新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。


2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。THS-Ⅱの供給や、EV開発会社と北米工場の共同設立など、両社は急速に距離を縮めている。

2018年5月には日本国内生産累計5000万台を達成した。これまではトヨタ、日産しか達成しておらず3社目の自動車メーカーになった。

創業は1920年、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として誕生、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 丸本 明
設立年月日
1920-01-30
従業員数
49,998 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
6,769,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
マツダ3 CX-30 スカイアクティブXはこうしてつくられる マツダの生産技術[2/2回]
Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
|
前回はマツダの生産技術見学会から見えたマツダのモノづくりへのこだわりと考え方をお伝えし、MBD(モデルベース開発)を駆使することで精度の高いものの量産に成功しているとお伝えした。世界で見ればスモールプレイヤーだというマツダがこの自動車産業変革期の中で、生き残っていくためには、何を作らなければいけないのかが大きな課題になった。そこでマツダらしさを生み出すために、さまざまな分野への改革を行ない、...
2Picks
マツダ3 CX-30 スカイアクティブXはこうしてつくられる マツダの生産技術[1/2回・動画]
Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
|
2019年11月中旬、マツダから「生産技術見学会」という案内があり、広島の本社へ取材に出かけてきた。そこではこれまでのマツダの生産技術における取り組みについて語られ、そして現場も見学することができた。なかなか見る機会のない生産現場を知る貴重な機会であり、そこで得た情報をお伝えしよう。
2Picks
公差で逃げるな、マツダ「SKYACTIV-X」がこだわる精度と品質
MONOist
|
マツダが新開発のSKYACTIV-Xにおいて重視したのは、部品の高精度な加工によって誤差の許容範囲を狭めたばらつきのないエンジン生産と、SPCCI(火花点火制御式圧縮着火)の機能の品質を、エンジンを組み上げた状態で抜き取りではなく全数で保証する評価技術だ。SKYACTIV-Xの生産ラインの取り組みを紹介する。
4Picks
マツダ MAZDA3のSKYACTIV-XのM Hybrid 狙いはパワーアシストではない。「燃費」だ! エンジニアに訊いた
motor-fan.jp
|
マツダ MAZDA3のSKYACTIV-Xエンジン搭載車には、「M HYBRID」と呼ばれる24Vのマイルドハイブリッドシステムが採用されている。このM HYBRIDの出力は5.1kW/48.5Nmと驚くようなものではない。では、このM HYBRIDの目的はなんなのか? ジャーナリスト世良耕太がマツダのエンジニアに訊いた。 TEXT◎世良耕太(SERA Kota)
3Picks
2022年マツダ・ロードスター次期型が登場。パワートレインはハイブリッドで決定!?
clicccar.com(クリッカー)
|
■次期型について初めて言及。軽量化維持は最重要項目に マツダのライトウェイトスポーツ「ロードスター」の次期型に関する最新情報を入手しました。 1989年に初代が登場したロードスターは、「ユーノス店」第一弾モデルとして「ユーノス
7Picks
「日本の自動車生産を維持している自負はある」 マツダ藤原副社長インタビュー(6)
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。第2四半期決算の厳しい数字。第7世代の話題の中心でもあるラージプラットフォームの延期。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原清志副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカット、かつ連続でお届けしよう。
3Picks
2020年に創業100周年を迎える製造業企業は287社、マツダやスタンレー電気など
MONOist
|
2020年に創業から節目を迎える企業が全国で15万7507社あることが、帝国データバンクの調べで分かった。
8Picks
【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [スズキ マツダその他メーカー編]
自動車情報誌「ベストカー」
|
【10年ぶり日本開催復活! ラリーこそ日本車の輝く真髄!!】 WRCベースマシンの熱き系譜 [スズキ マツダその他メーカー編] |  日本にWRC(世界ラリー選手権)が10年ぶりに戻ってくる!! すでにお伝えしてきたとおり、来年11月19~22日にラリージャパンがシーズン最終戦として復活し、少なくとも2022年までの3年間開催される。
56Picks
「マイルドハイブリッドの効果はちゃんと出てます」 マツダ藤原副社長インタビュー
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。第2四半期決算の厳しい数字。第7世代の話題の中心でもあるラージプラットフォームの延期。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原清志副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカット、かつ連続でお届けしよう。
7Picks
第7世代への要望を不躾に言ってみる マツダ藤原副社長インタビュー(5)
ITmedia ビジネスオンライン
|
ちょっとここからは話が変わって、第7世代のMAZDA3とCX-30に乗って感じたことについて、藤原さんにお伺いする。ADAS(先進運転支援システム)、ステアリングアシスト、そしてマツダコネクトについて。
1Pick
マツダ「CX-30」実際に買うならどのグレードか
東洋経済オンライン
|
5月に登場した「MAZDA3」に続き、マツダの新世代商品第2弾として10月に発売をスタートさせた「CX-30」。誤解を恐れることなく簡単に言ってしまえば、MAZDA3のクロスオーバーSUV版であり、既存の「CX-3」と「CX-5」…
44Picks
“悪玉”ディーゼル復権 年間販売過去最高へ 輸入車、マツダが対応車種拡大
産経ニュース
|
ディーゼルエンジンを搭載した乗用車の販売がじわりと増えている。走りの力強さに対する根強いファンも多く、輸入車やマツダが採用車種を拡大しているからだ。日本ではかつての東京都の対策で“悪玉”のイメージが定着しているが、以前より排ガスは浄化され、むしろ、燃費性能が高い。政府も地球温暖化対策などの観点から、ディーゼル車を電気自動車(EV)などともに次世代自動車と位置づけ、減税や補助金で支援している。
4Picks
【迷走するマツダ新車事情】流行りのSUV「CX-3」2020年モデル廃止の危機!??
自動車情報誌「ベストカー」
|
【迷走するマツダ新車事情】流行りのSUV「CX-3」2020年モデル廃止の危機!?? |  マツダの主力モデル「CX-3」は、2015年2月27日に発売されたが、2019年11月末までに4度の商品改良を行っている(うち2度は大幅改良)。
15Picks
ラージの遅れは「7世代の技術を現行世代に入れる。もうそれをするしかない」 藤原副社長インタビュー(3)
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。第2四半期決算の厳しい数字。第7世代の話題の中心でもあるラージプラットフォームの延期。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原清志副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカット、かつ連続でお届けしよう。
39Picks
為替は「北米に工場を造っても、ほとんど変わらない」 マツダ藤原副社長インタビュー(2)
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカットかつ連続でおとどけしよう。その第2回だ。
10Picks
CASEは「独自部分だけでも、クルマ1台分の開発費がかかってます」 マツダ藤原副社長インタビュー(1)
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの戦略が分岐点にさしかかっている。第2四半期決算の厳しい数字。第7世代の話題の中心でもあるラージプラットフォームの延期。今マツダに何が起きていて、それをマツダがどう捉え、どう対応していくつもりなのか? その全てを知る藤原副社長がマツダの今を語る。そのインタビューを可能な限りノーカット、かつ連続でお届けしよう。
14Picks
トヨタ陣営拡大の余波、マツダやスバルのサプライヤーに訪れる試練
ニュースイッチ
|
マツダにSUBARU(スバル)、スズキと、業務資本提携の輪を広げてきたトヨタ自動車。提携相手の3社はそれぞれ広島県、群馬県、静岡県に広範な取引先基盤を抱える。今後、完成車メーカー同士の関係がより強くなれば、トヨタ系の強力なサプライヤーに、3社の地元取引先が飲み込まれる日が来ないとも限らない。「CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)」の大波よりも、衝撃度は大きいかもしれない。...
10Picks
藤原副社長、ラージプラットフォーム投入が遅れる理由を教えてください
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの藤原清志副社長のインタビュー、第2弾はラージプラットフォーム投入が遅れる理由だ。なぜマツダが直6エンジンを使った新らしいラージプラットフォームを開発するのかを振り返り、その遅れの理由、そして遅れたことで空く穴をどう塞ぐのかを解説する。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ