新着Pick
SPD1B2JC4PWIE1GA

伊藤忠商事 株式会社

伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
東京都港区北青山2丁目5番1号
03-3497-2121
詳細を見る
概要
戦前は伊藤忠財閥の中核企業であった。伊藤忠財閥は、多数の紡織会社を傘下に持つ繊維財閥であったため、繊維部門の売り上げは群を抜いており、かつては世界最大の繊維商社であった。傘下に有力企業を多数抱えており、現在は祖業である繊維の他に、食料や生活資材、情報通信、保険、金融といった非資源分野全般を強みとしている。東証第一部上場。

銀行との融資・資本関係としては太平洋戦争以前から旧住友銀行と親密であったが、戦後住友系列より徐々に離脱し、旧第一銀行に接近。第一勧銀グループからの流れを受けて、現在はみずほグループに属している。

大阪に本社を置いていたが、1960年代半ばから大阪と東京の2本社体制を敷き、1970年代には大阪本社の機能の多くは港区の東京本社に移管された。

単体従業員数が大手総合商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)で最少ながら、2015年(平成27年)度(2016年3月期決算)には最終利益で三菱商事を抜いて総合商社業界でトップになったが、三菱商事と三井物産が創業以来初の最終赤字となったことも大きく、社長の岡藤正広は「不戦勝で土俵にあがったようなもの」と述べている。

2016年7月、米の空売りファンドのグラウカス・リサーチ・グループから不正会計の指摘を受けたため、自社から反論のリリースを出した。

また、2018年4月、岡藤が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任。大手商社で会長がCEOを務める体制は異例であり、岡藤の注力した中国最大の国有複合企業「中国中信集団」(CITIC)との提携が、効果の面で課題が残っているためで、当面は「二頭体制」としている

近年、社員の健康増進を図る健康経営を推進している伊藤忠が乗り出す「全員健康経営」とは何か 東洋経済オンライン 2016年6月15日
。朝型勤務の奨励、がんの早期発見・がん先端医療の無償化等の社員のがん治療との両立支援などが報じられている。
代表者
代表取締役社長COO 鈴木 善久
設立年月日
1949-12-01
従業員数
128,146 人
上場年月日
1950-07-06
平均年齢
41 歳
平均年収
15,658,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
54Picks
オアシス、ファミマTOB前に特別配当を要請ー1株最大1062円
Bloomberg
|
香港のヘッジファンド、オアシス・マネジメントは6日、ファミリーマートに対し、伊藤忠商事が実施中の株式公開買い付け(TOB)の決済前に1株当たり最大1062円の特別配当を要求すると発表した。
13Picks
株式会社ファミリーマートに関するオアシスの声明
www.businesswire.com
|
(ビジネスワイヤ) -- オアシス・マネジメント・カンパニー・リミテッド(以下「オアシス」)は株式会社ファミリーマート(コード番号 8028)(以下「ファミリーマート」または「同社」)の少数株主であるファンドの運用会社です。 2020年7月8日、ファミリーマートの親会社である伊藤忠商事株式会社(コー
11Picks
総合商社業界「3冠」目前の伊藤忠、報じられない“2つの爆弾”
ビジネスジャーナル
|
「週刊ポスト」(小学館)の仕事で、「日本郵政グループをもし、土光敏夫さんが経営すればどう変わる。どう変える」という記事を書いていて、「もし伊藤忠商事の岡藤正広会長CEOが三菱商事を経営したら、どう変える」を書いてみたらおもしろいと思った。6月に「2021年3月決算も三菱商事が首位...
353Picks
伊藤忠商事 国内拠点勤務の全社員を原則在宅勤務に 新型コロナ
NHKニュース
|
【NHK】新型コロナウイルスの感染者の増加が続いていることから、大手商社の伊藤忠商事は、31日から当面、国内の拠点に勤務するすべて…
20Picks
ついにファミマまで商社が「コンビニ取り込み」に必死になってる意外なワケ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
大手商社の伊藤忠商事がファミリーマートの完全子会社化に向けて動き出した。三菱商事もローソンを子会社化することで、ビジネス面での一体化を進めている。伊藤忠によるTOBはファミリーマートの上場廃止を前提にしており、これが実現すれば伊藤忠とファミマは完全に一体化する。なぜ大手商社はここまでコンビニの取り込みに躍起になっているのだろうか。
240Picks
澤田社長の知られざるファミマ改革、コンビニは「日本の家族」になれるか
ニュースイッチ
|
伊藤忠商事によるファミマ子会社化でコンビニ業界は変わるのか コンビニエンスストアのビジネスモデルが転換期を迎えている。 この7月8日、総合商社の伊藤忠商事は、グループ内のコンビニ大手「ファミリーマート」を完全子会社化すると発表した。狙いは、伊藤忠商事の取引先の販路拡大に加え、過渡期のコンビニ事業における経営判断の迅速化とされる。 具体的な動きはこれからだが、今後、AIを活用した業務効率化、顧...
10Picks
ロボティクスプラットフォームのRapyuta RoboticsがBizTech ファンドから資金調達
TechCrunch Japan
|
ロボティクスプラットフォーム「rapyuta.io」提供のRapyuta Roboticsは7月20日、マーキュリアインベストメントおよび伊藤忠商事が共同組成したBizTech ファンド(マーキュリア・ビズテック投資事業有限責任組合)からの資金調達を発表した。調達額は非公開。 調達した資金は、複数・異種ロボットの協調連携を実現する、同社独自の群制御AIおよびソフトウェアの開発に投資する予定。...
61Picks
“ファミマ完全子会社化”が伊藤忠を真の総合商社トップにする?
MONEY PLUS
|
コンビニ業界と総合商社がここ数年で連携を強化しています。 日本を代表する「五大商社」の一角である伊藤忠商事は8日、子会社であったファミリーマートに対し株式の公開買い付け(TOB)を実施しました。伊
43Picks
伊藤忠とファミマ「一体化」でも拭えない不安
東洋経済オンライン
|
「総力を挙げて伊藤忠グループを使い倒す。(伊藤忠商事から)役員や人がバサバサ来ることはないと信じている。さらなるファミマのリストラはまったく考えていない」。ファミリーマートの澤田貴司社長は7月8日、決…
524Picks
【図解】TOBが2つ発生。先週の「重要ニュース」4選
NewsPicks編集部
|
今回のニュースサマリーは①JR東日本、時間帯別運賃の導入を検討②伊藤忠商事、ファミマを非公開化へ③コロワイド、大戸屋買収へ④東京都など、再びコロナ感染増加
10Picks
医薬品の研究開発を支援する鳥取大発スタートアップが伊藤忠商事と資本業務提携
TechCrunch Japan
|
最先端の染色体工学技術をバイオ関連企業に提供する鳥取大学発スタートアップ企業「chromocenter」(クロモセンター)は7月13日、伊藤忠商事からの出資受け入れと業務提携を発表した。 今回の資本・業務提携により、同社の染色体工学の技術ノウハウと伊藤忠の国内外ネットワークを融合。国内外のバイオ関連企業の創薬研究活動に貢献するため、オリジナルCHO細胞(Chinese Hamster ova...
676Picks
【1分解説】伊藤忠のファミマ株TOBを3つの視点で整理
NewsPicks編集部
|
総合商社とコンビニの距離がまた一歩、近づいた。伊藤忠商事は7月8日、ファミリーマートの株式公開買い付け(TOB)で株式の保有割合を引き上げ、ファミマ株を上場廃止する計画を発表した。伊藤忠の狙いは...
18Picks
伊藤忠、ファミマを完全子会社化 一部店舗は実証実験の場に
BCN+R
|
伊藤忠商事は7月8日、コンビニエンスストア大手のファミリーマートを完全子会社化すると発表した。これに際し、株式の公開買い付けを行う。完全子会社化後は、伊藤忠のリソースを活かして物流の最適化を図るほか、新しいビジネスモデルの創出にも着手するという。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ