新着Pick
SPD18TFL735DA1KC

株式会社 博報堂DYホールディングス

株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
東京都港区赤坂5丁目3番1号赤坂Bizタワー
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 水島 正幸
設立年月日
2003-10-01
従業員数
21,469 人
上場年月日
2005-02-16
平均年齢
43 歳
平均年収
10,648,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
何度でも「買いたい」と思う仕組みのつくり方 “習慣化”がヒット商品を生む鍵に【お薦めの書籍】
MarkeZine
|
人口が減少する今後の社会において、現在と同じマーケティング理論は通用すると言えるでしょうか。博報堂のヒット習慣メーカーズは、生活者に一度だけ「買いたい」と思わせることに力点を置いた現在の理論から脱却すべきだと主張しています。本記事では、その解決策として「売れ続ける仕組み=習慣化」を解説した彼らの新著を紹介します。
22Picks
マーケターとテクノロジストが融合する、マーケティング最前線
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂DYグループとして“生活者データ・ドリブン”マーケティングに一層注力していくことを掲げてから5年。博報堂DYグループのマーケティングは着実に進化し、グループならではの膨大な生活者データを活...
21Picks
ビッグデータ・ドキュメンタリー:39歳主婦はコロナにどう向き合ったか
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂生活総合研究所が提唱する、デジタル上のビッグデータをエスノグラフィ(行動観察)の視点で分析する手法、「デジノグラフィ」。その可能性を探る「デジノグラフィ・トーク」シリーズの第7回は、生活者の不満や意見を買い取る「不満買取センター」を運営する株式会社Insight Techとの共同研究です。
159Picks
行動経済学をデジタルマーケティングに活用「デジタルナッジ」
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂グループで企業のマーケティング活動の基盤となる情報システムの設計、開発および活用支援を行う株式会社博報堂マーケティングシステムズは、慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科の星野崇宏教授を...
71Picks
強い顧客接点を生み出す「1→10」フェーズに必要な体制づくり
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
マーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)は、「広告の外側」にある生活者接点を構想、開発、運用することを目的に博報堂内に立ち上がった新しい組織です。具体的には、広告のような瞬発的な接点...
13Picks
IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
ITmedia マーケティング
|
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。
21Picks
AIで新聞を要約。スマートスピーカーでのニュース配信の今後
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂DYメディアパートナーズは、2017年8月から東京理科大学理工学部 大和田研究室とともに、AI技術を活用した次世代型メディアコンテンツ開発と配信連携の共同研究を行っています。2019年3月...
16Picks
今が熱いマーケティングテクノロジー・プロデューサーという仕事
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
マーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)は、「広告の外側」にある生活者接点を構想、開発、運用することを目的に博報堂内に立ち上がった新しい組織です。同局には大きく2つの機能があり、その...
26Picks
キャッシュレス化による変化「どこでも決済」が創る顧客体験とは
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂金融マーケティングプロジェクトでは、「キャッシュレス化が進展した先にどのようなサービスが生まれ、生活者体験が変化していくか」を洞察するために、日本に先行してキャッシュレス化の進むアジアや欧...
104Picks
生活者と価値を共創する「新しい時代のマーケティング」とは
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
マーケティングが機能する領域が拡張し、生活や社会にまで影響を及ぼすようになっています。その背景にある構造的な変化を踏まえ、博報堂のマーケティング部門グループの責任者を務める岩﨑拓は「『意味』を『...
21Picks
デジタル化による出版社と広告会社の関わり方の変化とは
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
デジタル化が進むにつれて、媒体社の役割も大きく変化しています。本連載では、媒体社の変化と、それに伴い博報堂DYメディアパートナーズ(MP)の役割がどう変わってきたのか、今後どう変わっていくべきか...
19Picks
「アイデア×テクノロジー」でビジネスに新しい価値を生み出す
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂のマーケティングシステムコンサルティング局(MSC局)とテクニカル・ディレクターのコミュニティであるBASSDRUMが協同で取り組んでいるプロジェクトが「B2H」です。「BASSDRUM ...
19Picks
新聞の強みはコンテンツ力。デジタル化で価値を最大化させるには
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
デジタル化による媒体社の変化と、それに伴い博報堂DYメディアパートナーズ(MP)のデータマーケティングにおける役割がどう変わってきたのか、今後どう変わっていくべきかをテーマにした本連載。第2回は...
27Picks
デジタルマーケティングの課題解決 DAC×アドビの取り組み
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂DYグループの一員であり、デジタルマーケティング全体をカバーするビジネスを展開しているデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム。PhotoshopやIllustratorなどのクリエイテ...
18Picks
Twitterから「日本人の感情の変化」を分析してみた
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂生活総合研究所が提唱する、デジタル上のビッグデータをエスノグラフィ(行動観察)の視点で分析する手法、「デジノグラフィ」。その可能性を探る「デジノグラフィ・トーク」シリーズの第5回は、Twi...
230Picks
ヤフーのオンライン行動データが明かす、時間の使い方の年代差
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
|
博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)が提唱する、デジタル上のビッグデータをエスノグラフィ(行動観察)の視点で分析する手法、「デジノグラフィ」。その可能性を探る「デジノグラフィ・トーク」シリーズ...
154Picks
【佐々木大輔】博報堂に就職した決断を悔いる理由
NewsPicks編集部
|
大学を卒業して就職した1社目が博報堂だったと言うと、「意外ですね」と言われることがあります。自分でもそう思います。学生時代にインターネット業界のスタートアップで修業し、かつ、そこで業務効率化に大...
153Picks
電通・博報堂・サイバーエージェントのコロナショック前後の時価総額推移 〜電通は半減、サイバーエージェントは博報堂を逆転〜
RTB SQUARE
|
新型コロナウイルスの具体的な終息時期は未だに見通しがただずに世界経済に大きな影響を与えています。 特に景気に影響を受けやすい広告業界も煽りを受けており、今回は電通・博報堂・サイバーエージェントの大手…
14Picks
イメージ調査、羽生が総合1位 2位はエンゼルスの大谷
共同通信
|
イメージ調査、羽生が総合1位 博報堂DYメディアパートナーズは26日、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表し、フィギュアスケ...
850Picks
高難度のデータ活用が急務。ソフトバンク、博報堂、Armが挑む大仕事
NewsPicks Brand Design
|
 いまマーケティング施策のためのデータ活用は、死活問題だと言われている。しかし、データを適切に収集・分析して、成果を出せている企業は多くないようだ。 企業におけるデータの利活用の調査では、「デー...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ