新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県に本拠を置く日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。


2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。THS-Ⅱの供給や、EV開発会社と北米工場の共同設立など、両社は急速に距離を縮めている。

2018年5月には日本国内生産累計5000万台を達成した。これまではトヨタ、日産しか達成しておらず3社目の自動車メーカーになった。

創業は1920年、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として誕生、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 丸本 明
設立年月日
1920-01-30
従業員数
49,998 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
6,769,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
【試乗】ペダル踏み間違い事故が86%減少!マツダの安全追求はまずドラポジから
&GP
|
自社が持つ自動車テクノロジー群を"SKYACTIV(スカイアクティブ)"と名付け、見事! 技術力の高さをアピールすることに成功したマツダですが、今度は"i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)"と呼ぶ自社の先進安全技術のアピールを始めました。 これまでも、マツダはエンジン、トランスミッション、サスペンションなど、新しい技術がひとつの車種に搭載される
2Picks
MAZDA3の反転攻勢もままならずCX系もマイナス、……新型コロナウイルスの影響が新車販売を直撃。3月のマツダの北米販売は前年マイナス41.8%
motor-fan.jp
|
マツダの北米部門である北米マツダ(Mazda North America Operations)が2020年3月の販売台数データを発表した。新型コロナウイルスの感染者数が世界最多となってしまったアメリカでは、どの自動車メーカーも新車販売台数を大きく落としているが、マツダもその例外ではなかった。好調だったCX-5、CX-9も前年同月比で大きくマイナスとなった。希望の星はCX-30である。
17Picks
「塩ビ管の色」を車に…?マツダの色はなぜ印象的なのか
ニュースイッチ
|
「剥き出しの塩ビ管と金属の光り方を合わせたような色」と聞いて、どんなイメージを持つだろうか。マツダは2019年に「MAZDA 3 Fastback」と「MAZDA CX-30」にて「ポリメタルグレーメタリック」という色を発売。2019年には優れた車の色を表彰する「オートカラーアウォード」にて最優秀賞を受賞した。 「赤」はなぜ人気か 日本での乗用車の2018年販売色内訳を見てみると、白、シルバ...
12Picks
マツダ・トヨタからエンジン部品受注、北海道の中小企業2社の正体
ニュースイッチ
|
北海道で自動車部品を生産する中小企業が完成車メーカーからの受注を開拓している。トルク精密工業(北海道赤平市、高橋新作社長、0125・32・5222)は、マツダからガソリンエンジンで使う部品を受注。佐藤鋳工(同妹背牛町、佐藤孝造社長、0164・32・2130)は、エンジンを車体に固定する部品をトヨタ自動車から受注した。道内には完成車の工場がなく物流で不利だが、技術力や実績が評価された格好だ。(...
26Picks
マツダさんの Well To Wheel 計算は正しく、電気自動車のライフサイクルCO2排出はガソリン車より多いのか?
EVsmartブログ
|
最近よく聞くWell To Wheel (WtW)。油田から車のタイヤまでという意味で、実際にエネルギーのもととなる資源の採掘から、車が走るところまでのエネルギー消費を合計してみても、電気自動車は環境にやさしいのでしょうか?
17Picks
カープのチケット販売 希望者2メートル離れて整列 新型肺炎の濃厚接触防止(中国新聞デジタル)
Yahoo!ニュース
|
広島東洋カープは1日、新型コロナウイルス感染拡大への対応策を講じ、今季主催試合の入場券の窓口販売分を予定通りマツダスタジアム(広島市南区)で売り出した。 購入希望者に配布した抽選券の当選者や、グッズ - Yahoo!ニュース(中国新聞デジタル)
21Picks
強いトヨタと厳しい日産
ITmedia ビジネスオンライン
|
日本の自動車メーカーは調子が良いのか悪いのか、とくにここ数年中国の景気悪化が伝えられており、その影響が心配される。全体を見て、とにかくこの逆境下で強さに圧倒されるのがトヨタで、ちょっと言葉を失う厳しさに直面しているのが日産だ。スズキとマツダは日産を見るとまだ救われるが、下を見て安心していていい状況とは思えない。概要としては各社そろって、程度の差はあれど逆境である。
140Picks
マツダ社長「クルマの売り方を180度変える」
東洋経済オンライン
|
──昨秋発表した中期経営計画では、来年度(2020年度)も低い利益水準が続く見通しです。来年度は2019年に投入した新型の「CXー30」、「マツダ3」の貢献が期待できる。ただ、中国や欧州などでの新車販売は景気減…
14Picks
たかが軽トラックと侮るな! 「ダイハツ・ハイゼット」「スズキ・キャリイ」「ホンダ・アクティ」独自の個性と魅力とは
WEB CARTOP
|
いま日本で新車購入できる軽トラックは、ダイハツ・ハイゼット(OEMはスバル・サンバー、トヨタ・ピクシストラック)、スズキ・キャリイ(OEMは日産NT100クリッパー、マツダ・スクラム、三菱ミニキャブ)、ホンダ・アクティの3車種だ。それぞれの特徴を解説する。
13Picks
トヨタが中国の2工場生産再開 稼働を抑制、マツダも
共同通信
|
トヨタ自動車は17日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けて春節明けの稼働を停止していた中国の長春と広州の工場の生産を再開した。いずれも稼働率を抑えており、生産台数は通常時の半分程度になるとみられる。マツダも中国・南京にある完成車工場の生産を再開した。
21Picks
マツダ、春節明けの中国販売影響「間違いなく受ける」 新型肺炎で
Reuters
|
[東京 5日 ロイター] - マツダ<7261.T>の梅下隆一・執行役員は5日、2019年4—12月期決算会見で、1月の中国販売に対する新型コロナウイルスの感染拡大の影響は不明だが、春節が明けてからは「間違いなく受けると思っている」と述べた。
155Picks
マツダ100年、浮沈の歴史の中でなぜ“世界初の技術”が多く生まれたのか
ニュースイッチ
|
マツダの世界生産台数は157万台(2019年3月期実績)で自動車業界でも決して大手ではない。そのスモールプレーヤーが、米フォードモーターやトヨタ自動車といった大量生産の代表格のような企業と渡り合いながら、独自の手法を磨いて100年にわたって車づくりを続けてきた。生産を統括する菖蒲田清孝取締役専務執行役員に聞いた。 ―100年の車づくりをどう振り返りますか。 「先輩の方々の苦労と取引先や地域の...
11Picks
マツダ「RX-7」無念の生産中止 異例の式典にロータリーファンが大集結(NIKKEI STYLE)
Yahoo!ニュース
|
自動車メーカーのマツダに籍を置き、二人乗り小型オープンカー「ロードスター」の開発主査を務めた貴島孝雄(きじま・たかお)氏は、スポーツカーの世界では伝説的なエンジニアです。マツダを定年退職後、現在は山 - Yahoo!ニュース(NIKKEI STYLE)
16Picks
マツダ、生産の一部をタイから国内に切り換え 日本の賃金が相対的に低下(THE PAGE)
Yahoo!ニュース
|
自動車メーカーのマツダが、タイで行っていた自動車生産の一部を日本国内に切り換える方針を固めたことが話題となっています。タイの通貨であるバーツが上昇していることが直接的な原因ですが、日本経済の低迷が長 - Yahoo!ニュース(THE PAGE)
49Picks
マツダ、SUVの電気自動車販売 20年度中、国内で
共同通信
|
マツダ、SUVの電気自動車販売 マツダは6日、同社初の量産型電気自動車(EV)となるスポーツタイプ多目的車(SUV)「MX―30」を...
10Picks
エンジン博士畑村耕一「VWは本気か? EVとHEVの覇権争いが始まる?」:自動車用パワートレーンの将来
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2020年のスタートにあたり自動車用パワートレーンの将来:2020年の年頭に当たって」を寄稿してくださった。第2回のテーマは、「EVのCO2排出量」だ。EVの走りを理想という博士だが、見ているのはW2W(油井から車輪まで)、LCAの視点が考えるEVである。 TEX...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ