必要なものはなんでしょうか。ファイナンシャルエキスパートとして海外投資家と対話を続けてきた、エーザイ株式会社 専務執行役チーフフィナンシャルオフィサー(兼)チーフIRオフィサーの柳 良平氏に伺いました。
117Picks
エーザイ部長自殺、遺族労災申請 過労死ライン超え56カ月
共同通信
|
エーザイ部長自殺、遺族労災申請 製薬大手エーザイの部長だった男性=当時(50)=がうつ病になり2016年に自殺したのは、昇進に伴う業務量増加や慢性的な長時間労働が原因だとして、大阪市の男性の妻(51)が天満労働基準監督署に労災申請し...
85Picks
エーザイ株がストップ安気配、アルツハイマー薬の臨床試験を中止
Bloomberg
|
エーザイ株はストップ安売り気配となり売買が成立していない。米バイオジェンと共同開発の最終段階にあったアルツハイマー病試験薬「アデュカヌマブ」の臨床試験を中止すると発表したことから売りが膨らんだ。
82Picks
エーザイ、米メルクと抗がん剤分野で提携 最大6110億円受け取り
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - エーザイ<4523.T>は8日、米製薬大手のメルク<MRK.N>と抗がん領域での戦略的提携で合意したと発表した。エーザイが開発した抗がん剤「レンビマ」単剤、およびメルクが開発した「キイトルーダ」との併用療法について、共同開発や共同販売促進を行う。契約は2036年まで。
64Picks
訂正:エーザイの「レンビマ」、米当局が肝細胞がん治療薬として承認
Reuters
|
[16日 ロイター] - エーザイ<4523.T>の抗がん剤「レンビマ」について、米食品医薬品局(FDA)は16日、肝細胞がん(HCC)治療薬として承認した。
54Picks
エーザイとバイオジェン、アルツハイマー病薬の後期治験打ち切り
Reuters
|
* プレスリリース https://www.eisai.co.jp/news/2019/pdf/news201917pdf.pdf
54Picks
エーザイの株価が元気出しているたった1つの理由
SmartHospital
|
「元気出していきましょう、エーザイ」あの有名なキャッチフレーズ効果なのか、2015年になってからエーザイの株価上昇が止まらない。時価総額2兆円近い規模を誇る企業としてはあり得ない株価の推移をしている。なぜ株価が元気なのだろうか?その理由は、
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ