新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。2016年度の世界販売台数は155万台。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来、フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、2015年9月に資本関係を解消し、グループから独立した。2015年にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことで合意した。

1920年に、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業。1927年以来、「東洋工業株式会社」が正式社名であったが、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。英語表記は「MAZDA」。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。現在の社名は、事実上の創業者である松田重次郎の姓と、叡智・理性・調和の神を意味するゾロアスター教の最高神アフラ・マズダー (Ahura Mazdā)にちなみ、自動車産業の光明となるよう願ってつけられたことに由来する。
代表者
代表取締役社長 小飼 雅道
設立年月日
1920-01-30
従業員数
48,849 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
6,846,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
136Picks
マツダ、全車を電動化へ 2030年代前半、環境を重視
共同通信 47NEWS
|
マツダ、全車を電動化へ マツダが2030年代前半にも、全車をハイブリッド車(HV)などの電動化モデルにする方針を固めたことが15日、分かった。マツダはエンジンの低燃費技術などに強みを持つが、全ての車にモーターを搭載することで...
33Picks
マツダ「8」を埋めた3列SUV
ニュースイッチ
|
マツダは14日、新型3列シートスポーツ多目的車(SUV)「CX―8」を12月14日に日本で発売すると発表した。米国市場には3列SUV「CX―9」を投入しているが、国内での3列SUVの発売は初めて。最新のクリーンディーゼルエンジンを搭載し、走行性能のほか、室内の快適性も向上させた。輸入車を含めた3列SUVの国内の月間販売台数は約3000台。マツダは市場が未成熟な3列SUVで新型車を投入し、自ら...
21Picks
マツダ「SKYACTIV-X」 ドイツ試乗で分かった“夢のエンジン”の潜在能力
THE PAGE
|
ディーゼルエンジン並のトルクと低燃費、ガソリンエンジン並の高回転の伸びを実現し、かつどんな運転状況でも燃費に差が現れにくい――。これが先月マツダの発表した新エンジン「SKYACTIV-X」の理論上の...
9Picks
「スカイアクティブボディ&シャシー・ジェネレーション2」が日本車の逆襲が始まる!【MAZDA SKYACTIV Gen2】
clicccar.com(クリッカー)
|
今回試乗したテストカーは現行マツダ3(アクセラ)にスカイアクティブXを載せたのではなく、中身は次世代プラットフォーム「スカイアクティブボディ&シャシー・ジェネレーション2」の技術が数多く盛り込まれている。 マツダはこれまでも人間中心の発想でクルマ作りを行なっているが、次世代プラットフォームではそれを更に進化さ
12Picks
マツダ、革新的なガソリンエンジンを開発 —— 世界中がEVに注力する中、その意味は?
Business Insider Japan
|
マツダは、既存のエンジンよりもはるかに燃料効率の良いガソリンエンジンを開発した。SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)は、ガソリンと空...
13Picks
【プロトタイプ試乗】マツダ・スカイアクティブX
motor-fan.jp
|
現在のマツダ躍進の原動力とも言えるSKYACTIV。その第2章が始まった。 今回ドイツで発表されたスカイアクティブXはパワートレインだけではなく、 プラットフォームにも新しい技術が盛り込まれている。 ドイツで実際にプロトタイプに試乗した清水和夫がリポートする。 REPORT◎清水和夫(Kazuo SHIMIZU)
24Picks
世界初 マツダSKYACTIV-Xをドイツで試運転してきた
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツダが先月発表した次世代エンジン「SKYACTIV-X」。その能力を体感する機会に恵まれた。しかもマツダの社員以外で、世界で初めてSKYACTIV-Xのエンジンを始動する栄誉に預かったのだ。
22Picks
マツダ次世代エンジン「SKYACTIV-X」の世界初試乗は驚きの連続! - エコカー大戦争!
Diamond Online
|
マツダの次世代技術説明会が独フランクフルトで、世界各国のメディアを集めて開催された。もちろん、その中心にあるのはマツダが世界で初めて量産化を決定した、次世代エンジン「SKYACTIV-X」の世界初試乗である。
10Picks
Mazda Rotary Engine Development Still Continues, Says Tech Boss
Motor1.com
|
However, several major issues are still stopping the manufacturer from releasing a production version of its project.
9Picks
特集ワイド:松田喬和のずばり聞きます 細野豪志・衆院議員
毎日新聞
|
安倍政権やり過ぎだ でも民進は対案出せず  今ひとつ盛り上がりに欠けた民進党代表選を尻目に、小池百合子東京都知事が特別顧問を務める都民ファーストの会を軸に新党結成の動きが取りざたされている。民進党を離党し、同調の動きを見せる細野豪志衆院議員に、松田喬和・毎日新聞特別顧問が迫った。【構成・小松やしほ、写真・太田康男】
31Picks
決算書は「読めた方がいい」は間違い。読めなきゃアウト! - 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ
Diamond Online
|
「決算書は読めた“方がいい”というのは間違っています。読めなきゃダメなんです」。そう説くのは、首都大学東京大学院の松田千恵子教授(経営学)。「日本企業幹部の決算書、財務への理解のレベルは残念ながら低い。中堅の社員では売上高と利益くらいしか理解していないこともある」と明かす。
93Picks
マツダ車はなぜ「みな同じ」に見えるのか - 8車種でまとまって大手に対抗する
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
マツダのクルマは、どれも「みな同じ」にみえる。なぜ車種ごとに個性を出さないのか。そこには8車種すべてのデザインを共通化することで、…
10Picks
マツダが早くも次世代エンジン搭載車両をテスト中。ボディサイドには誇らしげに「SKYACTIV-X」
Life in the FAST LANE.
|
マツダはつい先日、「ガソリンエンジンのメリットと、ディーゼルエンジンのメリットを融合させた」新テクノロジー「スカイアクティブX」を発表していますが、早くもそのエンジンを搭載したと見られる(というかボディサイドにデカデカと"SKYAKTIV X"とある)プロトタイプが走行中。 これは従来のガソリンエンジンに比べて20-30%ほど燃費改善を期待できるもので、実用化されればまさに「画期的」。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ