新着Pick
SPD1652LZFW2ZIB4

マツダ 株式会社

マツダ株式会社(英語: Mazda Motor Corporation)は、広島県を本拠地としている日本の自動車メーカーである。 ウィキペディア
広島県安芸郡府中町新地3番1号
082-282-1111
詳細を見る
概要
自動車及び同部品の製造・販売を事業としている自動車メーカーである。本社所在地は広島県安芸郡府中町新地3番1号。

ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネス世界記録の認定を受けている。1991年には日本メーカーとしては初のル・マン24時間レースでの総合優勝を果たした。2000年代以降は「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、走行性能とデザインを特色とした車作りに特化する戦略を進めている。今後は、顧客との間に強い絆をもった「プレミアムなブランド」を目指すとしている。

1979年以来フォードとの提携関係が長く、1996年5月には同社の傘下に入りプラットフォームや生産施設などの共有化が進められたが、リーマン・ショック以降はフォード離れが進み、2015年9月に完全にグループから独立した。


2015年5月にはトヨタ自動車と中長期的な提携関係を結ぶことを発表し、2017年8月には業務資本提携を結ぶことで合意。相互に500億円分ずつ株式を取得し、トヨタがマツダの第2位の大株主となった。

1920年に、コルクを生産する「東洋コルク工業株式会社」として創業、1984年にブランド名に合わせて「マツダ株式会社」に改称した。コーポレートマークの「mazda」は1975年から、「M」を模った現在のエンブレムは1997年から使用されている。
代表者
代表取締役 社長兼CEO 丸本明
設立年月日
1920-01-30
従業員数
49,755 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
41 歳
平均年収
6,803,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
部下の放った言葉で「リーダー失格」を思い知らされた42歳管理職の衝撃 - ルポ「闘う職場」~働き方改革では生産性は上がらない
Diamond Online
|
マツダの子会社でエンジンなどの開発を手掛けるマツダE&Tで、部下から突きつけられた言葉によって「リーダー失格」を思い知らされた管理職の姿を追った。
13Picks
マツダ・RX-8が中古車市場で圧倒的人気の理由…スズキのジムニー&ワゴンRも大躍進
ビジネスジャーナル
|
マツダの「RX-8(初代)」(提供=カーセンサー) 中古車情報メディア「カーセンサー」(リクルートマーケティングパートナーズ)が「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー2018」を昨年12月に発表した。...
89Picks
マツダ、新世代商品で攻勢へ 高効率エンジン搭載
産経ニュース
|
マツダは平成31年から、新型エンジン「スカイアクティブX(エックス)」などの新世代技術を搭載した商品群で攻勢に出る。年内に第1弾となる新型「マツダ3」を投入、第2弾のスポーツ用多目的車(SUV)の生産も国内で始める。足元の業績は振るわず、投資先行の厳しい局面が続くが、新商品でブランド力を高め、将来の成長への足場を固めたい考えだ。
17Picks
2019年登場「ポルシェEV」は勢力図を一変させるか?(山崎 明)
マネー現代
|
2019年後半に「ポルシェEV」こと「タイカン」が登場する予定だ。テスラは「モデル3」の生産を増強させ、他メーカーも次の戦線はEVだと、各社力を入れる。果たしてポルシェのEVは勢力図を一変させるのか? 自身長年のポルシェーオーナーで、自動車業界のプレミアムブランド戦略に詳しい『マツダがBMWを超える日』の著者・山崎明氏が鋭くレポートする。
62Picks
マツダが新世代SUV量産へ 今年、国内で開始
共同通信
|
マツダが新世代SUV量産へ マツダは4日、新たなスポーツタイプ多目的車(SUV)の量産を今年から国内で始めると明らかにした。新型「マツダ3」に続く新世代商品の第2弾で、革新的な技術を搭載するという。高まるSUV人気に対応し、販売...
22Picks
エンジンで直接タイヤを駆動するクルマは20世紀の遺物と呼ばれる日が来るかもしれない 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」②
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2019年のスタートにあたり、「2018年パワートレーン重大ニュース」を寄稿してくださった。昨年年頭にも、「2017年のパワートレーン重大ニュース」を掲載したが、再びパワートレーンの現在と未来について、プロの見方を聞いてみよう。5回シリーズの第2回をお届けする。テ...
28Picks
「エンジンはなくならない」が「エンジンはないほうがいい」エンジン博士 畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」①
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2019年のスタートにあたり、「2018年パワートレーン重大ニュース」を寄稿してくださった。昨年念頭にも、「2017年のパワートレーン重大ニュース」を掲載したが、再びパワートレーンの現在と未来について、プロの見方を聞いてみよう。5回シリーズの第1回をお届けする。ま...
16Picks
中期的にも長期的にもEVの普及がCO2削減に有効な手段であるとは限らない畑村耕一「2019年パワートレーン開発への提言」③
motor-fan.jp
|
マツダでミラーサイクル・エンジン開発を主導したエンジン博士の畑村耕一博士(エンジンコンサルタント、畑村エンジン開発事務所主宰)が、2019年のスタートにあたり、「2018年パワートレーン重大ニュース」を寄稿してくださった。昨年年頭にも、「2017年のパワートレーン重大ニュース」を掲載したが、再びパワートレーンの現在と未来について、プロの見方を聞いてみよう。5回シリーズの第3回をお届けする。博...
443Picks
藤原副社長に聞く、マツダが「自動運転をやらない」理由
Forbes JAPAN
|
利益向上、市場拡大、株価上昇と目に見える成果を追い駆けることばかりが正解とされなくなりつつある今日。ではこれからの組織、ひいては私たち個人はどう在ることが求められるのだろか──。そのヒントを探るべく、日本酒蔵の多様性を引き継ぐことを目的に事・・・
108Picks
これはマツダ版Uber!? コネクティビティ技術を活用した移動サービス実証実験を開始
TechCrunch Japan
|
マツダは、広島県三次市において地域住民と行政機関である広島県および三次市と連携して、コネクティビティ技術を活用した移動サービス実証実験を開始した。 マツダは、将来のライドシェアを見据えたこの移動サービス実証実験をとおして、地域の活性化とその地域において、いつまでも安心・安全で自由に移動することが可能な、心豊かな暮らしにつながる社会貢献モデルの構築を目指しているとのことだ。 昨今、中山間地域に...
13Picks
マツダとボルボが高評価を総なめにする理由
東洋経済オンライン
|
マツダ → VW → マツダ → マツダ → スバル → ボルボ → ボルボ。この並びが何を意味しているかおわかりだろうか。最近、日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を受賞した自動車ブランドを並べたものだ。第33回(2…
31Picks
「ロードスターはマツダのものじゃない」藤原副社長に聞くモノづくりの真髄
Forbes JAPAN
|
利益向上、市場拡大、株価上昇と目に見える成果を追い駆けることばかりが正解とされなくなりつつある今日。ではこれからの組織、ひいては私たち個人はどう在ることが求められるのだろか──。そのヒントを探るべく、日本酒蔵の多様性を引き継ぐことを目的に事・・・
12Picks
辛口海外メディアも絶賛 色気あふれるマツダ「新型アクセラ」
Forbes JAPAN
|
11月27日、ロサンゼルス ・モーターショーの特別な開幕前夜イベントで、マツダが4代目となる新型アクセラを盛大に発表した。それはまるで、ハリウッド映画のワールドプレミアさながらのお披露目だった。2003年から100か国以上で600万台のセー・・・
16Picks
次期「マツダ3」公開、圧縮着火入れた夢のガソリンエンジン搭載
ニュースイッチ
|
マツダは28日、小型車「マツダ3(日本名アクセラ)」の次期モデル(写真)を公開した。「スカイアクティブ・テクノロジー」と呼ぶ自動車技術を搭載した現行車に次ぐ、次世代商品群の第1弾。30日から一般公開される米ロサンゼルスオートショーで初披露する。2019年初頭から北米を皮切りに順次発売、年間35万台の世界販売を目指す。 「魂動(こどう)デザイン」と呼ぶデザインテーマを深めた。車体側面への光の映...
20Picks
新型「マツダ3」初公開 デザイン刷新、燃費向上
共同通信
|
新型「マツダ3」初公開 【ロサンゼルス共同】マツダは27日、米ロサンゼルスで自動車ショーに先立ち、デザインを刷新して燃費を向上させた新型の「マツダ3」を世界初公開した。2003年の発売以来、3度目の全面改良。セダンとハッチバ...
14Picks
マツダCX-8試乗記
note(ノート)
|
第1章 はじめに 最近のクルマに疎い当方は、実はマツダのスカイアクティブと言うものにマトモに触れたことがない。低圧縮ディーゼルエンジンもモーターファンイラストレイティッドの技術情報しか知らない。 そりゃマズイだろうと言うことで、マツダが狙ってる方向性の確認をしたく、ならば極力新しいCX-8を見ておこうと思った。 その前にクルマの成り立ちを再確認する。 昔、マツダは大人数ムーバーとして、長らく...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ