新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県を本拠地としている日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。


2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。

1920年に、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 丸本 明
設立年月日
1920-01-30
従業員数
49,755 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
6,803,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
マツダのからくりを通じた人づくり、工場は創意工夫と成長の場
MONOist
|
工場では多品種化と生産性向上の両立が求められており、そこでは人がより効率よく安全に作業するための工夫も欠かせない。マツダは長年からくりを活用した作業改善に力を入れてきた。同社がからくりを用いた改善に取り組む理由を聞くとともに、「からくり改善(※)くふう展2018」(主催:日本プラントメンテナンス協会)に出品された同社の作品の一部を紹介する。
46Picks
法人の引き合い爆発!翻訳機ポケトークで、ソースネクストの経営は3つの点で変わった
Diamond Online
|
明石家さんまさんのテレビCMでもおなじみ、人気を博している高性能な翻訳機「ポケトークW」開発の裏側とは? ベストセラー『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』著者・朝倉祐介さんと、「ポケトークW」を開発・販売するソースネクスト代表取締役社長、松田憲幸さんの対談をお届けします。ポケトーク成功のカギや、社長みずからシリコンバレーに暮らす意味の大きさなどを伺っていきます。
9Picks
翻訳機ポケトークはシリコンバレーに住まなければ生まれていなかった - ファイナンス思考
Diamond Online
|
ベストセラー『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』の刊行を機に、さまざまな実務家やアカデミアの皆さんを迎え、著者・朝倉祐介さんとの対談をお送りする本コーナー。今回は、明石家さんまさんのテレビCMでもおなじみの高性能な翻訳機「ポケトークW」が大ヒット中のソースネクスト代表取締役社長、松田憲幸さんをお迎えし、ポケトークを大きく育てるために行った増資の背景や松田社長がリーマンショッ...
116Picks
マツダが「お家芸のRE」復活で目指す意外な戦略とは
Diamond Online
|
マツダは10月、お家芸ともいえる「RE(ロータリーエンジン)を電動車両のための発電専用エンジンとして復活させる」と発表した。2020年に発売するBEV(バッテリー充電式電気自動車)に搭載するという。
40Picks
データ重視せよ、マツダなどで進む技術者の意識改革
ニュースイッチ
|
実験データを戦略的に活用し、高精度・迅速なモノづくりに挑む技術者が増えている。マツダの長澄徹侍氏はベテランの経験則を数値に置き換え、美観の高い自動車ボンネットをプレス成形する条件を割り出した。ハーモニック・ドライブ・システムズ(HDSI)の城越教夫氏も、減速機の耐久性などを短時間で評価する計測手法を試みた。ビッグデータ(大量データ)や人工知能(AI)の到来にも備え、データ重視の意識改革が進む...
85Picks
マツダ、23万台リコール エンジン部品に不具合
共同通信
|
マツダ、23万台リコール マツダは8日、エンジンのバルブスプリングと呼ばれる部品や制御プログラムに問題が見つかったとして、スポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」など4車種計23万5293台(2012年2月~18年7月生産...
70Picks
トヨタとマツダが部品連携、米に共同で新工場建設へ
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車とマツダが米アラバマ州に共同で新工場を建設するのに伴い、両社系の部品メーカーが系列の枠を超え、共同出資で新工場の建設を検討していることが分かった。資本・業務提携しているトヨタとマツダは2
15Picks
広島の丸外野手、FA権行使へ 昨季MVPが決断
共同通信
|
広島の丸外野手、FA権行使へ 広島のリーグ3連覇に貢献した丸佳浩外野手(29)が7日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使することを明言した。マツダスタジアムで取材に応じ「プロ野球選手である以上、他球団の評価を聞いて...
211Picks
日本車ブランドが上位独占 米専門誌の信頼調査、マツダ上昇
共同通信
|
日本車ブランドが上位独占 【ニューヨーク共同】米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が24日発表した自動車ブランドの信頼調査で、日本企業が4位までを独占し、改めて高い評価を受けた。首位がトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス...
15Picks
日本車が上位独占、米誌信頼性調査-テスラ「モデルS」は推奨失う
Bloomberg.com
|
米消費者団体専門誌「コンシューマー・リポート」の自動車の信頼性に関する年次調査で、日本勢が上位6ブランドのうち5つを占めた。トヨタ自動車の「レクサス」が首位につけ、「トヨタ」が2位、「マツダ」が3位だった。
47Picks
常識を「非常識」に徹底するマツダの働き方改革
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダの働き方改革について書きたいと思う。あらかじめ断っておくが、マツダの働き方改革は、いわゆる総務・人事の領域の話ではない。それは徹底的にクルマづくりの話なのだ。
88Picks
プロ野球CS:広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
毎日新聞
|
プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージは19日、広島市のマツダスタジアムで第3戦があり、広島が2年ぶり8回目の日本シリーズ出場を決めた。広島(レギュラーシーズン1位)が巨人(同3位)を5-1で破って3連勝。アドバンテージ1勝を加えた対戦成績を4勝として、無敗でCS突
26Picks
【今週のリケジョ小町】農業と金融をつなぐ
ニュースイッチ
|
「お客さまと近い距離で寄り添える点に魅力を感じます」―。日本政策金融公庫の松田尚子(30)さんは、農業や加工食品分野の融資審査に携わる。民間の銀行から資金調達を受けにくい農業者や、これから農業を起こす経営者などへ融資を行い、大切なお金を地域のために活用する“頼れる存在”だ。農家の負担、少しでも軽く 小さい頃からそろばんを習っていて、自然と数学が好きになりました。さらに知識を深めたいと、数理論...
14Picks
ソニー創業者・盛田氏の米国営業エピソードからわかる「クラシック音楽がビジネスに効く」理由 - ビジネスに効く クラシック音楽全史
Diamond Online
|
美術やワインと同じように、世界のビジネスネットワーキングの場で話題にのぼる「クラシック音楽」。実際に役に立った!というエピソードをご紹介しましょう。本連載は、日本最古のオーケストラである東京フィルハーモニー交響楽団広報渉外部部長である松田亜有子さんが、主に企業や国から相談を受けて演奏会の企画・広報を行っているなかで、ビジネスパーソンの方から尋ねられるトピックを思い出しながらまとめた新刊『クラ...
45Picks
モデルベース開発は単なる手法でなくモノの考え方、マツダ流の取り組みとは
MONOist
|
マツダは2021年に向けて、エンジンや電動パワートレイン、プラットフォーム、デザインなど、さまざまな分野の取り組みを同時並行で市場投入する。「今後の研究開発計画を、今の人数でなんとかこなせるのはモデルベース開発を取り入れているから。単なる開発手法ではなく、ものの考え方だ」と同社 常務執行役員 シニア技術開発フェローの人見光夫氏は説明する。
31Picks
明らかにされたマツダのEV計画
ITmedia ビジネスオンライン
|
ここ数年マツダは内燃機関の重要性を訴えており、SKYACTIV-Xを筆頭とする技術革新を進めてきた。中にはそれをして「マツダはEVに否定的」と捉える層もあるが、実はそうではない。EVの必要性や、今後EVが増えていくということを、マツダは一切否定をしていないのだ。
109Picks
マツダ、独自開発EVに新開発ロータリーエンジンレンジエクステンダー搭載。電動化とコネクティビティの技術戦略公表
Car Watch
|
マツダは10月2日、同社技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づく電動化とコネクティビティの技術戦略を公表。電動化技術では、2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術を搭載するとともに、EV(電気自動車)については新開発のロータリーエンジンレンジエクステンダーを搭載したモデルを独自開発することが示された。
10Picks
マツダ、ロータリーエンジンを復活させる。EV車の発電機関に活用
ギズモード・ジャパン
|
クルマ好きにはうれしいニュース!
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ