新着Pick
SPD1B2JC4PWIE1GA

伊藤忠商事 株式会社

伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
東京都港区北青山2丁目5番1号
03-3497-2121
詳細を見る
概要
戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。東証第一部上場。

銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親密であったが、戦後住友系列より徐々に離脱し、旧第一銀行に接近。第一勧銀グループからの流れを受けて、現在はみずほグループに属している。

大阪に本社を置いていたが、1960年代半ばから大阪と東京の2本社体制を敷き、1970年代には大阪本社の機能の多くは港区の東京本社に移管された。

単体従業員数が大手総合商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)で最少ながら、2015年(平成27年)度(2016年3月期決算)には最終利益で三菱商事を抜いて総合商社業界でトップになったが、三菱商事と三井物産が創業以来初の最終赤字となったことも大きく、社長の岡藤正広は「不戦勝で土俵にあがったようなもの」と述べている。

2016年7月、米の空売りファンドのグラウカス・リサーチ・グループから不正会計の指摘を受けたため、自社から反論のリリースを出した。

また、2018年4月、岡藤が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。大手商社で会長がCEOを務める体制は異例であり、岡藤の注力した中国最大の国有複合企業「中国中信集団」(CITIC)との提携が、効果の面で課題が残っているためで、当面は「二頭体制」としている

近年、社員の健康増進を図る健康経営を推進している伊藤忠が乗り出す「全員健康経営」とは何か 東洋経済オンライン 2016年6月15日
。朝型勤務の奨励、がんの早期発見・がん先端医療の無償化等の社員のがん治療との両立支援などが報じられている。
代表者
代表取締役社長COO 鈴木 善久
設立年月日
1949-12-01
従業員数
128,146 人
上場年月日
1950-07-06
平均年齢
41 歳
平均年収
15,658,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
伊藤忠商事、バイオマスプラスチック事業に本格参入
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
伊藤忠商事は、プラスチック樹脂メーカーのBorealis AG(以下、Borealis)およびそのグループ会社であるBorouge Pte Ltdと再生可能資源由来のバイオマスポリプロピレン(以下
26Picks
伊藤忠商事会長「コロナ禍こそ人と会ってなんぼ」
文藝春秋digital
|
時価総額と株価で三菱商事を抜き、史上初めて総合商社のトップに立った伊藤忠商事。「商社マンは現代の商人」と語る岡藤正広・会長CEOに話を聞いた。 <この記事のポイント> ●在宅勤務は「生産性が上がる」と言われるが、それは全くの嘘 ●ラクすることが新しい働き方と勘違いされている面がある ●国が配布した布マスクは、先に他社が請け負っていたが、数が多く単独ではこなせなくなったため、政府から相談されて...
635Picks
【投資入門】バフェットの商社株買いから、何を学べるか
NewsPicks編集部
|
卒寿を迎えたアメリカの「投資の神様」が日本の株式市場をにぎわせている。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイが8月31日、日本の5大商社(伊藤忠商事、丸紅、三...
14Picks
「三菱自動車を切り捨てない」三菱商事のキーマン、自動車部門CEO激白
ダイヤモンド・オンライン
|
8月末、三菱自動車のトップに君臨していた益子修・元会長が死去した。出身母体の三菱商事と、アライアンスを組む日産自動車や仏ルノーとの“扇の要”の役割を果たしていた実力者の喪失は打撃だ。一方、三菱自の業績不振など自動車・モビリティグループが足を引っ張ったことで、三菱商事は2021年3月期に商社業界で利益首位の座を伊藤忠商事に明け渡す見通しだ。三菱商事は三菱自から出資を引き揚げることはないのか。一...
23Picks
伊藤忠商事、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入
デジタルシフトタイムズ
|
伊藤忠商事株式会社は、医療マーケティング事業を展開する株式会社フェーズワンと資本業務提携し、医療・ヘルスケア業界向けDX支援事業へ参入したと発表した。 国内において高齢化に伴う医療費の増加は、大...
240Picks
顧客が好む広告、狙い撃ちで配信 「ファミペイ」「dポイント」などのデータ活用、伊藤忠などが新会社
ITmedia ビジネスオンライン
|
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントが、購買データを活用したデジタル広告配信を行う「データ・ワン」を設立すると発表。
21Picks
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントの4社で 購買データ活用の広告事業新会社「株式会社データ・ワン」を設立 : 官報ブログ
官報ブログ
|
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25102伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェントの4社が、小売事業者の購買データを活用したデジタル広告配信事業および広告代理店業の展開に向けて、「株式会社データ・ワン」を設立することで合意したと
1113Picks
バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社
Bloomberg
|
米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは日本時間31日、日本の5大総合商社株を5%をわずかに上回る比率まで取得したと発表した。伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅の5社をそれぞれ取得した。それぞれの株式について、長期保有を目的としており、価格次第では最大9.9%まで保有比率を高める可能性があるとした。
12Picks
三菱商事の屈辱、伊藤忠に歴史的敗北で商社首位陥落伊藤忠が恐れる“中国ハプニング”
ビジネスジャーナル
|
伊藤忠商事の岡藤正広会長兼最高経営責任者(CEO)は、今期「三冠」を目指すと宣言した。「三冠」とは、株価、時価総額、21年3月期決算の税引き後利益で三菱商事を抜き、名実ともに業界トップになることを意味する。
16Picks
「空飛ぶクルマ」有人飛行成功のスカイドライブ、実現の切り札は元三菱航空機副社長?
ニュースイッチ
|
SkyDrive(スカイドライブ、東京都新宿区、福沢知浩社長)が、「空飛ぶクルマ」の実現に向け大きな一歩を踏み出す。日本政策投資銀行(DBJ)や伊藤忠商事など10社から、計39億円の資金調達を完了。合わせて国内で初となる有人飛行試験の様子も披露。開発スピードをより加速し、2023年の事業化を目指す。 「新型コロナウイルス禍の中でも無事に完了できてよかった」。福沢社長は笑顔を見せる。第三者割当...
197Picks
伊藤忠がファミマをTOB、止まらぬ「店舗崩壊」に不安の声
Diamond Online
|
8月24日に応募が締め切られた、伊藤忠商事によるファミリーマートへのTOBが成立した。伊藤忠は総額5809億円を投じて1株2300円でファミマ株を買い付け、完全子会社化を実現することになる。
84Picks
伊藤忠のファミマTOB成立、出資比率65%超に
SankeiBiz
|
伊藤忠商事は25日、ファミリーマートに対し実施していたTOB(株式公開買い付け)が、成立したと発表した。24日の締め切りまでに発行済み株式の15・61%がTOB…
121Picks
伊藤忠のファミマTOB、海外ファンド介入で成否混沌 24日期限
産経ニュース
|
伊藤忠商事によるファミリーマートに対するTOB(株式公開買い付け)は、期限である24日を前に予断を許さない状況となっている。海外の投資ファンドが特別配当を求めたり、買い付け価格の引き上げを要求したことでファミマの株価が上昇。株価が買い付け価格を上回れば株式市場の方が高く売れるため、TOBに応募しない株主が増える。最後まで気を抜けない展開となりそうだ。
22Picks
CO2フリー、「ゼロエミ船」開発が始まった!
ニュースイッチ
|
温室効果ガスを排出しない船舶「ゼロエミッション船」の実現に向けた計画が動きだした。伊藤忠商事や今治造船(愛媛県今治市)、三井E&Sマシナリー(東京都中央区)などが、燃料にアンモニアを利用する船舶を2025年をめどに開発する。環境規制の強化に伴い、重油の代替としてアンモニアが注目されており、国もゼロエミッション船を後押しする方針を打ち出した。環境に徹底して配慮した理想の船舶の実用化に総力を挙げ...
123Picks
伊藤忠が中古スマホのオンライン販売に参入、なぜ?
TechCrunch Japan
|
伊藤忠商事は8月12日、中古のスマートフォン市場への参入を発表した。100%出資の子会社であるBelongを通じて、オンライン流通事業を展開する。 同社が中古市場に注目したのは、総務省が推進する携帯端末代金と通信料金を分ける分離プラン。中古のスマートフォン市場は拡大傾向にあるが、同社ではさらに拡大するとみて参入を決めたようだ。 MM総研のレポートによると、現在のところ主端末としての中古スマー...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ