新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県を本拠地としている日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来、フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、2015年9月に資本関係を解消し、グループから独立した。

2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意した。

1920年に、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役社長 小飼 雅道
設立年月日
1920-01-30
従業員数
48,849 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
6,846,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
198Picks
【松田公太】24時前に帰宅したら、必ずジョギングする
NewsPicks編集部
|
「ストイックに運動をしていそうですね」とよく言われますが、私自身としては、人様に披露できるような大したことはやっていないという感覚でいます。運動に関しては、20年ほど前から自分に課しているルール...
7Picks
実車による衝突試験は最終確認。コンピュータシミュレーションでほぼ骨格を決定する【マツダ衝突性能開発・その2】
clicccar.com(クリッカー)
|
莫大なコストと時間がかかる衝突性能開発。マツダでは具体的にどのように開発が進められているのでしょうか。 マツダは、1990年代初めからコンピュータを使い、自動車メーカーの中でもトップクラスといわれるスーパーコンピュータ(保有能力)を誇っています。 「先行開発(一括企画)」は、CAE(Computer Aide
5Picks
将来を見据えた「一括企画」と「個別車種開発」で進められる、衝突安全性能の開発【マツダ衝突性能開発・その1】
clicccar.com(クリッカー)
|
最近の安全装備は、衝突被害軽減ブレーキに代表される予防安全(アクティブセーフティ)に注目が集まっています。事故を未然に防いだり、被害を軽減したりする予防安全性能の重要性は言うまでもありませんが、すべての事故を予防する万全な装備ではありません。 万一の事故(衝突)時に乗員はもちろん、場合によっては歩行者の被害も
7Picks
マツダ系主力部品メーカー、トヨタグループで存在感
ニュースイッチ
|
―2018年度にかけての業況は。「プラス要因が多い。マツダは北米で苦戦しているが、全体的には堅調だ。樹脂バックドアを供給するダイハツ工業も、トヨタグループの中で小型車を担当する役割が明確になって
11Picks
大ヒットの秘訣は初の7人乗りボディ、マツダCX-8の真相は?
Forbes Japan
|
これこそ、市場が待っていたクルマだ。新登場のマツダCX-8は国内で同ブランド史上もっとも大型のSUVだが、同時に初の7人乗りということで大いに話題になっている。昨年12月に発表した時点では、このクロスオーバーの月間販売目標は1200台だった・・・
17Picks
トヨタがマツダの「燃料喰い」ロータリーエンジンを採用する理由
M&A Online
|
トヨタ自動車が自動運転の次世代ハイブリッド車(HV)「e-パレット」に搭載するレンジエクステンダーに、マツダのロータリーエンジンを採用する。だがロータリーは燃費が悪くて生産停止になったエンジン。なぜトヨタは燃費勝負のHVにロータリーを選んだのか。
21Picks
世界一カッコいいクルマは何か?──それはマツダ ビジョン クーペだ!(異論は認めます)
GQ JAPAN
|
1月30日、フランスのパリで開催された第33回国際自動車フェスティバルにおいて、マツダ ビジョン クーペが「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」を受賞した。マツダが描くカーデザインの未来とは?
11Picks
マツダ、過去最高の売上高にみる強さと課題
ニュースイッチ
|
2018年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高が過去最高になる見通しのマツダ。為替が円安になることや、国内販売が高収益なスポーツ多目的車(SUV)にシフトしているため。 売上高は従来見通しより1500億円上方修正し過去最高の3兆5000億円(前年同期比8・9%増)を見込む。上方修正のうち国内分約200億円、海外分約1300億円と円安効果が大きい。 世界販売台数の見通しは過去最高の160万...
13Picks
CX-5「爆売れ」のマツダが米国で大苦戦の事情
東洋経済オンライン
|
「為替の追い風といっては変だが、円安メリットでの増益。米国の販売台数減少については厳しく受け止めている」2月7日、2017年度第3四半期(2017年4~12月期)決算を発表したマツダ。財務担当の藤本哲也常務執行役…
10Picks
チャレンジを3人の育児を頑張るマネージャーの奮闘記!
PR Table
|
仕事と家庭の両立。今、働きざかりの世代を悩ます大きなテーマのひとつになっています。2016年7月、株式会社キュービックに入社した松田智之さんもそのひとり。現在、新規部署のマネージャーとして働く傍...
20Picks
マツダ、円安で10―12月期営業益は2.2倍 米国販売は厳しく
Reuters
|
[東京 7日 ロイター] - マツダ<7261.T> は7日、第3・四半期(2017年10―12月期)の営業利益が前年同期に比べ約2.2倍だったと発表した。米国販売は厳しかったが、円安効果が寄与した。前提為替レートの見直しなどにより、18年3月期通期見通しは売上高を上方修正した。通期の営業利益、純利益は従来予想を維持する。米国での販売費用増など考慮した。
8Picks
マツダは小規模ゆえの強みを発揮できるか - 片山 修
BLOGOS - 最新記事
|
自動車市場の世界一の座をめぐって、1000万台の戦いが注目を集めていますが、強いのは必ずしも「巨人」だけではありません。小規模ならではの強みを発揮しているのが、マツダです。※マツダ常務執行役員の藤本哲也氏マツダは7日、2017年4~12月期の連結決算を発表しました。売上高は前年同期比8%増の2兆5479億円、営業利益は5%増の1071億円、純利益は6%増の849億円でした。グローバル販売台数...
5Picks
マツダ、新型CX-5に初の気筒休止エンジンを搭載
オートックワン
|
マツダは、CX-5を商品改良し、2018年2月8日より予約を開始、3月8日に発売する。 価格(消費税込)は、ガソリンモデルが249万4800円~321万3000円、ディーゼルモデルが280万8000円~352万6200円。 >>CX-5を画像でチェック(10枚) 今回の商品改良では、マツダ...
3Picks
AI、5G、デジタル決済が、日本のゲーム市場を変革する
FUJITSU JOURNAL
|
スクエア・エニックスの松田社長は、日本のゲーム市場が2018年以降大きな盛り上がりをみせると予測している。その理由にはAI、5Gネットワーク、デジタル決済のテクノロジー進化が挙げられる。これらは、コンテンツに新しい表現の場と事業機会を与え、お客様に新しい体験を提供することを可能にする。
12Picks
トヨタとマツダ、共同出資の米新工場に見るそれぞれの「決意」 - CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション
Diamond Online
|
トヨタとマツダが共同で米国・アラバマ州に車両生産工場を建設する方針を発表した。生産開始は2021年を予定し、立ち上がり時点での年間生産台数は30万台の計画。
16Picks
マツダで車種間の「安全格差」を撲滅した男の“原体験” - ものつくるひと
Diamond Online
|
小さな車から大きな車まで。全てのマツダユーザーに卑屈さを感じさせないようにする──。12月7日、マツダは主要車種の中で最も小さな車「デミオ」に先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の改良版を搭載して発売する。これで、国内の主要6車種で安全装備の標準化が完結することになり、モデル間の“安全格差”が解消される。
8Picks
買いたいクルマランキング!3位CX-5、2位プリウス、1位は? - J.D. パワー Ranking&Analysis
Diamond Online
|
J.D.パワーは「2017年日本新車購入意向者調査SM(New Vehicle Intender Study;略称NVIS)」を発表しました。3位はマツダCX-5、2位はトヨタプリウス、1位は……?
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ