新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県を本拠地としている日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来、フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、2015年9月に資本関係を解消し、グループから独立した。

2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意した。

1920年に、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 小飼 雅道
設立年月日
1920-01-30
従業員数
48,849 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
6,846,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
66Picks
自動車7社の研究開発費、今期は全社が前期超え EVや自動運転を加速
産経ニュース
|
自動車大手7社が研究開発費を積み増している。平成30年3月期の通期計画では全社が前期実績を上回り、三菱自動車の20%増をはじめ、スズキとSUBARU(スバル)、マツダの3社も2桁増を見込む。環境規制を視野に入れた電気自動車(EV)などの次世代車や、自動運転につながる先進安全技術の研究開発を加速するためだ。利益の下押し要因だけに、他社との連携で投資額を抑える取り組みも目立っている。
13Picks
トヨタ・スズキ、インド市場にEV投入。HVとの二正面作戦が欠かせない
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車とスズキは2020年ごろにインド市場で協力して電気自動車(EV)を投入する。2月に業務提携に向けて検討を始めた両社による協業の一つだ。スズキは、トヨタがマツダ、デンソーと3社で9月に設立
6Picks
マツダ、新型アテンザを世界初公開…新開発の気筒休止する2.5リッターGエンジン搭載
オートックワン
|
マツダは、12月1日から10日まで開催されるロサンゼルスオートショーで、新開発の気筒休止する2.5リッターGエンジンを搭載した新型アテンザを世界初公開する。
14Picks
【マツダ:ロータリーエンジンEV(下)】ロータリースポーツ復活か? 燃費が問題
財経新聞
|
詳しい情報がないので、ロータリーエンジンについてこれまでの知られている特徴を挙げておこう。
9Picks
【マツダ:ロータリーエンジンEV(上)】ロータリーエンジンが発電用・・!?
財経新聞
|
マツダが、アメリカ、欧州でEVを2019年には発売すると発表した。
10Picks
マツダ スカイアクティブX開発は、ディーゼルは、そしてロータリーは?
motor-fan.jp
|
東京モーターショーのプレスデー、マツダでパワートレイン開発・車両開発・商品企画担当の廣瀬一郎常務執行役員に、今後のマツダのパワートレインについてインタビューする機会に恵まれた。スカイアクティブXは、ディーゼルは、どうなっていくのか? PHOTO:Naco NAMAE
12Picks
なぜマツダはエンジン開発にこだわるのか - 世界初の「希薄燃焼」のもつ可能性
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
マツダは今年10月、世界初の「希薄燃焼」を実現させた次世代エンジン「スカイアクティブ-X」を報道陣に公開した。ガソリンエンジンだが、…
12Picks
電動化へ舵が切られる中、あえて「夢の内燃機関」を実用化するマツダの目論みとは?
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
これまでにないガソリンエンジン“SKYACTIV-X(スカイアクティブ-エックス)”の実用化に世界で初めて目処を付けたマツダ。2019年に市場投入予定のこの次世代エンジンは、今では同社の代名詞とな…
9Picks
今マツダに何が起きているのか? SPCCIという独自の燃焼方式の誕生
Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
|
マツダ次世代技術徹底考察2017 vol.2/5。vol.1とvol.2でマツダは、コーポレートビジョンをベースに、新たな取り組み、ユニークで専門的な取り組みをしていることを見てきた。そこから生まれた次世代技術のひとつとして、新しい燃焼方式のスカイアクティブXが産まれた。今回はこのスカイアクティブXとSPCCIを探求してみたい。
8Picks
イノベーターズ100インタビュー「マツダ株式会社 藤原清志常務執行役員」 
Innovators Hundred Hiroshima イノベーターズ100広島
|
「常識を疑え、常識を壊せ」と語るのはマツダ復活の原動力となった「スカイアクティブエンジン」の立役者 藤原清志常務執行役員。その藤原常務に、子供時代から、スカイアクティブエンジン開発時代、イノベーターとしての心構えまで伺った。
7Picks
今マツダに何が起きているのか? 壁を乗り越える挑戦が始まった
Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
|
マツダ次世代技術徹底考察2017 vol.2/5 vol.1では、マツダの次世代技術の背景となるコーポレートビジョンを説明した。こうした背景とロードマップに従って、開発されたのが新しい内燃機関(Internal Combustion Engine)スカイアクティブXだ。今回はこのエンジンの開発背景について詳しく見てみよう。 美祢にあるマツダのテストコースで試作車に試乗 ■HCCIとMBDモデ...
15Picks
マツダが決断した2つの「生き残り戦略」 - トヨタとの資本提携は吉と出るか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
自動車産業を巡る市場環境が急激に様変わりしている中、マツダの小飼雅道社長が相次いで決断した2つの「生き残り戦略」が注目されている。1…
43Picks
スズキ社長「前向きに参画検討」、トヨタ中心のEV技術開発会社
Reuters
|
[東京 2日 ロイター] - スズキ<7269.T>の鈴木俊宏社長は2日の中間決算会見で、トヨタ自動車<7203.T>、マツダ<7261.T>、デンソー<6902.T>が設立した電気自動車(EV)の基盤技術を開発する新会社への参画を前向きに検討する意向を明らかにした。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ